ソフトバンク 光 ホーム ゲートウェイ。 Wi

ホームゲートウェイ(N)|ソフトバンク光キャッシュバックキャンペーン

ソフトバンク 光 ホーム ゲートウェイ

目次 この記事でわかること• フレッツ光のホームゲートウェイとは? フレッツ光でインターネットを利用するためには、ONU(回線終端装置、いわゆるモデムでインターネットの利用に必須)と有線・無線ルーターのふたつの機器が必要です。 しかし、 フレッツ光を「ホームゲートウェイ」付きのプランで契約すれば、ONUとルーターが1つの機器にまとまります。 ホームゲートウェイはモデムとルーターの機能を兼ね備えた機器 モデムとルーターが別々だと、電源が2つ必要だったり配線が複雑になったりとデメリットがあります。 しかし、 ホームゲートウェイをレンタルすれば機器が1台なので電源も1つです。 さらに ONUとルーターを繋ぐ配線が不要になるので、ケーブルが絡まる、邪魔になるなどのデメリットもなくなります。 フレッツ光のレンタルホームゲートウェイ申込手順 フレッツ光でレンタルできるホームゲートウェイは、NTT東日本と西日本で申し込む手順が異なっています。 NTT東日本の場合は、電話で申し込みが必要です。 以下の番号に、電話をかけましょう。 フレッツ光ライト• フレッツ光ライトプラス レンタルホームゲートウェイの月額料金は、以下のとおりです。 東日本エリアの場合、一枚目の無線LANカードは本体とセットになった料金ですので、750円でホームゲートウェイも、ホームゲートウェイを利用した無線LAN通信も快適に行うことができます。 そのため、別途ホームゲートウェイのレンタルを申し込む必要はありません。 ホームゲートウェイをレンタルで使いたい場合、ギガファミリープランやギガマンション・スマートタイププランを選ぶのも良いでしょう。 また、設置工事費は フレッツ光の契約時にレンタルホームゲートウェイを申し込めば基本的にかからないので、フレッツ光を契約前の方は、契約と同時にレンタルホームゲートウェイを申し込みましょう。 西日本エリアでホームゲートウェイをレンタルする場合 NTT西日本エリアでフレッツ光のホームゲートウェイをレンタルできるのは、 フレッツ光ネクストまたはフレッツ光ライトプランのどちらかを契約している人です。 月額料金は利用期間や利用するサービスによって少々細かくわかれているので、しっかり確認しましょう。 また、上記の表にある 「低価格プラン」は、2年以上の契約が条件で200円(税抜)の割引が適用されます。 低価格プランの場合、 2年以内にホームゲートウェイを解約すると月額料金の差額10ヶ月分である2,000円(税抜)の解約金が必要になるので注意しましょう。 ただし低価格プランの解約金は、以下のどちらかに当てはまる場合無料です。 フレッツ光orコラボ光の解約と同時にホームゲートウェイのレンタルを解約する• しかしNTT西日本に設置工事を代行してもらう場合は、 機器工事費1,500円(税抜)+派遣の基本工事費4,500円(税抜)の合計6,000円(税抜)がかかってしまうので注意しましょう。 レンタルしたホームゲートウェイは解約時に返却が必要 フレッツ光からレンタルしたホームゲートウェイは、フレッツ光の解約時に返却しなければいけません。 解約を申請すると返却用の封筒などが返却手順のご説明書きとともに送られてくるため、ホームゲートウェイを入れて返送しましょう。 フレッツ光のホームゲートウェイ設定手順 フレッツ光でホームゲートウェイを使うには、接続設定が必要です。 ここからはホームゲートウェイの設定手順を解説するので、フレッツ光からホームゲートウェイをレンタルした際は、チェックしてみてください。 設定はすべて自分で行うようにすれば、設定サービスなどの余計な出費もかかりませんよ! なお、ホームゲートウェイの初期設定は、以下のたった2つの手順のみです。 