11 月末 時候 の 挨拶。 11月の季語と手紙の挨拶文<書き出しと結びの言葉・はがき文例>

時候の挨拶11月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文集!

11 月末 時候 の 挨拶

漢語調の表現は格調高く儀礼的な手紙やビジネス文書によく使われています。 一方、 口語調のものにはやさしい響きがあり、親近感がありますから、 お祝い状や礼状など、個人と個人でやりとりする手紙に適しています。 晩秋の候• 立冬の候• 向寒の候• 深秋の候• 暮秋の候• 寒気の候• 初霜の候• 菊花の候• 初雁の候• 深冷の候• 木枯らし一号が吹き、めっきり肌寒くなってまいりましたが…• 今年も鍋料理が美味しい季節となりました。 日が落ちるのが早くなり、冬が駆け足で近づいてくるようです。 朝夕はひときわ冷え込むようになりました。 日に日に秋が深まり、露寒の季節となりました。 あでやかな錦繍(きんしゅう)の日々も過ぎ…• 菊の花の香り高い季節を迎え…• うららかな菊日和がうれしい昨今…• 近所の神社は七五三の家族連れでおおにぎわいでした。 珍しくおだやかな小春日和がつづいております。 初雪の便りも聞こえる今日このごろです。 そろそろこたつが恋しい季節となりました。 知らぬ間に吐く息もすっかり白くなって…• 落ち葉が風に舞う季節となりました。 おびただしい落ち葉に、過ぎ行く晩秋を惜しむ今日このごろで…• 熱燗で一杯、に人生の幸せをしみじみ感じます。 日増しに寒さもつのり…• 日だまりが恋しい季節となり…• 手袋の恋しい季節になり…• 湯気がごちそう、という季節がやってきました。 吹く風に冬の到来を感じるこのごろ…• 冬はもうすぐそこまで来ているようですね。 先ずはお礼(お知らせ・お願い・お見舞い)まで(申し上げます)• 先ずは書中にてご報告申し上げます• 取り急ぎご案内(ご報告・ご返事)申し上げます• 右、用件のみにて失礼いたします)• 右、とりあえずお礼のみにて失礼をいたします• 以上、くれぐれも宜しくお願い申し上げます• 以上、取り急ぎお知らせする次第です• 以上、よろしくおとりはからいください• 略儀ながら書中にて(をもって)お礼申し上げます• 勝手なお願いを申し上げ、まことに心苦しいのですが、どうか宜しくご検討ください• そろそろ冬支度でお忙しいこととは存じますが• 甚だ勝手ではありますが宜しくお取り計らいのほどを• 向寒のみぎり、お風邪にはくれぐれも気をつけて• 時節がらどうぞご自愛ください• ご自愛のほどお祈り申し上げます• お体をくれぐれもお大事に• ますますのご活躍を期待しております• ではお元気で• 皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます• それでは皆様ご健康でありますように• ご家族のご健勝を心よりお祈り申し上げます• 末筆ながらご主人様にもよろしくお伝えください• 皆様によろしくお伝えください• お伝え願えれば幸いです• 父からもよろしくとのことでございます• 母もよろしくと申しておりました• 母からもご母堂様(ご尊父様)にくれぐれもよろしくと申しております• お手数ですが、折り返しご返事をいただければ幸いです• ご返事お待ちいたしております• 折り返しご返事のほど、お願い申し上げます• 準備の都合上、出欠をお知らせください(事務的用件や会の案内状など)• ご多用中恐縮でございますが、ぜひともご卓見を賜りたく、同封のはがきにて返信をいただければ幸甚に存じます• 今後ともよろしくお願いします• これからもどうぞよろしくお願い申し上げます• 近いうちにまたお便りさせていただきます• またお会いできる日を楽しみにしております• 今後ともご指導(ご鞭撻・ご教示・ご協力)くださるようお願いいたします• なお将来とも末永くご高配を賜りますよう伏してお願い申し上げます• 残念ながら貴意にそいかねますので、あしからずご了承いただきたく存じます• 以上、お心に添えず申しわけございませんが、なにとぞご寛容のほどお願い申し上げます• わがままを申しまして申し訳ありません。 どうぞご寛容ください• 何とぞご寛恕(かんじょ)くださいますようお願いいたします 季節に関係なく使える時候の挨拶• 天候不順の折…• 寒暖定まらぬ毎日が続いておりますが…• 久しぶりに快晴に恵まれ、湿りがちだった心も晴々としております。 降り続く長雨に、気も滅入りがちですが…• 好天続きで、ひと雨ほしいところでございます。 面識のない人に出す手紙の書き出し• 初めてお便りを差し上げます。 突然のお便りで失礼いたします。 突然のお手紙を差し上げる失礼をどうぞお許しください。 突然のぶしつけなお手紙でまことに恐縮でございますが…• まことに突然で失礼ではございますが、一筆申し上げます。 まだ拝顔(はいがん)の栄(は)えを得ておりませんが、お手紙で申し上げます。

次の

11月の時候の挨拶!結びの言葉はどうする?

