あっさん 乳がん。 小林麻央乳がんトリプルネガティブの生存率と抗がん剤の副作用

自然療法サバイバーセラピストさんのプロフィールページ

あっさん 乳がん

乳癌検診で要精密検査となり乳癌と分かった私。 乳癌と診断される前も診断された後も、 「なんで?わたしが?」 「私なにか悪いことでもしたの?」 「もう、死ぬからいいや!私は、もういなくなるから」 と悲しい日々が続いた。 とはいえ、 乳癌の腫瘍を取り除けば完治するものだ とばかり思っていた。 でも、それは違っていた。 私の場合は ステージ1でリンパ節への転移はなかったものの 腫瘍を取り除いても完治とは言えないと主治医から言われた。 寛解という症状が落ち着いている状態なようだ。 手術前にそれを聞かされた私は、とてもショックを受けたのを 覚えている・・・ 手術してもガンは治らないんだ・・・ 手術後は、1ヶ月程度、通院で治療を行う放射線治療 1日1回投薬のホルモン治療を行う。 よく、早期発見すれば完治すると言われている乳癌だけど、 ホルモン治療の 5年を経て再発していない時に初めて 完治と言うのだそうです。 ガンの治療法として、抗がん剤治療があります。 乳がん初期では、抗がん剤治療までは行わないことが 多い。 でもこの抗がん剤治療というのは、 癌細胞を攻撃して癌細胞が 増殖するのを抑え、転移や再発を防ぐ薬です。 副作用も強く、毛髪が抜け落ちたり、嘔吐など体力的にも つらいものでもあります。 このほど、 癌の新しい薬が開発され、ノーベル賞をとりましたよね。 この薬は、癌細胞を攻撃するのではなく、自分自身の体にもともと 備わっている ガン細胞と戦う免疫力を助ける薬です。 身体の弱っている時は、誰でも免疫力が低下してしまう。 弱っているところにガン細胞が入り込んでガンを発症してしまう。 でも、 常に免疫力を高めることが出来ていれば、 免疫力の低下を防ぐことが出来るってわけです。 では、どうすればいいのか・・・ 腸なんです。 関連ページ 乳癌検診が再検査となり、もしも自分が乳がんだったら・・・どのくらいの費用がかかるのか?とても気になりますよね。 乳がん初期の私が支払った費用をお教えします。 乳癌にも『非浸潤がん』『浸潤がん』があり、『浸潤がん』は、もさらに特徴に応じた組織診断名に分けられる。 特徴に応じた組織診断名とは・・・ 乳癌の腫瘍を摘出したとはいえ、消えないのが再発、転移の可能性・・・乳癌はほかの癌と比べると『予後がよい』とされている癌です。 他の臓器に転移した時の症状とは・・・ 一度乳がんと診断されるともう保険には入れないんじゃないか?と思っていませんか?実は、手術後の経過時期やその後の治療経緯に応じて入れる保険があります。 万が一の再発・転移に備えて治療の選択肢を広めませんか? 乳癌のしこり摘出手術・放射線治療を終えてホルモン治療を行いながら経過観察している場合、3ヶ月ペースで診察へ行きます。 その時必ず行うのが血液検査。 実は、この血液検査で乳がんの再発や転移がわかる。 乳癌治療をしているにも関わらず腫瘍摘出した部分に痛みを感じる・・・もしかして再発?と思って不安で頭がいっぱいになってしまうこともある。 楽しい時間を過ごしていてもふとした時に「あ!私乳癌だった」と思いだして、再発を恐れる日々が続き・・・ 乳癌の治療が少し落ちつくと、襲ってくるのが『乳癌再発・転移』への恐怖。 定期検診は行っているもののその恐怖と不安は計り知れない。 再発を乗り越えて元気に頑張っている芸能人の方に勇気をもらおう!! 乳癌の手術数が多い病院をランキング形式で詳しくご紹介します。 病院選びの参考にしてくださいね。

次の

乳癌は完治するのか?