ホームゲートウェイ• パソコン• 機器の接続用LANケーブル• プロバイダから送られてきている、ユーザー名やパスワードの設定が記載された書類 特に プロバイダによるユーザー名(ID)とパスワードが記載されている書類は必須で、なければ設定を進められません。 紛失している場合はプロバイダに連絡しましょう。 次項より、パソコン(ここではWindows10とします)とホームゲートウェイを有線接続した場合の設定方法を解説します。 接続するパソコンが1台の場合 壁から繋がっている配線とホームゲートウェイを接続後、ルーターのLANポートとパソコンのLANポートを接続すれば配線は完了です。 配線が完了したら、以下の手順で初期設定を行います。 パソコンの画面左下にあるWindowsのロゴマークをクリックし「設定」を選択• プロバイダの書類に記載されているユーザー名とパスワードを入力・保存 以上で設定は完了。 設定したパソコンで、インターネットを利用できるようです。 接続するパソコンが2台以上の場合 ホームゲートウェイ1台に対して、複数の機器を有線接続できます。 しかしパソコン1台を設定する前項目の設定だと、2台目以降のパソコンやその他機器には設定が保存されていないため、インターネットを使えません。 2台以上の機器を使うときは、ルーター側にインターネット接続設定を保存する必要があります。 フレッツ光のホームゲートウェイが故障したときの対処法 ホームゲートウェイは、 長い間使用していたり初期不良などの不具合があると故障してしまいます。 故障の際はNTTに問い合わせを行うことで新しいホームゲートウェイを郵送してもらえますが、 機器が変更になるので再度初期設定が必要です。 一度交換を申し込むと手間がかかってしまうので、問い合わせる前にルーターを再起動してみたり、設定が間違っていないか確認したりしましょう。 ホームゲートウェイが故障した場合は無料で交換可能 ホームゲートウェイは、 自分で壊したのでなく長期使用による劣化などが原因で勝手に壊れてしまった場合に、無料で交換できます。 言い換えると、「うっかり足で蹴って倒してしまった」「こぼした水がかかってしまった」など、 自分が原因で壊れてしまったと判断された場合は交換時にルーター代などを請求されてしまうので、注意しましょう。 【番外】フレッツ光のホームゲートウェイは東日本と西日本で違う? これからフレッツ光でホームゲートウェイをレンタルする場合は、東日本・西日本で機能が共通のホームゲートウェイが貸し出されますが、 すでに数年前にホームゲートウェイのレンタルを開始している人は要注意です。 数年前は、 NTT西日本エリアのフレッツ光だと無線LANルーター機能がない(別途無線LAN対応のルーターを用意する必要がある)ホームゲートウェイが提供されていました。 つまりNTT西日本エリアで無線LAN機能非対応のルーターをレンタルしている人が無線LAN機能を使いたい場合は、 以下のどちらかの手順を踏まなければ無線LAN機能は使えないので注意しましょう。 別途料金を支払って、ホームゲートウェイを交換する• 自分で購入した無線LANルーターをホームゲートウェイに接続する まとめ フレッツ光では、対応するプランを契約している場合に ONUとルーター機能がセットになった「ホームゲートウェイ」をレンタルできます。 ホームゲートウェイのレンタル料金は東日本エリア・西日本エリアで違いがあるため、 ホームゲートウェイのレンタル料金を確認する際は、お住まいのエリアの料金であるかどうか注意してください。 ホームゲートウェイをレンタルした場合、 自分で設定を行う場合は設定費用は基本的に必要ありません。 今回紹介した手順をもとに、ご自分でホームゲートウェイの初期設定を行ってくださいね。

