剣盾ギルガルド育成論。 【ポケモン育成論まとめ】ギルガルドの調整と対策『ソード・シールド/剣盾』

【ポケモン剣盾】たすき+剣舞 ASギルガルド 育成論【単体考察】

剣盾ギルガルド育成論

つまり、 リストラ互換切りされることが決まっています。 ガオガエンはタイプ相性が最悪で、ギルガルドのせいなるつるぎも普通に耐えてきます。 どのパーティにも自然と入り、使用率80%以上のこの2体がポケモン剣盾で登場しないとなると、ギルガルドが刺さるパーティは増えます。 つまり、ランドロスとガオガエンが消えることで、ギルガルドが相対的に強くなることが一つの理由といえます。 メガシンカとZクリスタルが消える メガシンカとZクリスタルはポケモンソード・シールドでは登場しません。 メガシンカはいうまでもなく強く、Zクリスタルはどのポケモンからもびっくり高火力技が飛んでくることから、耐久寄りのポケモンは動きづらい環境でした。 それが消えることで、高火力技を押し付けづらくなった剣盾環境では、ギルガルドを処理することは容易ではありません。 弱点が少ない優秀な複合タイプと、クレセリア以上のぼうぎょ・とくぼう種族値を持つギルガルドは、受けサイクルにも活躍してくれそうです。 まず、ポケモンがダイマックスするとどうなるかをおさらいしましょう。 一部?能力値が上昇する• ひるまない• 技がタイプに応じたダイマックス技に変化する 全体攻撃• 3ターン後、元の姿に戻る この3つ目のダイマックス技に注目してください! ダイマックス技は全体攻撃になるので、ギルガルドのワイドガードで防ぐことが出来ます。 極端な話、ダイマックスしている3ターンの間、ギルガルドはワイドガードをし続ければ、それだけで相手のダイマックスを完封することができます。 他にもワイドガードを覚えるポケモンはいますが、その中でも非常に優秀なのがギルガルド。 皆さんもぜひ育ててみてください! ダブルバトル用ギルガルドの育成論は? 前作までだと、大きく2つのギルガルドが存在していました。 「ゴーストZギルガルド」と「たべのこしギルガルド」です。 単純に、攻め型か受け型かの違いなのですが、この2種が最もメジャーかつ強い育成方法でした。 攻めガルド ポケモンソード・シールドではZクリスタルはありませんので、代替は「いのちのたま」「きあいのタスキ」「じゃくてんほけん」「ダイマックス型」が定番なのかなと思っています。 努力値配分はお好きなようにしてもらっていいと思います。 きあいのタスキならCSぶっぱでいいですが、他の方は役割に応じた耐久調整や素早さ調整をしなければなりません。 シャドーボール• ラスターカノン• せいなるつるぎ• かげうち• シャドークロー• アイアンヘッド 受けガルド 私も愛用しているどくまもみがガルドです。 基本的にHDぶっぱで持ち物はたべのこし。 場持ちが良く、あらゆる攻撃を耐える鉄壁君にします。 シャドーボール• どくどく• みがわり• キングシールド が鉄板ですが、上記のダイマックス対策をするなら、シャドーボールかみがわりがワイドガードになるのかなって気がします。 技構成も、パーティの役割に応じて決めるのが当たり前なので、一概にコレだ!と言えませんので予めご理解ください。 もしワイドガードを使わなくてもダイマックスの処理ができるのであれば、ワイドガードを無理して入れなくてもよさそうです。 まとめ いかがでしたか? ギルガルドはポケモンソード・シールドで間違いなく使用されるポケモンです。 パーティの相性補完にもピッタリのポケモンなので、育てておいて損はありません。 ギルガルドの流行を逆手にとって、ギルガルドメタ構築をつくっても面白いかもしれません! ただギルガルドメインのパーティってのはおそらく無いので、メタるほどでもないかなと思ったり思わなかったり。 以上、さいごまでお読みいただきありがとうございました! ぐっち.

