うーん マンダム。 マンダムの株主優待が到着しました!今年の商品の内容を画像いっぱいでまとめてみます

Engineered Garments 17aw First Delivery

うーん マンダム

昨年90周年を迎えたマンダム社の、1970年代に一世を風靡したCMだ。 CMソングは130万枚の売り上げを記録し、店頭に貼られたポスターは次々と持ち去られた。 CMを制作した西谷尚雄氏(当時大阪電通)が、ブロンソン起用のいきさつを語る。 「周りからは『ハリウッド俳優なんて使えるわけがない』と呆れられましたが、ビートルズの来日を実現させたプロモーターの永島達司さんを通してオファーを送ると、『ブロンソン映画の宣伝に好都合』と破格に安い出演料3万ドル(約1000万円)で承諾してくれたのです」 当時、ブロンソンとアラン・ドロンが共演した映画『さらば友よ』が日本でもヒットしていたが、2人の知名度の差は歴然だった。 「男性化粧品のCMなら美男のドロン」に傾いていたマンダムの西村彦次社長が、最終的にブロンソンを指名したのは、西谷氏と演出を担当した映画監督・大林宣彦氏の熱意だった。 渡米して撮影に入ると、ブロンソンは大林監督に「僕の人生初の単独主演作品。 何でも一所懸命やるから」と握手を求めてきた。 「西部劇の聖地として知られるモニュメントバレーでの撮影を提案すると、『僕にも憧れの場所だが、家族も一緒で良い?』と。 結婚したばかりのジル・アイアランドと前妻の子どもたちを呼んで、総勢20人のロケに(笑い)。 強面なイメージですが、愛妻家で家族思いなんですよ」(大林監督)•

次の

「マンダム」の意味と使い方・ロゴの意味|株式会社マンダム

うーん マンダム

1: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 00:16:44 「ようこそ... 男の世界へ....... 一体型とでも言うのか、能力だけでビジョンなくてもいいだろうに、ビジョンがあるのがなんかシビれる。 12: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 01:39:40 自分だけ何回もやり直せるんだから、スタンド使い以外フェアじゃ無いよな 13: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 02:22:56 激しく同意、しかもマンダムは使い方次第でかなり強い部類のスタンドという。 14: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 03:18:40 やってる事自体は自分の理屈を勝手に押し付けて決闘で殺しまくる殺人狂なんだけど、なぜか格好良い 16: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 03:24:53 その上真面目に取り合わないと臆病者だの対応者だの言われるから質が悪い のに何故かかっこいい 18: 名無しさん[]:2015-08-21 05:14:34 元ネタになったCMは見たことないんだけどよく上手いこと 絡めたもんだなあと感心した 20: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 05:31:50 ブラフォード、ワムウ、ンドゥール、形兆の流れを組む清々しい敵だよな 「受け身の『対応者』はここでは必要なし」などのセリフも含めてカッコいいと思う ラスボスではないのに時間系能力を持っているというあたりリンゴォの潜在能力の凄さをよく示している気がする 22: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 06:00:32 ジョニィと出会わなかったら、枯れ木のような老人になってもあんな生活続けていたんだろうな。 戦いそのものが目的という点ではワムウと近いんだろうけど、カーズやエシディシみたいな理解者がいないから更に孤高という印象。 バディの組みようも無いけど、マジェントみたいなのにべったり依存されても、いないもの扱いしそうなマイペースさも感じる。 24: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 06:33:50 散り様は実に美しかった 25: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 07:12:07 是非ともこれからアニメーションにしてほしいベスト3に入る人物だ。 あの場面を動画で観たい。 渋い声でッ! 27: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 07:35:22 ラスボスでもないのに結構強い時間操作スタンド 28: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 07:51:49 渋いな、すげーなって初見で思った。 自分を高めるために決闘を続けるって中々見ない。 29: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 08:56:08 主人公ラスボス以外で時間操作したのってリンゴォが初? 戻せるのが6秒だけっていうのがまた時間操作系の縛りのキツさだなあと思った でも決闘におけるリスク無しのやり直しが効く数秒ってすごいチートだよなあ 慢心するキャラでもないしかなり熱い戦いだった 30: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 09:56:31 三大動画で観たいキャラ ・吉良 ・ジャイロ ・リンゴォ わかる人いる? 31: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 10:15:38 彼の言葉がジョニィとジャイロを成長させたんだよなあ 32: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 11:05:55 ラスボス能力のテーマは運命に干渉することだから、 そこがただ時を戻すだけのマンダムとの差だと思ってる 33: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 12:43:50 時間戻すなら木につけた目印は増えんだろとかそんな思いがどうでもよくなるほど漢らしい 35: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 14:13:56 七部の物語の進行を、以後決定的に方向づけ導いた男。 そこに痺れる、憧れる。 36: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 16:03:22 7部至極の名言「ようこそ…… 『男の世界』へ………」をネタ的に引用するやつってよーっ ムショーにハラが立ってこねーか! ってくらい好き 37: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 22:37:02 SBR面白くねーなぁって思ってたらリンゴォ戦に痺れまくってそれ以降完全にハマったよ 38: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-21 23:16:58 あまりコメント付かないね。 実銃を使うスタンドバトルってジョジョじゃあ珍しいと思う。 この回を境にジョニイジャイロがより魅力的になった! 41: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-22 01:38:33 マンダムはおそらく奇襲(の保険か一度体験させてからのフェイク)で使うと最も効果を発揮するだろうに、あえて正々堂々と使うところが男らしいし、 最高にカッコイイ。 ウェカピポと並んで7部で好きなキャラ。 42: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-22 01:53:45 女でもリンゴォ戦好きだけど、男性だとより楽しめるのかなって思うから少し羨ましい。 51: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-23 17:29:02 ワムウ、ンドゥール辺りはかなり好きなんだけど、何故かリンゴォはそうでもない。 系統的には近いと思うんだけど、自分でもそれが何故なのかよく分からない。 56: 名無しのジョジョ好き[]:2015-08-26 22:58:30 渋いぜ 同じ場面が繰り返される分余計かっこよく見える.

