ヘッドホン コスパ。 コスパ最強ヘッドホンおすすめ10選!Bluetooth、ハイレゾなど

厳選!人気のおすすめモニターヘッドホン特集|サウンドハウス

ヘッドホン コスパ

皆さんはヘッドホンを買うとき何を重視しますか?1、ブランドメーカー 2、音質 3、機能 4、デザインタイプ 5、有線なのか無線(=Bluetooth)なのか など選ぶ要素がたくさんあります。 特にそれが低価格ヘッドホンであればより購入する決め手になるのではないでしょうか。 誰もがまず初めに重視したいのは音質だと考えます。 その次はどうでしょう?価格、ではないでしょうか。 どれだけ音質が良くても5万円〜10万円など、価格が自分の考える予算を超えてしまっては購入することができません。 しかし、 それを覆すのが 低価格ヘッドホンです。 こちらの記事での低価格ヘッドホンの定義は、 千円〜1万円以内としています。 1万円以内の ヘッドホンって音質は良くないのではないか?と思う方も多いかと思います。 その不安の要素は音域です。 幅広くかなり良い音質を求めるのであれば価格は上がってきますが、自分が好む音域によっては価格を抑えられるのです。 そこで、いかでは低価格ヘッドホンの特徴と、 人気の 低価格ヘッドホンの商品をご紹介していきたいと思います。

次の

コスパ最強!ノイズキャンセリングイヤホン・ヘッドホンを持たないと損すぎる5つの理由|ひとらぼ

ヘッドホン コスパ

ヘッドホンは商品ごとに得意とする音域が異なるので、自分の好みに合った音域を把握しておくことが重要。 特に1万円前後の商品では全域にわたって強いヘッドホンというのはなかなか無いので、ある程度目的の音域を絞っておくことが大切です。 J-POPなどの邦楽をメインに聞く方には、中高域に強いものがおすすめ。 一方 ロックやジャズなど低音が特徴的な曲には、やはり低音域に強いものが合っています。 クラシックのように低音から高音まで幅広く音が使われている曲には、どちらかに寄っていないフラットな音域が必要です。 いずれも製品情報だけでは判断しきれないので、口コミなど実際の感想を参考に選びましょう。 また店頭で視聴して確かめる際は、特に中音域に注目するとより良いヘッドホンを見極めやすくなります。 老舗メーカーJBL製の、スタイリッシュなフォルムが魅力のワイヤレスヘッドホンです。 2台のデバイスを同時に接続できるマルチポイント機能を搭載。 音楽を聴いている途中に電話の着信を受けることも可能なので、普段遣いにもぴったり。 急速充電機能にも対応しており、約15分の充電で最大約1時間の音楽再生ができます。 お値段は5000円以下と手が届きやすいのが魅力。 ECサイトの口コミでは、ヘッドバンドがきつめとの声もあるようなので、締め付け感が苦手な人には不向きかもしれません。 イヤーカップ 密閉型 接続方式 ワイヤレス 形状 オーバーヘッド 周波数特性 20Hz~20,000Hz 再生周波数帯域 - 補修パーツ - PS4に対応した、7. 1Dolbyサラウンドサウンドのゲーミングヘッドセット。 臨場感のある立体的なサウンドで、遅延なくさまざまな方向から音を感じることができます。 内蔵型コントロールボタンと格納式デジタルマイクで、マイク音とマスター音の調節が簡単なのが嬉しいポイント。 Bluetooth・有線どちらにも対応しており、Bluetoothは最大16時間の連続稼働が可能。 イヤーパッドのフォームに凹みを作ることで、メガネを付けても、こめかみの締め付けを緩和してくれるのも嬉しいポイントです。 最大で45m離れても通信可能で、動き回っても音声が途切れません。 ノイズキャンセリング機能もついているので、 掃除機や料理などの生活音の出る家事をしながらでもクリアに音声を楽しむことが可能です。 壁を隔てても通信可能なので、ヘッドホンを付けながらトイレに行っても大丈夫。 一々接続し直す必要がありません。 人間工学に基づいたデザインで、かつ軽量・快適な装着感。 長時間つけても疲れず使用できます。 密閉型は音が籠りがちですが、こちらは音抜けのよさも魅力。 ハイレゾ対応の高音質で、中高音と低音がバランスよく両立しています。 形状記憶のヘッドバンドは絶妙なフィット感があるので、長時間の使用でも快適ですよ。 ECサイトの口コミでは、中~高音域の透明感のある音や低音の鳴りが気持ちいいと好評な意見も見られました。 音にクセがなくデザイン性も兼ね備えているので、スタイリッシュで高品質なヘッドホンが欲しい方におすすめです。 ear on 2 Mini Wireless DENON ヘッドホン モニターヘッドホン エアーダイナミックヘッドホン ノイズキャンセリングヘッドホン A10 ワイヤレスヘッドホン モニターヘッドホン Thresher 7. 1 ヘッドホン JBL TUNE Bluetoothヘッドホン プロフェッショナルモニターヘッドホン ステレオヘッドホン RP-HTX80B ステレオヘッドホン Reference Studio Headphones ステレオヘッドホン ノイズキャンセリング ヘッドホン RP-HD300B Crusher Wireless S6wireless noise cancelling Bluetoothヘッドホン V4. 2 ワイヤレスステレオヘッドセット HD 25 AKG K92 特徴 どんなシーンでも使いたい!高音質設計が魅力のヘッドホン ワイヤレスとは思えない!大迫力の重低音 どんな音も聞き逃さない、広帯域再生モニターヘッドホン 一つひとつの音を細部まで再現!快適な装着感にも注目 深みのある重低音が、迫力あるサウンドを再現 圧迫感・閉塞感が少ない骨伝導ヘッドホン 冷却ジェル入りイヤークッションで長時間の使用も快適に! 小さいけれど高機能!ファッションに合わせやすいヘッドホン 音抜けのよさと迫力あるサウンドを実現した、おしゃれなヘ... PS4のゲームを迫力あるサラウンドサウンドで楽しめる レトロカラーが魅力のハイレゾ対応ヘッドホン 音楽と電話を同時に!便利なマルチポイント機能 スタジオモニタリングにぴったり!低音から高音までフラッ...

