適応障害 退職。 適応障害で休職その後に退職…診断書があっても休職は難しいのか!

適応障害による退職

適応障害 退職

新卒入社 して何もかもが新しい環境でした。 学生から社会人になり、平日は働くという生活。 地方配属になり、一人暮らしをするという生活。 地元の知人達と離れ、新しく出会った職場の人たちと過ごす生活。 今までとは全く違う生活に最初の頃は、ワクワクと期待がありました。 しかし、始まってみると、最初の頃の期待とは裏腹に想像以上に 過酷な労働 と慣れない 一人暮らし の生活で疲労が溜まっていく毎日でした。 それに、 悩みを相談する知人達 も近くにいないので疲労やストレスは溜まる一方でした。 そして、4月の最終週に追い討ちをかけるような連絡が上司からありました。 「入社して1ヶ月が経つし、そろそろ慣れてきたよね?人手が足りていないから、もしよければ土日に休日出勤して欲しい。 同期のみんなも来てくれるらしい。 」 本音としては一週間の疲れを癒すために家でゆっくり休みたかったが、断ることができない性格であるため休日出勤することになりました。 そして、休日出勤した当日は、疲労が溜まっていたせいか仕事のミスが続いてしまい、上司や先輩に注意されてしましました。 さらに、先輩から 「疲れて迷惑をかけるくらいなら、来なくてよかったのに…」 という言葉を聞いてかなり精神的にダメージを受けました。 そして、週明けの月曜日、目覚ましとともに目は覚めたけれど、体が重く起き上がることができませんでした。 頭の中では 「仕事だから行かなくてはいけない、行かなければ誰かに迷惑をかける」 ということはわかっていても、その気持ちよりも 「仕事に行きたくない、仕事をするのが怖い」 という気持ちが勝ってしまい、会社に連絡せずに仕事を休みました。 後日、この症状は 適応障害 であったことを知りました。 適応障害になってしまった私は、会社を無断欠席してしまった後ろめたさ、新卒で会社を辞めてしまう自分の弱さから、直接、退職希望を伝えることができずに、 退職代行 を利用して、会社を辞めました。 鬱手前だったので、会社に直接連絡せずにストレスなく退職できたことは幸いでした。 3ヶ月後には、転職活動が上手くいき自分に向いている仕事を見つけることができました。 勤めていた会社を辞めるとき、退職意思を伝え、退職日を決めて、引き継ぎをする、というのが一般的な退職の流れだと思います。 ただ、適応障害を理由に退職する場合は、診断書を提出して適応障害であることを伝えれば退職することを認めてくれるでしょう。 しかし、「診断書は本当に正しいのか?」、「適応障害なんて病気はあるのか?」と適応障害で働くことができないことを疑う人がいない訳ではありません。 もし、「退職を認めてもらえなかったらどうしよう」と不安な人は多いと思います。 精神的なダメージが溜まったいて、上司に退職の相談をすることさえできないという人もいると思います。 そのような方たちにオススメのというサービスがあります。 退職希望者の代わりに、会社に対して退職の手続きを行ってくれる『退職代行』というサービスがあります。 このサービスを利用すれば、必ず退職できる、即日に退職できる、自分が退職の手続きをしなくても良いというメリットがあります。 【オススメの退職代行】 退職代行『ニコイチ』は業界の中で最も古株の会社です。 そのため、実績が豊富で安心して退職を任せることができます。 もう一つ注目すべきポイントはサービスの価格です。 質の高いサービスを低価格で提供しているのが『ニコイチ』の強みです。 退職代行『汐留パートナーズ』の1番の特徴は、退職代行を弁護士が担当してくれることです。 退職における交渉をするためには、弁護士資格が必要になります。 そのため、有給消化や未払い給料の請求を希望する方は、『汐留パートナーズ』を利用することをお勧めします。 『EXIT』は退職代行のパイオニアです。 様々なメディア掲載実績が業界NO. 1で今、最も注目されている退職代行です。 また、転職サポートも充実していることから退職後のことまで安心して任せることができます。

