ラインペイでスタンプ購入。 LINEコインとLINE Payの違いとは?スタンプの購入方法と比較

LINEで有料スタンプを購入する方法(買い方)超入門

ラインペイでスタンプ購入

LINEコインとは? LINEアプリ内で使用するスタンプや着せかえなどを購入する際に LINE上で使える通貨です。 スタンプや着せかえなどの販売は LINEコインで販売されており、 Google Playや iTunesを介した決済を通じてあらかじめ LINEコインをチャージしておくことでスムーズにスタンプや着せかえなどの購入が可能となります。 また、あらかじめ購入していない場合であっても、スタンプなどの購入時に「保有コインが不足しています」と出るので、そのタイミングで決済しコインをチャージすることも可能です。 LINEポイントとの違い LINEコインと LINEポイントは異なります。 LINEポイントは、指定のアプリをインストールしたり、動画視聴や、 LINE Pay カードを使ってお買い物をしたりした場合に溜まるポイントのことです。 スタンプや着せかえの購入にも利用することができ、電子マネーや商品・現金との交換も可能です。 LINEコインの購入方法 それでは、 LINEコインをどのように購入するかをご紹介しましょう。 iphoneと Androidの場合それぞれで見ていきます。 (iphone の場合) iphoneの場合も基本は同様ですが、決裁時には App内課金を入手のポップアップが表示されますので「購入する」をタップしましょう。 iTune経由で決済されます。 iTunesカードから Apple IDにチャージしておくことで、他のアプリ同様 iTunesを介して LINEコインを購入することができます。 (Android の場合) まずは「設定」からショップカテゴリ内の「コイン」をタップします。 すると、現在の自分の保有コインを確認することができます。 コインを購入したい場合には右上の「チャージ」をタップしましょう。 すると、チャージする金額を選ぶことができます。 購入したい金額を選び、「購入」をタップすれば …… 無事チャージが完了です!決裁方法は googleplayの請求の設定により異なります。 LINEコインの使い方 さっそく、購入した LINEコインを使ってみましょう。 例えばスタンプを購入する場合は、まず購入したいスタンプのページへ行きます。 必要なコインと、その下に現在自分が保有しているコイン数が出てくるので足りていることを確認して、「購入する」をタップします。 すると、無事ダウンロードすることができました! すぐにトーク画面に反映されているので、スタンプを使用することができますよ! 注意点 しかし、 LINEコインには注意すべき点もあります。 50コインと表示されていると、ついつい「 50円だから安いな」と無意識のうちに錯覚しがちなので注意しましょう。 2つ目は、機種変更時にも注意が必要であることです。 異なる OS同士の機種変更を予定している場合には、 LINEコインを使いきることをおすすめします。 まとめ 会話を盛り上げるのに必須なスタンプや自分好みに着せ替えをするためには必須の「 LINEコイン」。 ぜひあなたも上手に活用してみてくださいね!.