次の

ゲームで使える!コスパ最強開放型ヘッドホンHD598SRをレビュー

ヘッドホン コスパ

どうも、音楽大好きドラゴン忍者です。 今回は「ヘッドホン」を紹介していきたいと思う。 以前に「」や「」などの記事を書いたが、せっかく好きなミュージシャンやお気に入りの曲を見つけたのなら、音質の悪いスマホ再生やイヤホンではなく、 曲のポテンシャルを十分に発揮できるちゃんとしたヘッドホンで聴きたいと感じるのは当然のことだと思う。 この記事では、 「良い曲を良い音で聴きたい」人のために、 間違いのないヘッドホンを紹介していく。 ここで紹介している製品の価格帯は、5,000円〜40,000円までだ。 ヘッドホンの価格は天井知らずなので、これ以上の価格のものはたくさんあるが、 不毛なオーディオマニアの領域に入るの で 、 無駄に高いものは紹介していない。 一般人が普通に使って普通に満足できる水準を意識している。 ちゃんと自分で使ったことのあるもののみ、「ヘッドホンならこれで間違いない!」という人気で定番の製品のみを厳選して「紹介&解説」している。 クソみたいな製品をテキトーに紹介するみたいなことはしていないので安心して欲しい! 自分に向いたヘッドホンを探している人にとっては、絶対に参考になる内容だと思うので、ぜひ読んでいってほしい。 長々と紹介文や解説文を 読むのが面倒くさい人向けに、 超ざっくりとおすすめヘッドホンを紹介する。 (リンクを押すとページ内の該当の箇所にジャンプする) 格安で感動するレベルの音質を体験したいなら、「(約5,000円)」。 低音がドシドシ響く迫力のある音楽が好きなら、「(約12,000円)」または、「(約20,000円)」。 軽やかで美しい音を楽しみたいのなら、「(約18,000円)」または、「(約24,000円)」。 ドンシャリ感の強い、 癖になるような気持ちいい音を体感したいなら、「(約22,000円)」。 格安の無線ヘッドホン(Bluetooth通信)で最低限の音質を求めるなら、「(約5,000円)。 ワイヤレスの高音質ヘッドホンで、iPhoneなどApple製品のユーザーなら、「(約29,000円)」。 これに加えて「ノイズキャンセリング機能」を重視するなら、「(約34,000円)」。 ワイヤレス高音質ヘッドホンで、仕事用や有線でも使いやすい装着感の良い高音質ヘッドホンが欲しいなら、「(約35,000円)」。 ワイヤレス高音質ヘッドホンで、ソニーを信じるなら、「(約35,000円)」。 音楽制作や音楽系の仕事を志していて、 勉強用のヘッドホンが欲しいなら、「(約17,000円)」。 ……ざっとこんな感じだ。 おすすめヘッドホンざっくりランキング! 比較情報を見ても何が良いのかまったくわからん、という人のために、 独断と偏見でランキングを発表! 選べない人は参考にしてみてくれ! 第1位は、「(約24,000円)」。 とにかく高品質かつ使い心地の良いヘッドホンで、 汎用性がめっちゃ高い。 長時間の使用にも耐えられるので、音楽のみならず、映画、アニメ、ゲームなど、室内におけるあらゆるコンテンツの視聴環境が向上する! 第2位は、 「(約35,000円)」。 ワイヤレスヘッドホンだが、有線ヘッドホンとしても使える。 ノイズキャンセリング機能が高性能で、なおかつ装着感が良く長時間の使用でも疲れにくいので、 「仕事に集中したい用」のヘッドホンとして使いやすい。 もちろん音質に関しても最高品質。 「外出用」も含めたあらゆる用途で使える、これ一つあれば大丈夫なヘッドホン。 第3位 は、「(約12,000円)」。 コスパがめっちゃ良い。 1万円とちょっとでこのレベルが買えるのはかなりお得。 楽曲の迫力がしっかり伝わり、廉価版であるだけにクセも少ないので使いやすい。 第4位は、「(約5,000円)」。 スペックのわりにとにかく安く、 現時点でコスパ最強。 昔は1万円以上した機種だが、今はその半分の価格で手に入るようになった。 漠然と良いヘッドホンが欲しいと考えている初心者にも自信を持っておすすめできる。 エントリー用のモデルとして間違いなく最高。 第5位は、「(26,000円)」。 iPhoneを持っている人におすすめで、 世界的に人気のオシャレヘッドホン。 個人的には流行りの「AirPods」より丈夫で使いやすいと思う。 毎日着用することが前提のつけ心地の良さ。 第6位は、「(約22,000円)」。 使用にはヘッドホンアンプが必要だが、 音楽にあまり詳しくない人でも「すげえいい音!」と素直に感心するほど、力強く気持ちいい音が出力される。 