さとう 玉緒。 さとう珠緒

さとう珠緒の男性遍歴を元事務所「プチスマイル」社長が次々暴露

さとう 玉緒

さとう珠緒のプロフィール さとう玉緒さんは1973年1月2日生まれ。 千葉県船橋市出身で、A型です。 本名は佐藤珠緒。 中学生の頃、知人が関係していた芸能事務所「ウィスタリアミュージック」に所属。 1988年に「ミス・アクション・グランプリ」で準優勝。 佐藤珠緒として活動していましたが、高校生だった1990年頃は事実上活動休止状態でした。 高校卒業後に再びプロダクションに誘われ、1991年に「ヤンタン茶屋町学園おちゃめ組」の第2期生コンテストで準グランプリを獲得し、芸能活動再開。 グラビアアイドルとして活動していました。 20歳の頃、前所属事務所「プチスマイル」に移籍し、『第1回チャイニーズ・モンゴル・スターコンテスト』で準グランプリ&演技賞を受賞。 1995年に『超力戦隊オーレンジャー』にオーピンク役で注目され、番組終了後に芸名がさとう珠緒になりました。 1996年の『出動!ミニスカポリス』初代ポリス役で大ブレイク。 ぶりっこキャラとして有名になり、『女が嫌いな女』アンケートで2年連続1位になったりしましたが、ドラマでもバラエティでも大活躍でしたね。 さとう珠緒は干されたの? さとう玉緒さんが消えたのは、テレビから干されたからでしょうか? 干されたと言えば干されたようです。 さとう玉緒さんは2015年に、前所属事務所の社長に裁判を起こされています。 原因は、さとう玉緒さんが契約した 美容整形の宣伝をキャンセルした事だとか。 「脂肪吸引をやってみたら想像以上に痛かったので、勧めたくない」 という視聴者から見ると誠実な理由だったのですが、多額の違約金が発生してしまったそうです。 この問題で事務所も変えることになり、テレビの仕事は激減してしまいました。 地方競馬や低予算の映画などに出演していたそうです。 干された状態だったんですね。 でも、この対応はかなり好感を持てますね。 さとう珠緒が消えた理由は脳梗塞だった しかし本当に さとう玉緒が消えた理由は、脳梗塞になってしまったからだったのです。 裁判の心労がたたって、と言われていますが、『主治医が見つかる診療所』という番組で 小さい脳梗塞が5か所も見つかりました。 さとう玉緒さんは40代でまだ若いのに、 将来認知症になる可能性が高いと言う診断でした。 理由として考えられるのは、• サウナの後に冷えたビールを飲む• 飲酒後に長時間の入浴をする といった 発汗+お酒の生活習慣だそうです。 さとう玉緒さんが脳梗塞と診断された後も、入院したり手術をしたという話は聞きませんね。 お酒を減らしたりなどして、気を付けているのでょうか。

