髪の毛 を 抜く 行為。 「髪を抜く癖」は抜毛症という病気かもしません!原因や対策をご紹介!

「髪を抜く癖」は抜毛症という病気かもしません!原因や対策をご紹介!

髪の毛 を 抜く 行為

実際に髪の毛を抜く癖がエスカレートすると、 部分的に髪の毛が薄い場所や、 完全にはげてしまった場所が 見られるようになります。 これによって、 クラスメイトなどから変に思われたり、 子供がからかわれたりしたら…… というのも、親御さんの大きな心配の1つとなるでしょう。 また髪を抜く癖がある子供の中には、 抜いた髪の毛を食べてしまう子も 少なからずいるのです。 つまり 異食をしてしまうということなのですが、 これが原因となって 腸閉塞を起こしてしまう、 という危険も考えられます。 髪の毛を抜く癖がエスカレートしてしまうと、 思いがけない病気に繋がることもありますので、 できることならばやめさせてあげましょう。 Sponsored Links 子供が髪の毛を抜く癖をやめない原因って? 子供の髪の毛を抜く癖は、一般的には ストレスが原因であると考えられています。 しかし、必ずしもそれだけが 原因というわけではありません。 ここでは 子供が髪の毛を抜く癖をやめない原因、 髪の毛を抜いてしまう原因を紹介していきます。 乳児にはまだ、髪の毛という認識がありません。 そのため頭がかゆかったり、 違和感や不快感がある時に 髪の毛を抜いてしまうことが多いでしょう。 この時期の髪の毛を抜く癖は、 シャンプーを月齢にあった 赤ちゃん用のものにする、 お風呂に入った時に しっかり洗髪する、 このようなことで改善されることも多々あります。 また頭皮をチェックしてみて、 発疹や 赤みが見られるようであれば 皮膚科を受診しましょう。 頭皮の状態が健やかになり、 成長と共に髪の毛を認識できれば、 自然と治っていくことが多いです。 乳児期の髪の毛を抜く癖が見られても あまり深刻にならなくて大丈夫ですよ。 まだまだうまく自分の気持ちを伝えたり、 トラブルなく友達と過ごすのが難しい時期です。 親御さんが寄り添ってあげることで、 自然と髪の毛を抜く癖が 落ち着いていくこともあるでしょう。 また単に 髪の毛を抜く時の感触が面白い というだけで、 癖になっていることも見られます。 お子さんの様子をしっかり見て、 何が原因なのか見極めてくださいね。 また、小学校高学年になって思春期に差し掛かると、 心身の変化に不安を感じて、 髪の毛を抜く癖がついてしまう子もいるようです。 髪の毛を抜く癖は、 小学生以上の子供に多く見られます。 親御さんも心配から 神経質な対応をしてしまいがちですが、 頭ごなしに 怒ってやめさせようとするのは、 かえって逆効果になってしまいます。 お子さんが何かに苦しんでいることに理解を示して、 家庭では楽しい気持ちでいられるように 心掛けてあげましょう。 友達ができない、友達が少ないといった 人間関係のコンプレックスなども 髪の毛を抜く癖の原因となるでしょう。 