次の

職場に原因がある適応障害は転職も視野に「働き方」を考える

適応障害 退職

(退職した日から1年経つとその会社でかけていた失業保険は受け取れなくなってしまいますが、病気などで現在働くのが難しい人は最大で4年まで失業保険を受け取るのを延長できます。 受給額は同じです。 ) 雇用保険がかかっていたか 雇用保険がかかっていなかった場合、失業保険は受給できません。 正社員の方はほとんどが雇用保険を事業主が掛けていますが、契約社員、パート、アルバイトの場合、雇用保険がかかっていたと思っていても事業主が掛けていなかった、、ということがあります。 一度給料明細書を見て『雇用保険』という項目からお金が引かれているかチェックしてみてください。 引かれていれば雇用保険がかかっていたので失業保険を受け取れます。 出勤日数 一般的には 月に11日以上働いていないと失業保険が受給できません。 しかし、 適応障害で離職した場合、月11日未満しか出勤していなくても失業保険を受給することができます。 (失業保険申し込み時にハローワークで、病気で仕事に行けなかったと言えばOK 働いていた期間 雇用保険をかけていた期間が1年以上ないと失業保険を受給できません。 同じ会社で1年以上働いているのなら問題はありません。 しかし、1年以上同じ会社で働けていないという場合は、最近辞めた会社よりも以前に働いていた別の会社で離職票をもらっていないか確認してみましょう。 別の会社で働いていた期間と通算して1年以上雇用保険が掛かっていれば失業保険を受給できる可能性があります。 通算したい会社で働いていたのがかなり前だと受給できないことがありますので、今までの離職票をもってハローワークで失業保険を受給できるか相談してみましょう。 適応障害で退職後失業保険を申し込む際に必要なもの 離職票2枚 離職票1と離職票2の2枚が必要です。 退職して1週間から10日ほどで離職票がおうちに届きます。 「届くのが遅いな」「一枚しか離職票が同封されていない!」という場合は前の会社に連絡して問い合わせしてみましょう。 連絡するのが難しい場合はハローワークで相談してみましょう。 離職票は2枚ともハローワークに提出すると返却されません。 何かあったときのために離職票は2枚ともコピーしておくのがいいでしょう。 またハローワークで「コピーしてほしい」と言っても個人情報の関係上コピーしてくれないと思いますので、おうちやコンビニなどでコピーしておくことをおすすめします。 国民健康保険に加入する場合は離職票の写しか、雇用保険受給資格者証(失業保険の受給申し込みが終了した後にハローワークからもらう書類)が必要です。 なるべく早く国民健康保険に加入しいておいた方がいいと思いますので、 市役所などで国民健康保険の申し込みをした後に失業保険の受給の申請をしにハローワークに行く流れがスムーズです。 (扶養から外れる可能性があることに承諾していないと失業保険受給の申し込みができません)どうしても外れたくない場合などはハローワークで相談しましょう。 個人番号確認書類 マイナンバーカード、通知カード、個人番号入りの住民票のどれかが必要です。 マイナンバーカードを発行していない、通知カードも紛失してしまったという方は市役所で個人番号入りの住民票をもらいましょう。 市役所で「個人番号入りの住民票ください」と言うと作ってくれます。 コピーではなく原本が必要なので注意! 