猫 一緒に寝る 腕枕。 愛猫が一緒に寝る位置と体勢によってわかる3つの仲良し度。

猫と一緒に寝る人は病気に注意。気を付けたい添い寝

猫 一緒に寝る 腕枕

com ふんわり柔らかくて暖かい。 温もりを感じて癒される。 どんな枕やお布団よりも大好き!そう、猫ちゃんとの添い寝は至福の時間なのです。 猫好きにとって、猫ちゃんがお布団に入ってくる瞬間、添い寝の時間はたまらなく幸せなのではないでしょうか? 猫ちゃんとのお昼寝、猫ちゃんを枕にしたときの幸福感、どれもほかとは比べ物にならない幸せがありますよね。 ですが、ふと心配になりませんか? 猫とずっと一緒に寝ていて、もしかして健康被害があったりしないのだろうか・・? 家族同然にかわいいこの子も、一緒に寝ることで危険があったりするのだろうか?? 今回は、猫が大好きなあまり一緒に寝ることが大好きなあなたにこそ読んで欲しい情報を集めてみました。 猫と一緒に寝ることは、人間にとって危険があるのでしょうか? 猫と一緒に寝るときに気をつけたい点とは?さっそく見てみましょう! 猫と一緒に寝る時間。 com ある調査では、猫を飼っている方に聞いた「猫ちゃんと一緒に寝る?」という質問に、124人中82人の人が「はい」と回答しています。 なんと8割以上の方が猫と一緒に寝ていることが発覚!猫好きはほとんど猫と一緒に寝ているんですね。 猫と一緒に寝る理由としては、「冬は猫がいると暖かい」「毎日一緒に寝るのが習慣になっている」という声がありました。 犬と違い、猫は人のヒザの上、机の上などにも乗る傾向があります。 お布団の中、ベッドの中に入ってきても抵抗がなく、それが普通になっている人が多いことがわかりましたね。 では反対に、「いいえ」と答えた方にはどんな理由があるのでしょうか? この調査では、一緒に寝ることはしない、と答えた方は30人でした。 その理由としては、「寝室だけは猫の毛が入らないようにしている」という衛生的な面を気にする意見もありました。 また「猫は猫のおうちで寝る習慣になっている」と、はじめから別々に寝ていたパターンもあるようです。 「はい」「いいえ」以外の回答では、「寒い時に時々一緒に寝る」など猫らしい気まぐれさが見える回答もありました。 ペットと人間の間で感染する感染症を、「人獣共通感染症」と呼びます。 別名「ズーノーシス」と呼ばれ、日本では80種類程度の人獣共通感染症が確認されています。 猫が原因で感染する人獣共通感染症には、「Q熱」「猫ひっかき病」というものがあります。 特に「Q熱」に感染すると、発見が遅れると死に至る可能性もあるので十分な注意が必要です。 ではなぜ一緒に寝ると人獣共通感染症に感染するリスクが高くなるのでしょうか? ベッドやシーツには猫の皮膚や体液が落ち、それがとどまってしまう可能性があります。 それを睡眠中に人が吸い込んでしまったり、また人間が寝ているときにペットが口や鼻をなめている可能性もあります。 そうした状態では通常時よりも感染しやすく、特に免疫が弱っている状態ですと危険です。 もうひとつ怖いのが、猫を一緒に寝ている間に 圧死させてしまう危険性です。 小さい猫ちゃんであればあるほど、一緒に寝ている間に潰してしまう可能性は十分にあり得ます。 飼い主さんの重みで圧死してしまう危険性、そして寝返りのときなどにベッドから落ちてしまい、障害を抱える可能性もあ ります。 どちらにしても、一緒に寝ているときにはその危険に気付く事ができず守ってあげることができません。 そのような危険がないように工夫しましょう。 猫ちゃんと一緒に寝るならば、猫ちゃんの安全、自分の安全を守れるように工夫してみましょうね。 完全室内飼い猫と外飼い猫とでは、雲泥の差があるように思います。 秋~冬は猫の方から 寄ってきてくれるので、よく寝てます。 デメリットがあるといえば、抜け毛が布団や毛布に くっ付くこと。 圧死はよほど寝相が悪い飼い主でない限り、ないと思います。 私はそのままの姿勢が 多いし、猫も布団から出たり入ったりの繰り返しをしています。 ただ、猫も何らかの夢をみて、飼い主の指や手に爪を立てて引っ掻いたりします。 流血したことは、2年3ヶ月の間に痛みで起きたことが2度ありました。 この辺の理由は猫にしかわかりませんが、前足のみ爪切りをしておけば防げます。 猫に引っ掻かれたり、噛まれたりは生後1ヶ月から飼っていて日常でしたので、 慣れてしまいました。