次の

LINE PayでLINEスタンプの購入方法!スタンプのプレゼントにも使えます|StudyAppli

ラインペイでスタンプ購入

LINEの有料スタンプを購入するには? Last update 2018-08-31 12:51:13 友達が有料のスタンプの購入の仕方がわからないというので、初心者でもわかるように、詳しくスタンプの購入の仕方を紹介します。 Sponsored Link• 一番簡単• ただし、クレジットカードをスマホに登録していないといけない• クレジットカードがなくても購入可能• LINEのスタンプにしか使えないので余ったら損• 手続きが簡単• 後から請求される• LINE以外の有料アプリや曲の購入にも使える• 余ったら損 など、いろいろな方法で購入することが出来ます。 有料アプリを購入したことがあれば、同じように購入することが出来ます。 また、学生や主婦などクレジットカードを持っていない人は、コンビニでプリペイドカードを利用する方法がオススメです。 めんどくさい人は、スマホの料金と合わせて後から請求する方法も選択できます。 スタンプの料金は? 有料スタンプには、「スタンプ」と「クリエイターズスタンプ」の2種類があります。 アニメや芸能人のキャラクターは「スタンプ」。 デザイナーやイラストレーターなどが作成したオリジナルのスタンプは「クリエーターズスタンプ」になります。 購入するにはあらかじめコインを購入しておき、スタンプを購入するときは、コインを消費して購入することになります。 「スタンプ」は、100コイン。 「クリエーターズスタンプ」は、50コイン、もしくは100コインとなっています。 50コインで120円。 100コインで240円になります(2016年現在)。 ちなみに日替わりで半額セールをしているので、頻繁にチェックしているといいかも。 スタンプを購入するには それでは、LINEで有料スタンプを購入する方法を1つ1つ、解説したいと思います。 長くなるので、お好きな購入方法のリンクをタップすると、素早く購入方法にジャンプできます。 有料アプリと同じように購入するには まずは一番簡単な方法、スマホにクレジットカードを登録している場合の購入方法です。 有料アプリと同じような手順で購入できます。 Xperiaなどアンドロイドの場合は、右上の四角で囲った部分をタップします。 「ウォレット」が開きます。 ここにある「スタンプショップ」をタップします。 スタンプショップが表示されるので、好きなスタンプを探します。 「購入する」をタップします。 なお、スタンプはほとんど100コインが必要で、100コイン=200円 税込み になります。 チャージしたことがない場合や、チャージの残が不足する場合、このような表示がでるので「OK」をタップします。 LINEのスタンプは、プリペイドのように あらかじめコインを購入しておき、コインを使用してスタンプなどを購入します。 スタンプはほとんどが100コイン(200円)になります。 500コイン以上から、ボーナスがつくようです。 iPhoneやiPadの場合 iPhoneの場合は、以下。 進んでください。 Apple IDのパスワードを入力します。 「購入する」をタップします。 OKをタップします。 左上の三角のボタンをタップします。 保有コインが100になりました。 「購入する」をタップします。 再び確認画面が表示されるので、「OK」をタップします。 これで購入できました! アンドロイドやタブレットの場合 アンドロイドも基本的には同じ。 「購入」をタップします。 アンドロイドの場合は、支払い方法にスマホの月々の料金とまとめることが出来ます。 その場合は、「お支払いオプション」をタップします。 携帯代から支払うか(ドコモの場合「NTT DOCOMO利用料金と一緒に支払い」)選択します。 ドコモの携帯代と一緒に請求するような支払いを選択した場合は、 spモードパスワードを入力する画面が表示されるので、4桁のパスワードを入力します。 お支払いが完了しました。 という表示が出ます。 コインを使用するか聞いてくるので、「確認」をタップします。 購入が完了し、スタンプのダウンロードが完了しました。 ちゃんと購入したスタンプを使えるようになっていました。 なお、増えすぎて不要になったスタンプは削除することもできます。 LINE プリペイドカードを使う方法 もし、クレジットカードを持っていなかったり、iPhoneなどにクレジットカードを登録していない人は、 コンビニのLINEプリペイドカードで購入することが出来ます。 この方法は、パソコンからでもスタンプを購入することが出来ます。 期間限定でオリジナルスタンプ(LINEキャラクター コンビニあるある)が無料でダウンロードできるのが特徴です。 iPhoneでもアンドロイドでも使用できるので、iPhoneからアンドロイドに機種変したりしても、チャージしたクレジットを使い続けることが出来ます。 発売されているカードは、1000円、3000円、5000円の3種類。 基本的にはLINEのスタンプなどにしか使えないので注意してください。 コンビニなどで「LINE プリペイドカード」を購入したら、裏側の銀色の部分をコインなどでこすり、ナンバー(PINコード)を表示させます。 ブラウザを立ち上げます。 へアクセスします。 「チャージする」をタップします。 なお、ここから先は、 LINEでメールアドレスを登録していないと進めないので、まだ登録していない人はしておいてください。 LINEに登録したメールアドレスと、パスワードを入力し、「ログイン」をタップします。 「LINEプリペイドカード」にチェックを入れ、「確認」をタップします。 LINEプリペイドカードの裏側に記載されていた「PINコード」を入力します。 続いて「チャージする」をタップ。 チャージが完了しました。 チャージ後の残高が表示されます。 「確認」をタップ。 はじめてプリペイドカードを使った場合 はじめてLINEプリペイドカードをチャージした場合に、無料でもらえる限定スタンプが表示されるので、「今、すぐダウンロード」をタップします。 期間限定で使えるスタンプになります。 「ダウンロード」をタップ。 ダウンロードが完了しました。 LINEプリペイドカードでチャージしたお金を使って、有料スタンプを購入できるようになりました。 スタンプを購入する 注意! で購入したスタンプは、ブラウザ上のからしか購入できません。 LINEの「スタンプショップ」では購入できないので注意! 購入方法は、以下。 ほしいスタンプをなどから探し、「購入する」をタップします。 「プレゼントする」をタップすると、LINEに登楼した友だちにプレゼントすることも出来ます。 