騎士 竜 戦隊 リュウ ソウ ジャー ナダ。 騎士竜戦隊リュウソウジャー:ファイナルライブツアーに“ナダ”長田成哉が出演 キラメイジャーもショーに参戦

【騎士竜戦隊リュウソウジャー】第33話 「新たな刺客」感想

騎士 竜 戦隊 リュウ ソウ ジャー ナダ

リュウソウジャーは騎士竜たちとともに、エラスとの最終決戦に挑む。 眠らせた人々のエネルギーを吸い取り、地球を創り直そうとするエラス。 リュウソウジャーは、吹っ飛ばされボロボロになりながらも、みんなで笑い合える未来を取り戻すため果敢に立ち向かう。 そしてついに、コウ(一ノ瀬颯)が騎士竜たちのパワーと想いを込めたリュウソウカリバーをエラスに突き立てる。 しかし、エラスを完全に倒す前に、リュウソウカリバーが折れてしまう。 リュウソウジャーは騎士竜たちのパワーがなくなったため変身することができず、コウは生命エネルギーをエラスに取り込まれてしまう。 コウを失ったメルト(綱啓永)、アスナ(尾碕真花)、トワ(小原唯和)、バンバ(岸田タツヤ)、カナロ(兵頭功海)は怒りと悲しみをたぎらせ立ち上がり、かすかに残った騎士竜の力により変身。 最後のリュウソウチェンジでエラスに立ち向かう。 一方、エラスに取り込まれたコウは、ずっと一人で生きてきたエラスと対話する。 エラスのように永遠に生きられないからこそ、失敗しても立ち上がり、最後に笑えるように未来を目指していく。 そして未来に生命を、笑顔を繋いでいくのだ。 コウとメルトたちはソウルをひとつにして、ついにエラスを倒す。 エラスが消えた場所には、メルトがエラスの中に落としたリュウソウルが残っていた。 メルトたち5人は、リュウソウルに手を伸ばしエラスに吸収されていたコウを連れ戻す。 コウたちは、騎士竜の眠る場所にリュウソウケンとモサチェンジャーを奉納。 それぞれのやりたかったことに向かって歩き始める。 そして後日、うい(金城茉奈)の帰国を祝って、再び6人が集結。 そこにはリュウソウジャーが守った笑顔があふれていた。

