法事 の お金。 お葬式と法事で違う?香典の金額相場を知ろう

法事の香典のお金や香典袋の知識。法事や香典のマナーを抑えよう!|終活ねっとのお坊さん

法事 の お金

法事は、親族同士が集まって故人の安寧を願う場所 法事には、2つの意味があります。 ひとつは、定期的に家族や親族が集まって、故人の安寧を祈ります。 もうひとつは、この世に生きているもの同士がお互いのつながりを再確認します。 みんなで亡くなった人を供養することで死者と自分のつながっていることを感じられますし、死者や先祖を介することでいま生きている者同士、血縁や親縁のつながりがより強くなります。 法事は、素晴らしい死者供養の文化なのです。 供養は33回忌で完成する 最近では省略することも多々あるのですが、法事は本来は次のように行われます。 追善法要 中陰法要) 初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、四十九日法要 「追善」とはあとを追って善徳を積むという意味です。 仏教では、死後四十九日を経て(この期間を「中陰」と呼ぶ)来世の生まれ変わる世界が決まると言われています。 遺された家族は法要を営むことで善徳を積み、死者が来世でよい世界に生まれ変わることを願ったのです。 最近では、省略することが多く、初七日法要は葬儀当日に行い、次は四十九日法要というケースがほとんどでしょう。 年忌法要 百か日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌、三十三回忌法要 インドでは四十九日の中陰を終えることで、新たな生を受けると考えられています。 これが中国に伝わると、十王信仰に基づいて、冥界の10人の王の裁きを受けなければないらない。 インド式の四十九日までの法要に、百か日、一周忌、三回忌まで付け足したのが中国の法要です。 また、これが日本に入って来ると、十三仏信仰となり、法要は33年まで続いていくことになるのです。 最近では、親戚が集まるのは7回忌くらいまでで、その後は家族だけで執り行う傾向になっています。 33年を超えたら供養が完成する 33回忌(50回忌の地域もあります)を「問い切り」や「弔い上げ」などと呼びます。 これは、家々で祀ってきた個別の祖霊の供養が完成することを意味し、以降は村の山や森に還っていくと信じられており、神社で氏神として祀られてきます。 自宅で祀る位牌も、先祖代々の位牌を用意して、個別の位牌は寺院に引き取ってもらいます。 法事には手ぶらで行くべきでない理由 法事に参列する時にはなにかしらのお供え物を持参しましょう。 お金を包んだ「御仏前」がよいでしょう。 また、それに添えてお花や菓子折りやお線香などのお供え物を持って行くとより丁寧でしょう。 故人様を偲ぶために法事に参列するだけで、充分供養の想いは表現されています。 その上で、御仏前やお供え物という目に見える形を差し出すことで、みなさんの想いはより分かりやすく施主や遺族に届くことでしょう。 中には、施主側から御仏前やお供え物を断る場面も見かけますが、お供えは、差し出す側の想いや気持ちの込められたものです。 御仏前やお供え物のやりとりがある方が、お互いのつながりをより豊かに感じられるものではないでしょうか。 法事では「御霊前」ではなく「御仏前」 法事に金品を差し出す時には袋の表に「御仏前」と書くのが一般的です。 その他「御香典」「御香料」「御供料」などでも構いません。 「御霊前」と「御仏前」の違い 葬儀の時には「御霊前」と書き、法事では「御仏前」と書くのには訳があります。 これは、四十九日を経て「霊」が「仏」となったと考えられるからです。 浄土真宗のように、亡くなってすぐに仏になると考える宗派では、葬儀の時に「御仏前」を用います。 葬儀は薄墨、法事は黒墨 不祝儀袋やのし紙には表書きを書きますが、葬儀では薄墨、法事では黒い墨で筆書きします。 葬儀で薄墨が用いられるのは、悲しみの涙で墨がにじんでしまうことを表現するために用いられています。 ですから、法事の時は濃い黒墨で表書きを書きましょう。 細かい部分は宗派や地域性によって異なることもあるため、詳しくは近くの葬儀社などに相談してみましょう。 法事の御仏前の金額相場 法事の御仏前にいくらくらい包めばいいのか分からないという人もたくさんおられるでしょう。 親戚同士の関係性やつきあいの深さなどによって変わってくるので一概には言えないのですが、一般的な相場をまとめてみました。 故人様から見て、あなたが身内や親族の場合 (法要後の会食がない場合)10,000円〜30,000円 (法要後の会食がある場合)20,000円〜50,000円• 故人様から見て、あなたが友人・知人の場合 (法要後の会食がない場合)5,000円〜10,000円 (法要後の会食がある場合)10,000円〜30,000円 気をつけなければならないのは、会食がある場合です。 施主側は参列者ひとりひとりに料理を用意します。 さらには、引き物(施主から参列者へのお返し)を準備して、1世帯にひとつずつ用意するのです。 ですから、御仏前の金額が、施主の負担を下回らないように気をつけましょう。 これはあくまでも目安ですが、料理の相場は1人あたり5,000円。 引き物の相場は1人あたり3,000円程度でしょう。