次の

猫と一緒に寝ていますか?猫との添い寝で気をつけたいこと(投票結果付き)|ねこねこフェリス

猫 一緒に寝る 腕枕

【目次】• 猫が腕枕を要求する、好きな理由は? 猫は腕枕が大好きです。 ゴロゴロ、と喉を鳴らして、場合によっては腕にぎゅっと抱き着いて寝る姿はとてもいとおしいですよね。 猫が腕枕を要求してくる理由は、非常にシンプルです。 ・飼い主のことを信頼している、大好きだから ・縄張りを主張している この2つが主な理由になります。 嫌いなもの、信頼できないものには決して近づきません。 腕枕を毎晩のように要求されている飼い主の方は、猫にとっても愛され、信頼されているのです。 また、腕枕の位置が顔の近くであればあるほど、猫の親愛の気持ちは強いようです。 猫の額や顎の下には「臭腺」があり、そこから匂いをだして、こすりつけて縄張りをアピールします。 その一環として、飼い主の腕を枕にして、マーキングしています。 「この人は自分のもの」という主張ですので、本能に由来する全幅の親愛という気持ちが伝わってきて、ああ、飼っててよかった、となる瞬間ですね。 いえいえ、それはちがいます。 腕枕を要求してこない猫は、 過去に腕枕で寝るときに、飼い主の寝相の悪さで、寝るのを邪魔された経験があるという場合があります。 また、 単純に一人で寝るのが好きな猫もいます。 端的に言えば、「あなたのことは好きだけど、あなたと一緒に寝るのは嫌」という、アピールなんですね。 結構ドライですよね(そこが可愛いんですけどね)。 ちなみに私も寝相が悪いので、飼っている猫は寝る際に私に近づこうとしません。 布団遊びなどで猫の気をひいて、 その場所が安全だと慣れさせることができれば、腕枕を要求してくるようになることもあります。 また、寒い季節だと、布団の近くまで寄ってきやすくなるので、 猫が入りやすいように、布団のトンネルを作っておくと興味をひかれて中に入ってくることがあります。 そこで、じっと動かず、安全な場所だと猫が判断すれば、自然とそこで寝ることもあります。 猫は強制されることを嫌います。 そのため、腕枕で一緒に寝たいのなら、かなりの根気が必要になります。 また、寝相に限らず、猫の性格次第では機会に恵まれない方もいることでしょう。 なので、普段から猫に腕枕を要求されている方は、とっても幸運で幸せ者なんですよ。 いくら腕枕をしてほしいからと言って、無理やり抱っこをして嫌われてしまったら、それは本末転倒です。 愛猫との信頼関係を築くつもりで、のんびり腕枕で寝てくれるのを待ちましょう。 猫の腕枕をはずすには? いくら幸せな時間だろうと、長時間腕枕をしていると、腕が痺れてしまいますよね。 どうにか猫をびっくりさせないように、腕枕は外せないものか、そんな悩みを持っている方もいらっしゃると思います。 猫が腕枕で寝るときは、非常にリラックスした状態です。 そんな状態で腕枕を普通にはずしてしまうと、「え…?」という真顔でこちらを見てくるので、なんだか申し訳ない気持ちになってしまいますよね。 そこで、猫をびっくりさせずに腕枕をはずす方法をご案内しようと思います。 かなりの高確率で、猫を起こさずにはずすことができます。 猫は顔の周囲を撫でられるのが好きです。 具体的な個所に関しては、その猫の好みがあると思いますが、 額と顎の下はほとんどの猫が好きな個所です。 できれば腕枕をはずした後も、しばらく撫で続けてあげてください。 猫は大好きなあなたに撫でられて幸せ、あなたは腕の痺れから解放されて幸せです。 デメリットがないのが、この方法の特徴ですね。 ただし、髭の周囲は嫌がる猫もいるのでご注意ください。 餌で釣りましょう。 猫の鼻先に普段食べている餌を近づけ、餌に気付いた瞬間に腕をはずします。 デメリットとしては、手の届く範囲に餌を用意する必要があるので、食いしん坊でいたずら好きの猫だと、その近辺を荒らされます。 また、ウェットタイプだと後始末が面倒なため、基本的にはドライフードしか利用できません。 おすすめのおもちゃは、ボールの中で鈴が鳴るタイプです。 猫の頭の上で、ゆっくり小さく音を鳴らします。 猫が気付いたら、しっかり見えるように、山なりに遠くに投げます。 うまくいけば猫はおもちゃで遊びだすので、腕枕をはずすことができます。 デメリットは、そのまま運動会に発展しがちなことと、釣れなかった時に、ちょっと切ない気持ちになることです。 我が家の猫二人もこの子たちの半分くらい仲が良ければ…と、思わずにはいられません。 腕枕で寝てくれる宮子。 寝るときに聞いてると熟睡できる気がします。 仰向けに寝る猫って、緊張感がまるでなくてほほえましいですよね。 まとめ 猫にとっての腕枕、それは絶対に安全な場所で、大好きな人に見せる仕草です。 それだけに、猫の性格上滅多に見られないこともあります。 腕枕を要求されないからと言って、信頼されていないわけではなく、その猫だけの信頼の表現がきっとあるはずです。 飼い主にとっての腕枕、それは信頼を感じ取れた時の幸せと、それでも時々どいてほしい、という相反する二つの気持ちが同居した気持ちがあります。 贅沢な悩みですが、飼い主の特権とも言うべき悩みですね。 腕枕をすることで、うれしかったり、苦労を感じたり様々な気持ちを抱くことでしょう。 ただそれは、猫が一緒にいるからこそ生まれる気持ちです。 猫が一緒にいるからこそ感じる幸福なのです。 猫がいる幸福、例え腕枕を要求することが少ない我が家の猫でも、私は常々そう感じています。 — おすすめ記事 —.