本人確認書類 運転免許証、運転経歴証明書、住民基本台帳カード、マイナンバーカード(写真があるもの)、パスポートの中で1つ 健康保険証、住民票、その他書類から2つ 写真入りの証明書だからと言って1つの証明書だけで申し込みできるわけではありません。 この証明書は使えるのかな?と疑問に思うものがあればハローワークに問い合わせてみてください。 証明写真2枚 縦3. 5cmの証明写真が2枚必要です。 同じ写真を2枚持っていくようにしてください。 印鑑 シャチハタは使用できませんので注意してください。 銀行印でなくても大丈夫です。 通帳 本人名義の預金通帳かキャッシュカードが必要です。 銀行名や支店名、口座番号を確認するのに必要なのでキャッシュカードよりも通帳を持って行った方が安心です。 ゆうちょ銀行も使用できます。 就労可能証明書 就労可能証明書とは、病気だったが今は働ける状態であることを医師が証明する書類です。 失業保険は現在働ける状態にあり、職探しをしている者だけが受け取れます。 なので、失業保険受給の申し込みをするときは「病気が理由で仕事を辞めたが現在は働ける状態である」ことを医師に証明してもらいましょう。 就労可能証明書の日を書く欄には退職した日以降を医師に記入してもらいましょう。 ハローワークで就労可能証明書の用紙をもらうので失業保険の申し込みをした後、病院に行って書類を書いてもらい、またハローワークに出向いて医師が書いた就労可能証明書を渡す必要があります。 失業保険の申し込みから見ていきましょう。 ハローワークで『今は働けますか?』『病気で辞められたのですか?』という話になると思いますので、その際に 「適応障害になって仕事ができなくなったので仕事を辞めざるを得ませんでしたが、今は働ける状態です」と必ず伝えるようにして下さい。 失業保険の申し込みで必要なもの• 離職票1• 離職票2• 個人番号確認書類(マイナンバーカードなど)• 個人情報確認書類(運転免許証など)• 証明写真• 通帳 ハローワークでもらうもの• 就労可能証明書• 雇用保険のしおり• 働けるようになった日に関しては退職した日以降を記入するように医師にお願いしましょう。 また前回、申し込み時に忘れていた書類や物があればこの時に一緒にもっていきましょう。 待期期間とは離職者が本当に現在離職状態にあるのか(アルバイトもNG)調査したり、国が離職者に給付金を渡すための書類作成の時間になります。 初回説明会では失業保険を受け取るための流れや、受給期間中にしなければならないことなどを説明されます。 (行く日は雇用保険のしおりの表紙に書かれてあります) この初回説明会で 『雇用保険受給資格者証』と『失業認定申告書』をもらいます。 『雇用保険受給資格者証』とは失業保険を受給すると認められたという書類でとても大切です。 今後ハローワークに行く際は絶対にもっていきましょう。 『失業認定申告書』とは認定日(4週間に一回必ずハローワークに行く日)に必要となる書類です。 紛失したら新しい用紙をくれますが大事に持っておきましょう。 初回説明会で必要なもの• 雇用保険のしおり• 筆記用具• その日に絶対にハローワークに行きましょう。 この日に行かないと失業保険を受給するのが一か月ほど遅れます。 認定日に必要なもの• 雇用保険受給資格者証• 失業認定申告書• ちゃんと振り込まれているかも確認しておきましょう。 また 傷病手当を会社から支給されている場合は同時に受給することができない場合が多いので詳しくはハローワークで相談してみましょう。 離職票がおうちに届いたらできるだけ早くハローワークに行きましょう。 早く失業保険の申し込みをした分、早く失業保険を受給できます!.