次の

法事とは? 法事の種類・準備・服装・香典・マナーについて

法事 の お金

親族が亡くなった際、その後の一連の法事・法要で、お坊さんにお布施(おふせ:謝礼・寄付のこと)を渡す機会も増えてきます。 ただ、お布施は「どのような袋を用い、どのように表書きや裏書きを書けばいいのかよくわからない」という声をよく聞きます。 昔のように、お坊さんとの深いお付き合いが少なくなってきたり、親が亡くなったりして、誰に聞けばよいのかわからない人も多いからです。 また、身内の法事・法要は、月参りなどの定期供養を除き、多くの人にとってそれほど多く経験する行事ではありません。 そうしたことから、お坊さんへ渡すお布施袋の書き方や渡し方の作法についても、未経験の人も多いのです。 法事・法要で使用するお布施袋については、「適した袋の選び方」「表・裏面の正しい書き方」の最低限のマナーを知っていれば、問題ありません。 初めてでも、お坊さんとの関係を良好に保て、法要を進めることができます。 今回は、法事・法要で、「お坊さんに渡す、お布施袋の選び方や書き方のマナー」について解説します。 1、お布施袋はどんなものを使えばいいのか? 1-1、お布施の本来の目的とは? お布施の一番の目的は、お坊さんへの感謝とお礼を伝えることです。 また、実質お布施とは寺院への寄付金であり、檀家(だんか)さんが属する檀那(だんな)寺を経済的にサポートすることを意味します。 一方、仏教的には信者であるあなたが欲を差し出す「修行」のひとつとされています。 修行のため財産を差し出して、我欲を捨てることがもともとのお布施の意味です。 そのため、お布施は本来あまり形式にこだわった、仰々しく豪華な袋である必要はありません。 また、葬儀やお通夜などの弔事で遺族に渡す御香典や御仏前とは意味合いが違います。 お布施は遺族に対するお悔やみの金品ではありません。 したがって、原則的には水引のついた不祝儀袋を使わなくてもよいとされています。 逆に簡易な袋を使用したからといって、お坊さんに対して失礼になることはほとんどありません。 ただ、現実には、仏事の種類や地域・宗派の違いなどにより、お布施袋にもいろいろなタイプのものが使用されています。 お布施袋のタイプや中袋の有無などによって、若干書き方も違ってきます。 以下ではそのお布施袋の4つのタイプについてみていきます。 それぞれ地域や宗派また、仏事の種類によって使われ方が違います。 あなたの状況に適したお布施のタイプを選びます。 ただ、どんな仏事でも共通して使えるお布施袋もあるので、あまり神経質になる必要はありません。 タイプ1:水引なしの無地に「御布施」と書かれたお布施袋 タイプ1のお布施袋は、水引が付いておらず「御布施」と印刷された市販の袋です。 または、無地の封筒に自分で「御布施」と墨で書いてもかまいません。 いずれも水引はなしです。 このタイプはどのような仏事でも使える万能お布施袋です。 どんなお布施袋がよいか迷ったらこのタイプ1を選べば問題ありません。 安価な単純封筒タイプのものと、少し高級感があって見栄えのする、折って使用する多当折りタイプ(中袋付き)のものがあります。 多当折りタイプの中にも、無地のものと装飾柄付きのものがあります。 また、多当折りタイプのお布施袋は、3万円~10万円以上を包む場合に適しています。 無地より装飾柄付きのほうが少し高級感があります。 こうしたタイプ1のお布施袋は、宗派を問わずあらゆる仏事で使えますので最も無難です。 私はいつもこのタイプ1のお布施袋を使っています。 アマゾンや楽天で注文すれば翌日届くので便利です。 ただ、地域によってはあるいは宗派によっては、水引のついた不祝儀袋を使う場合もあり、次に解説します。 タイプ2:黒白の水引がついた不祝儀袋 黒白の水引がついた不祝儀袋は、一般的には通夜・葬儀での香典や、その後の仏事での遺族への御仏前を包む際に用います。 また、地域によっては次の写真のように、お布施を包む際に用いられることがあります。 あなたが檀家さんであれば、檀那寺のお坊さんに一度確認してみると安心です。 檀家さんでない場合は、タイプ1のお布施袋で問題ありません。 タイプ3:黃白の水引がついた不祝儀袋 黃白の水引がついた不祝儀袋は主に関西地方で用いられます。 