次の

さとう珠緒、脳梗塞に!?今現在の顔(2020)がヤバすぎると話題に・・・※画像あり

さとう 玉緒

私はタレントの、さとう玉緒が大嫌いで、TVでさとう玉緒が出るだけで、チャンネルを代えてしまうほどです。 とにかく、あのぶりっ子が嫌いで嫌いでたまんないんです。 大好きな番組だと、さとう玉緒が出てても観なくちゃいけなくって、彼女がぶりっ子する度「あぁうっとおしい!!ムカつく!!」と思ってしまいます。 彼女のぶりっ子を見て「うんうん」と反応している男性タレントを見ると「男も男だわ」と呆れてしまいます。 私は、ぶりっ子は一切しなくてスッパリした性格なので、余計そう思うのかもしれません。 女性の方はどうなのでしょうか?好きなのでしょうか? 私は30代女ですが、彼女はけっこう好きですよ。 がんばって仕事してるな、っていう印象だし、 ぶりっこぶりに笑わせてもらってます。 ちなみに正確には「さとう珠緒」だと思います。 昔は今ほどぶりっこではありませんでしたし、司会業もやってました。 けっこうふつうの人でした。 ぶりっこは明らかにテレビ用の芸のようなものであって、 その芸の好き嫌いが分かれるのは仕方ないと思うんですが、 あれを素だと信じて嫌っている知り合いがいるんですけれど、 無駄に憎悪をむきだしにしてて怖いです。。。 すべての男の子がそうじゃないのはいわずもがなですが、 私も彼女はかわいいと思います。 参考URL: こんにちは。 私は「おもしろい人だなー」と楽しく見てます。 彼女だけでなく「ぶりっ子」と言われる人が同性から嫌われる理由は受け手の「妬み」の感情からではないでしょうか? それは女性なら誰しもが、程度の差はあれ「男性へ甘えたい感情」はあるもんですから、彼女の「程度超特大!」なぶりっ子が目についちゃうんだ思います。 まるで彼女たちぶりっ子な人たちが、自分の領域を侵すような得体の知れない恐怖感と言いましょうか。 熾烈であろうエンターティーメントの世界で自分のポジションを得てる彼女に尊敬の念に似た感覚を覚えます。 同性から嫌われるのは彼女も分かって、ああいったキャラで「仕事での勝負」の日々をおくられてるように思います。 玉緒さんと同い年の女性です。 24歳のgkwrogurさんからすると仰るとおり31にもなって何やってるの?と思うでしょうね。 他に言われている方もいますけど私もあれはネタであって芸なのではないかと思っています。 そして玉緒さんのことは特に嫌いではないですよ。 玉緒さんは今でこそ知名度がある芸能人ですが無名の時はいろいろと苦労されたそうです。 20代の頃はバラエティ以外でもドラマやグラビアなど仕事の幅は広かったと思います。 けど30歳を過ぎてお仕事の事でいろいろと模索してるのではないかと思うんです。 若い新人のタレントがたくさんデビューしてきてバラエティでもグラビアでも他の女性タレントが取り上げられるようになってきて玉緒さん自身芸能界で生き残る為に必死で頑張っているのかななんて思ってしまいます。 次から次へと新しい人がデビューするし同じようなキャラの人が出てくると飽きられたりして人気もがた落ちしてお仕事も激減なんて事が芸能界ではありますし成功するには大変な世界だなと思います。 私自身は同じぶりっ子ならTBSの小林麻耶アナの方が嫌いです。 芸能人でもないのに「何キャラ作ってるの?」と思ってしまいます。 それに局の社員ですしアナウンサーなんだから原稿を読むときもとちったりかんだりせず上手に読んで欲しいものです。 小林アナはその辺も欠如してますよ。 と、思うのは私も単に「好き」だから反論してるだけで、賛同できたら一緒に「そーだ! 、そーだ! 」と言ってるのかもしれませんね。 グラビアから出て、CM、ドラマ、バラエティと活躍してきた彼女にも人気に陰りが生じ、新たな技を開拓したのだと思います。 つまりあれが彼女の今のウリで、お笑いブームに乗じた芸と思います。 グラビアアイドルに限らず、お笑い芸人でも、元オリンピック選手でも、芸能界に生き残る為に、キャラを変えたり、身体を張った仕事をがんばっておられますよね。 一世風靡をしたアイドルも現役バリバリのアイドルも同様で、そのギャップがおもしろいというのもありますから、ジャニーズのタレントもバラエティに進出して成功をおさめています。 まぁ昔から歌手がドリフや歌番組の合間にコントとかしてましたもんねー 昔、松田聖子さんは、坂上二郎さんにお笑いのセンスを買われてレギュラーを希望されましたが、イメージを損なうために事務所から却下されたようです。 逆に桜田淳子さんはドリフでコントの名作を生んだりしてました。 それと、この手の意見を求めたり、批判めいた質問は遅かれ早かれ「質問内容を確認しましたところ、質問者の方が当サイトの利用規約・ルールやマナーに反する投稿をされておりましたので、質問を削除いたしました。 」とか連絡が来て、管理者が削除すると思います。 何度真面目に答えて削除されたか。。。 先日、「性格がさとう珠緒そっくり」という陰口を言われているのを聞いてしまいました。 私はバラエティ番組をまったく見ないため、さとうさんがどんな性格でどんな言動を取る人なのか知りませんでしたし、芸能人なら人によって好き嫌いが分かれて当然なので、そのときはショックはほとんどありませんでした。 しかしその後、彼女に関してあれこれ調べていくと、彼女が本当に大半の人たちから嫌われているらしいことがわかってきました。 人をやたらと非難したりしない人からも「あの人だけはちょっと……」という返答が来たりもしました。 どんなに調べても否定的な意見しか出てこないので、じわじわとショックが広がっていき、ここ数日、何をする気力も失せてしまいました。 彼女が本当に大半の視聴者の反感を買うようなキャラであり、そして自分が彼女にそっくりの性格であるなら、何とか直さなければみんなを不快にし続けてしまいます。 皆様に質問いたします。 さとう珠緒さんは、なぜそこまで視聴者に嫌われてしまったのでしょう。 「ぶりっこ」「うざい」などの悪口一言ではなく、どんな言動を取った結果今の評価を受けるようになったのかを教えていただけると、参考になります。 ちなみに私は、自分では冗談を言ったつもりなのに相手に冗談と思ってもらえず本気で怒られたり、困った素振りを少し見せただけで「被害妄想」と言われたり、「空気の読めない奴」と冷たく扱われたりしますが、どれも自分では理由がわかりません。 さとうさんもこういうキャラなのでしょうか。 29歳の女です。 先日、「性格がさとう珠緒そっくり」という陰口を言われているのを聞いてしまいました。 私はバラエティ番組をまったく見ないため、さとうさんがどんな性格でどんな言動を取る人なのか知りませんでしたし、芸能人なら人によって好き嫌いが分かれて当然なので、そのときはショックはほとんどありませんでした。 しかしその後、彼女に関してあれこれ調べていくと、彼女が本当に大半の人たちから嫌われているらしいことがわかってきました。 人をやたらと非難したりしない人からも「あの人だけは... A ベストアンサー ここまで大きくさとう珠緒さんが「同性に受けないキャラ」になってしまったのって あるバラエティ番組で「さとう珠緒の休日(プライベート)」という企画、さとうさんが一人でバスローブ姿でお酒に酔い、「わたしに乾杯vv」みたいなことを言ってスタジオが引き笑いに。 そして小池栄子さんが「わたしはさとうさんのような人が嫌い」みたいな発言をして、 それに週刊誌が食いついたんですよね。 次の週の同じ番組で小池さんはそれについてコメントするのですが「さとうさんのようなタイプの女性に昔男をとられたことがあって」といい、 サバサバしていて同性に人気のある小池さんを口火に 「わたしもこういうタイプの女は嫌い!」と言い出す人が増えたように思います。 でもね、最近は下記のURLのような意見もあるのです。 (もう読まれたかもしれませんが・・・) ここでは「愛すべきキャラクターである」と言っている人も多くいるのです。 あなたがそんな陰口を言うような人間を気にする必要はないと思います。 また、さとう珠緒さんに自分を重ねる必要も。 php3? そして小池栄子さんが「わたしはさとうさんのような人が嫌い」みたいな発言をして、 それに週刊誌が食いついたんですよね。 次の週の同じ番組で小池さんはそれについてコメントするのですが「さとうさんのようなタイプの女性に昔男をとられ...