次の

【簡単説明】適応障害で退職…失業保険で損しないための注意点と流れ

適応障害 退職

退職を突きつける前に、まずはゆっくり休もう 「職場でのストレスで身体を壊した!あんな職場、もう辞めたい…」 そう思っている人も多いことでしょう。 しかし、すぐに退職を突きつけるのはやめておきましょう。 私は別に、「元の職場に戻ったほうがいい」と勧めているわけではありません。 退職を突きつける前に、「しっかりと休む」ことを勧めているのです。 これには3つの理由があります。 理由1:疲れていると冷静な判断ができない 私も体調の悪さがピークのときは、いかにして仕事を辞めようかと考えてばかりいました。 「仕事 ばっくれ」という検索ワードを本気で調べたことすらあります。 それぐらい追い詰められていたのです。 このような状態のときは、「さっさと仕事を辞めたい」「逃げ出したい」という考えばかりが浮かんでくるので、とても冷静な判断はできません。 退職してどうするのか?という簡単な問いに関しても、投げやりになってしまいがちです。 そして、休養して体調が回復したころに思うのです。 「ちょっと勢いに任せ過ぎたな…」と。 なので、まずは 冷静な判断ができる状態まで、身体を休めることが大切です。 理由2:お金をもらいながら休むことができる 余程のブラック企業でない限り、有給休暇が利用できるはずです。 有給休暇によって、お金をもらいながら休むことができます。 有給休暇が40日残っていれば、2ヶ月間を全て休むことができるわけです。 理由3:戻りたくなったら仕事が用意されている 仕事をゆっくりと休んでいるうちに、「やっぱり今の会社がいいな」「やっぱり今の職場がいいな」と考えが変わる可能性も十分あります。 もし退職してしまっていると、元の職場に戻りたいと思っても戻れません。 新しい仕事に就くには、転職活動が必要となり、かなりのパワーを消耗します。 このため、辞めたいと思っていても元の会社、元の職場に戻れるカードは残しておくべきです。 休職〜復職までの流れをまとめました。 こちらの記事も参考にしてみてください。 原因を振り返って退職以外の道も考えてみる 「あんな職場、辞めてやる!」 体調を崩して適応障害と診断された。 その場合、かならず体調を崩す原因となった「ストレス」があるはずです。 そのストレスとはどのようなものでしょうか? 思い出すのも嫌かもしれませんが、原因を振り返ることで退職以外の選択肢が見えてきます。 繰り返しになりますが、私は退職を否定しているわけではありません。 むしろ、体調を崩してしまうような劣悪な職場はさっさと辞めた方がいいと思っています。 しかし、 退職以外の選択肢があることで、自分の人生にとって最適なものを選ぶことができるのです。 選択肢が1つしかない状態で決断をしてしまうと、後で「あのとき、こうしていれば…」という後悔をする可能性が高くなります。 それでは、退職以外にどのような選択肢があるのかをピックアップしてみましょう。 退職以外の道1:元の職場で仕事量を減らす 適応障害となった原因が、仕事の「量」にあるのであれば、 仕事量を減らすことで、自分のペースで働くことができます。 こういった仕事量で体調を崩す場合は、職場に仕事のできる人が少なく、自分にばかり仕事がどんどん回ってきて残業が続いてしまうというケースではないでしょうか。 体調を崩して休職になったという状況なので、仕事量は言わずとも少なくしてもらえるはずです。 休職している間、あなたがいない状態でも会社が回っていたことを考えれば、今後無理をして残業をする必要もないですし、自分のペースで働くことができると思います。 「元の職場で仕事内容も変わらない」ということで、 環境の変化によって受けるストレスが少ない選択肢です。 ただ、環境の変化が少ないため、場合によっては、再び仕事量が増えて休職する前と同じような状態になっていた!という可能性もあります。 このため、仕事が増えないように「断る勇気」を持つことが大切になってくると思います。 退職以外の道2:元の職場で仕事内容を変える 適応障害となった原因が、仕事の「内容」にあるのであれば、上司に依頼をすることで 同じ職場で違う仕事に変えてもらえるかもしれません。 会社では、自分の能力に合っていない仕事を割り当てられることは大いにあります。 楽な仕事であればいいのですが、自分の経験したことがないような仕事になることも多いはずです。 仕事の内容によって適応障害になったことを伝えれば、違う仕事ができる可能性は高いでしょう。 職場を変えないことで、環境の変化によるストレスは低い選択肢です。 ただ、会社側もいつまでも一社員の要望を聞き続けることはできないので、 いずれは自分が望まない仕事をしなければならないことは覚悟しておいた方がいいでしょう。 退職以外の道3:元の職場で関わる人を変える 適応障害となった原因が、仕事で関わる「人」にあるのであれば、同じ職場に身を置きつつ、関わる人を変えることができるかもしれません。 例えば、下記のようなケースです。 「顧客Aとは合わないので、違う仕事に変えて欲しい」 「同僚Aさんとは合わないので、違う人とする仕事に変えて欲しい」 システムエンジニアという職業では、顧客先で常駐しながら仕事をすることも多いと思います。 