大和田 獏。 岡江久美子はいつから別居?大和田獏と娘の美帆はなぜ非濃厚接触者なのか?その理由は?

岡江久美子と旦那の大和田獏が別居してたのは本当?非濃厚接触の理由から調査!

大和田 獏

所属事務所によりますと、岡江さんは今月4月3日(金)に発熱し4~5日様子を見るよう言われ自宅療養中でしたが、 6日(月)朝に病状が急変して都内の大学病院に緊急入院し、ICU(集中治療室)で人工呼吸器を装着して24時間体制で看護され その後のPCR検査で新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 その後も懸命に集中治療を受けていましたが、23日午前5時20分、肺炎のため亡くなったということです。 63歳でした。 岡江さんは去年の末に初期の乳がんの手術を受け、ことし1月末から2月半ばにかけて放射線治療を行っていたということで、事務所は、免疫力が低下していたことが重症化した原因ではないかとしています。 初期の乳がん治療に多用される放射線治療ですが肺炎を併発することがあるそうです。 治療後数ヶ月から数年後に起こる副作用 乳癌に対する放射線治療は、乳房温存術後の放射線治療、乳房切除後の放射線治療、再発部位(局所、骨、脳など)への放射線治療などに分類されます。 大部分の方はどうもありませんが、百ー数百人に1人程度、放射線による肺炎が起こることがあります。 出典元: もしかしたら、この事例のように肺細胞や免疫が弱っていたためコロナ感染により肺炎が急変して重症化した可能性があるかもしれません。 岡江久美子さんは、夫で俳優の大和田獏(69)と入院した4月6日にLINEでやり取りをしたのが最後で、それ以降獏は担当医から岡江さんの病状などを聞くことしかできず、最後まで愛妻の顔を見ることはかなわなかった。 お亡くなりになる23日(木)まで1度も会っておらず 夫は俳優の大和田獏さん、娘も俳優の大和田美帆さんで、それぞれ外出を自粛し、現在、症状は出ていないということです。 岡江久美子さん…無言の帰宅 >< 遺骨も手渡し出来ない……。 これが現状なんだよ。 志村けんさんの時も辛かったけど……これが自分の身内だったら?ってもっときちんと考えようよ。 岡江さんご冥福をお祈りします。 — ゆき yukie02140 岡江さんは東京出身で、昭和50年にテレビドラマでデビューし、その後、NHKの「連想ゲーム」など多くの番組に出演していました。 また、平成8年から26年にかけてTBSのバラエティー番組「はなまるマーケット」の司会を務め、気さくな人柄で幅広い世代から人気を集めていました。 なお、通夜及び葬儀は未定で、後日「お別れの会」を実施する予定だそうです。 スポンサーリンク 岡江久美子さん死去で夫・大和田獏(俳優)と娘・美帆(女優)の状況は? 【速報】女優・岡江久美子さん死去 女優の さん 63 が による肺炎で亡くなったことがわかりました。 所属事務所のコメントと、家族である夫の大和田獏さんらのコメントをお伝えします。 — 日テレNEWS news24ntv 夫で俳優の大和田獏(俳優)と娘の大和田美帆(女優)は所属事務所を通じ、コメントを発表しています。 2人は連名で「岡江久美子が4月23日5時20分に新型コロナによる肺炎の為、永眠いたしました事をご報告いたします。 