購入方法が表示されるので、「LINE クレジット」をチェックします。 下にスクロールしていき・・・ 「確認」をタップします。 購入完了しました。 ダウンロードする LINEを立ち上げます。 左上の丸で囲まれた部分をタップします。 「マイスタンプ」をタップします。 購入したスタンプか、一番下の「すべてダウンロード」をタップします。 「ダウンロード 購入済み 」をタップします。 LINEで使えるようになりました。 LINEプリペイドカードで購入する場合は、上から購入し、LINEアプリでダウンロードして使う、という手順になります。 スマホの料金と一緒に払う LINEのスタンプは、スマホの月々の料金にまとめて支払うことも出来ます。 コンビニに行く暇がない。 とか、スマホにクレジットカードを登録するのがいやだ。 という人は、ドコモやau、ソフトバンクの月々の料金に合算して後から請求されます。 ここでは、ドコモとソフトバンクで購入する場合の紹介をします。 ブラウザを立ち上げます。 へアクセスします。 ページの一番下までスクロールし、「ログイン」をタップします。 なお、ここから先は、LINEでメールアドレスを登録していないと進めないので、まだ登録していない人はしておいてください。 LINEに登録したメールアドレスと、パスワードを入力し、「ログイン」をタップします。 購入したいスタンプを表示させ、「購入する」をタップします。 docomoの場合 購入方法で、「ドコモケータイ払い」をチェックし、一番下の「確認」をタップします。 docomo IDとパスワードを入力し、ログインします。 「OK」をタップします。 「電話料金合算払い」になっていることを確認し、「次へ」をタップします。 「spモードパスワード」を入力し、「承諾して購入する」をタップします。 「次へ」をタップします。 なお、「ドコモケータイ払い」は1ヶ月最高5万円までしか使えないので、お子さんが知らない間にたくさん購入して、数十万円の請求が来る。 というようなことがないので、安心です。 購入が完了しました。 このままだとLINEでは使えないので、LINEアプリからダウンロードしてください。 へ進みます。 ソフトバンクの場合 SoftBankの料金とまとめるには、「ソフトバンクまとめて支払い」にチェックを入れます。 「購入」をタップします。 「同意する」をタップ。 ソフトバンクの料金の支払いに使っているクレジットカードの「セキュリティコード」を入力し、「同意する」にチェックを入れて、「支払う」をタップします。 購入が完了しました。 購入が完了しました。 このままだとLINEでは使えないので、LINEアプリからダウンロードしてください。 へ進みます。 iTunesカードの使い方 もし、クレジットカードを持っていないという人で、iPhoneやiPadのLINEを使っている場合、コンビニなどで売っている「iTunesカード」でも購入できます。 「」との違いとしては、iTunesカードの場合、 LINE以外の有料アプリや音楽を購入するときにも使える点です。 1,000円、3,000円、5,000円単位で売っているので、余ったぶんがもったいない。 なんて場合、iTunesカードだと、有効に活用できやすいかも。 iTunesカードはコンビニであればどこにでも売っています。 また、Amazonなどネットでも購入することが出来ます。 iTunesカードの裏側のシールを剥がします。 認証用のコードを見えるようにしておきます。 続いてiPhoneの「App Store」をタップして開きます。 App Storeが開いたら下の方にスクロールしていき、「コードを使う」をタップします。 Apple IDパスワードを入力します。 「カメラで読み取る」をタップします。 カメラが起動するので、先ほどのiTunesカードの裏側をカメラに映るようにします。 すると、自動的に番号が認識されます。 自動的にApple IDにクレジットが加わります。 これで次回からアプリやスタンプ、曲を購入するときは、このクレジットから優先的に料金が支払われるようになります。 あとは、クレジットカードを登録している人と同じ方法で購入できます。 へ進んでください。 チャージした料金がなくなるまでスタンプや他の有料アプリ、音楽なども購入することが出来ます。 友だちにスタンプをプレゼントする iPhone上のLINEからは友だちにスタンプをプレゼントできませんが、store. line. meからはプレゼントすることが出来ます。 以下は、友だちに有料スタンプをプレゼントする方法です。 ブラウザを立ち上げます。 へアクセスします。 ページの一番下までスクロールし、「ログイン」をタップします。 なお、ここから先は、LINEでメールアドレスを登録していないと進めないので、まだ登録していない人はしておいてください。 LINEに登録してあるメールアドレスと、パスワードを入力し、「ログイン」をタップします。 プレゼントしたいスタンプを探し、表示させます。 「プレゼントする」をタップします。 友だち登録した友だちから、送りたい相手を選択します。 なお、1度に一人しか選択できません。 また、友だち登録した人以外には送ることが出来ません。 右上の「確認」をタップします。 「購入方法」を選択します。 購入方法については、を参考にしてください。 プレゼントが購入できました。 相手側にはこのような先ほど選択したスタンプと、吹き出しが表示されます。 「受けとる」をタップします。 「ダウンロード」をタップします。 使えるようになりました。 ブロックされている友だちにプレゼントできる? プレゼントするには注意点があります。 もし、 相手がこちらをブロックしている場合でも、プレゼントできてしまいます。 しかもプレゼントしたスタンプは、相手には届かず、再送信も出来ません。 私が試したところ、ブロックされた相手にプレゼントすると、単にクレジットが減るだけでした。 なので、ブロックされている可能性がある友だちには、スタンプは送らない方がいいでしょう。 チャージしたのに購入できない!? ブラウザのでチャージしたクレジットは、LINEアプリのスタンプショップでは使用できません。 そのため、LINEプリペイドカードやスマホの料金と合算した場合のクレジットのチャージは、ブラウザ上でないと使用できないので注意してください。 ブラウザ上のLINE STOREは、「クレジット」。 ここにいくらお金が残っていても・・・・ LINEアプリのスタンプショップには補充されません。 LINEのスタンプショップは、「クレジット」ではなくて「コイン」です。 関連ページ• 最終更新日 2018-08-31 12:51:13 Sponsord Link.