この場合は、常駐先を変えることでストレスが軽減される可能性があります。 仕事内容はある程度維持しつつ、関わる人だけを変えるということで、環境の変化によるストレスが低い選択肢です。 ただ、職場内に合わない人がいる場合は、関わらないように仕事を変えたとしても、視界に入ってくるだけでストレスを催す可能性もあります。 体調を悪くした張本人ですから当然といえば当然です。 このような場合は、部署移動をする方が現実的な選択肢となってきます。 退職以外の道4:部署異動で人間関係をリセット 職場の同僚や上司といった人間関係のストレスが原因で、適応障害を発症した場合は、部署異動で人間関係をリセットするという方法もあります。 ケースとして多いのは、地方に転勤を命じられて適応障害になった場合です。 地方への転勤が問題だった場合、元の職場に戻してもらうことも可能でしょう。 しかし、気をつけなければならないのは、希望の部署に行けるという保証はないということです。 会社も個人の事情ばかり考えて人を配置できるほど都合よく仕事はありません。 こういったリスクがあることは念頭に置いておいた方がいいでしょうね。 また、 部署異動で全てをリセットするということは、これから覚え直すことがたくさんあるということです。 これには相当なエネルギーが必要になることを覚悟しておいた方がいいでしょう。 もちろん、異動先の上司も体調を崩していたことは知っているはずなので、それなりに配慮はしてくれるはずです。 そして、部署異動を要望したときに必ず言われることがあります。 「他の部署に行ったところで、同じようにストレスを感じる人がいるかもしれない。 もしかすると、もっと酷い環境になるかもしれない」と。 もちろん、その可能性はあります。 退職以外の選択肢のまとめ ここまで、退職以外の選択肢について考えてきましたが、ここでまとめてみましょう。 NO 選択肢 有効な原因 メリット デメリット 1 同じ職場で仕事の量を減らす 残業や休日出勤が多かった 環境をほとんど変えずに疲労を減らすことができる 時が経つと再び仕事量が増える 2 同じ職場で仕事の内容を変える 仕事内容や難易度が合わなかった 環境をほとんど変えずに仕事を変えることができる 希望する仕事に付けるとは限らない 3 同じ職場で関わる人を変える 合わない人と同じ仕事だった 同じ職場なので環境の変化を抑えて、嫌な人から離れることができる 原因を作った張本人が視界に入るだけで再発する可能性がある 4 違う部署に異動する 全て 特に同僚と合わない場合 仕事内容や人間関係がリセットできる ・希望する部署に行けるとは限らない ・新しく覚えることが大量にある それぞれの選択肢にメリットとデメリットがあることが分かります。 会社によっては、ここに挙げたもの以外の選択肢もあるかもしれないので、上司や産業医に相談してみるのも良いと思います。 『転職』という選択肢も考えてみる 同じ会社に残るという選択肢がある一方、もちろん転職という選択肢もあります。 転職のメリット 会社というのは企業理念に基づいて組織が成り立っており、その組織に属する人間も比較的同じようなタイプの人間が多く集まっています。 企業体質と言えるかもしれませんが、部署異動をしたところで同じような状態になってしまうという可能性はあるのです。 このような場合は、転職という選択肢もあった方がいいと思います。 年齢や生活環境によって、就活生のときと比べると、自分の価値観も変わっているはずです。 このような場合、 転職をすることで、今の自分の価値観にあった会社に選び直せるというメリットがあります。 転職のデメリット もちろん転職にはデメリットもあります。 退職後に転職活動をすることになると思いますが、その 転職活動そのものがかなり大変だということです。 志望動機や自分の強みなどを考えていくのは相当な労力が必要になります。 また、転職時は、適応障害だと言ってしまうと内定の可能性が激減します。 かといって、隠して入社すると、バリバリに働ける人材だと思われているので、仕事も大変になるでしょう。 庶務のルール等、こまかい点も会社によって全く違うので、覚えることも膨大です。 このように、転職は 環境を完全にリセットして、希望の会社に入社できるというメリットがある一方、転職活動が大変だったり、入社後の仕事内容がハードになるデメリットがあることは知っておいた方がいいでしょう。 まずは自己分析から 休職中に転職活動をするのはなかなかハードルが高いですよね。 グッドポイント診断のサイトでは、無料であなたの強みをしっかりと分析してもらえます。 ぜひやってみてください。 さいごに 職場で体調を崩し、毎日つらい経験をしていれば退職を考えるのが当然だと思います。 私は職場の人間関係が原因で体調を崩し、適応障害と診断されました。 もちろん、適応障害の原因となった人とは離れられるように要望し、そのような環境に変えてもらうことで、今はストレスなく仕事ができています。 この記事を見ている人も、適応障害で悩んでいることと思います。 退職だけでなく、同じ職場に残るか、部署異動するか、様々な選択肢があると思いますので、身体を休めながらゆっくり考えてくださいね。 この記事が参考になれば幸いです。 下記記事もよく読んでいただいています。 ぜひ、ご覧ください。

次の