次の

ホームゲートウェイとは何ですか?

ソフトバンク 光 ホーム ゲートウェイ

ホームゲートウェイとは 先に結論を言うと、 ホームゲートウェイは「インターネット」「電話」を利用するのに必須です。 ソフトバンク光を使うのであれば、解約・返却はできません。 その理由をこれから解説していきましょう。 インターネット接続• 電話接続• Wi-Fi(無線LANルーター) の3つを使えるようにする重要な役割があります。 1、インターネット接続 ホームゲートウェイのインターネット接続機能としては、• 光ファイバーに流れる「光信号」をパソコンが認識できる「デジタル信号」に変換する• ちなみにフレッツ光で「インターネットのみ」を契約した場合は「電話信号」の変換機能が付いていない「ONU」という機器が設置されます。 3、Wi-Fi接続 ホームゲートウェイにはWi-Fi接続(無線LANルーター)機能も付いています。 こちらは、市販ルーターとまったく同じ機能で• パソコン• タブレット• スマートフォン をWi-Fi接続できるようになります。 ただし、月額料金がかかってきます。 そのため、長い目でみれば、自分で購入したほうがお得になるケースもあります。 ソフトバンク光でも「ホームゲートウェイ」は必要 いかがでしたか? フレッツ光からソフトバンク光に転用した場合でも「インターネット」「電話」を利用するのであれば、ホームゲートウェイは必要であることが分かったのではないでしょうか? ホームゲートウェイ(N) また、フレッツ光からソフトバンクに転用した場合は、フレッツ光で利用していた「ホームゲートウェイ」は返却せず、 ソフトバンク光で継続して使うことになります。 その際、NTTからレンタルしているホームゲートウェイは、ソフトバンク光の「ホームゲートウェイ(N)」というオプションに引き継がれて、レンタル料が請求されます。 なお、フレッツ光とソフトバンク光のホームゲートウェイの レンタル料はまったく同じです。 東日本エリア 東日本エリアのホームゲートウェイ(N)のレンタル料は、次のとおりです。 西日本エリア 西日本エリアのホームゲートウェイ(N)のレンタル料は、次のとおりです。 回線タイプ ホームゲートウェイ(N) 光電話(N) あり 光電話(N) なし ホーム (戸建住宅) ギガスピード ハイスピード ファミリー ファミリー・ライト 0円 450円 マンション (集合住宅) ギガスピード ハイスピード マンション ソフトバンク光になって新たに発生したオプション料金ではなく、フレッツ光でも支払っていた料金ということですね。 ちなみにソフトバンク光の光電話(N)とは、フレッツ光「ひかり電話」の電話番号を番号ポータビリティ(MNP)で引き継ぐことができるプランとなります。 関連記事: おうち割 光セットで「ホームゲートウェイ」のWi-Fiが無料になる ソフトバンク光では、ソフトバンクのスマートフォン・携帯とのスマホセット割「おうち割 光セット」を適用可能です。 おうち割 光セットの適用条件として、• 「ホワイト光電話」か「光電話(N)」か「BBフォン」 の3つのオプションに加入する必要があります。 通常は、月額1,457~1,957円かかってきますが、「おうち割 光セット」を適用させた人だけ、3つのオプションの月額料金が 500円(税込540円)になります。 そして、光BBユニットとWi-Fiマルチパックの組み合わせにより、 自宅でWi-Fi(無線LANルーター)が使えるようになります。 つまり、 ホームゲートウェイのWi-Fi機能が必要なくなるということです。 東日本エリアでホームゲートウェイに「Wi-Fi機能」を付けるために毎月300円支払っている場合は、「光BBユニット+Wi-Fiマルチパック」に代替えすることで1年間で3,600円、2年間で7,200円、3年間で10,800円の通信費を下げることができます。

