アイス ボーン ナナ 対策 装備。 《MHWI》ナナ・テスカトリ対策 風圧耐性、火耐性、整備で固めていこう!

[MHW アイスボーン]生存と快適重視!ナナ対策のおすすめライトボウガン装備

アイス ボーン ナナ 対策 装備

最大まで強化したうえで 「守りの爪」と 「守りの護符」を所持している状態だと、防御力が 799、氷耐性が 13です。 まずは死なないことを前提とし、防御力と耐性を底上げしましょう(1回死ぬだけでもかなりのタイムロスに繋がるので・・・) 入手が困難な素材も特になく、凍て刺すレイギエナとディノバルド亜種を、3~4体ずつ討伐するだけで作成できました。 「風漂竜の天鱗」がなかなか出ない場合は、拠点のマカ錬金で交換してしまおう( 天の竜人手形が必要です) 装衣は、氷属性のダメージを軽減し、氷属性やられと寒さを無効化する 「耐寒の装衣・改」を必ず装備してください。 また、今作から装衣が 「改」になることで、装飾品のセットが可能になりました。 もう1つは 「耐熱の装衣・改」や 「耐雷の装衣・改」を装備しましょう。 これらも装飾品のセットが可能になっています。 :入手方法• 耐寒の装衣・改 フリークエスト【舞踏家たちのドゥエート】をクリア• 耐熱の装衣・改 フリークエスト【爆発粉砕フェスティバル】をクリア• 耐雷の装衣・改 フリークエスト【捕獲:雷の顎を捕まえろ!】をクリア 装衣が「改」になるフリークエストは、セリエナの武具屋に話かけることで追加されていきます。 防具はEXブリーナシリーズ! オトモ道具は 「はげましの楽器」一択です。 アイスボーンで、はげましの楽器に追加されたサポートスキル「ばくおんゴング」は、イヴェルカーナにも効くので非常に助かります。 スキル構成 少しでも生存率を上げるためには、下記の装飾品と護石を付けましょう。 体力珠 3個• 耐氷珠 5個• 耐氷珠は防具に1つだけ付け、残りの4つは各装衣に2つずつ付けてます。 というのも、 装衣に付けた装飾品は、クエスト中にその装衣を着ている間のみ効果を発揮するからです。 要するに装衣を着ている間だけ 「氷耐性Lv3」となり、氷耐性+20 防御力10が発動するわけですね。 強壁珠を1つ付けると 「ガード強化Lv1」が発動し、 イヴェルカーナの遠距離ブレスがガード可能になります。 強壁珠を持っていない方は 「堅守の護石」を装備して、ガード強化を発動させてください。 その場合は、 「鉄壁珠」を付けて補いましょう! ガード性能は、イヴェルカーナのブレスをガード時に、受けるダメージや消費スタミナを軽減してくれるため、できれば発動させておきたいです。 余った枠には 「痛撃珠」や 「超心珠」などを付け、 火力の底上げを行ってください。 スロット4の枠が4つ残っているため、強力な装飾品を複数セットできるのも魅力的ですね。 ちなみに今回紹介した装備では 、約27分でソロ討伐に成功しました(0死) ガチ装備なら15分くらいでいけそうです・・・.

次の

【MHWI:アイスボーン】マスター歴戦ナナを対策して攻略してみた

アイス ボーン ナナ 対策 装備

火力スキルは、 氷属性攻撃強化、 見切りをつけています。 特に 体力増強で体力の増減を伸ばすことと、 風圧耐性でヘルフレア時のひるみをなくすこと で乙る確率をかなり下げられます。 この2つは必ずつけていきましょう。 立ち回り 立ち回りですが、使う弾は「 氷結弾」のみです。 ですので必ず「 霜ふり草」 は持っていって調合しながら戦いましょう。 そしてひたすら 頭、 翼、 尻尾に氷結弾を速射します。 距離を取りながら打てば 被弾も防げますし、 ボウガンのカスタマイズパーツで「 遠距離射撃強化パーツ」をのせているので 遠距離の方が攻撃力が上がります。 あと気をつけなければいけないのが、 ヘルフレアです。 ただ 風圧耐性をつけているので、 ヘルフレア後のひるみを無効にできます。 ( ただし咆哮は防げません。 咆哮を防ぎたい場合は「 耳栓」が必要になりますが、ナナの場合は「 風圧耐性」をのせた方が安定します) ヘルフレアが来たら 緊急回避をするか、アステラジャーキーを食べて乙らないようにしてください。 生存と快適重視!ナナ対策のおすすめライトボウガン装備:まとめ 今回は ナナ対策のおすすめライトボウガン装備を紹介させていただきました。 ナナに苦戦している人はぜひ参考にしてみてください。

次の

[MHW アイスボーン]ナナを快適に高火力で狩れるおすすめのライトボウガン装備を紹介します!