次の

【これがその真相!】猫が腕枕を要求する4つの心理はこれだった…!

猫 一緒に寝る 腕枕

わかりますよ!! 会社でいろいろあって疲れて帰っても、出迎えたニャンコのあたたかい体を撫でていると、手のひらに命のぬくもりを感じて、とっても幸せな気分になります。 わたしの家は、多頭飼いをしているので、布団に入る子、絶対入らず布団の上で寝る子、枕元で寝る子、いろいろ個性があります。 布団に入ると、ご主人様の存在は関係なく自分のベスポジで丸くなって寝るので、朝起きると体がギシギシです。 それでも踏まないように気をつけている親バカです。 猫好きには猫好きにしか理解できないポイントや共通の話題があります。 学校でもぜひ猫話で盛り上がってください。 そして猫好きな彼氏を見つけてね。 大好きな人が猫アレルギーではないように祈ります。 ユーザーID: 8837455953• しかし、我が家の老人、、いや老猫は、元気いっぱいで、丸々太って、毛もツヤツヤです。 動きはやや鈍りましたが、いやいやなんの。 缶詰は、若い頃は一日5缶食べていましたが、(その頃は外に出ていました)今は家猫になり、一日1缶と、おやつ(クリスピー〇ッス)をがつがつ。 足りないと、手で器をくるくる回し、「もっとちょーだい」とねだります。 ちょっとヨコになりまして、すみませんでした。。 ユーザーID: 1940661224• それまでも何匹も飼っていましたが、最後が近いとどうしても自分の寝床で最後を迎える事になり。 そうまでしてしまうと、ペットを子供かなんかと勘違いしてしまい、ペットロスから立ち直るのに長く掛かるのです。 看取った後は、その猫に関係するものはなるべく早く始末するのが一番。 それでも心に姿は残ります。 餌皿やお気に入りの毛布など目にしてしまうと、自己憐憫を増長させるだけ。 一緒に寝てしまうと、自分の布団を始末する事になりますしね。 それは面倒です。 ペットは「縁あって知り合えた相棒」に留め、自分の子供のような勘違いをしない事です。 一緒に寝るなんてとんでもありません。 第一抜け毛や汚れた足など、人間の寝床が不潔になります。 ユーザーID: 6050976594• 私も猫に腕枕してます うちは11歳のチンチラです。 5キロあります。 寝ていると私の腕やらワキやらに手と顔をチョコンとのせて クークー寝ています。 時々ロシアの毛皮の帽子?(わかりますか?) のように頭の上にでろーんと伸びていることもあります。 動きにくくてかなわんのですが、デレデレになってます。 朝方おなかがすくと、胸の上にのっかってきます。 でもデレデレです。 とにかく 寝顔を見るだけでストレスがふっとびますよね。 子猫時代も仕事に行くのが嫌になるくらいかわいかったのですが、 年をとって ふてぶてしくなった今でも、それはまたそれで萌えます。 アホですね、わたし。 そろそろ春に向けて毛が生え変わる季節ですね。 コロコロ片手に お掃除、ブラッシングがんばります。 