次の

【ポケモン剣盾】「ギルガルド」が上位勢で人気!その強さのヒミツ教えます【種族値と育成論】

剣盾ギルガルド育成論

種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 65 125 100 60 70 70 タイプ タイプ1 タイプ2 あく はがね 特性 まけんき 能力を下げられたとき、攻撃がぐーんと上がる せいしんりょく 怯まない プレッシャー(夢特性) 受けた技のPPを1多く減らす 長所・短所 第八世代現在、唯一の悪・鋼タイプ。 この組み合わせの技は どのタイプにも一致技で等倍以上のダメージを入れられる優秀なタイプです。 特に鋼タイプの耐性の多さとフェアリーに有利に出られる点から、 悪タイプなのにフェアリーに対抗できる珍しい存在です。 また、高い攻撃から繰り出されるタイプ一致の先制技、 ふいうちがあるためドラパルトやガラルサニーゴなどの 強豪ゴーストに対しても有利に立ち回れるでしょう。 ですが、ふいうちは相手が攻撃しないと決まらないので、 相手の動きをうまく読む必要があるため扱いが難しいポケモンです。 また、第八世代ではメインウェポンの一つであった はたきおとすを憶えられなくなり、さらに おいうちが存在しない せいで第七世代までの戦法が潰れ、おまけに 足りない素早さを積める技が軒並み使えなくなったため 技の選択肢が大きく削られる羽目になりました。 ですが、ダイマックスが横行する第八世代環境では特性の まけんきが非常に役立つ強特性となっています。 ダイマックス技はステータスを下げる追加効果を持つものが多く、 まけんきによる攻撃力上昇が起こりやすい環境です。 特にキリキザンの場合、それらの技のうち 特攻が下がるダイワーム以外は半減で受けられるため、 上がった攻撃力を発揮しやすいという他のまけんき持ちには無い強みがあります。 育成論 物理型 努力値 HP:252(実数値172) 攻撃:252(実数値194) 素早さ:4(実数値91) 技構成 解説 現状では 飛行技無し、 ダイマックス中ふいうちの先制効果無効など自分でダイマックスしてもメリットが少なく、むしろダイマックス相手の勝負で力を発揮するので、そのまま使うのを前提として構成しています。 アタッカーらしく 攻撃に努力値全振り、 性格をいじっぱりにして攻撃特化。 いのちのたまでさらに技威力を上乗せして最大限に火力を出せるようにしました。 特に いのちのたまは、攻撃が1段階以上上がった状態なら、 HPの努力値252のギルガルド(シールド)をふいうちで確1にできるようになるので実にありがたい火力増強です。 この構成では低い素早さはほぼ切ってHPと攻撃に特化した構成ですが、もし仮想敵がいるならそれに合わせて素早さに振ってもいいでしょう。 技構成ですが、まずどんな型であっても必須の技が先制悪技の ふいうちと安定した鋼技の アイアンヘッドです。 ふいうちは遺伝技なので ベロバー系列のポケモンからもらいましょう。 現環境では オーロンゲやジュラルドン、キョダイラプラスなどの優秀な壁張り要員も多いので、そういった面々への対策として かわらわりを投入しています。 後は後続へのサポートに でんじはを入れましたが、もし壁張り対策やサポート用の技が要らないというのであれば、それらの代わりに安定した性能の悪技の じごくづきがおススメです。 追加された場合記事の調整が入ります。 実演してみた では、このキリキザンが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 管理人個人としては推しポケモンの1体なので、ぜひとも活躍してもらいたいです。 ギルガルドもいるので、今回の実演バトルはこの人にお願いするとしましょう。 対戦よろしくお願いします。 こうやってギルガルドのキングシールドで防がれ、さらに追加効果で攻撃も下げられましたが… ここでまけんきが発動、キリキザンの攻撃が跳ね上がります。 (上昇量のSS撮り損ねました。 ごめんなさい) キングシールドの減少分を差し引いても1段階の上昇、これでふいうちでギルガルド撃破圏内に収まりました。 さて、それじゃあギルガルドを仕留め… …アレ?交代で出て来たサザンドラのダイバーンで焼かれたぞ? 対戦ありがとうございました。 まとめ 扱いは難しいものの、特性と攻撃種族値で高い火力を出せるポケモン、キリキザンの育成論でした。 今回は残念でしたが、エスパーやゴースト、オーロンゲなどと当たった時は交代で逃げられない限り倒し切れていました。 使いこなせる人が使えば優秀なポケモンなので、読みに自信がある方はぜひ使ってみてください。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】「ギルガルド」が上位勢で人気!その強さのヒミツ教えます【種族値と育成論】