今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他は何も考えられない状態です」とし「どうかそっと送って頂きたいと願っています」とつづった。 また、「仕事関係者の方々、ファンの皆様、ご友人の皆様、長いお付き合いを感謝致します。 また、全力を尽くして治療にあたって頂いた医療関係者の皆様に心から感謝いたします。 ありがとうございました」と感謝し、「皆様、コロナウイルスは大変恐ろしいです。 どうかくれぐれもお気をつけください」と呼びかけている。 芸名:大和田 美帆 生年月日: 1983年8月22日(36歳) 出身地: 東京都 職業: 女優・タレント 事務所: スタッフ・プラス 出身大学: 日本大学 芸術学部 英語学科 だから絶対かからないようにするしかないんです。 うつさないようにするしかないんです。 コロナ、怖いんです。 そのためには、どうか家にいれる人はいましょう。 お出かけは、自粛しましょう。 自分のためにも医療従事者の方々をこれ以上苦しめないためにも。 大和田美帆(36)さんは22日午後11時すぎ、新型コロナウイルスに感染し「軽症」と判断され自宅待機していた50代の男性が死去したニュースを引用し、 「だから絶対かからないようにするしかないんです。 うつさないようにするしかないんです。 コロナ、怖いんです」 とツイート。 続けて「そのためには、どうか家にいれる人はいましょう。 お出かけは、自粛しましょう。 自分のためにも医療従事者の方々をこれ以上苦しめないためにも」 と呼びかけていました。 同居していた獏と、娘で女優の大和田美帆(36)は濃厚接触者ではないという。 出典元: これを見ると、同居していた夫の大和田獏(69)さんと娘で女優の大和田美帆(36)さんは濃厚接触者ではないとのこと 娘の和田美帆(36)さんは まず娘で女優の大和田美帆(36)さんに関しては、2014年に6月6日に高校時代の友人と結婚しましたが、2018年の12月31日に離婚を発表されています。 「17日間、私と父は何も出来ませんでした。 近くに行って手を握ることも母が好きだったミュージカルの曲や可愛がってくれた孫の声を聞かせることも出来ませんでした」と悲しみに暮れた。 「亡くなった連絡が来ても駆けつけられず、家にいるしかない。 父とも一緒にいられず母にも一度も会えず 今はどこかで遺骨になって帰ってくる母をただ待っているだけです」と新型コロナの恐ろしさを痛感。 出典元: 「亡くなった連絡が来ても駆けつけられず、家にいるしかない。 父とも一緒にいられず母にも一度も会えず」 というところから 岡江久美子・大和田獏さん夫婦とは別居・独立していたので濃厚感染者ではなっかたのだと分かります。 また、父の大和田獏さんとも何らかの理由で一緒に居れないということは 父の大和田獏さんが、やはり隠れウイルス保菌者(陽性反応がまだ出ていない)の可能性があるのではないでしょうか? 一方、同居していた夫の大和田獏さんは 同居していたとあるし、昔からおしどり夫婦ですから 仮面夫婦や家庭内・外で別居していたわけでなく仲良く同居していたようです。 今のところ、詳しい情報が出ておらず推測の域ですが正しい情報が報道されましたら更新していきます。