ユーザーID: 2036403461• 猫のモモは15歳です。 私は今妊娠4カ月、モモにわかる訳もなくベッドに乗って来る時にはお腹にジャンプそのままお腹で寝てしまいます。 これはいかんなと思い最近は横向きで寝てます。 横向きの私の腰で寝ています。 寝にくそうなんですが毎日お腹の上で寝てたので、横向きで寝ても 身体の上で寝てきます。 でもそれが何だか癒しなんですよね。 夜は腰で寝て、昼はひざでお昼寝。 まだまだ長生きしてもらわないと困ります。 トピ主さんの猫ちゃんは17歳と言う事で何だか幸せな気持ちになりました。 まだまだ健康体なんてうらやましいです。 これからも仲良くラブラブでいてください。 ユーザーID: 3723849139• うらやま〜〜〜 我が家のねこは、布団の足元で寝ていたのですが どうにも身動きがとれず大変なので、布団の中に入れてました。 が、しばらくすると苦しいみたいで、出てきてしまうので 最近は顔を外に出して、人間みたいに寝るようになりました。 んもう、カワイイ! しかも、平日は起こされることは少ないですが、平日よりも遅い時間まで寝ている週末はあらゆる方法で起こそうと試みます。 カーテンレールに引っ掛けてあった風鈴をジャンプして鳴らしてみたり 何かのものを落としてみたり、 カーテンレールのパーツを動かして起こしてみたり、 この前はついにカーテンレールにぶら下がって懸垂みたいになってました。 一瞬で飛び起き、救出しましたけど、もうちょっとやさしい起こし方がいいなぁ。 あ、一般的な顔にパタパタしてきたりはしませんね・・・。 ユーザーID: 8263917904• えぇ、添い寝してますとも 2匹の雑種猫兄弟 2歳半・元オス)と暮らしています。 今年の冬になって、そのうちの片方が 「布団にもぐると、あったかい。 」と言う事を学習し 寒い夜には布団にもぐってくるようになりました。 しかもなぜかこの2匹は体温が微妙に違っていて 体温高めの方がもぐってくるようになったのでありがたい! おかげで電気毛布も湯たんぽもなしで暖かに眠ることができます。 ちなみに、うちの子たちは私の顔に鼻をくっつけ、舌でぺろぺろなめて起こします。 この時期濡れた鼻が冷たくて、びっくりして飛び起きます。 」ですね。 ユーザーID: 5176712015• うちの子の自慢も聞いてください! うちは男の子と女の子、2匹います。 姉弟なので体型が違うだけで柄も顔もそっくりさんです(笑)。 夜の10時過ぎると「早く寝ようよ〜。 」と2にゃんで催促。 私が座っている椅子の斜め後ろに綺麗に並んで待っています。 わざと知らん顔をしていると肩を「ぽんぽん」と叩いて催促します。 これがまたかわいい!! 2匹は仲が悪いわけではないけどつかず離れずな感じなので、一緒に寝るのは早い者勝ち。 でも、朝起きると必ず入れ替わっています(笑)。 夜は女の子が添い寝していたのに、朝目が覚めると男の子の方が喉を鳴らして寝ていたりします。 その逆も然り。 今を大切に.

次の