好きなアーティストの曲を聴くのがますます楽しくなるだろう。 ヘッドホンを選ぶときにちゃんと知っておきたいこと ヘッドホンを選ぶときに、どういうところに着目すればいいのかを解説していく。 なるべく手短な説明を心がけていたのだが、ややマニアックで長くなってしまったので、 そもそも「音の良さ」って何?「ハイレゾ」って意味があるの? 基本的には「デジタル音源」をヘッドホンで試聴することになると思う。 だから、 ヘッドホンの性能以前に、聴く曲の「音源の音質」に左右される。 デジタル音源の質(情報量)は、「bps(bit per second)」という、1秒あたりのデータ転送量を表す単位で示される。 「ビットレート」などとも言われる。 同じ曲で「128kbps」と「320kbps」を流して聴き比べしてみる「」などのサイトもあるが、耳が良い人でないと違いがわからないと思う。 kbps(ビットレート)が大きくなればなるほど違いが大きくなるわけではなく、 人間の耳が認識しやすいのはせいぜい320kbpsまでの違いくらいで、これ以上情報量が多くなっても差がわかる人はほとんどいない。 表を見てみると、オンラインにアップロードするサービスと、「CD」や「ハイレゾ」とで、大きな情報量の差があることがわかるだろう。 ネットからストリーミングするなら、やたら情報量が多いと時間がかかってしまう。 YouTubeなどのオンラインサービスは、 アップロードする過程でYouTubeの形式に変換されてしまうので、元の音源の情報量がどれだけ多くても、最大で192kbpsだ。 (だからYouTubeでハイレゾ音源というのは原理的にありえない。 ) 「YouTube」や「Spotify」は世界中のアーティストが投稿するプラットフォームだが、 192kbsから320kbsあれば十分だろ、というのが世界的な合意。 つまり、「 音源の情報量が多ければ多いほど良い音に感じるわけではない」ということ。 これはヘッドホンを選ぶ上で、騙されないために意識しておきたい。 実は、「CD」というのはものすごく情報量が多く、「ハイレゾ」はさらに膨大。 ちなみに「ハイレゾ」は「ハイレゾリューション:解像度(情報量)が多いという意味」の略。 ハイレゾはソニーなどが推していて、「とにかくスゴい!」みたいな感じで流行らせようとしているが、正直言ってバカげてると思う。 「CD」と「ハイレゾ」の音の違いなんて、かなり訓練した人じゃないと聞き分けられないし、そこまで行くと「音楽を楽しむ」みたいな主旨からはハズレてしまう。 典型的なスペックバカみたいなことをやってる。 そもそも曲を作ってるミュージシャンや、ミックスやマスタリングしているエンジニアも、「ハイレゾ」なんて意識して作ってない。 だから、「ハイレゾならミュージシャンの意図をより正確に」というのも嘘。 録音した音源など「ハイレゾ」で聴く意味のある音もないわけではないし、技術的には間違いなくスゴいから、一概には否定できない。 ただ、 今のオーディオ環境で、「ハイレゾ」という宣伝文句を信用してはいけない。 どういうわけか、日本のオーディオ業界では、どんな製品にも適当に「ハイレゾ対応」とつけていいことになっているらしい。 とにかく売れやすいからということで、スペックの説明に「ハイレゾ対応」と書かれる製品がたくさんある。 つまり、 「ハイレゾ対応」が「よくわからないけど何かスゴい!」みたいな意味合いで使われている。 ハイレゾだからめっちゃ音がよく聴こえますよ!みたいなこと言う人はあまり信用できない。 本当にちゃんと自分で聴いたことがあるのか? 音が良いヘッドホンってどういうこと? 上で述べたように、音源の情報量が多ければ、必ずしも良い音になるというわけではない。 1万円以下のヘッドホンの場合、「ちゃんと音が再現されるか?」が重要になるが、 一定以上の高音質ヘッドホンとなると、むしろ どういうふうに「聴こえ方」がデザインされているかが重要になる。 音には「 帯域」があり、「1秒間で何回振動するか?」を表す「Hz(ヘルツ)」という単位で表される。 区切り方に明確な基準はないが、1秒に120回振動する「120Hz」以下は「 低音域」、1秒に2,000回振動する「2kHz」以上は「 高音域」、その間は「 中音域」と呼ばれたりする。 この、 音域のバランスをどう設定するかに、各オーディオメーカーの特徴が出やすい。 それだけではないのだが、「どの帯域を強調しがちか?」というのは、わかりやすい特徴として語られやすい。 