バサラ 祭り。 まるがめ婆娑羅まつり(ばさらまつり) 花火大会

バサラ祭り2019(奈良県奈良市)開催ガイド

バサラ 祭り

概要 [ ] 身分秩序を無視して実力主義的であり、やといった名ばかりの時の権威を軽んじて嘲笑・反撥し、奢侈で派手な振る舞いや、粋で華美な服装を好む美意識であり、室町時代初期(南北朝時代)に流行し、後のにおけるの風潮の萌芽ともなった。 ただし戦国時代の頃になると、史料には「うつけ」や「」は出てくるが、「婆娑羅」およびそれに類する表現は全くと言っていいほどなくなった。 (将軍尊氏の弟)主導の下、の基本方針として編まれた『』では、ばさらを禁じている。 『』には、でのや、守護大名の(高氏)、守護大名のなどのばさら的な言動や行動が記されている。 これらの大名は「 ばさら大名」と呼称され、ばさらの代表格とされている(師直や頼遠は建武式目を主導した直義と後に対立する)。 『太平記』はばさらに対して否定的な記述をしており、ばさらが原因で国が乱れると断じる一方で、前述の高師直・佐々木道誉・土岐頼遠をはじめとするばさら大名達の豪奢な生活、実力行使や傍若無人な振る舞い等は詳しく描かれており、これらのばさら大名は合戦でも活躍し、戦にも強かった。 には・の分野で、伝統的な奏法を打ち破る自由な演奏を婆娑羅と称するようになった。 これは「ダイヤモンドのような硬さで常識を打ち破る」というイメージが仮託されたものである。 さらに末期以降、体制に反逆すると呼ばれた人々の形式や常識から逸脱して奔放で人目を引く振る舞いや、派手な姿格好で身分の上下に遠慮せず好き勝手に振舞う者達を指すようになり、以降この意味で定着する。 ただし、意味のは不明であるともされ、こうした通説には異説もある。 そもそも「バジャラ」の「ジャ」から「サ」へ音が変化するのは不自然であり、「婆娑」という言葉が語源で、の「ら」が付いたものと考えられる。 「婆娑」の意味は「舞う人の衣服の袖が美しくひるがえるさま。 また、舞いめぐるさま」、あるいは「さまよいめぐるさま。 徘徊するさま」()である。 先述の『太平記』での記述も、足利方の武士たちが派手な出で立ちで傍若無人に「徘徊(婆娑)」する様を、公家の舞楽用語である「婆娑羅」を用いて自称したと取れる。 しかし、『太平記』の記述はその後の婆娑羅の意味を決定づけるものだった。 婆娑羅は、本来の徘徊の意味ではなく、それに付随した「派手さ」が本義であると理解される素地ができ、にはと重ね合わされ、粗忽な乱暴者の振る舞いとして婆娑羅は解釈し直されたと考えられる。 脚注 [ ]• 『戦国大名の正体 家中粛清と権威志向』 〈2350〉、2015年11月25日、pp. 149-150。 そのため同書では、『』のように「戦国」と「ばさら」を組み合わせるのは誤りだとしている。 大森・島田(1990)p. 遠藤(2014)p. 遠藤(2014)pp. 16-17• 遠藤(2014)p. 18 参考文献 [ ]• ・ 『新潮古典文学アルバム14 太平記』 〈〉、1990年10月12日、• 「「婆娑羅」から考える」(篇 『日本史の森をゆく』 〈2299〉、2014年12月20日、pp. 14-18、 関連項目 [ ]• - 初期• 関連項目 [ ]• 2003年 カラー 13分、科学映像館 この項目は、に関連した です。