一周忌以降の仏事で、遺族に渡す御仏前を包む場合や、お坊さんに渡すお布施袋として用いられることが多いです。 私の実家は大阪なので、かつて法事の時はこうした黄白のお布施袋を使っていた記憶がありますが、現在では水引なしの袋を使用しています。 宗派により違いがあり心配な人は、檀那寺のお坊さんや実際にお布施を渡す予定のお坊さんに一度確認してみるのが確実です。 お坊さんに聞けなかったり、どうしたらよいか迷ったりしたら、タイプ1の水引なしのお布施袋を選んでおけば無難です。 地域により、お坊さんに渡すお布施や戒名料を包む際にも用いられることがあります。 寺院の格式が高くお布施金額も相当料を要求される場合などは、このタイプ4の双銀の水引がついたお布施袋を使用する例が多いです。 金額がそれほど高額でない場合(5万円以下)は、先述のタイプ1~3を使用します。 なお、浄土真宗の一部では、仏壇を買ったときの入仏供養と、お墓を作った時の供養で使用するお布施袋には、紅白の水引のついたお布施袋を渡す場合もあります。 浄土真宗の人は、そうした法要の際、一度菩提寺に確認してみることをお勧めします。 次に、お布施袋の書き方について解説します。 2、お布施袋の書き方、お金を入れる向き 2-1、お布施の表面の書き方 お布施袋の表書きですが、どのタイプのお布施袋でも共通して、漢字で上部に「御布施」と書きます。 または、市販の「御布施」と印刷されたお布施袋を使用します。 お布施以外に、交通費であるお車料や、宴席代であるお膳料を渡す場合は、それぞれ「御車料」「御膳料」と記してください。 そして、それぞれの袋の下部には、「名字のみ(例:鈴木)」または「フルネーム(例:鈴木一郎)」と書きます。 中袋のない単純封筒タイプのお布施袋の場合は、裏面に、「住所、氏名、電話番号、金額」を書いておけば、よりていねいです。 お布施はお坊さんに対する労働対価ではありませんので、本来は金額を書く必要はないとされています。 しかし、寺院の記録や経理・税務上、「書いてあった方が都合がよい」とお坊さんから聞きます。 そのため、書いておいたほうがより親切です。 なお、省略する場合は、住所などは書かずに金額のみでもオッケーです。 こうしたタイプの場合は、外包みの裏面ではなく中袋に書きます。 中袋の一般的な書き方は、表面に金額、裏面に住所・氏名・電話番号などを書きます。 次の写真のようになります。 さらに数字の頭に「金~」、最後に「~圓也」を入れます。 そして、うす墨(薄い墨)ではなく濃墨(普通の真っ黒な墨)を使用します。 葬儀などお悔やみ事・弔事では、親族に渡すお香典はうす墨で書く習慣があります。 ただ、お坊さんに渡す、お悔やみ事でないお礼としてのお布施は、普通の真っ黒な墨で問題ありません。 葬儀など急な弔事では、墨をゆっくり磨る時間がなく、薄い墨のまま急いで書いて駆けつける、ということが薄墨の由来です。 したがって、お布施は、お坊さんに対してしっかり準備しましたということを示すために濃墨が良いとされています。 このときに使用する筆は、市販の筆ペンが便利です。 なお、筆ペンには濃墨用とうす墨用があるので間違えないようにしてください。 最近は、サインペンの感覚で書ける筆ペンもあります。 ちなみに、だんだんと薄墨の習慣はなくなっているようです。 地域によっては濃い墨のお香典でも作法違反ではないとされているようです。 葬儀でのお香典などでは、古いお札を使ったり、新札にわざわざ折り目を入れたりして使用します。 これは「不幸に対してあらかじめ新札を準備している」という失礼を避けるためです。 その一方で、お布施はあらかじめ準備しておくものなので、新札を用意するようにします。 なお、袋にお金を入れる向きですが、お布施袋の表面に肖像画(=福沢諭吉さん)がくるように入れます。 お香典とは反対の向きになるので注意してください。 【お金・中袋・上包みの向き】 また、上包みの包み方は、もともとお布施袋を購入した時に折ってあった包み方をそのまま再現すればオッケーです。 通常は、裏面が上から重ねるようになる仏事用の包み方になっています。 お坊さんへの感謝とお礼を伝えることが、お布施の目的ですので、あまり形式張ったマナーに気を使うより、感謝の気持ちを込めることのほうが大切です。

次の

法事の香典はいくら包む?入れ方や表書きも解説!