中学生ともなると、 周囲の目を非常に気にするようになります。 そのため、自分の髪の毛を抜く癖を 本人が気味悪く思っていたり、 恥ずかしがっていることも多々あるでしょう。 そこに 大人から髪の毛を抜くのをやめなさい! と口うるさく言われてしまうと、 余計にストレスをためてしまいます。 何か言いたそうにしている時は、 親御さんはお子さんの考えを否定せずに、 静かに話を聞いてあげてくださいね。 また、中には 醜形恐怖症などの深刻な症状から 自分を醜いと思い込んで、 体毛を除去する癖がついてしまっている というケースも見られます。 この場合は、根本となっている醜形恐怖症を 適切な対処方法で緩和しない限り、 髪の毛を抜く癖が治ることはありません。 髪の毛を抜く癖には様々な理由が考えられます。 まずはお子さんの様子をしっかり観察して、 原因を探ることが大切です。 Sponsored Links 子供が髪の毛を抜く癖をやめない時の対処方法って? 子供が髪の毛を抜く癖をやめない時、 周囲の大人は何ができるのでしょうか? ここでは 子供が髪の毛を抜く癖をやめない場合の、 対策方法を紹介していきます。 乳児であれば 簡単な手遊びで十分ですし、 幼児ならば 積み木や ブロック、 糸通しなど 様々な遊びができるはずです。 小学生以上の子供であれば、 料理や 裁縫などの手伝いも良いでしょう。 これらのことに親御さんも一緒に取り組んで、 できたことをほめてあげましょう。 認められているという安心感も、 子供のストレスを緩和してくれるはずです。 自分には味方がいるのだという安心感は、 子供の不安を和らげる1番の薬です。 無理に悩みはないか聞き出そうとしたり、 そんなことで悩んで、といったような 否定的な意見を述べるのは避けましょう。 このような大人の 高圧的な態度は、 ますます子供を追い詰めてしまいます。 親御さんはいつも通りに振舞って、 お子さんから話をしてくれるのを 辛抱強く待ってくださいね。 勉強ができなかったり、 周囲の人と自分を比べて自信を無くしている場合は、 好きなことに打ち込むことで、 自信を取り戻せる可能性も高いでしょう。 受験勉強でストレスをためている場合は、 好きなことに好きなだけ没頭するというのは、 少し難しいかもしれません。 しかし少しの時間でも良いので、 夢中になれることに没頭できる時間を 作ってあげましょう。 特に幼児期や小学生の女の子なら、 お母さんがしてくれたお洒落な髪型が嬉しくて、 なるべく崩さないように 気にかけてくれるでしょう。 男の子の場合は 坊主など、 髪の毛が抜けない長さにカットしてしまうのも 1つの対策です。 しかし本人が極端な短髪を嫌がっている場合は、 無理強いはしないでくださいね。 病院では、周囲の大人がどのように サポートをするべきかもアドバイスしてもらえます。 また、場合によっては 髪の毛を抜く癖の裏に 重大な原因が潜んでいることもあるでしょう。 色々な対策を試してみたけれど効果がない場合は、 専門医に頼るのも有効な選択肢ですよ。

