俺ガイル ss クロスオーバー。 HACHIMAN (はちまん)とは【ピクシブ百科事典】

【FGO SS】カルデアミートウォーズ【Fate Grand Order】アニゲーSSまとめ図書館 SSアニメ │ FGO攻略動画まとめ

俺ガイル ss クロスオーバー

SSで特に好きなのは、シュタインズ・ゲート(通称シュタゲ)シリーズです。 アニメや原作を最後まで見ると、シュタゲの世界観にもっと触れていたい、浸かっていたい、という思う方も多いと思いますが、その方法の1つが「SS」だと思います。 元々がノベルゲームですので、そのまま移行しやすいのではないでしょうか。 これまでシュタゲSSを数百作品と読んできた中から、おすすめの作品達を紹介します。 オススメ作品 個人的名作・特におすすめの作品 この作者、間違いなくSS巧者です。 違和感のない台詞回しにしっかりと起承転結の流れがあります。 「オカクリ」としては最高峰。 作者の愛が感じられます。 かなり甘めなので、そこはご留意を。 レベル高し。 オリキャラが躍動していて全然気にならない。 むしろ厨二病まゆりが可愛く見えてくる。 かなりのSS巧者の作品とお見受けしました。 シュタゲゼロもの。 とても「いい意味で」騙されました。 好きですね、こういう作品。 牧瀬紅莉栖・オカクリ好きにおすすめの作品 久しぶりにシュタゲSSを読みたいと思えた作品。 ババ抜きの心理戦をコミカルに描きます。 独自解釈で展開されるオリジナルストーリー。 読み応えがありますが、結構長いです。 これはいいイチャラブもの。 よくあるオリジナル未来ガジェットもの。 ラボメンにいろいろ質問をします。 好意を数値化するオリジナル未来ガジェットもの。 バレンタインデーものです。 これは2つでセットの作品。 まゆりを助けるため、バカ正直に何度もタイムリープを繰り返すお話。 コメディです。 少し長めの作品。 各キャラクタたちがのほのぼのとしたやりとりがうまく表現されている良作です。 不思議と違和感なく設定が飲み込め、こんな世界線もあるのか、と思わされます。 コンパクトによくまとまった秀作。 紅莉栖のデレ分がやや多め。 これはいいオカクリSS。 短いですが、起承転結がうまくできています。 ちょっと変化球。 こういう作品もアリですね。 タイトルからは想像できない感動作。 ややくどい表現もあるのですが、シュタゲSSを読むならぜひ一読してほしい名作です。 とてもいい意味でバカバカしいコメディの良作です。 紅莉栖に対して素直になれない岡部がダルに相談するお話。 後半のラブラブぶりが素晴らしいです。 岡部は紅莉栖の誕生日にサプライズを企画するが、、、 最初は読んでて辛いところがあるのですが、そうなってしまった理由がわかってからはグイグイと引き込まれます。 後半は好みが分かれるかもしれません。 エイプリルフールネタ。 独自解釈が許容できるなら・・・なかなかの力作です。 甘々です。 序盤から中盤にかけて畳み掛ける感じが最高です。 よくある会話形式のSSではなく地の文が岡部の語りとなっています。 内容は、ラボに扇風機を導入すべくフェイリスを頼ったところ条件として、紅莉栖がメイドコスプレをすることになり・・・というもの。 pixivは甘いオカクリ小説の宝庫です。 こちらはラボメンがジェンガをするお話。 ラボメンたちのやりとりが楽しそうです。 紅莉栖が入院してしまい、RSの影響を疑う岡部は心配で・・・というお話。 ラストシーンがいいですね。 胸が熱くなりました。 pixivで連載されています。 いわゆるアフターストーリーでオリキャラ要素もあるのですが、作者の方の筆力が十分で普通に読み物としてのレベルが高いです。 劇場版アフターとなっており、ほぼ全編オカクリのみの、とても甘々な内容になっています。 長いですが、読み応えがあります。 椎名まゆり好きにおすすめの作品 まゆり派の方はこちらの作品をどうぞ。 ラボメンの絆が描かれており、心が温まります。 阿万音鈴羽好きにおすすめの作品 鈴羽好きな方に超オススメしたい作品。 桐生萌郁好きにおすすめの作品 萌郁好きにオススメの作品です。 萌郁好きにオススメの作品その2。 仕掛けが施してあり、なかなか読み応えがあります。 その他のおすすめ作品 タイトルそのまま。 オチがいいです。 シュタゲSSというよりはハルヒSS。 とにかく長いです。 うまく2作品がクロスオーバーされています。 独自解釈が多く難解なところもありますが、読み応えがあります。 ラボメンの短冊に書かれた願いとは・・・ホロッとするいいお話です。 「シュタインズゲート」と「DEATH NOTE」のクロスオーバー。 なかなかどうしてよくマッチしていて違和感がほとんどありませんでした。 タイトルそのまま。 ダルの語りのSSは珍しい。 ラボメンの絆が描かれるほのぼのとして良作。 カラオケの選曲を通して各ラボメンの特徴を上手く引き出している、ほのぼの良作です。 あらゆる世界線の記憶を保持することになった岡部のお話。 力作です。 数少ない貴重なシュタゲゼロのSS。 真帆が主人公なのも珍しいです。 長編かつ作者独自の解釈も含んでいますが、読み飽きさせない筆力ある作品です。 シュタゲゼロもの。 ラボメンがメガネをかけると・・・というお話。 とても平和な世界線です。 続けてシュタゲゼロもの。 公式外伝小説「無限遠点のアルタイル」を読んでいるとより楽しめます。