法事 の お金

1.仏教の場合の法事・法要の種類 法要とは・法事とは、故人の冥福を祈り、供養をするための仏教行事です。 仏教において、亡くなってから49日間を「中陰」と呼びます。 この間、七日ごとに閻魔大王による裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのが四十九日目で、この日が忌明けとされます。 遺族は、七日ごとの裁きの日に合わせて法要を行ない、故人が成仏できるように祈ります。 日程を決める際、法要の日が平日にあたる場合には、直前の土曜日か日曜日にずらすのが一般的です。 一般的な忌明けは四十九日です(地方によっては、五七日(いつなぬか)が忌明けの場合もあります)。 四十九日を過ぎると年忌法要となります。 法事のあとの会食をお斎(おとき)と呼びます。 お斎については、次のページの別項目で説明しています。 亡くなってからのについては、このページの別項目で説明しています。 追悼法要 法要の名称 時期 法要の内容 (しょなぬか) 7日目 (葬儀当日に行なわれることが多い) 遺族、親族、友人、知人などが参列。 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食をします。 最近は、火葬場から遺骨が帰ってきたときに遺骨を迎える還骨勤行(かんこつごんぎょう)と一緒におこなわれることが多いようです。 ニ七日忌 (ふたなぬか) 14日目 遺族だけで供養します。 僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。 三七日忌 (みなぬか) 21日目 遺族だけで供養します。 僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。 四七日忌 (ししちにち) (よなぬか) 28日目 遺族だけで供養します。 僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。 五七日忌 (ごしちにち) (いつなぬか) 三十五日 (さんじゅうごにち) 35日目 遺族だけで供養します。 僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。 その場合の法要の内容はを参照してください。 六七日忌 (ろくしちにち) (むなぬか) 42日目 遺族だけで供養します。 僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。 七七日忌 (しちしちにちき) (なななぬか) (しじゅうくにち) 49日目 遺族、親族、友人、知人などが参列。 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食()をします。 本位牌を仏壇に納め、白木の位 牌を菩提寺に納めます。 百箇日忌、百か日忌、百箇日、百か日、百カ日 (ひゃっかにち) 100日目 遺族だけで供養します。 僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。 年忌法要 法要の名称 時期 法要の内容 (いっしゅうき) 満1年目 遺族、親族、友人、知人などが参列。 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食()をします。 三回忌 (さんかいき) 満2年目 遺族、親族、友人、知人などが参列。 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食()をします。 七回忌 (ななかいき) 満6年目 遺族、親族で供養するのが一般的です。 一般的に、七回忌の頃から、法要の規模を縮小していきます。 十三回忌 (じゅうさんかいき) 満12年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 十七回忌 (じゅうななかいき) 満16年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 省略する場合もあります。 二十三回忌 (にじゅうさんかいき) 満22年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 省略する場合もあります。 二十七回忌 (にじゅうななかいき) 満26年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 省略する場合もあります。 三十三回忌 (さんじゅうさんかいき) 満32年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 仏教では死者は33年目にはどんな人でも無罪になって極楽浄土に行くと言われています。 3.法事・法要の流れと服装 仏教の場合の法要・法事の流れをご紹介します。 [法事の服装] ・遺族は、三回忌までは喪服が基本です。 七回忌以降は略式喪服や地味な色の服装で構いません。 ・参列者は、初七日〜四十九日は略式喪服を着用します。 一周忌以降の年忌法要の場合は略式礼服または地味な服装で。 七回忌以降は、地味であれば平服でも構いません。 [準備] ・遺族は、引出物を用意します。 詳細は下記にてご説明しています。 ・参列者は、葬儀での香典にあたる「御供物料」などを持参します。 詳細は下記にてご説明しています。 [参考] ・法事・法要に呼ばれたら(参列者) ・法事・法要の準備(遺族) ・法事・法要の流れと施主の挨拶 法事・法要の準備(遺族) 日程を決め、お寺の手配、引出物の手配、食事の手配などを行ないます。 