とは言え、 基本的にほとんどの高音質ヘッドホンは、どういうタイプの音楽でも聴けるように、バランス良く帯域を設定している。 (極端すぎるものはこの記事では紹介していない。 )ただ、微妙なところで差は出る。 個人的な印象では、 2万円以上のヘッドホンになると、わかりやすいグレードの違いはなくなって、好みに左右される部分が多くなる。 この記事では、2万超えの有線ヘッドホンとして、「Audio-technica(オーディオテクニカ)」「Sennheiser(ゼンハイザー)」「Beyerdynamic(ベイヤーナダイナミック)」の3種を紹介していくのだが、 オーディオテクニカ 低音、迫力重視 ゼンハイザー 中高音、清涼感重視 ベイヤーダイナミック 低音と高音、ドンシャリ感重視 という違いがざっくりとある。 (人によっては違ったふうに感じる場合もあるので、雑に区分けすると異論が出るだろうが。 ) 「聴覚」は個人差がわりと大きく、加齢によっても可聴域は変化していくので、「万人が感じる良い音」というのを数値などによって定義するのは難しい。 (だから高額なオーディオ機器はぼったくられるリスクも高い。 ) 一応この記事では、 金を無駄にすることのない鉄板の製品のみを紹介している。 ただ、好みや相性のファクターもそれなりに大きいことは留意して欲しい。 基本的に価格と性能は比例するが、 有線なら2万円台、無線なら3万円台のものが高音質ヘッドホンとして満足できる一つの基準で、それ以上の価格のものを求めても、かかる値段に対して得られる効用は低下していくと自分は考えている。 「密閉型」か「開放型」か? ヘッドホンには、「 密閉型(クローズ型)」と「 開放型(オープン型)」の違いがあって、これはけっこう大きな違い。 「 密閉型」は、音がこもりやすく、装着感が強いので長時間使うと疲れることがあるが、迫力や振動を感じやすい。 また、音漏れしにくいので、外でも使いやすい。 「 開放型」は、軽やかな装着感で、音が抜けていくので疲れにくい。 ただ、音漏れはめっちゃするので、基本的には室内で使う用だ。 密閉型 音がこもる 音漏れしにくい 開放型 音がぬける 音漏れしやすい どちらが良いかは、どういう意図でヘッドホンを使うのかによるだろう。 この記事で紹介しているヘッドホンで言えば、無線で使えるBluetoothヘッドホンはすべて「密閉型」だ。 有線ヘッドホンは、「Sennheiser(ゼンハイザー)」と「Beyerdynamic(ベイヤーナダイナミック)」が「開放型」で、それ以外はすべて「密閉型」。 密閉型だからと言ってすべて音がこもるわけではなく、なるべく疲れないような工夫はされているので、ものによっては全然快適に使える。 「有線」か「無線」か? ヘッドホンジャックに繋いで使う「有線」か、Bluetoothなどで接続する「無線」も、ヘッドホンを選ぶ上では重要な違いだ。 基本的に「有線」のほうが、同じ価格の「無線」と比べて音質は格段に良い。 有線のほうが比較的安い値段で高音質が楽しめる。 ただ、 近年の無線ヘッドホンの性能は凄まじく、3万円台ほどの製品は文句のない音質を誇る。 特に「Beats(ビーツ)」と「Bose(ボーズ)」という双璧をなすメーカーがあり、そこのBluetoothヘッドホンはかなりイカしてると思う。 (ソニーもいいけど。 ) 接続方法 音質(同価格) 価格(同音質) 有線 良い(比較的) 安い(比較的) 無線 悪い(比較的) 高い(比較的) 無線のほうが快適に使いやすいが、良い音を安価に楽しみたいなら有線のほうがいい。 どちらも一長一短だ。 前置きが長くなってしまったが、これからこの記事では、 前半に「おすすめの有線ヘッドホン」、 後半に「おすすめの無線ヘッドホン」を紹介していく。 おすすめの「有線ヘッドホン」を価格順に紹介 おすすめの「有線ヘッドホン」を、 価格の安い製品から順 に 紹介していく。 タイプ、音域、接続の方法などのスペックもまとめている。 スマホやPCについている 一般的なイヤホンジャックは「3. 5mmステレオミニプラグ(ステレオミニ音声入力端子)」のことで、これに対応しているならたいていの機材で使える。 5mmステレオミニプラグ(6. 3mm標準プラグ対応の変換プラグ付属) 「アルバナ」と呼ばれる「クリエイティブ・メディア社」のヘッドホンで、 「入門用高音質ヘッドホンの定番中の定番」と評価が高い。 他のヘッドホンに詳しい人に聞いても、安い製品ならとりあえずこれを薦められると思う。 5,000円という価格だが、性能は非常に良く、コストパフォーマンスは間違いなく最強だ。 