次の

騎士竜戦隊リュウソウジャー:ファイナルライブツアーに“ナダ”長田成哉が出演 キラメイジャーもショーに参戦

騎士 竜 戦隊 リュウ ソウ ジャー ナダ

ナダが自分の選択を後悔していると知ったトワは、ガイソーグに飲み込まれるくらいならナダは死を選ぶのではないかと心配する。 コウたちは、ナダを救う方法を考える。 そんな中、突然七色の雨が降る。 ジャックオーランタンマイナソーが降らせる七色の雨に打たれた人々は、憎しみに支配され争ってしまうのだった。 リュウソウジャーはマイナソーに応戦。 そこにガイソーグが現れ強さを求めてリュウソウジャーを攻撃する。 誰もが、もうナダを倒すしかないと考える中、トワはドッシンソウルを使ってガイソーグを殴る。 強さを求めて次々と体を乗り換えてたきた鎧は、ナダの体が弱れば次の体を求めて離れるはずだ。 コウは、ナダを救うため、ガイソーグの怨念を自分に乗り移らせようとする。 鎧からコウを守りながら、バンバは逃げずに戦えとナダに訴えかける。 そして鎧から流れ込んできた記憶によりナダの思いを知ったコウは、ナダもリュウソウジャーだと認める。 その言葉にナダが目を覚ます。 マイナソーにガイソーグの憎しみを吸い取らせ鎧を跳ね返したコウは、天空を駆けるキシリュウオージェットでマイナソーを撃破。 騎士としてのソウルを取り戻したナダは、ガイソーグを自由自在に操れるようになったのだった。 今回登場したマイナソーは、ジャックオーランタンマイナソー。 飴をばらまいて暗雲を生み出すと、ニクイー!と鳴きながら七色の雨を降らせました。 この雨を浴びた人々は憎しみに支配され、争いを始めてしまうのでした。 今回は人間ではなく虐げられた「ドルン兵」の不満のマイナス感情から誕生したマイナソー。 飴ビームを発射して人間から憎しみを吸収することができる。 ハロウィンブレラで雲の上まで飛び上がり、悠々とひなたぼっこをするのが好きなよう。 今回、ティラミーゴとプテラードンがソウルをひとつにして誕生する、伝説のドラゴンのような特殊な合体騎士竜「プティラミーゴ」が登場! スカイスキルに秀で、クールな翼を広げて大空を駆け抜ける。 暴君竜のパワーと翼竜のスピードを兼ね備え、頭上からの超速キック戦術が得意。 荒々しいアクロバット飛行の戦闘タスクに対応している。 そして、ティラミーゴ、パキガルー、チビガルー、プテラードンの4体の騎士竜が竜装合体しレッドリュウソウルを頭部に冠する、天空の王たるナイトロボ「キシリュウオージェット」も完成。 両手にナイトグローブ、背中にナイトエッジを装備し、ダイナミックな拳技で敵を打ちのめす。 ジェット気流パンチや、乱気流キックなどで格闘し、必殺の一撃キシリュウオーブリザードインフェルノでマイナソーを塵としました! ということで、今回はナダがガイソーグから解放された回! 相変わらず振り回されるクレオンが不憫過ぎますが、将来的にマイナスエネルギーが溜まってボスを生み出すみたいな展開もワンチャンあったりして? 今回はドルン兵からマイナソーが生み出されましたが、ガイソーグの憎しみを吸い取らせる見え見えの舞台装置な感じでなんだかなぁ〜って感じでした。 それと、相変わらずいじられキャラのメルトの扱いが酷いですね。 マイナソーの影響とはいえ、今回はオトにまであんなに罵倒されるなんて。 そんなメルトもティラミーゴに対しては扱いは酷いので自業自得といえばそれまでですが。 その、空気を読まないティラミーゴやピーたんのギャグやら古臭いネタなども合わさって仲間内ですらギスギスしてますね…。 でもって、ナダの想いとして誰よりもリュウソウ族の誇りを持っていると言われますがコウが説明するだけで明確な描写が無いので説得力に欠けます。 コウがリュウソウジャーだと認める展開も無理があるんですよね。 せめてナダに騎士竜がいれば別だったんだろうけど。 要は勢い任せで薄っぺらいのですよ。 本来なら闇落ちした仲間が盛大に復活という王道展開のはずですが、リュウソウジャーに関してはここまでの積み重ねが平坦だったためその盛り上がりにも欠けるし説得力にも足りなさがあるような気がしました。 それとジャックオーランタンマイナソーを出してハロウィンっぽさを出していたならオチもハロウィンっぽくするとかもできそうなのに何故ガイソーグの格好で龍井家を脅かすなんて展開にしたのか? コウたちだけならまだしも龍井家は一応一般人寄りだと思うのになぁ。 今回、唯一褒められるのは上堀内佳寿也監督のカメラの魅せ方くらいだったと思いました! 次回は『第33話「新たな刺客」』 次回の放送は11月10日 日 新幹部のウデンが登場するみたいですが、ワイズルーとガチレウスもまともに扱えないのに大丈夫かな?あとまたレッドが強化?.