次の

抜毛症で抜いた髪は生えてこない?抜毛症の女性に育毛剤は意味なし?

髪の毛 を 抜く 行為

心の中に、やり場のない不安感を抱えている 髪の毛を抜く癖を持っている人の多くは、心の中にいつも不安感を抱えています。 そして、その不安感をどうして良いかわからず、途方に暮れた状態が慢性的に続いてしまいます。 この状態を解消しようとして、無意識的に髪の毛を抜いてしまうようになります。 なぜ髪の毛を抜くと不安が解消されるのかというと、髪の毛を抜くという行為を行うことで、頭部に痛みを感じるためです。 それによって「自分は今ここに生きている」という実感を得ることができるのです。 心に常に不安を抱えていると「自分が今生きているかどうか」という実感すら得られなくなります。 しかし、髪の毛を抜いて痛い思いをすることで「自分は生きている」ということを確認し、それによって安心感が得られるのです。 彼らの内面は、体に痛みを感じることでしか安心感を感じられない状態であるため「全く地に足がついていない状態」であると言えるでしょう。 しかし、自分を傷つけない方法で冷静さと安心感を取り戻せるように努力しない限り、この癖を治すのは難しいと言えます。 溜め込んだストレスが限界に達してしまっている 心に大きなストレスを溜め込んでいる時も「髪の毛を抜く」という癖が顔を出しやすくなります。 特に、限界までストレスを溜め込んでしまうと、無意識的に大量の髪の毛を抜いてしまうこともあるため、注意が必要です。 髪の毛を抜くと、何かが剥がれ落ちたような気分になって、落ち込んだ気持ちが少しスッキリすると言われています。 しかし、これはほんの一時だけのものです。 またすぐにネガティブな気持ちが戻ってくるため、それをスッキリさせようとして、再び髪の毛を抜くようになってしまいます。 このように、ストレスを溜め込むと「スッキリしたい」というすがりつくような思いから、何度も髪の毛を抜くという行為を繰り返すようになるようです。 この場合、早急に心と体を休め、他の健康的な方法でストレスを解消していく必要があります。 ストレスが解消されない限り、髪の毛を抜くという行為はダラダラ続いてしまいます。 漠然とした不満がある 髪の毛を抜く癖を持っている人は、心の中に漠然とした不満を抱えていることが多くなります。 しかし、本人たちは、具体的に何が不満なのかがわかりません。 更に、心の中に常に存在している不満を、どのような形で解消していったら良いかという対処法も知りません。 このように、やり場のない悶々とした精神状態が「髪の毛を抜く」という行為に走らせてしまいます。 「髪の毛を抜く」という行為は、自分を傷つける行為です。 心が悶々としてネガティブな状態にある時、自分を傷つける行為をすると、ある種の興奮を味わうことができると言われています。 もちろん、この興奮は「悪い意味での興奮」ですが、閉鎖的な精神状態が続く時、人はこのような興奮に快感をおぼえてしまうようです。 その結果「少しでも快感を味わって、一時的でも良いからスッキリしたい」という思いで、髪の毛を抜く癖がやめられなくなってしまいます。 この場合、1度自分自身とじっくり向き合い、不満の原因になっている事柄をきちんと探っていく必要があります。 不満の原因が具体化されないと、適切な対処法が見つからないため、いつまで経ってもこの癖を治すことができません。 孤独感を抱えており「自分を理解してほしい」という思いがある 常に孤独感を抱えている人は、髪の毛を抜くという行為がやめられません。 このタイプの人は「誰も自分を理解してくれない」という寂しさが募り過ぎて、心を閉ざしてしまっています。 その欲求不満が、彼らを「髪の毛を抜く」という行為に走らせてしまっています。 彼らは心を閉ざしつつも「自分を理解してほしい」という思いを持ち続けています。 そのため、人の気を引くために髪の毛を抜くという行為を行ってしまうこともあります。 髪の毛を抜くという行為は、大半の人から見ると「尋常ではない行為」というイメージを持った行為です。 それをあえて行うことで、自分に目を向けさせ、自分を心配してほしいと考えているのです。 精神的な病気が原因で髪の毛を抜くこともある 髪の毛を抜くという癖をやめられない人の中には、病気が原因であるという例もあります。 この病気は、極度のストレスが原因で起きる病気です。 この病気を発症すると、無意識的に髪を抜くだけでなく「ハッキリした意識の元であっても髪を抜いてしまう」という症状も起きてしまいます。 つまり、髪の毛を抜いていることを、しっかり自分でも自覚しています。 しかし、その行為を自力でやめることができず、最終的には、まつ毛や体の毛まで抜いてしまうようになることもあります。 この場合、自分の意志だけで治すことは難しいため、早急に病院を受診することが必要です。 髪の毛を抜く行為をする心理を知ろう 髪の毛を抜くという行為が癖になっている人は、心のどこかに不安や不満寂しさなどのネガティブな思いを抱えていることがほとんどです。 その気持ちを「髪の毛を抜く」という行為による刺激でスッキリさせたいという思いが潜在的に存在するため、このような行為に走ってしまいます。 しかし、放っておくと、抜いた箇所に髪の毛が生えなくなってしまう結果になる場合もあります。 ネガティブな気持ちが増幅して起きた精神的な病気が原因で、髪の毛を抜いてしまっているということも考えられます。 そのため「髪の毛を抜く癖が長い間やめられない」という場合は、できるだけ早く専門の病院に相談することをオススメします。 「髪の毛を抜く行為をする癖がある人の心理とは」への感想コメント一覧 現在のところ、まだ感想はありません。 ぜひ最初の感想を書いてください。

次の

頭皮に痛みのある出来ものがある場所に生えている髪の毛を抜いてしまいます...