普段からイヤホンを使っている人からすると、「 世界が変わる」レベルの音質を感じられるだろう。 ちゃんとしたヘッドホンを持っていない人にとって、価格ぶんの価値は絶対にある! これ一つ買うだけでヘッドホンのスゴさを体感できるぞ! 原音に忠実な聴き心地が意図されていて、アーティストが作った音をちゃんと再現してくれる。 ややアッサリめな感じで、低音はちゃんと聴こえるもののクリアに処理されている。 つけ心地の軽いヘッドホンで、音域の処理も長く聴いていても疲れにくい仕上がりなので、アニメや映画の視聴など、長時間の使用にも向いている。 まさしく万人向けと言える性能だ。 「安物買いの銭失い」には決してならない、自信を持って薦められる定番の製品。 「ちゃんとしたヘッドホンで音楽を聴いてみたい」と思った初心者や、高音質で音楽を聴きたいけどあまり予算がない、という人におすすめだ。 3mm標準、3. 5mmステレオミニプラグ、金メッキステレオ2ウェイ 「オーディオテクニカ」の「ATH」シリーズは、世界中で評価の高いプロ仕様のヘッドホンだ。 高音質ヘッドホンの中でも、間違いなく最も有名なシリーズの一つと言える。 音楽制作用のみならず、音楽鑑賞用として申し分のない性能を誇る。 「ATH-M20x」「ATH-M30x」「ATH-M40x」「ATH-M50x」「ATH-M70x」といったグレードがあるのだが、値段の目安としては、 ATH-M20x 約6,000円 ATH-M30x 約8,000円 ATH-M40x 約12,000円 ATH-M50x 約20,000円 ATH-M70x 約30,000円 といった感じだ。 個人的なおすすめは「ATH-M40x」か「ATH-M50x」のどちらかで、 特にこの「ATH-M40x」は最強のコストパフォーマンスを誇る。 米Amazonで最も人気のある高級ヘッドホンが「ATH-M50x」で、「ATH-M40x」はその廉価版という位置づけではあるが、 1万円とちょっとくらいの予算で、最高峰の音質を味わうことができる。 音楽制作用・スタジオレコーディング用ではなく、 純粋な音楽鑑賞用として使う用としても、「ATH-M40x」はコスパ的に最強なのでマジでおすすめだ。 (一応プロ仕様のモニターヘッドホンでもあるが。 ) 機体がそれほど重くないので、長時間の使用にも向いている。 迫力面では「ATH-M50x」にやや劣るが、音のクオリティは非常に高く、快適な使い心地が魅力。 ヘッドホンには、「モニター用(音を分析する)」と「リスニング用(音を楽しむ)」に分けられることがあって、たいていのヘッドホンはどちらの用途にも使えるが、この「ソニー MDR-CD900ST」は、 「モニター用ヘッドホンの定番」という位置づけで、音楽業界の人はみんな使っている。 完全に業務での用途を目的とした、音楽を仕事にしているプロフェッショナル用の製品。 ミュージシャンのMVなどを見てみると、多くの人がこれと同じヘッドホンをつけていることに気づくはずだ。 ざっくり説明するなら、音を楽しむ目的のリスニング用のヘッドホンは「全体としていい感じ」になるように作られているのに対して、分析するのが目的のモニター用ヘッドホンは「細部がよくわかる」ように作られている。 「作曲家を目指している人」「DTMer」「楽器を練習していて曲を分析したい人」は、このヘッドホンを持っておくといい。 日本のみならず、世界中のアーティストに使われているので、ソニーはスゴい。 注意点として、3. 5mmのステレオミニプラグに対応していないので、もし一般的なヘッドホンジャック(イヤホンジャック)で使うなら、 「ステレオ標準プラグ」から「ステレオミニプラグ」に変換するアダプターが必要だ。 というか、インピーダンスが高いこともあり、 基本的に「オーディオインターフェイス」と言われる音楽制作用の機材と一緒に使う。 3mm標準、3. 5mmステレオミニプラグ 世界的なシェアのあるドイツ製ヘッドホンで、「開放型」ヘッドホンなので、 つけ心地が良く、開放感のある音を味わえる。 「ゼンハイザー」のメーカーも、それぞれグレードがあり、 HD559 約12,000円 HD598 約23,000円 HD599 約26,000円 HD650 約46,000円 だいたいこんな感じ。 ゼンハイザー「のHD598」は、「プリン」という相性で親しまれた伝説の機体だが、今は生産が終了している。 だが、性能を引き継ぎながらも安価になり、デザインも黒く無難になっている この「HD598 SR」が 今は安く売られていて、非常におすすめ。 