次の

さとう珠緒の男性遍歴を元事務所「プチスマイル」社長が次々暴露

さとう 玉緒

さとう珠緒のプロフィール さとう玉緒さんは1973年1月2日生まれ。 千葉県船橋市出身で、A型です。 本名は佐藤珠緒。 中学生の頃、知人が関係していた芸能事務所「ウィスタリアミュージック」に所属。 1988年に「ミス・アクション・グランプリ」で準優勝。 佐藤珠緒として活動していましたが、高校生だった1990年頃は事実上活動休止状態でした。 高校卒業後に再びプロダクションに誘われ、1991年に「ヤンタン茶屋町学園おちゃめ組」の第2期生コンテストで準グランプリを獲得し、芸能活動再開。 グラビアアイドルとして活動していました。 20歳の頃、前所属事務所「プチスマイル」に移籍し、『第1回チャイニーズ・モンゴル・スターコンテスト』で準グランプリ&演技賞を受賞。 1995年に『超力戦隊オーレンジャー』にオーピンク役で注目され、番組終了後に芸名がさとう珠緒になりました。 1996年の『出動!ミニスカポリス』初代ポリス役で大ブレイク。 ぶりっこキャラとして有名になり、『女が嫌いな女』アンケートで2年連続1位になったりしましたが、ドラマでもバラエティでも大活躍でしたね。 さとう珠緒は干されたの? さとう玉緒さんが消えたのは、テレビから干されたからでしょうか? 干されたと言えば干されたようです。 さとう玉緒さんは2015年に、前所属事務所の社長に裁判を起こされています。 原因は、さとう玉緒さんが契約した 美容整形の宣伝をキャンセルした事だとか。 「脂肪吸引をやってみたら想像以上に痛かったので、勧めたくない」 という視聴者から見ると誠実な理由だったのですが、多額の違約金が発生してしまったそうです。 この問題で事務所も変えることになり、テレビの仕事は激減してしまいました。 地方競馬や低予算の映画などに出演していたそうです。 干された状態だったんですね。 でも、この対応はかなり好感を持てますね。 さとう珠緒が消えた理由は脳梗塞だった しかし本当に さとう玉緒が消えた理由は、脳梗塞になってしまったからだったのです。 裁判の心労がたたって、と言われていますが、『主治医が見つかる診療所』という番組で 小さい脳梗塞が5か所も見つかりました。 さとう玉緒さんは40代でまだ若いのに、 将来認知症になる可能性が高いと言う診断でした。 理由として考えられるのは、• サウナの後に冷えたビールを飲む• 飲酒後に長時間の入浴をする といった 発汗+お酒の生活習慣だそうです。 さとう玉緒さんが脳梗塞と診断された後も、入院したり手術をしたという話は聞きませんね。 お酒を減らしたりなどして、気を付けているのでょうか。

次の