髪の毛 を 抜く 行為

心の中に、やり場のない不安感を抱えている 髪の毛を抜く癖を持っている人の多くは、心の中にいつも不安感を抱えています。 そして、その不安感をどうして良いかわからず、途方に暮れた状態が慢性的に続いてしまいます。 この状態を解消しようとして、無意識的に髪の毛を抜いてしまうようになります。 なぜ髪の毛を抜くと不安が解消されるのかというと、髪の毛を抜くという行為を行うことで、頭部に痛みを感じるためです。 それによって「自分は今ここに生きている」という実感を得ることができるのです。 心に常に不安を抱えていると「自分が今生きているかどうか」という実感すら得られなくなります。 しかし、髪の毛を抜いて痛い思いをすることで「自分は生きている」ということを確認し、それによって安心感が得られるのです。 彼らの内面は、体に痛みを感じることでしか安心感を感じられない状態であるため「全く地に足がついていない状態」であると言えるでしょう。 しかし、自分を傷つけない方法で冷静さと安心感を取り戻せるように努力しない限り、この癖を治すのは難しいと言えます。 溜め込んだストレスが限界に達してしまっている 心に大きなストレスを溜め込んでいる時も「髪の毛を抜く」という癖が顔を出しやすくなります。 特に、限界までストレスを溜め込んでしまうと、無意識的に大量の髪の毛を抜いてしまうこともあるため、注意が必要です。 髪の毛を抜くと、何かが剥がれ落ちたような気分になって、落ち込んだ気持ちが少しスッキリすると言われています。 しかし、これはほんの一時だけのものです。 またすぐにネガティブな気持ちが戻ってくるため、それをスッキリさせようとして、再び髪の毛を抜くようになってしまいます。 このように、ストレスを溜め込むと「スッキリしたい」というすがりつくような思いから、何度も髪の毛を抜くという行為を繰り返すようになるようです。 この場合、早急に心と体を休め、他の健康的な方法でストレスを解消していく必要があります。 ストレスが解消されない限り、髪の毛を抜くという行為はダラダラ続いてしまいます。 漠然とした不満がある 髪の毛を抜く癖を持っている人は、心の中に漠然とした不満を抱えていることが多くなります。 しかし、本人たちは、具体的に何が不満なのかがわかりません。 更に、心の中に常に存在している不満を、どのような形で解消していったら良いかという対処法も知りません。 このように、やり場のない悶々とした精神状態が「髪の毛を抜く」という行為に走らせてしまいます。 「髪の毛を抜く」という行為は、自分を傷つける行為です。 心が悶々としてネガティブな状態にある時、自分を傷つける行為をすると、ある種の興奮を味わうことができると言われています。 もちろん、この興奮は「悪い意味での興奮」ですが、閉鎖的な精神状態が続く時、人はこのような興奮に快感をおぼえてしまうようです。 その結果「少しでも快感を味わって、一時的でも良いからスッキリしたい」という思いで、髪の毛を抜く癖がやめられなくなってしまいます。 この場合、1度自分自身とじっくり向き合い、不満の原因になっている事柄をきちんと探っていく必要があります。 不満の原因が具体化されないと、適切な対処法が見つからないため、いつまで経ってもこの癖を治すことができません。 孤独感を抱えており「自分を理解してほしい」という思いがある 常に孤独感を抱えている人は、髪の毛を抜くという行為がやめられません。 このタイプの人は「誰も自分を理解してくれない」という寂しさが募り過ぎて、心を閉ざしてしまっています。 その欲求不満が、彼らを「髪の毛を抜く」という行為に走らせてしまっています。 彼らは心を閉ざしつつも「自分を理解してほしい」という思いを持ち続けています。 そのため、人の気を引くために髪の毛を抜くという行為を行ってしまうこともあります。 髪の毛を抜くという行為は、大半の人から見ると「尋常ではない行為」というイメージを持った行為です。 それをあえて行うことで、自分に目を向けさせ、自分を心配してほしいと考えているのです。 精神的な病気が原因で髪の毛を抜くこともある 髪の毛を抜くという癖をやめられない人の中には、病気が原因であるという例もあります。 この病気は、極度のストレスが原因で起きる病気です。 この病気を発症すると、無意識的に髪を抜くだけでなく「ハッキリした意識の元であっても髪を抜いてしまう」という症状も起きてしまいます。 つまり、髪の毛を抜いていることを、しっかり自分でも自覚しています。 しかし、その行為を自力でやめることができず、最終的には、まつ毛や体の毛まで抜いてしまうようになることもあります。 この場合、自分の意志だけで治すことは難しいため、早急に病院を受診することが必要です。 髪の毛を抜く行為をする心理を知ろう 髪の毛を抜くという行為が癖になっている人は、心のどこかに不安や不満寂しさなどのネガティブな思いを抱えていることがほとんどです。 その気持ちを「髪の毛を抜く」という行為による刺激でスッキリさせたいという思いが潜在的に存在するため、このような行為に走ってしまいます。 しかし、放っておくと、抜いた箇所に髪の毛が生えなくなってしまう結果になる場合もあります。 ネガティブな気持ちが増幅して起きた精神的な病気が原因で、髪の毛を抜いてしまっているということも考えられます。 そのため「髪の毛を抜く癖が長い間やめられない」という場合は、できるだけ早く専門の病院に相談することをオススメします。 「髪の毛を抜く行為をする癖がある人の心理とは」への感想コメント一覧 現在のところ、まだ感想はありません。 ぜひ最初の感想を書いてください。

次の