普通に考えたら2万円以上は確実にする機体だが、日本のAmazonでは(記事執筆時点では)18,000円以下で売られているので、 コストパフォーマンスはめちゃくちゃ高い。 2万円以下のヘッドホンの中では、間違いなく最もハイクオリティな製品の一つに入る。 先ほど紹介した「オーディオテクニカ」のシリーズとは、ある意味で対比的で、 密閉型で重低音の迫力がある「オーディオテクニカ」と比べ、この「ゼンハイザー」は、 抜け感のある、とても軽々とした聴き心地だ。 低音がドシャドシャ響くような ポップス、ロック、テクノ系よりも、 クラシック系の壮麗な音楽に似合うという印象が強いが、一応どのような音源にも対応している。 それぞれの音がクリアでバランスがとれているのはもちろん、迫力が失われるようなことがなく、心地よく高音質の音楽を聴き続けられるはずだ。 3mm標準、3. 5mmステレオミニプラグ、金メッキステレオ2ウェイ 先ほど、オーディオテクニカの「ATH-M40x」を紹介したが、その一つ上のバージョンがこの「ATH-M50x」で、 世界的に人気の傑作ヘッドホン。 音の迫力、豪華さ、繊細さにマジで感動するレベル。 スタジオレコーディング・モニタリング用のヘッドホンとしても、 多くのプロに使われている機種。 アメリカのDJ、EDMer、マスタリングエンジニアなんかがよく使っているイメージだ。 重さが285gあり、 けっこうガッツリした装着感。 女性からすると重くて嫌だと思う人がいるかもしれないが、丈夫でホールド感が強く、遮音性がしっかりしているというメリットも大きい。 肝心の聴き心地は「文句なしに完璧」。 重々しい見た目だが繊細さも併せ持つ。 特に低音の表現力が素晴らしく、バスドラム、ベース、コントラバスなど、低音楽器のニュアンスがとてもわかりやすい。 中帯域の楽器の重なりもしっかりわかり、リズム楽器の輪郭もしっかりしている。 これだけ音がクッキリしているのに、迫力がめっちゃあるという、奇跡のような傑作。 人気になるだけの理由はちゃんとある。 アメリカなどの国ではトップティアだが、日本ではそれほどの知名度はないかも。 もちろん素晴らしいヘッドホンであることは間違いない。 5mmステレオミニプラグ、6. 5mm標準アダプター(付属) ドイツの老舗ヘッドホンブランド「ベイヤーダイナミック」のシリーズで、世界的に評価の高い製品の一つ。 高級ヘッドホンの中でも、音がクッキリ聴こえる系で、 いわゆる「ドンシャリ」と言われるような、低音と高音の差が強調された味付けだ。 耳があまり肥えていない人でも、「めっちゃ気持ちいい音!」とすぐに感じるくらい、 わかりやすく切れ味の良いサウンド。 ただ、格安のイヤホンやヘッドホンのような「安っぽいドンシャリ」ではなく、爽快感と美しさが両立された音で、使ってみれば高級ヘッドホンのスゴさを実感できるだろう。 モニタリング用のヘッドホンとして使用されることもあり、細かい音までクリアに聴こえる精密さも合わせもっている。 値段ぶんのクオリティは間違いなくある。 わりと極端なくらい低音と高音がシャープに強調されていて、高級ヘッドホンの中ではけっこうクセのあるタイプだと思う。 ただ、「すごく良い音に聴こえる」というのは間違いない。 特にポップス系の曲を聴く上では、癖になるようなワンランク上の音質に感じるだろう。 ドンシャリ感が強いが、どこか暖かみを感じるような優しい感じもあって、この機種が長く愛されている理由がわかる。 映画やアニメなどを見るときに使っても不思議と違和感を感じることは少ないので、かなり綿密にバランス調整がされていると思う。 注意点として、インピーダンスが高いので、基本的に「ヘッドホンアンプ」か「オーディオインターフェイス」を使うことになる。 普通のヘッドホンジャックに挿してもポテンシャルを発揮できない。 ここらへんの詳しい説明は省くが、必要な機材を持っていない人にとっては、ややハードルが高いと思う。 音の傾向としては「初心者にもわかりやすく良い音」なのだけどね。 3mm標準、3. 5mmステレオミニプラグ 「ゼンハイザー」製の中でも特におすすめできるモデルで、「オープン型高音質ヘッドホン」として間違いのないクオリティ。 伝説の機体「ゼンハイザー 598」がアップグレードされ、デザインや装着感はよりシンプルに、 高音域、中音域、低音域の、どの帯域も音の機微がクリアに聞き取れながらも、 煩わしさの一切ないとてもクリアな聴き心地。 オープン型のヘッドホンなので、遮音性は考えられておらず、音漏れはするので、外での使用はあまり考慮されていない。 