アイス ボーン ナナ 対策 装備

通常ナナからの強化点 戦ってみた感じでは基本的には通常や歴戦のナナとそこまで変わった様子は無いですが、 必殺技であるノヴァ(ナナのは正式にはヘルフレアっていうらしい)が強化されている様子。 ノヴァ中にフィールドに発生するスリップダメージが上がっており 通常や歴戦ナナ以上のすごいスピードで体力が削られていく。 野良PTで歴戦王ナナへ行ってみると、死者が出たのはほぼノヴァだったので ノヴァの攻略が歴戦王ナナでは超重要。 ただし最初は青い炎が無かった場所でも途中から青い炎が設置されることがあるような気がする。 通常ナナからそうだったかはちょっと自信無い ノヴァが発動したらまずやることは 地面の青い炎のない場所へ行くこと。 ノヴァの死因は大抵この青い炎なので要注意。 ノヴァ中は設置された青い炎が延焼を起こして周囲に攻撃をばら撒くので、それを喰らわないように気を付ける。 延焼自体火力が高く、スリップダメージで削られている状態で食らうのは危険な上に、万が一耐えても別の炎の周囲まで飛ばされてハメ殺される形で乙るのも珍しくない。 このように青い炎は非常に危険だが、延焼は吹き飛ばしの発生する「攻撃」なので転身の装衣で避けられるのが唯一の救い。 無事青い炎の無い地点までこれたら 下手に動き回らずにその場所にいるのが安全。 ノヴァの削りダメージは耐熱の装衣やクーラードリンク、熱ダメージ無効といったスキルは全て無効だが アイテムは使えるので、スリップダメージに対してはアイテムを使って回復しながらやり過ごす。 回復薬グレードや秘薬もいいが、店で買える アステラジャーキーがかなりオススメ。 スリップダメージはそのままライフが減少するのではなく、ライフが赤くなる(0になれば死ぬけど自然回復出来るやつ)タイプのダメージなので 自然回復出来る赤ゲージを全て回復するアステラジャーキーなら死ぬ寸前まで削られても全回復することが可能。 PTプレイ時なら生命の粉塵で仲間のケアをするのもいい。 ノヴァ対策のオススメスキル 風圧耐性 ノヴァ起動時の風圧を無効化すれば風圧でひるまされてから延焼でハメ殺されたり、スリップダメージを回復する間も無く削り切られるといった事態を避けられる。 最初の風圧の時点から動けるかどうかはその後の生存率に大きく関わってくるので 個人的オススメスキル筆頭。 ノヴァ以外でも吐いた炎を翼で広げてくる攻撃の風圧も無効化出来るのも地味に大きい。 ちなみにノヴァの時の風圧は大で、それ以外の場面で使ってくる風圧は小である。 広域化 ソロでは意味の無いスキルだが、PTプレイ時ならかなり有効。 自分さえアイテムが使える状態なら風圧で動けなかったり、延焼で吹き飛ばされて動けなくなっている人がいても0乙で乗り切れる可能性が高まる。 知り合いと組む時なら自分だけでなく味方にも付けて貰って相互に薬を飲み合えばかなり安定性が増す。 乱入テオ 今回配信された歴戦王ナナと戦えるイベントクエスト「青は愛より出でて青より熱し」では 歴戦王のテオが乱入してくる(クエスト説明文にもテオのことが書かれている)。 当たり前といえば当たり前だが、この乱入テオは歴戦王クシャやテオの時と違って 縄張り争いを起こさず共闘してくるので注意。 ただし時間経過によってフィールドから立ち去っていくのは変わらないので、乱入されたら逃げるのを待とう。 ちなみにナナはハンターに対する殺意が高いので隣のエリアに逃げ込んでもそのエリアまで走って追い打ちをかけようとするが、 テオは戦っているエリアからある程度離れると元のエリアに引き返していくことが多い。 なので合流されたら 隣のエリアまでナナを誘導すれば分断に成功することもある。 炎を避けながら戦えるのが非常に楽だが、一度延焼を起こして燃え上がった炎は弾消し効果があるのでそこは注意。 管理人が歴戦王ナナに着ていった装備。 武器のガイラブリッツ・迫撃以外はそこまで揃えるのは難しくない。 発掘武器が無くても 氷結弾速射が使えるなら生産ボウガンでも代用は効く(はず) 武器は管理人は最初は手元にあったガイラブリッツ・迫撃を使ってましたが、 スロットが小さい(発動スキルは変わらない)けど会心率がより高い エンプレスシェル・炎妃の方がいいと感じました。 おまけとして武器に 根性のスキルが付いているがナナは強烈な一撃で攻めてくるわけではなく、主にスリップダメージを使う相手なのでぶっちゃけ相性最悪であまり意味がない。 ナナを狩る為に用意する武器なのにナナ素材を使うという矛盾を孕んでいるが、歴戦王の練習と思って通常や歴戦のナナを狩ろう。 これ以外なら攻撃力、会心率共に低いが氷結弾の装填数の多い ホーネス=ダオラも良さげ。 基本は 氷結弾だけ撃ってればいい。 ダウンしたら 起爆竜弾。 弱点特効の効く頭と尻尾が氷属性の最も通る場所(頭>尻尾)でもあるので、基本は頭か尻尾狙い。 頭も尻尾も狙えない場合は翼を狙う。 歴戦王ナナについてはこんな感じ。 ノヴァ以外は大して変わらないけど、ノヴァに全振りした歴戦王といった印象。 記事内でも書いたけどノヴァを切り抜けられるかどうかが攻略の鍵ですね。

次の