ヒルビリー エレジー。 「日本のヒルビリー」だった私|高井浩章|note

レッドネック

ヒルビリー エレジー

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに3冊在庫がございます。 (2020年06月30日 09時45分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 内容説明 ニューヨーク生まれの富豪で、貧困や労働者階級と接点がないトランプが、大統領選で庶民の心を掴んだのを不思議に思う人もいる。 だが、彼は、プロの市場調査より、自分の直感を信じるマーケティングの天才だ。 長年にわたるテレビ出演や美人コンテスト運営で、大衆心理のデータを蓄積し、選挙前から活発にやってきたツイッターや予備選のラリーの反応から、「繁栄に取り残された白人労働者の不満と怒り」、そして「政治家への不信感」の大きさを嗅ぎつけたのだ。 トランプ支持者の実態、アメリカ分断の深層。 高校卒業後、海兵隊に入隊、イラクに派兵される。 除隊後、オハイオ州立大学、イェール大学ロースクールを卒業。 現在はシリコンバレーで投資会社の社長を務める。 サンフランシスコ在住 関根光宏[セキネミツヒロ] 翻訳家 山田文[ヤマダフミ] 翻訳家。 出版社内容情報 J・D・ヴァンス[ヴァンス J.D.] 関根光宏[セキネ ミツヒロ] 山田文[ヤマダ フミ].

次の

ヒルビリ-・エレジ- / ヴァンス,J.D.【著】〈Vance,J.D.〉/関根 光宏/山田 文【訳】

ヒルビリー エレジー

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに3冊在庫がございます。 (2020年06月30日 09時45分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 内容説明 ニューヨーク生まれの富豪で、貧困や労働者階級と接点がないトランプが、大統領選で庶民の心を掴んだのを不思議に思う人もいる。 だが、彼は、プロの市場調査より、自分の直感を信じるマーケティングの天才だ。 長年にわたるテレビ出演や美人コンテスト運営で、大衆心理のデータを蓄積し、選挙前から活発にやってきたツイッターや予備選のラリーの反応から、「繁栄に取り残された白人労働者の不満と怒り」、そして「政治家への不信感」の大きさを嗅ぎつけたのだ。 トランプ支持者の実態、アメリカ分断の深層。 高校卒業後、海兵隊に入隊、イラクに派兵される。 除隊後、オハイオ州立大学、イェール大学ロースクールを卒業。 現在はシリコンバレーで投資会社の社長を務める。 サンフランシスコ在住 関根光宏[セキネミツヒロ] 翻訳家 山田文[ヤマダフミ] 翻訳家。 出版社内容情報 J・D・ヴァンス[ヴァンス J.D.] 関根光宏[セキネ ミツヒロ] 山田文[ヤマダ フミ].

次の

『ヒルビリーエレジー ~ アメリカの繁栄から取り残された白人たち』

ヒルビリー エレジー

ナイジェル・ファラージ〔PHOTO〕gettyimages さらにファラージは、こう続けた。 トランプの勝利とイギリスの「ブレグジット」は、どちらも同じ「負け犬の逆転劇」だった、この2つの重要な選挙戦の勝利によって、2016年は「政治革命の年」となったのだ、と。 僕はここで、その「負け犬」の話を書きたい。 ブレグジットの主役となった「負け犬」とは、イングランドの大都市圏以外に住む労働者階級の人々だった。 対して、アメリカにおけるそれは、おもに「 ヒルビリー(Hillbilly)」と呼ばれる白人層だ。 ではその「ヒルビリー」とは、いかなる者なのか? 本稿の主旨は、それを考察してみることだ。 まずは語義からいってみよう。 「Hillbilly」という英語を、一番愛らしく訳してみるなら、僕ならば「田舎っぺ」とする。 悪しざまに言うとしたら「どん百姓」か。 ヒルビリーとは元来、「山に住む白人」というほどの意味だった。 アメリカの東部を南北につらぬくアパラチア山脈、その南側の地域の山中に住み着いた「スコッチ・アイリッシュ」の人々がまず「ヒルビリー」と呼ばれた。 18世紀に移民してきたこれらの人々は、南北戦争のころまで、「山の外」とはあまり交流しなかった。 ゆえに特異と言っていい風習が発達した、という。 いわく、ヒルビリーは、くせの強いアクセントで、特殊な言い回しで喋る。 狩猟をする。 密造酒を作り、飲む。 身内のことしか信用しない。 だから近親相姦もする……こうしてステレオタイプ化されたイメージが、ポピュラー文化のなかで再現されていった。 そんなヒルビリー像のなかで、おそらく日本で最もよく知られたものは、1960年代に人気を博したTVドラマ『じゃじゃ馬億万長者(原題『The Beverly Hillbillies』)』だろうか。 近年の代表例は、アメリカの国民的長寿アニメーション番組『ザ・シンプソンズ』に出てくる「スパックラー一家」が印象強い。 コメディだからできることなのだが、近親相姦を匂わせるところまで描いている。 このスパックラー一家まで来ると、出身地はどこだかまったくわからない。 記号化され続けているうちに、ヒルビリーは原点であるアパラチアを離れ、「田舎の貧乏白人」の象徴となったわけだ。 日本語で吹き替えるなら、一人称が「おら」、語尾には「んだ」と付くような感じの、記号的ステレオタイプ像だ。 これはニューヨークの都会人が旅先のジョージアの山奥でヒルビリーに襲われ、執拗に虐待されるという恐怖を描いたものだった。 アカデミー賞の3部門にノミネートされたほどの成功作だ。 こうした「悪いヒルビリー」は、ときに、さらにもっと明確にひどい蔑称を得ることになる。 それが「 ホワイト・トラッシュ(White Trash)」だ。 クズ白人。 白いクズ。 あるいは蔑称としての「土人」を冠して、「白い土人」と訳す人もいる。 田舎ならどこだっていい。 テキサスの奥地にだっているぞ!というのが、トビー・フーパー監督の『悪魔のいけにえ』(1974年)だった。 ここでチェーンソーを手にしたレザーフェイスが登場する。 天下御免のホワイト・トラッシュ像の誕生だ。

次の