次の

LINE PayでLINEスタンプの購入方法!スタンプのプレゼントにも使えます|StudyAppli

ラインペイでスタンプ購入

目次 CLOSE• LINEコインの購入方法 LINE内でのみ使えるコインを購入するには、「その他」から「設定」を選んで「コイン」と進みます。 コインの画面が表示されて、中央上部には現在保有しているコインが表示されています。 画面右上にある「チャージ」をタップしてください。 すると下部にはコインの枚数に応じた価格が表示されるようになり、実際に購入が可能となります。 コインは100枚から購入ができ、最大で3400枚まで。 500枚購入するとボーナスが付くので、割安になります。 スポンサーリンク LINEコインを実際のお金で購入する方法 購入方法ですが、 必要コイン数の隣に表示されている日本円の表記をタップします。 そして「購入する」を選択しましょう。 購入方法は、 iPhoneの場合はiTunesの決済やiTunesカードからApple IDにチャージするなどの方法もあります。 androidであれば、「Google Play」でキャリア決済やクレジットカード、ギフトカードなどから選択できます。 どちらにも言えることですが、一度購入したコインはいかなる理由であっても、 払い戻しができないので大口で購入する際には間違いがないかどうかを必ず確認してください。 スポンサーリンク LINEのコインを購入する際の注意点 便利なLINEのコインですが、簡単に購入できることが分かりました。 簡単に購入できる反面、注意しなければいけない点がいくつかありますので、注意してください。 コインを購入するにあたっての注意点は、以下の通りです。 ボーナスコインでプレゼント購入はできない• スタンプの価格を間違えやすい• OSをまたいだ機種変更をするとコインを引き継げない どれも重要な点を含んでいますので、次から詳しく見ていきます。 スポンサーリンク 1:ボーナスコインでプレゼント購入はできない 一度に多くのコインを購入すると、ボーナスコインがついてくるのでお得です。 しかしこの ボーナスコインというのは、スタンプや着せかえを友達へプレゼントする際に用いることができないので注意が必要です。 自分で購入する分には使えるのですが、 プレゼントで使うことは出来ないので用途が明確でない場合には、残高がどれくらいなのかを確認しておきましょう。 2:スタンプの価格を間違えやすい スタンプを購入する際に、 スタンプの価格は金額ではなくてコインの枚数で表示されています。 100コインと表示されていると、100円と勘違いしてしまいますが、実際には100コインは240円なので間違わないようにしましょう。 スポンサーリンク 3:OSをまたいだ機種変更をするとコインを引き継げない 機種変更をした際、同じOS(andoroidなら機種変更後もandroid)であれば、コインを引き継ぐことは可能です。 しかし、 別OSに機種変更をしたときには、コインを引き継ぐことが出来ないので、機種変更する前に全てのコインを使ってしまうようにしましょう。 コインの払い戻しも引き受けていないので、機種変更をしてしまった後でLINEに苦情を伝えたところで、どうにかなる問題ではありません。 嫌な思いをする前に、OSをまたいだ機種変更をする予定でしたら、残っているコインはすべて使うようにしてくださいね。 いかがでしたか? LINEの有料サービスを利用するときには、専用の通貨である「コイン」が必要です。 実際のお金を使いますが、大口で購入すると「ボーナス」が付くので割安感があります。 コインがあると無料では手に入らないスタンプなどを手に入れられるので、上手く活用したいところです。

次の