あっさん 乳がん

乳癌検診で要精密検査となり乳癌と分かった私。 乳癌と診断される前も診断された後も、 「なんで?わたしが?」 「私なにか悪いことでもしたの?」 「もう、死ぬからいいや!私は、もういなくなるから」 と悲しい日々が続いた。 とはいえ、 乳癌の腫瘍を取り除けば完治するものだ とばかり思っていた。 でも、それは違っていた。 私の場合は ステージ1でリンパ節への転移はなかったものの 腫瘍を取り除いても完治とは言えないと主治医から言われた。 寛解という症状が落ち着いている状態なようだ。 手術前にそれを聞かされた私は、とてもショックを受けたのを 覚えている・・・ 手術してもガンは治らないんだ・・・ 手術後は、1ヶ月程度、通院で治療を行う放射線治療 1日1回投薬のホルモン治療を行う。 よく、早期発見すれば完治すると言われている乳癌だけど、 ホルモン治療の 5年を経て再発していない時に初めて 完治と言うのだそうです。 ガンの治療法として、抗がん剤治療があります。 乳がん初期では、抗がん剤治療までは行わないことが 多い。 でもこの抗がん剤治療というのは、 癌細胞を攻撃して癌細胞が 増殖するのを抑え、転移や再発を防ぐ薬です。 副作用も強く、毛髪が抜け落ちたり、嘔吐など体力的にも つらいものでもあります。 このほど、 癌の新しい薬が開発され、ノーベル賞をとりましたよね。 この薬は、癌細胞を攻撃するのではなく、自分自身の体にもともと 備わっている ガン細胞と戦う免疫力を助ける薬です。 身体の弱っている時は、誰でも免疫力が低下してしまう。 弱っているところにガン細胞が入り込んでガンを発症してしまう。 でも、 常に免疫力を高めることが出来ていれば、 免疫力の低下を防ぐことが出来るってわけです。 では、どうすればいいのか・・・ 腸なんです。 関連ページ 乳癌検診が再検査となり、もしも自分が乳がんだったら・・・どのくらいの費用がかかるのか?とても気になりますよね。 乳がん初期の私が支払った費用をお教えします。 乳癌にも『非浸潤がん』『浸潤がん』があり、『浸潤がん』は、もさらに特徴に応じた組織診断名に分けられる。 特徴に応じた組織診断名とは・・・ 乳癌の腫瘍を摘出したとはいえ、消えないのが再発、転移の可能性・・・乳癌はほかの癌と比べると『予後がよい』とされている癌です。 他の臓器に転移した時の症状とは・・・ 一度乳がんと診断されるともう保険には入れないんじゃないか?と思っていませんか?実は、手術後の経過時期やその後の治療経緯に応じて入れる保険があります。 万が一の再発・転移に備えて治療の選択肢を広めませんか? 乳癌のしこり摘出手術・放射線治療を終えてホルモン治療を行いながら経過観察している場合、3ヶ月ペースで診察へ行きます。 その時必ず行うのが血液検査。 実は、この血液検査で乳がんの再発や転移がわかる。 乳癌治療をしているにも関わらず腫瘍摘出した部分に痛みを感じる・・・もしかして再発?と思って不安で頭がいっぱいになってしまうこともある。 楽しい時間を過ごしていてもふとした時に「あ!私乳癌だった」と思いだして、再発を恐れる日々が続き・・・ 乳癌の治療が少し落ちつくと、襲ってくるのが『乳癌再発・転移』への恐怖。 定期検診は行っているもののその恐怖と不安は計り知れない。 再発を乗り越えて元気に頑張っている芸能人の方に勇気をもらおう!! 乳癌の手術数が多い病院をランキング形式で詳しくご紹介します。 病院選びの参考にしてくださいね。

次の

乳がんブログ11選 / 乳癌闘病記を読む

あっさん 乳がん

乳癌検診で要精密検査となり乳癌と分かった私。 乳癌と診断される前も診断された後も、 「なんで?わたしが?」 「私なにか悪いことでもしたの?」 「もう、死ぬからいいや!私は、もういなくなるから」 と悲しい日々が続いた。 とはいえ、 乳癌の腫瘍を取り除けば完治するものだ とばかり思っていた。 でも、それは違っていた。 私の場合は ステージ1でリンパ節への転移はなかったものの 腫瘍を取り除いても完治とは言えないと主治医から言われた。 寛解という症状が落ち着いている状態なようだ。 手術前にそれを聞かされた私は、とてもショックを受けたのを 覚えている・・・ 手術してもガンは治らないんだ・・・ 手術後は、1ヶ月程度、通院で治療を行う放射線治療 1日1回投薬のホルモン治療を行う。 よく、早期発見すれば完治すると言われている乳癌だけど、 ホルモン治療の 5年を経て再発していない時に初めて 完治と言うのだそうです。 ガンの治療法として、抗がん剤治療があります。 乳がん初期では、抗がん剤治療までは行わないことが 多い。 でもこの抗がん剤治療というのは、 癌細胞を攻撃して癌細胞が 増殖するのを抑え、転移や再発を防ぐ薬です。 副作用も強く、毛髪が抜け落ちたり、嘔吐など体力的にも つらいものでもあります。 このほど、 癌の新しい薬が開発され、ノーベル賞をとりましたよね。 この薬は、癌細胞を攻撃するのではなく、自分自身の体にもともと 備わっている ガン細胞と戦う免疫力を助ける薬です。 身体の弱っている時は、誰でも免疫力が低下してしまう。 弱っているところにガン細胞が入り込んでガンを発症してしまう。 でも、 常に免疫力を高めることが出来ていれば、 免疫力の低下を防ぐことが出来るってわけです。 では、どうすればいいのか・・・ 腸なんです。 関連ページ 乳癌検診が再検査となり、もしも自分が乳がんだったら・・・どのくらいの費用がかかるのか?とても気になりますよね。 乳がん初期の私が支払った費用をお教えします。 乳癌にも『非浸潤がん』『浸潤がん』があり、『浸潤がん』は、もさらに特徴に応じた組織診断名に分けられる。 特徴に応じた組織診断名とは・・・ 乳癌の腫瘍を摘出したとはいえ、消えないのが再発、転移の可能性・・・乳癌はほかの癌と比べると『予後がよい』とされている癌です。 他の臓器に転移した時の症状とは・・・ 一度乳がんと診断されるともう保険には入れないんじゃないか?と思っていませんか?実は、手術後の経過時期やその後の治療経緯に応じて入れる保険があります。 万が一の再発・転移に備えて治療の選択肢を広めませんか? 乳癌のしこり摘出手術・放射線治療を終えてホルモン治療を行いながら経過観察している場合、3ヶ月ペースで診察へ行きます。 その時必ず行うのが血液検査。 実は、この血液検査で乳がんの再発や転移がわかる。 乳癌治療をしているにも関わらず腫瘍摘出した部分に痛みを感じる・・・もしかして再発?と思って不安で頭がいっぱいになってしまうこともある。 楽しい時間を過ごしていてもふとした時に「あ!私乳癌だった」と思いだして、再発を恐れる日々が続き・・・ 乳癌の治療が少し落ちつくと、襲ってくるのが『乳癌再発・転移』への恐怖。 定期検診は行っているもののその恐怖と不安は計り知れない。 再発を乗り越えて元気に頑張っている芸能人の方に勇気をもらおう!! 乳癌の手術数が多い病院をランキング形式で詳しくご紹介します。 病院選びの参考にしてくださいね。

次の