次の

☆【騎士竜戦隊リュウソウジャー】感想記事32『第32話「憎悪の雨が止む時」』

騎士 竜 戦隊 リュウ ソウ ジャー ナダ

ナダが自分の選択を後悔していると知ったトワは、ガイソーグに飲み込まれるくらいならナダは死を選ぶのではないかと心配する。 コウたちは、ナダを救う方法を考える。 そんな中、突然七色の雨が降る。 ジャックオーランタンマイナソーが降らせる七色の雨に打たれた人々は、憎しみに支配され争ってしまうのだった。 リュウソウジャーはマイナソーに応戦。 そこにガイソーグが現れ強さを求めてリュウソウジャーを攻撃する。 誰もが、もうナダを倒すしかないと考える中、トワはドッシンソウルを使ってガイソーグを殴る。 強さを求めて次々と体を乗り換えてたきた鎧は、ナダの体が弱れば次の体を求めて離れるはずだ。 コウは、ナダを救うため、ガイソーグの怨念を自分に乗り移らせようとする。 鎧からコウを守りながら、バンバは逃げずに戦えとナダに訴えかける。 そして鎧から流れ込んできた記憶によりナダの思いを知ったコウは、ナダもリュウソウジャーだと認める。 その言葉にナダが目を覚ます。 マイナソーにガイソーグの憎しみを吸い取らせ鎧を跳ね返したコウは、天空を駆けるキシリュウオージェットでマイナソーを撃破。 騎士としてのソウルを取り戻したナダは、ガイソーグを自由自在に操れるようになったのだった。 今回登場したマイナソーは、ジャックオーランタンマイナソー。 飴をばらまいて暗雲を生み出すと、ニクイー!と鳴きながら七色の雨を降らせました。 この雨を浴びた人々は憎しみに支配され、争いを始めてしまうのでした。 今回は人間ではなく虐げられた「ドルン兵」の不満のマイナス感情から誕生したマイナソー。 飴ビームを発射して人間から憎しみを吸収することができる。 ハロウィンブレラで雲の上まで飛び上がり、悠々とひなたぼっこをするのが好きなよう。 今回、ティラミーゴとプテラードンがソウルをひとつにして誕生する、伝説のドラゴンのような特殊な合体騎士竜「プティラミーゴ」が登場! スカイスキルに秀で、クールな翼を広げて大空を駆け抜ける。 暴君竜のパワーと翼竜のスピードを兼ね備え、頭上からの超速キック戦術が得意。 荒々しいアクロバット飛行の戦闘タスクに対応している。 そして、ティラミーゴ、パキガルー、チビガルー、プテラードンの4体の騎士竜が竜装合体しレッドリュウソウルを頭部に冠する、天空の王たるナイトロボ「キシリュウオージェット」も完成。 両手にナイトグローブ、背中にナイトエッジを装備し、ダイナミックな拳技で敵を打ちのめす。 ジェット気流パンチや、乱気流キックなどで格闘し、必殺の一撃キシリュウオーブリザードインフェルノでマイナソーを塵としました! ということで、今回はナダがガイソーグから解放された回! 相変わらず振り回されるクレオンが不憫過ぎますが、将来的にマイナスエネルギーが溜まってボスを生み出すみたいな展開もワンチャンあったりして? 今回はドルン兵からマイナソーが生み出されましたが、ガイソーグの憎しみを吸い取らせる見え見えの舞台装置な感じでなんだかなぁ〜って感じでした。 それと、相変わらずいじられキャラのメルトの扱いが酷いですね。 マイナソーの影響とはいえ、今回はオトにまであんなに罵倒されるなんて。 そんなメルトもティラミーゴに対しては扱いは酷いので自業自得といえばそれまでですが。 その、空気を読まないティラミーゴやピーたんのギャグやら古臭いネタなども合わさって仲間内ですらギスギスしてますね…。 でもって、ナダの想いとして誰よりもリュウソウ族の誇りを持っていると言われますがコウが説明するだけで明確な描写が無いので説得力に欠けます。 コウがリュウソウジャーだと認める展開も無理があるんですよね。 せめてナダに騎士竜がいれば別だったんだろうけど。 要は勢い任せで薄っぺらいのですよ。 本来なら闇落ちした仲間が盛大に復活という王道展開のはずですが、リュウソウジャーに関してはここまでの積み重ねが平坦だったためその盛り上がりにも欠けるし説得力にも足りなさがあるような気がしました。 それとジャックオーランタンマイナソーを出してハロウィンっぽさを出していたならオチもハロウィンっぽくするとかもできそうなのに何故ガイソーグの格好で龍井家を脅かすなんて展開にしたのか? コウたちだけならまだしも龍井家は一応一般人寄りだと思うのになぁ。 今回、唯一褒められるのは上堀内佳寿也監督のカメラの魅せ方くらいだったと思いました! 次回は『第33話「新たな刺客」』 次回の放送は11月10日 日 新幹部のウデンが登場するみたいですが、ワイズルーとガチレウスもまともに扱えないのに大丈夫かな?あとまたレッドが強化?.

次の