家の中でじっくり音楽を楽しみたい人に最もおすすめのヘッドホン。 部屋で一人でじっくり音楽を聴く目的なら、下手にオーディオ設備を整えようとするより、このヘッドホンを一つ持っておけばそれだけで良質な音楽環境を構築できる。 「ゼンハイザー」系の特徴として、低音がドシドシ響く系の音楽よりも、クラシックや映画鑑賞などに向いている。 しかし、 音域自体はバランス良く整えられているので、どんなタイプの音でもしっかり聞くことができるだろう。 一流の評判に恥じない名機なので、安くはないがお金を無駄にすることには絶対にならない。 4mmのバランス標準プラグ 通常の試聴では不可能なハイレゾ音源を追求していて、つけ心地はとても良い。 ソニーの技術の粋を集めた最新のヘッドホン。 スペックはかなりスゴい。 ハイレゾ音源を推しているソニーの最新機種で、ハイレゾについては上で批判したが、詳しくはソニー公式サイトの「」などを読んでほしい。 最大の技術力をつぎ込んで「高音質」を追求しているという感じだが、音の情報量が多くなればなるほど良い音に聴こえるとは限らない。 スペックを追求するのと良い音楽体験を追求するのとは、必ずしも一致しない。 「バランス接続」にも対応しているのだが、これを使うためにはヘッドホンのみならず、バランス接続対応のヘッドホンアンプなどの機材が必要で、そこまでやるメリットがあるのかは疑問。 先ほど紹介してきた他の2万円台の低いヘッドホンのほうが、スマホやPCに挿してすぐに使えるし、音質も心地よく感じることが多いかもしれない。 5mmのミニステレオプラグや6. 3mmの標準ステレオプラグに対応しておらず、「4. 4mmのバランス標準プラグ」での接続になっている。 ちなみに「ウォークマン」の「NW-ZX300シリーズ」などがこのプラグに対応している。 「Spotify」「iTunes」「YouTube」などの音源を普通に聴くぶんにはハイレゾの恩恵は受けられない。 マニアックな手間を音楽にかけられる人向け。 熱心なソニーユーザー以外にとっては不便であることは否めない。 素晴らしい製品ではあるが、万人には使えないだろう。 ただ、ソニーの独自性のある試みは応援したいし、気になった人はより詳しくチェックしてほしい。 3mmステレオプラグ、4. 4mm Pentaconn バランス 、3. 5mm変換アダプター(付属品) 4,5万円台を超えるようなヘッドホンは、常識的な枠を超えているし、自分も確信を持って聴き比べられるわけではないので、基本的に紹介するつもりはない。 ただ、 超高級レベルのヘッドホンで個人的なおすすめを一つだけ挙げるなら、この「ゼンハイザー HD660 S」を選ぶ。 HD650の後継モデルだが、(執筆時点では)Amazonの価格で54,000円と、 このスペックにしては驚くほど安い。 今後値上げされる可能性も十分にあると思う。 プラグはハイレゾ用の4. 4mmプラグと、6. 3mmのステレオ標準プラグだが、普通のヘッドホンジャックに挿せるように3. 5mmの変換アダプターもついてきて、親切心を感じさせる。 (インピーダンスは高いので、基本的に「ヘッドホンアンプ」を使うことを推奨。 ) 音楽のみならず、映画やアニメやゲームなど、室内リスニングで使うぶんには、汎用性がかなり高い。 Amazonでの購入でも2年間の保証があり、当然ながらそう簡単には壊れないほど耐久性があるので、 この製品のレベルならオーディオに詳しくない人でも値段ぶんの価値は回収しやすいと思う。 これ以上のレベルになると、耳を鍛えている人でないと良さの違いがわからないと思うし、 音源の形式や、デジタル音源であることの限界に突き当たっているような状況だと思う。 オーディオ沼にハマるつもりはなく、マニアックな感情を抜きにして、純粋に感動するくらい良い音質で音楽を聴きたい初心者であれば、上で紹介した2、3万円台のヘッドホンがちょうど良い価格かもしれない。 高給ヘッドホンのエントリーモデルという位置づけで、無線なのに本格派な仕上がり。 コンパクトなので持ち運びがしやすく、密閉型で音漏れも(無いわけではないが)比較的少ないので、通学、通勤用のヘッドホンとして使えなくもない。 かなり工夫された作りで、 格安の無線ヘッドホンながらも、ちゃんと低音のアタック感がしっかり強調された迫力のある音を聴けるようになっている。 ただ、音のクリアさには欠けるし、高音はやや耳障りな感じがするかもしれない。 