次の

ノーゲーム・俺ガイル

俺ガイル ss クロスオーバー

オススメ作品 個人的名作・特におすすめの作品 よくある「嘘から出た真」系のお話。 個人的には大好物でして、本作は雪乃がとても魅力的に描かれている良作です。 これはいいコメディ。 サブレがいい味出しています。 これはいいいろはす。 大学でいろはに再会してからの短編3連作です。 こうした作品が読めるのはSSならではですね。 さりげない心理描写も上手で、かなりのSS巧者とお見受けしました。 主人公がヒロインに看病されるという、SSではよくあるシチュエーションですが、このいろはすはかなりポイント高いです。 みんな素直だったら・・・というIF。 カナダってすごい。 お笑いコンビ「アンジャッシュ」のコントのような作品・・・と言えば大体どんな内容か伝わるでしょうか。 起承転結が上手くまとまっていて、SSの見本のような作品です。 本作は結衣がメインです。 タイトルから推測できるとおり、八幡と雪乃の間の子どもである「比企谷小雪」が登場するのですが、オリジナル子どもキャラが登場する俺ガイルSSでは、本作が個人的に最高傑作だと思っています。 ラストシーンが愛おしいほど素晴らしいです。 WEB小説投稿サイトからは、こちらの作品をチョイス。 ストーカー被害に遭い、奉仕部へと駆け込むいろは。 解決のため八幡が偽装彼氏となるが・・・というお話。 際どい表現があるのでご留意を。 奉仕部がある以上、納得感のある形でいろはと距離を縮めるには相当な描写の積み重ねが必要で、本作はそれを高いレベルでクリアしており、いろはモノとしては最高峰でしょう。 素晴らしい作品。 ヒロイン3人との絶妙な関係性・距離感が、軽快なやりとりでスラップスティック的に展開されます。 台詞回しも自然で滅茶苦茶レベル高いです。 個人的には俺ガイルSSの1つの到達点とも言える作品です。 シチュエーションがいいですね、大好物です。 本好きの2人の距離を縮めるためのそのアイデアに脱帽しました。 その他のおすすめ作品 平塚先生物。 「ウブ・思い込み激しい・すぐ泣く」という二次創作における静先生の要素が程よくまとまっている作品です。 珍しい三浦物。 原作の世界観とかけ離れることなく、絶対に描かれないであろうストーリーを上手に魅せてくれます。 催眠術で八幡を葉山のようにすると・・・というお話。 SSならではの設定ですが、それを上手に料理していて面白いです。 タイトルとは違い実際には、奉仕部の3人のお話。 なるほど、こういうSSもありなのか、と思わされました。 メタ的な楽しみができますね。 設定が一捻り。 好き嫌いがあるかもしれませんが、私は純粋に感心しました。 こういうSSを書こうとする発想は自分では出てこないですね。 脱帽です。 ホワイトデーで女性陣にお返しする様子が淡々と描かれますが、これくらいサラッとした作品もいいと思います。 俺ガイルSSでなくても通用しそうですが、こういうしっとりとした作品もアリです。 の作者の作品のようです。 バレンタインデーのIF。 特定のカップリングはなく、雪乃・結衣・いろは・沙希・小町が登場します。 こちらもバレンタインデーのIF。 奉仕部の3人を中心にバレンタインデーの様子が丁寧に描かれます。 本当に共感できる「あるある」で笑ってしまいました。 後半は初詣のお話。 八幡がみんなに誕生日を祝ってもらいます。 誰の娘なのか一目瞭然ですね。 雪乃分がかなり色濃くでた娘ものです。 ドラマCDとかにしてほしい作品です。 ホワイトデーのお話。 丁寧な描写に好感が持てます。 別にクロスオーバー作品ではなく、中の人つながりの折本もので、中身は程よいイチャイチャもので、こういう世界線もありかな、と思わされます。 タイトルどおり、席替えによって始まる新たな俺ガイルの物語・・・。 未来からやってきたという三人の娘はそれぞれ母親が違って・・・オリキャラ注意ですが、筆力高いので、気になりません。 起承転結もしっかりしており、かなりの良作です。 俺ガイルSSといっていいかは微妙ですが、そのアイデアに脱帽です。 八幡がいない奉仕部でヒロイン3人が、八幡について語ります。 3人がどんな表情・動きで盛り上がっているかが想像できそうな高い描写力のある作品です。 折本好きにぜひおすすめしたい作品。 折本作品の展開は大体どの作品も同じようなルートを通るわけですが、台詞回しも自然で原作に近い空気感なので、こんなルートもあり得るのかな、と思わされます。

次の

ノーゲーム・俺ガイル

俺ガイル ss クロスオーバー

youtube. vip2ch. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube.

次の