次の

婆娑羅(バサラ)とは

バサラ 祭り

概要 [ ] 身分秩序を無視して実力主義的であり、やといった名ばかりの時の権威を軽んじて嘲笑・反撥し、奢侈で派手な振る舞いや、粋で華美な服装を好む美意識であり、室町時代初期(南北朝時代)に流行し、後のにおけるの風潮の萌芽ともなった。 ただし戦国時代の頃になると、史料には「うつけ」や「」は出てくるが、「婆娑羅」およびそれに類する表現は全くと言っていいほどなくなった。 (将軍尊氏の弟)主導の下、の基本方針として編まれた『』では、ばさらを禁じている。 『』には、でのや、守護大名の(高氏)、守護大名のなどのばさら的な言動や行動が記されている。 これらの大名は「 ばさら大名」と呼称され、ばさらの代表格とされている(師直や頼遠は建武式目を主導した直義と後に対立する)。 『太平記』はばさらに対して否定的な記述をしており、ばさらが原因で国が乱れると断じる一方で、前述の高師直・佐々木道誉・土岐頼遠をはじめとするばさら大名達の豪奢な生活、実力行使や傍若無人な振る舞い等は詳しく描かれており、これらのばさら大名は合戦でも活躍し、戦にも強かった。 には・の分野で、伝統的な奏法を打ち破る自由な演奏を婆娑羅と称するようになった。 これは「ダイヤモンドのような硬さで常識を打ち破る」というイメージが仮託されたものである。 さらに末期以降、体制に反逆すると呼ばれた人々の形式や常識から逸脱して奔放で人目を引く振る舞いや、派手な姿格好で身分の上下に遠慮せず好き勝手に振舞う者達を指すようになり、以降この意味で定着する。 ただし、意味のは不明であるともされ、こうした通説には異説もある。 そもそも「バジャラ」の「ジャ」から「サ」へ音が変化するのは不自然であり、「婆娑」という言葉が語源で、の「ら」が付いたものと考えられる。 「婆娑」の意味は「舞う人の衣服の袖が美しくひるがえるさま。 また、舞いめぐるさま」、あるいは「さまよいめぐるさま。 徘徊するさま」()である。 先述の『太平記』での記述も、足利方の武士たちが派手な出で立ちで傍若無人に「徘徊(婆娑)」する様を、公家の舞楽用語である「婆娑羅」を用いて自称したと取れる。 しかし、『太平記』の記述はその後の婆娑羅の意味を決定づけるものだった。 婆娑羅は、本来の徘徊の意味ではなく、それに付随した「派手さ」が本義であると理解される素地ができ、にはと重ね合わされ、粗忽な乱暴者の振る舞いとして婆娑羅は解釈し直されたと考えられる。 脚注 [ ]• 『戦国大名の正体 家中粛清と権威志向』 〈2350〉、2015年11月25日、pp. 149-150。 そのため同書では、『』のように「戦国」と「ばさら」を組み合わせるのは誤りだとしている。 大森・島田(1990)p. 遠藤(2014)p. 遠藤(2014)pp. 16-17• 遠藤(2014)p. 18 参考文献 [ ]• ・ 『新潮古典文学アルバム14 太平記』 〈〉、1990年10月12日、• 「「婆娑羅」から考える」(篇 『日本史の森をゆく』 〈2299〉、2014年12月20日、pp. 14-18、 関連項目 [ ]• - 初期• 関連項目 [ ]• 2003年 カラー 13分、科学映像館 この項目は、に関連した です。