コストパフォーマンスは非常に高く、安い値段のBluetooth対応ヘッドホンを探している人は検討してみる価値があるだろう。 「中華ヘッドホン」もそれなりの性能になってきていて、Amazonの返品・修理対応などが素晴らしいと話題になった。 (壊れたと連絡すると新品がすぐに送られてくるらしい。 ) スペックだけで見るなら最強クラス。 「ノイズキャンセリング機能」という、外部ノイズを逆位相の信号で打ち消して、不快な音をシャットアウトする機能を持つ。 イヤーカップの内側にマイクがついていて、オンライン通話用のヘッドホンとしても使える。 無線接続で、電池が長持ちし、通話機能があり、ノイズキャンセリングもついてこの値段は驚異的。 最新技術が詰まったコスパ抜群の高機能ヘッドホンと言えるだろう。 ただ、音質に関して言えば、有線で5,000円程度のヘッドホンのほうがずっと良いので、 何を求めるかによって評価は変わってくる。 2014年にアップル社に買収されたので、 アップル製品と相性が良い。 iPhoneやMacBookなどを使っている人にはおすすめ。 特にこの「Beats Solo3」は、 ワイヤレスヘッドホンとしては世界一人気と言っても過言ではないくらいの名機。 音質が良く、バッテリーが長持ちし、iPhoneと連動しての通話や音楽再生のコントロールがとてもやりやすい。 デザイン性がものすごく高く評価されていて、高級ヘッドホンにしては異常なくらいカラーバリエーションが豊富。 意外と日本では使っている人が少ないが、 世界中のイカしたやつら使いたがるオシャレヘッドホンだ。 光沢感のあるポップさと、厚みのある生地の高級感が絶妙に組み合わさって、 他のメーカーでは実現できないカッコよさがある。 (Appleが買収したのも納得だ。 ) デザインの種類によって価格がけっこう変わるので注意。 前作のほうが相対的に価格が安くなっているのでお買い得なのだが、最新版はこちらで、 ノイズキャンセリング機能が必要ならこの「Beats Stuido3 Wireless」を選ぼう。 周囲のノイズを正確に感知して適切に遮断し最適な音質を維持し続けるので、 外出時に使う上では最強の性能。 クッション性のある素材で装着感はとても快適。 音質はワイヤレスの中では最高クラスで、クセのないクリアめな音質。 ヘッドホンのつけ心地とも相まって、 最先端の音楽体験が可能になる。 世界中に熱狂的なファンを持つオサレヘッドホンの最高峰。 周囲の不快な音を遮断する「ノイズキャンセリング機能」• 音楽を聴きながら周囲の音がちゃんと聴こえるようになる「外音取り込み機能」• ヘッドホンを外さず周囲の音を聴ける「クイックアテンションモード」• 装着性と気密性が抜群ながらも、長時間付けても不快にならないイヤーパッド• 重くない機体にも関わらず、最大30時間連続再生が可能なバッテリー などなど、決して安くはないが、 外出用のヘッドホンとしてこれ以上のものが見つからないくらいのスペックだ。 高性能ヘッドホンマニアも納得の一品。 十分に音質が良いので、外で使うのみならず、室内で使っても満足できる。 有線ではなく無線で接続できるので、 便利さで言えば他の高級ヘッドホンよりも秀でた部分はたくさんあるだろう。 無線接続で可能な音質の限界を追求している。 ガチガチに技術志向のメーカーだが、プロダクトデザインも優れていて、オタクくささのようなものはそれほどない。 ワイヤレスヘッドホンである「QuietComfort 35」は、特にノイズキャンセリング機能に力を入れていて、「Beats(ビーツ)」や「SONY(ソニー)」とよく比較される。 ちなみに、 世界で初めてノイズキャンセリング機能のある製品を販売したのは「Bose」だ。 ノイズキャンセリング、音質ともに、業界最高峰の技術力とプロダクト力。 「ノイズキャンセリング」の性能が特に高く、自分は「仕事を集中する用」として使っている。 周囲の雑音や物音が聴こえなくなるし、ヘッドホンの圧迫感が没入感をもたらしてくれるので、「集中しやすくなるヘッドホン」とも言える。 他のノイズキャンセリングと比較しても、価格はやや高いが、装着性にとてもこだわりがあって、長時間つけていても疲れることがない。 「娯楽用」「外出用」としての用途とともに、 「仕事用」としても使える高品質ヘッドホンだ。 価格が高いぶん「これ一つ買えばヘッドホンはもう大丈夫」なので、毎日頻繁に使うのであれば確実にもとは取れるだろう。 有線用のプラグがついてくるので、 普通に「有線ヘッドホン」として使用することも可能。 様々な観点から、強くおすすめできる一押しの製品。

次の