次の

う~ん、マンダム。 魔夜峰央 若さゆえのあやまち自選集

うーん マンダム

10月19日は、1970年にジェリー・ウォレスの「男の世界」(後に「マンダム〜男の世界」に改題)がオリコン1位を獲得した日。 その話をするには、まずこの方のことから。 俳優、チャールズ・ブロンソン(1921年11月3日 生-2003年8月30日没)。 『荒野の七人』(1960)や『大脱走』(1963)の個性溢れる脇役として、そして『さらば友よ』(1968)や『雨の訪問者』(1970)などへの出演で、まさにスター街道を歩んでいた彼ですが、こと日本のお茶の間に関しては、1本のCMがその印象を決定づけました。 それが1970年にオンエアされた丹頂(現・株式会社マンダム)」の男性化粧品「マンダム」のCM(演出は大林宣彦監督)。 「いま、開かれる男の世界。 マンダム。 」のナレーション、ジェリー・ウォレスが濃い目に歌う「マンダム〜男の世界」にのって、カウボーイのチャールズ・ブロンソンが登場。 荒野を行く彼が水辺にたどり着いてテンガロンハットで水をかぶり、そしてあごをなでながらつぶやくラストの決め台詞。 「うーん、マンダム」。 いやあ、流行りました。 当時、小学校5年生だった筆者もこの台詞を言いながらヒゲを剃ってもいない、というか生えてもいないアゴをどれだけさすったことか。 誰かのアゴを指さして「あれ、アゴに何か付いてるよ!? 」と言って相手がアゴを触ったところで「うーん。 マンダム」っていうイタズラとかね(笑)。 ……と、その記憶はあるもののCMの詳細となるとおぼつかないのでネット上で再見してみると、「うーん、マンダム」以外のナレーションが凄い。 「男らしさとは、男臭さとは。 男のドラマを演出する新しい男性化粧品。 マンダムは男の体臭。 」 もの凄い「男押し」です。 もう一作の都会の豪華マンションで暮らすリッチなブロンソンと、カウボーイ姿のブロンソンが交互にフラッシュするCMでは、こう語られます。 「愛とは、勇気とは、優しさとは。 男の体臭が漂う男の所在(ありか)、それはマンダム。 」 もの凄い「男押し」。 時代と言えばそれまでですが、男子が「草食」とか「ゆとり」とか呼ばれるようになるなんて想像もしていない男の世界。 余談ですがCMで「体臭」って言い切っているのも強烈。 そうか、体臭がウリだった時代もあるのか。 この「男臭いマンダム・ワールド」は、もちろんチャールズ・ブロンソンの野性的な顔立ち、雰囲気によるところが大きいわけですが、それを120%引き出す役割を果たしたのがパンチの効いた音楽。 「マンダム〜男の世界」を歌ったジェリー・ウォレスは、カントリー&ポップス・シンガー。 この時点では特に売れていたというわけではない彼に白羽の矢を立てて、CM曲を依頼したのは日本側だった模様。 当然、カヴァーも誕生。 尾崎紀世彦によるカヴァー・ヴァージョンは、彼の代表作のひとつと言っていいのではないかという傑出した仕上がりであります。 そして、CMの大ヒットから24年後、その影響力がカタチとなってあらわれたのが、みうらじゅんと田口トモロヲのお二人による「ブロンソンズ」。 1994年から雑誌「STUDIO VOICE」誌で「ブロンソンに聞け」という連載を開始(後に『ブロンソンならこう言うね〜マニア・カルト一生相談〜』として出版)。 これは「(オレたちが思う)チャールズ・ブロンソン像」から人生相談を展開するという内容。 共に文化系(&映画通)のお二人だからこそ「ぶれない気骨」「頑なな男気」への憧憬を込めてのアイデアでありました。 そして、このブロンソンズが音楽を制作。 シングル「マンダム 男の世界」(日本語詞)と、アルバム『スーパーマグナム』(1997)をリリース。 スチャダラパーや真心ブラザーズ、東京スカパラダイスオーケストラなどが参加したアルバムでは、筆者もコーラス隊の一員として集められて参加。 今はなき溜池山王の東芝EMIの大スタジオでプロ&シロート集団が意味もなく大声で合唱するという頓知のきいたエピソードを残しております。 さらに、2003年にはシンガー・ソングライターのKEISONが「男の世界」をオリジナルの日本語詞に替えてシングル・リリース。 この作品では日本語詞を筆者が担当いたしました。 お恥ずかしい。 と、個人的にも縁の深い「マンダム〜男の世界」。 その男臭い世界観をストレートに受け止める時代は過ぎ去りましたが、ブロンソンズのお二人同様に「ぶれない気骨」への憧憬はいまなお心に残る2016年。

次の