11 月末 時候 の 挨拶

「小雪を迎え、いよいよ寒さが身にしみる頃となりました。 皆様におかれましては益々ご壮健のことと存じ上げます」 「子供たちが落葉で遊ぶ姿が見られるようになりましたね。 皆様におかれましては健やかにお過ごしのことと存じます」 言葉を足して 話し言葉に近づけることで、より親しみが感じられる挨拶文に仕上がりますね。 手紙を書くときに使える時候の挨拶の例文は? 早めに届いたお歳暮のお礼状や七五三の内祝いなど、改めて手紙を出したいときなども時候の挨拶を使うと手紙の書き出しがスムーズになります。 電話をかける時も、まずは近況の挨拶をしてから本題に入りますよね。 手紙での時候の挨拶も同じです。 季節を表す挨拶と 体調うかがいなどをセットにして書き始めると、本題にも入りやすくなりますよ。 変なことを書かないようにと身構えてしまうこともあるかもしれませんが、実際はそんな難しいものではありません。 11月下旬は、冬に入る直前の季節ということを意識すればいいだけです。 また、身近な生活で感じる季節を素直に表現するだけでも時候の挨拶になります。 「 ニット」「 マフラー」「 ストーブ」など、 冬に向けての準備に登場するキーワードがたくさん見つかるはずです。 親しい間柄の人に送る手紙には、あなたらしい時候の挨拶を書いてみると、ステキな手紙になりますよ。 季節の変化を改めて味わういい機会でもありますから、ぜひ楽しみながら時候の挨拶を書いてみてくださいね。

次の

11月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

11 月末 時候 の 挨拶

11月上旬の時候の挨拶 11月の上旬に使用できる季節の言葉には 「菊薫る」「紅葉」「深秋」「晩秋」「立冬」 などがあります。 10~11月に咲く菊が入った言葉は11月上旬にピッタリ。 また「立冬」とは二十四節気の1つで、風が冷たくなり冬の気配を感じる頃という意味があり、11月7日頃を示します。 暦の上では立冬を境に冬になるので、秋を感じさせる言葉は11月6日まで、11月7日以降は「立冬」もしくは11月中旬で紹介する季節の言葉を使用することをおすすめします。 立冬は次の二十四節気「小雪」の11月22日の前日まで使用できます。 改まった手紙の場合 ビジネスでの使用や、目上の方へなど改まった手紙で使用する場合は、上記で紹介した 季節の言葉に「~の候(こう)」「~の折(おり)」「~の砌(みぎり)」を付けて使用するようにします。 11月上旬であれば• 日だまりの暖かさが一段と心地よい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 朝夕冷え込む季節になりましたが、お元気にお過ごしでしょうか。 紅葉の季節を迎えましたが、元気でお過ごしのことと存じます。 落ち葉が風に舞う季節となりましたが、皆さまお変わりはございませんか。 という風に使用します。 11月中旬の時候の挨拶 11月中旬に使用できる季節の言葉には 「立冬」「向寒」 などがあります。 改まった手紙の場合 ビジネスでの使用や、目上の方へなど改まった手紙で使用する場合は、上記で紹介した 季節の言葉に「~の候(こう)」「~の折(おり)」「~の砌(みぎり)」を付けて使用するようにします。 11月中旬であれば• 日増しに寒さが加わってまいりましたが、元気にお過ごしでしょうか。 茶の花が可憐な花を咲かせる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 吐く息も白さを増し、冬の訪れを感じております。 皆さんお変わりなくお過ごしですか。 などという風に使用します。 11月下旬の時候の挨拶 11月下旬に使用できる季節の言葉には 「霜寒」「初冬」「小雪」 などがあります。 「小雪」は二十四節気の1つで、日ごとに寒さが増し野山に初雪が舞い始める頃という意味があります。 11月22日頃を示し、次の二十四節気の1つ「大雪」の12月7日の前日まで使用できます。 改まった手紙の場合 ビジネスでの使用や、目上の方へなど改まった手紙で使用する場合は、上記で紹介した 季節の言葉に「~の候(こう)」「~の折(おり)」「~の砌(みぎり)」を付けて使用するようにします。 11月下旬であれば.

次の