剣盾ギルガルド育成論

こんにちは、ワジです。 少しポケモンから離れていましたが、最近ポケモンに再燃しており毎日ワイルドエリアを探索したりランクマに潜ったりポケモンを育成したり…とポケモン三昧をしています。 「ギルガルド」と「きあいのタスキ」 ギルガルドというと一般的には、特性「バトルスイッチ」を活かし、高い耐久値を持つシールドフォルムで攻撃を受け、そこから返しの一撃をブレードフォルム加えていくタイプのポケモンというイメージが強いと思います。 実際にギルガルドが登場した6世代においては、以上のような動きをするギルガルドが大半でした。 現在8世代においては、ギルガルドは耐久数値と攻撃数値に弱体化が入ってしまったため、従来の努力値振りでは本来受け切れていた攻撃を受け切れない、相手を落としきれないというケースが目立ってしまうようになります。 加えて新要素のダイマックスにより、本来タイプ的に有利な相手との打ち合いにも負けてしまうようになってしまいました。 鋼・ゴーストという持ち前の耐性と高い耐久値で相手をいなして戦うギルガルドは戦いづらくなり、形を変えていくようになります。 現在主流になってきている「きあいのタスキ」を持たせた型は、 ギルガルドが環境に適応した形になっています。 もともと昔から存在していた型ではあったのですが、少数派の型でした。 もともとゴースト技を主軸に戦いポケモンであったので一貫性の高さは随一だったのですが、今作で高火力の格闘技と鋼技を習得し、さらなる技範囲を得ることが出来ました。 加えて「きあいのタスキ」を持たせた今回の型であれば、相手から一撃で落とされる機会は少なく、「かげうち」によって相手を縛れるという場面を作れることが多いです。 受け出しがしづらいというだけで相手の選出をゆがめることが出来ますね。 「きあいのタスキ」を持っているので、相手より先に動くデメリットは基本的にはありません。 余った4はどこに振ってもいいのですが、一番耐久値が上がるHに振っています。 HPが8nになってしまうので、「のろい」のダメージ4回で落ちてしまうなど影響はありますが、そもそも呪いを受けても致命傷ではないタイプの型なので問題ないかと思います。 技構成 基本的に以上の構成で完結していると思います。 ・ アイアンヘッド 物理ギルガルドの一致メインウェポン。 等倍以上の相手に撃ち込みます。 追加効果でひるみも狙える点がS振りと非常にマッチしています。 ・ インファイト カビゴンやラプラス、ドリュウズ、サザンドラといったトップメタポケモンに対して抜群で刺せる技。 タイプ不一致ですが、威力が高く打つ機会が多いですので必須。 ・ かげうち 捨て際や相手のポケモンを仕留める際に撃ち込む技。 物理方面に努力値を大きく割いていることで、相手のポケモンを仕留めきれる機会が多くなります。 当然必須。 「きあいのタスキ」との相性も良く、ブレード状態だろうが無理矢理積んで高火力の「かげうち」を撃ち込みに行くこともできます。 ポケモン用語では「崩し」の枠とでもいうのでしょうか。 候補技 ・ シャドークロー 一致のゴースト技ですが、いかんせん威力が低く、特殊技の「シャドーボール」と比較すると汎用性が低いです。 「アイアンヘッド」か「つるぎのまい」と選択になりますが、アイアンヘッドと比較すると一貫性は高く、格闘技との相性補完も優れているため打つ機会は多いと思います。 ・ せいなるつるぎ 相手の能力変化を無視して攻撃できます。 のろいカビゴンや鉄壁ナットレイに対して、「つるぎのまい」と合わせて強く出れますが、それなら「きあいのタスキ」を持ったギルガルドではない方が良いような気もしますね。 特殊技採用型との比較 ・メリット 現在、「きあいのタスキ」を持ったギルガルドは対面性能や汎用性の高さから多くのパーティに採用されているかと思います。 特殊技シャドーボールを軸とした「CSギルガルド」や、両刀の「ACギルガルド」なども型として存在しますが、それらと比較してこの型が優れている点は、 ・S振りにより相手の上から2回行動できる可能性が高い ・高火力の「かげうち」「インファイト」を扱える の2点です。 ・デメリット 残念ながらこの型では 相手のギルガルドには成す術もありません…。 ギルガルドミラーになると途端に弱くなるというのが一つの欠点です。 加えて、「きあいのタスキ」によって行動保証を得ているポケモンなので、ロトムやドラパルト、ヒヒダルマなどが撃ってくる「ボルトチェンジ」「とんぼがえり」によってタスキを削られてしまうと途端に対面性能の低いポケモンになってしまいます。 さらに、きあいのタスキで耐えて相手を倒すというコンセプトなので、相手の死に出しポケモンの ダイジェットの起点(ギャラドス、トゲキッス、パッチラゴンなど)にされてしまうという点も注意です。 タスキで耐えたギルガルドは先程も既述した通り、「かげうち」による縛り性能や、Sの遅い相手への制圧力は持っていますので、大切に扱うというのも一つの選択肢だとここに書いておきます。 運用方法 見せ合いの段階で刺さっていると判断したら 積極的に初手に繰り出していって問題ありません。 初手のギルガルドで3タテしてしまうことも少なくないほどです。 つるぎのまいは基本的には使いませんが、有利対面で積めると一気に全抜きが見えてくるので使いどころの見極めをしておきましょう。 また先述の通り、相手のギルガルドが厳しいのでギルガルドを受けることが出来ないのであれば選出をしない方が無難だと思います。 この点だけはもうどうしようもない…。 相性のいいポケモン ・ サザンドラ いわゆるサザンガルドの並びではありますが、サイクルを回すというよりも 厄介なロトム、受けサイクルを崩す枠として採用してあげるといいかと思います。 以下に以前紹介したサザンドラの育成論も記載しておきますのでよければ参考にしてみてください。 その他にも紹介できそうなポケモンはいますが、今回紹介した型がかなり尖ったタイプなので、どの構築に採用してもある程度の仕事はしてくれると思います! おわりに というわけで、久しぶりのポケモン考察は 「ASたすき剣舞ギルガルド」でした。 初手性能が高く、あまり考えることなく扱えるタイプのポケモンなので、初心者の方や汎用性の高い枠を探していたという方は是非参考にしてみてください。 それではー PS. 色違いギルガルドめちゃくちゃカッコいいので、時間がある方国際孵化などで粘ってはいかがですか? 特性も一つですし、Sを逆V(0)にする必要もないので、色違いだけど採用できない!なんて悲劇が生まれないポケモンなので、オススメですよ^^ 僕もXYの頃から色ギルガルドの国際孵化を暇なときはしょっちゅうしていました(笑) おしまい.

次の