次の

大和田獏 最愛の妻・岡江久美子さんが亡くなり兄・伸也に電話「今、逝っちゃった…」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

大和田 獏

岡江久美子さんが、新型コロナで死亡されたのは2020年4月23日早朝でした。 ガラス越しにみた最後の顔は綺麗だったと・・・大和田獏さん。 4月3日に発熱した時、かかりつけ医の診察を受けていましたが、4,5日様子をみましょうと言われて自宅にいた岡江久美子さん。 発熱した翌日の4月4日・・・岡江久美子さんの様子を見守っていた夫の大和田獏さんは、その時すでに「新型コロナではないか」と疑っていたのだとか。 岡江久美子さんは、4月5日に連絡をされたという知人の方に「コロナかもしれない・・・」と話されていて、「人にうつさないように外には出ない」とおっしゃっていたそうです。 ところがその翌朝に、容体は激変しみるみる悪化! 救急搬送された時にはすでに意識が混濁していた為、入院と同時に人工呼吸器が装着されたほど重症化していました。 短時間に重症化する・・・これが新型コロナウイルスの恐ろしいところ! 2019年末に乳がんの手術をされていた岡江久美子さんは、2020年2月の半ばまで放射線治療をされていました。 かかりつけ医の方なら、このあたりの事情もご存知だったと思われますし、術後や放射線治療は感染リスクが高いこともわかっていたとは思うのですが・・・ すぐにウイルス検査をされなかったと言うことは、他になにか、当事者でなければわからない理由があったのかもしれません。 以前から言われていましたが、がん、糖尿病、心臓病、高血圧など、基礎疾患がある方は、37・5度以上の発熱が2日以上続いてから受診して相談するのが現行の指針になっていました。 しかし、岡江久美子さんのように、検査を受ける以前に症状が激変してしまい死に至るケースもあるのですから、発熱したら即日検査を受けられるようにしなければ、また、同じような悲劇が起きるでしょう。 また、検査を受けることができて陽性反応が出たけれど、軽症者だと言われて自宅待機している方が多数います。 そして今回、自宅待機していた軽症者の中から、お二人が容体急変で亡くなられました。 短時間で重症化していたようですね。 感染症が専門の中原英臣氏は「発症した時点で検査できるマニュアルづくりが必要だ」と話され、「自宅待機で、コロナの急変に個人的に対処するのは不可能。 医師が24時間常駐しない環境では劇症化を救う手立てはない」と。 Contents• 獏さん顔だけ見た綺麗だった!あの人はシャボン玉のように消えた・・・ 感染拡大防止のために大和田獏さんは、入院後の岡江久美子さんと一度も面会できず、声を聞くことさえできませんでした。 ただ・・・関係者の方のお話では、岡江久美子さんの死後、ガラス越しにですが顔や姿を見ることはできたらしく、大和田獏さんは「最期まで奇麗な顔だった」と報告されていたそうです。 もちろん、新型コロナで亡くなった場合は、すぐそばに近寄って見ることはできなかったと思いますけれど、どのような方法であれ、お顔だけでも見ることができて本当に良かった・・・ でも、辛かったでしょうね。 もう二度とこの世では姿を見ることができなくなってしまうんですよ。 遥か彼方の遠い国に旅立って行く愛妻に、「また会おうな、待っていてくれ!」って声をかけ、しっかりと手を握りしめながら送りたかったでしょうね。 憎いですねコロナ! 日曜日の朝は、東山紀之さんがMCを努めている、午前5時50分から始まる「サンデーLIVE」を、毎週見ていますが、本日・・・4月26日の「サンデーLIVE」で小木逸平アナウンサーが、大和田獏さんから親しい知人に送られたメッセージを、本人の了解を得た上で紹介して下さいました。 小木逸平アナウンサーが紹介された、大和田獏さんのメッセージは下記のとおりです。 「シャボン玉とんだ、屋根までとんだ 屋根までとんでこわれて消えた・・・なぜか今、この歌を口ずさんでしまいます。 太陽のような明るさと春風のような優しさを持つあの人が突然、しゃぼん玉のようにはじけて消えてしまいました。 大切な人がしゃぼん玉にならないようにみなさま、くれぐれもご用心ください」・・・と。 思わず涙がほろり・・・何だか胸に迫るものを感じます。 薬丸裕英 驚きとショックで震えてた!今から会いに行きたい! 薬丸裕英さんが岡江久美子さんの訃報を聞いたのは、4月23日の午後3時15分ごろ。 3時40分からの、テレビ東京「よじごじDays」に生出演する直前でした。 その場にいた関係者の方の情報によれば本番10分前だったそうですが、ニュースで岡江久美子さんの訃報を知った薬丸裕英さんは、驚きとショックのあまりぶるぶると震えていたそうです。 しかし本番では、訃報に触れることなく、感情をしっかりと抑えて進行させたと言います。 番組が終了すると薬丸裕英さんは「岡江さんに会いたい。 