次の

『踊る・なら・そらっ「バサラ祭り」』奈良市(奈良県)の旅行記・ブログ by 十三の白髭さん【フォートラベル】

バサラ 祭り

平成12年に丸亀TMO推進協議会の広域ソフト事業として開始された「まるがめ婆娑羅まつり」。 その翌年の平成13年には、それまで3年間中止していた花火大会の開催を希望する声が多くの市民から寄せられ、関係者の尽力により婆娑羅まつりの一環として再開さました。 平成26年度からは、中心市街地のみならず、広く丸亀市全体の観光宣伝と経済振興に寄与すると同時に、より安全・安心な実施体制の目的として、主催を「丸亀 TMO 推進協議会」から「まるがめ婆娑羅まつり実行委員会」に変更して開催いたします。 また、JR丸亀駅から徒歩3分程度で観覧できるよう、打上げ場所を中心市街地により近い丸亀港内に移動。 このことにより、港を囲む三方の岸壁から、安全に大迫力の花火を見物することが可能となりました。 プログラム構成 前半「華(はな)」と後半「美(び)」の2つに加え、丸亀ボート提供の「BULE FLASH HOUR(ブルー・フラッシュ・アワー)」をファイナルプログラムとした3つのプログラムを企画しました。 花火師が趣向を凝らした約5,000発の花火が丸亀の夜空を鮮やかに彩ります。 前半(約20分) 花火師にとって、漆黒の夜空は、無限の可能性を秘めた大きなキャンバスです。 そこにどれだけ鮮やかで綺麗なかたちの花々を咲かせるかを、職人達は常に考え、試行錯誤を繰り返しています。 夜空に咲き誇る美しい華(花)たちをぜひご堪能ください。 後半( 約20分) 花火の美しさは、単体での綺麗さのみならず、打ち方やプログラム構成にも職人の創意工夫が垣間見られます。 高さや打上角度など、面でなく空間を意識して構成された花火師の「美」の感覚をぜひぜご堪能ください。 ファイナルプログラム 「ブルー・フラッシュ・アワー」 (ボートレースまるがめ提供) まちづくりのお手伝い! ボートレース事業の収益は、住民福祉の向上に役立てられています。 2009年4月21日に、丸亀ボートレース場に待望のナイター設備が完成しました。 全国で24あるボートレース場のうち、ナイター設備を有するのは5箇所のみで、夜の瀬戸内海に青く浮かび上がるその美しさから「ブルーナイター」と名付けられました。 そして昨年7月には、近代的な設備を備えた快適な空間と、市民が集う広域コミュニティの場として新スタンドがオープンしました。 まるがめ婆娑羅まつり花火大会のフィナーレを飾るこのプログラムは、平均して1秒間に4発の花火が打ち上げられる3分間の大スターマイン(3分間で700発以上の花火が夜空を彩る)で、最後は、特大のスパンコールや冠 かむろ が、丸亀の夜空を金色の光で染め上げます。 丸亀ボートレース場で、 快適に婆娑羅花火をお楽しみください。 【お願い】• 港町全域が午後5時30分より車両通行禁止となります。 また丸亀港周辺の道路も例年同様に午後6時30分より車両通行禁止となります。 なお、京極大橋の歩道と、さぬき浜街道に架かる富士見町の歩道橋も立入禁止となり観覧はできません。 花火大会当日の丸亀港周辺は、車両交通規制等があり大変混雑いたします。 JR等の公共交通機関をご利用いただくと、丸亀駅から最寄りの観覧場所まで徒歩3分程度ですので、ぜひご利用ください。 当日の午後6時以降は、さぬき浜街道およびフェリー通りにあるバス停発着のコミュニティバスが運休となりますのでご注意ください。 花火大会時には丸亀ボートレース場の駐車場(約2,200台・無料)を解放いたしますので、お車でお越しの方はぜひそちらをご利用いただき、丸亀ボートレース場で、快適に花火をご観覧ください。 丸亀ボートレース場の駐車場開門は16:00から、レース場施設の入場は17:00からとなります。 丸亀港内は午後7時から花火大会終了時まで、船舶の航泊を禁止させていただきますのでご注意ください。 当日丸亀港周辺の岸壁には一部立入禁止区域がございますので、係員の指示に従い、安全に花火をご観覧ください。 当日は風向きにより、花火の燃えかすが観覧場所に落下する可能性がありますので、ご注意くださいますようお願いします。 なおプログラム等は変更となる場合がございますので、予めご了承ください。 花火観覧についてのお願い• 花火大会当日の丸亀港周辺は、車両交通規制等があり大変混雑いたします。 JR等の公共交通機関をご利用いただくと、丸亀駅から最寄りの観覧場所まで徒歩3分程度ですので、ぜひご利用ください。 当日の午後6時以降は、さぬき浜街道及びフェリー通りにあるバス停発着のコミュニティバスが運休となりますのでご注意ください。 駐車場は市営駐車場 有料 のほか、臨時駐車場 周辺小・中学校運動場・無料 がありますが、駐車台数に限りがございます。 花火大会時には丸亀ボートレース場の駐車場 約2,200台・無料 を開放いたしますので、お車でお越しの方はぜひそちらをご利用いただき、新しい丸亀ボートレース場で、快適に花火をご観覧ください。 丸亀ボートレース場の駐車場も満車となる場合がございます。 また、施設の収容人数を超えた場合、入場制限をさせていただきますので、予めご了承願います。 丸亀港内は午後7時から花火大会終了時まで、船舶の航泊を禁止させていただきますのでご注意ください。 当日丸亀港周辺の岸壁には一部立入禁止区域がございますので、係員の指示に従い、安全に花火をご観覧ください。 交通規制前の時間帯における、岸壁等へのブルーシート等による場所取りは、交通の妨げとなりますのでご遠慮願います。 危険と判断した場合は、移動・撤去をさせていただきます。 当日は風向き等より、花火の燃えかすが観覧場所に落ちる場合がございますので、十分に注意をお願いいたします。 掲載並びに予定している内容等 プログラム、交通規制等 は、諸事情により変更となる可能性がありますことを予めご了承願います。

次の