項目 準備するもの 1. 日程を決める ・百箇日(百か日)までの追悼法要は、亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。 (例:三回忌は満2年) ・法事・法要の日程を決める際、平日にあたる場合は、直前の土日に行なわれる場合が一般的です。 場所を決める ・自宅、お寺、ホテルなどのいずれの場所で行なうのかを決めます。 料理の手配をする ・読経の場所と、法事の後の会食の場所を変える場合もあります。 必要に応じて仕出し料理やお店などの予約をします。 ・伊勢海老や、鯛などのおめでたい献立は避けた方がよいので、予約の際には「法事で利用します」と、利用目的を告げましょう。 へつづく 法事・法要の準備(遺族)つづき 4. お寺への連絡 ・場所、日時が決まったら、なるべく早く菩提寺に連絡をします。 ・菩提寺とは、先祖代々の墓をお願いしているお寺をさします。 霊園、墓地などを利用している御家庭では、葬儀の際に世話になったお寺に依頼すると良いでしょう。 案内状の手配 ・親族だけで行なう場合には電話での連絡でも良いでしょう。 ・会社関係などで執り行う場合には、往復ハガキや返信用のハガキを同封した封書などで、案内状を用意し、出欠をたずねます。 () 6. 引出物の手配 (引き出物) ・法事の引き出物に使うのしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。 ・引出物の品物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や食品等が良く用いられます。 遠方からの方もいらっしゃるので、かさばるものは避けます。 最近はカタログギフトも増えました。 カタログデザインも不祝儀専用のものを揃えている百貨店やギフトショップが増えてきたようです。 予算は@2,000〜5,000円程度が一般的です。 ・引出物ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。 ・法事の後、おもてなしの席を設けない場合には、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお渡しします。 お布施などを用意しておく ・僧侶にはお礼をお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事()に同席して下さる場合には、御布施または御経料、お車代の2つを用意します。 もし、僧侶がお斎を辞退されたら、御布施または御経料、お車代のほかに、御膳料を加えた3つをお渡しします。 ・法事のお布施の金額相場 ・金額の相場・目安をご紹介します(2019年12月現在) 御布施または御経料は、3万円程度。 お車代は、5千円〜1万円くらい。 御膳料は、5千円〜2万円くらい。 ・お布施の表書きは濃い墨?薄い墨? お金を入れる袋の表書きは薄墨ではなく普通の墨で書きます。 半紙の中包みに入れ、奉書紙で慶事の上包みの折り方をするのが最も丁寧な形ですが、市販の白い封筒で構いません。 郵便番号欄の無い無地の封筒を用います。 直接手渡しするのではなく、小さなお盆に載せて僧侶の方に向けて差し出します。 お盆も用意しておきましょう。 ・お布施に包むお金は新札でも良い? 法事法要の場合にお布施として包むお金のお札は、新札でも新札でなくてもどちらでも構いませんが、汚れているお札はさけるようにしましょう。 墓石、墓地 法事と納骨を同じタイミングで行なう場合もあります。 お寺、墓地、石材店への手配と、日程を確認しておきましょう。 法事・法要の流れ 法事・法要の流れには決まりはありませんが、代表的な例をご紹介いたします。 項目 仏式の法事・法要の作法など 1. 僧侶入場 仏壇の前に僧侶の席をしつらえておきます。 遺族は故人との血縁の濃い人が前の方に席をとります。 仏壇中央の僧侶のすぐ後ろには施主が座ります。 僧侶が到着したら、仏壇前の正面中央に案内します。 施主の挨拶 [施主の挨拶の例] 「本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございます。 (僧侶の方を向いて) それではよろしくお願いします。 」 というように、ごく簡単に挨拶をします。 僧侶の読経 4. 焼香 施主から順番に、前の方に着席している人から焼香をしていきます。 法話 6. 僧侶退場 僧侶にはお礼をお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事()に同席して下さる場合には、この時点での退場はありません。 お斎の後でお渡しします。 もし、僧侶がお斎での接待を辞退されたら、お布施、お車代、御膳料の3つを包みます。 お食事に同席される場合は、お布施、お車代の2つをお渡しします。 墓参り 墓地が遠い場合には省略されます。 施主の挨拶 [施主の挨拶の例] 「本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。 おかげさまで母の一周忌の法要も無事終えることができ、母も安心していることと思います。 これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。 粗宴ではございますが、別室にてお膳をご用意いたしました。 お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさっていってください。 本日はまことにありがとうございました。

次の