今から会いに行きたい」と、岡江久美子さんの遺体と対面したいと切望したそうです。 どうしていいかわからず、居ても立ってもいられない・・・そんな様子だったといいますが、スタッフから「感染予防のため、遺族でさえ会うことは難しい」ことを聞かされ、ようやく思いとどまりました。 何しろ、17年半もの間「はなまるマーケット」で共演していて、姉のように慕っていた岡江久美子さんでしたから、2014年に番組が終了した時、スタッフと共にグループLINEをつくり、連絡を取り合い親交が続いていました。 2019年8月23日には、63歳の誕生日だった岡江久美子さんを、ブログで祝福していましたが、その後、岡江久美子さんが乳がんの手術をした頃からLINEが途絶えて、気になっていたらしい。 インスタグラムで薬丸裕英さんは「芸能生活38年の中で、一番長く一緒にお仕事をさせていただき、プライベートでも仲良くさせていただきました」と語り、「今はこの事態を冷静に受け止めることができず、心が乱れ言葉も出てきません」と綴っています。 さらに「僕でさえこうですから、大和田獏さんと大和田美帆さんのお気持ちを思うと、その苦しさや悔しさなどは本当に計り知れないものと思われ、言葉になりません」と。 報道番組キャスターのメッセージが注目されている! ここに来て、キャスターの方々のメッセージ力が話題にあがっています。 新型コロナの恐ろしさだけを報じるのではなく、全ての人々が心にストレスを抱えて、不安な毎日を過ごしている今、何かを訴えていかなければならない・・・というもの。 「報道ステーション」のメインキャスターである富川悠太アナウンサーが、新型コロナに感染していることは周知の事実。 多くの批判がありましたが、それはなぜなのか・・・ 感染拡大しないようにと呼びかけていた方が、発熱した後も報告せず、出演し続けていたことが問題視されているそうです。 そんな中で、俄然注目を集め、称賛されているのが「news every」のメインキャスター藤井貴彦アナウンサー。 「自粛を続けている皆さんの努力が一定程度数値を抑えつけています。 ただ、ここで気を緩めてしまっては、これまでの皆さんの努力が輝きを失いかねません」と、東京都の新たな感染者数を報じたた後、視聴者に語りかけました。 そして、外出自粛中にもかかわらず遊びに出かける人たちへの、怒りのメッセージが多数あることを報じた時にも、「今はみんなの足並みがそろわなくても、その姿勢は必ず誰かの行動を変えるはずです」と呼びかけています。 報道番組のキャスターの役目は、不安をあおることではなく、しっかりとした正しい情報を報道すると共に、視聴者の心に響くようなメッセージを送ることが大切だと言うことでしょうか。 まとめ 2020年4月23日早朝、岡江久美子さんが新型コロナで亡くなられました・・・ ガラス越しにみた最後の顔は綺麗だったと・・・大和田獏さん。 辛かったでしょうね・・・入院されてからわずか17日間ですよ。 面会も叶わず声も聞けず、「さようなら」も言えずに旅立ってしまうなんて、悲しすぎます! 親しい知人に送られた大和田獏さんのメッセージ「太陽のような明るさと春風のような優しさを持つあの人が突然、しゃぼん玉のようにはじけて消えてしまいました」・・・胸に沁みます。 今よりも、これから先だんだん辛さが増してくるでしょう。 寂しさに押しつぶされそうになる悲しい日々が押し寄せてくるのは今から・・・ 頑張ってほしいです! あなたもわたしも、大切な人がシャボン玉にならないよう気をつけましょう。 大切な人を悲しませないように気をつけましょう、お互いに。 今週の人気記事• あなたのスマホは大丈夫かしら? あなたはご存知でしょうか? スマホの電源を定期的に「OFF」することがとて... あなたはご存知だったでしょうか・・・「小保方晴子さんの研究が正しかった」と、証明されていたことを。 プロゴルファー松山英樹選手。 世界に名前が知られている数少ない日本人の一人が松山英樹選手でしょう。 今や米国P... デヴィ夫人は、バラエティ番組などで活躍されているので、多くの方がご存知だと思います。 ただ若い方達は、現在の... 宇宙飛行士については、宇宙ステーションに長期滞在するため地球を飛び立つ時、長期滞在て地球に帰還する時など、ニュ... TBSの「プレバト」を、あなたは見ていらっしゃるのかしら。 人気芸能人の方々の、意外なって言うと失礼にな... 甘酒を造り始めて1年半、たくさんの効果を実感しました。 ネットでもいろいろな効能効果についての情報があふれていま... 与謝野晶子・・・情熱の詩人。 与謝野鉄幹と結婚するまでは鳳晶子(ほお あきこ)ですが、話が複雑になるので、与... あなたは、とよた真帆さんをご存知かしら・・・ とても奇麗な方で、大好きな女優さんの一人です。 動きのない写... あなたは ご存知でしょうか。 杉原千畝(すぎはら ちうね)のことを。 ナチス・ドイツの迫害から逃げてきたユダヤ...

次の

岡江久美子が離婚していた!?離婚原因とは?旦那は大和田獏

大和田 獏

『 3月20日以降、岡江久美子さんと大和田獏さんはほぼ接触をしていなかった』 と言うことです。 よほど仲が悪い夫婦でない場合、別居でもしていない限りは 2週間以上も濃厚接触を避けるのは難しいでしょう。 ましてや今は外出自粛が叫ばれ、家庭内での会話がなかったとは考えにくいです。 ここからは推測になりますが、岡江久美子さんと大和田獏さんが濃厚接触をしていなかった 理由は岡江久美子さんの乳がん治療が関係しているのではないかと考えます。 岡江久美子は乳がん治療を終えたばかりだった 岡江久美子さんは、2019年の年末に乳がん手術を受けました。 そして手術後は、1月末から2月半ばまで放射線治療をしていたそうです。 岡江久美子さんは、手術療法や放射線療法によって免疫力の低下した状態であったと所属事務所が発表しています。 手術や放射線治療で体へのダメージを受けた状態でコロナウィルスに働く免疫力も低下し、ついには罹患してしまったのですね。 濃厚接触者でない理由3つの可能性 しかし先ほどもお話しした通りコロナウィルスの潜伏期間は2週間。 岡江久美子さんが感染したのも3月20日以降であるはずです。 2月半ばまで放射線治療をしていても、1ヵ月近く期間が空いていますね。 この期間、岡江久美子さんははどこで過ごしていたのでしょうか。 ここで考えられるのは 3つの可能性です。 放射線治療終了後も、体力または 体調が悪いために入院を続けていた• コロナウィルスが流行中で、患者の集中しやすい病院に入院していたため、 自分が感染源になる可能性を考えて(夫婦どちらかが)しばらくホテル生活をしていた• 家庭内でも感染のリスクに気をつけていたため、濃厚接触は避けて それぞれ別の部屋で生活していた 知らず知らずのうちに自分が感染源になっている可能性を考えてしまうのは、 家族のことを思いやる気持ちを持ち、賢い岡江久美子さんならありえないことではないと思います。 大和田獏が濃厚接触者でないのはなぜ?まとめ 「はなまるマーケット」の司会を務め、朝の顔としても有名だった女優・岡江久美子さん。 夫婦仲が悪いと言う噂は全くなかったにもかかわらず、夫の大和田獏さんは岡江久美子さんとの濃厚接触者ではありません。 その理由は、• 乳がんの治療後も岡江久美子さんの体調がすぐれず、 入院を継続していたこと• 感染源になってしまっている可能性を考え、 大和田獏さんを守るために(夫婦どちらかが)ホテル生活をしていたこと• 夫婦であっても感染の可能性があると考えて、 別々の部屋で生活をしていた などが考えられました。 発熱してからは自宅で様子を見ていたと報道されているので、入院していたという可能性はありませんね。 知的で賢い女性の岡江久美子さんなら、自分の免疫力が下がっていたことや病院が感染リスクの高い場所であった事は容易に想像できていたと思います。 だからこそ 岡江久美子さん自身は感染してしまいましたが、家族を守ることができたのかもしれません。 不仲なんて事はなく、相手を思いやっていたからこそ大和田獏さんは濃厚接触者ではないのだと思います。 最後のお別れも十分にできなかったと言う大和田獏さんと岡江久美子さん。 このような切ない別れを1つでも減らすためにも、外出自粛を心がけていきたいですね。

次の