次の

ホームゲートウェイとは?役割やWiFiルーターとの違いも解説。

ソフトバンク 光 ホーム ゲートウェイ

ブリッジモードとは…? ルーター機能を無効化し、ルーターのWi-Fi機能と有線LAN接続だけを利用するモード。 他にルーター機能が搭載された通信機器を設置している際に利用し、2重ルーター状態を防ぐために利用する。 ブリッジモードの役割は上記の通りで、 ルーターによっては「AP アクセスポイント モード」と記載されている事もあります。 よく分からないと思いますので…例として、下記画像の場合で解説してみます。 2重ルーター状態になると、正常に通信ができません。 通常、 ルーター機能が搭載されたONUがある場合は、そのONU1台でWi-Fi&有線接続が利用できる事が多いです。 別途ルーターを設置して、より強力なWi-Fiを利用したい!という時に、ブリッジモードを利用します。 ブリッジモードの2つのメリット• ルーター機能が搭載されたONU ホームゲートウェイ の性能が低い時に代用できる• Wi-Fi範囲を増やす・LANポート数を増やすための中継機として利用できる ルーター機能が搭載されたONUは、Wi-Fiの強さや有線LANの速さなどの性能が低い事が多いです。 この性能の低さをカバーするために、 ルーター機能をOFFにしつつ高性能ルーターのWi-Fi・有線LANを利用するのが、ブリッジモードの一般的な使用シーンです。 また、既にONUとルーターを設置している状態で、「Wi-Fiの範囲が足りない」「有線LANポートの数が足りない」といったシーンで、 2台目のルーターをブリッジモードで設置して利用する方法もあります。 ただ、ブリッジモードは上位に設置されているルーター機能付き機器と有線LANで接続する必要があります。 有線接続な分、ブリッジ接続したルーターの性能も発揮できる訳ですが、 「Wi-Fi利用範囲を広げる」という用途では、設置場所に難があるかと思います。 こんな時に、 無線でもWi-Fi範囲を広げる事が出来るモードが「中継機モード」です。 Wi-Fiを使える範囲を増やすための2台目ルーターとして使う場合、「ブリッジモード」ではなく、「中継機モード」で使用すると良いでしょう。 最近の機種であれば、両方のモードが搭載されているかと思います。 そもそもルーター機能とは…?ONU・ホームゲートウェイとの違いも解説! 役割 ルーター機能 Wi-Fiや有線LANで2つ以上の機器をネットに繋ぐ役割 光回線を通って送受信される光信号をパソコンやルーターでも理解できるデジタル信号へ変換する役割 ONU+ルーターどちらの機能も搭載したもの。 光電話機能がついた機種もある ルーター機能とは上記の通り、Wi-Fiや有線LAN接続で、iPhoneやPS4などの複数機器にネット接続するために必要な機能です。 ルーター ルーター機能 がなくても「ONU」さえあればネットは使えますが、 有線LAN1台しか繋げません。 利用できる台数を増やしたり、Wi-Fiを使うためにルーター機能が必要なんですね! 「ONU」は光回線終端装置の略称で、光回線を使う時に必須の装置です。 インターネット回線業者からレンタルする事になります。 「ホームゲートウェイ」は、ルーター機能付きのONUというイメージで大丈夫です。 ひかり電話機能を搭載した機種も多いですね。 ホームゲートウェイを設置しつつ自前のルーターを使いたい場合に「ブリッジモード」を使用します。 「ブリッジモード」はどんなシーンで使うの…?使用例を3つ紹介! 使用例• ONU(ルーター機能なし)• ルーター(ルーター機能ON)• ルーター(ブリッジモード) 上記のように、 ONU+ルーター2台で使用する事も可能です。 ルーター2台分のWi-Fi+有線LANポートを活用できます。 Wi-Fi範囲拡大を目的として使う場合、ルーター1台目と2台目は離れて設置させたいところですが、 ブリッジモードは有線接続する必要があります。 なので、この場合はブリッジモードの無線バージョンともいえる「中継機モード」で利用するのがおすすめです!最近の機種であれば、両方のモードを搭載しているでしょう。 3.ソフトバンク光で光BBユニットとルーターを同時に使いたい場合 利用者の多いでは、専用のルーター「光BBユニット」を利用している方も多いかと思います。 この光BBユニットを使わないとIPv6接続が利用できないので、 ソフトバンク光では光BBユニットのレンタルがほぼ必須になっています。 ですが、 光BBユニットの性能自体がそこまで高くないので、Wi-Fiの通信速度の遅さが気になる方も多いかと思います。 光BBユニットを経由しないとIPv6接続できないので、 光BBユニットを通しつつ、市販の高性能ルーターのWi-Fiを利用する時に「ブリッジモード」を使用します。 実は私の実家もソフトバンク光で、光BBユニットの性能不足が気になったので上記のように市販ルーターをブリッジモードで接続しています! ソフトバンク光以外にも、のを使用している方にも使える手法です。 是非参考にしてみてください。 ブリッジモードの設定方法• ルーターの「WAN」の部分にLANケーブルを挿入し、 スイッチで「ブリッジモード(AP)」にするだけでOKです! バッファロー製ルーターなど、一部ルーターには上位に設置した機種にルーター機能が搭載されているか?を判断し、モードを自動的に切り替えてくれる機種もあります。 気になる点があればチェックしてみてください! Q1.ブリッジモードにすると繋がらないんだけど… A.ブリッジモードに設定した機種以外に、ルーター機能が搭載されているか確認してみてください。 ルーター機能が搭載されている機器(例えばホームゲートウェイや他のルーター)のルーター機能をONにしておく必要があります。 Q2.WiMAXのブリッジモードについて教えて! A.WiMAXの一部機種では、特定の端末1台とだけ高速通信が利用できる「ブリッジモード」を搭載しています。 本体はルーター機能を持っているので、ブリッジモードに設定=ルーター機能をOFFにする事になります。 ルーター機能はなくても1台だけ通信できますが、複数の端末とは同時に通信できません。 WiMAXの場合でも、この記事で解説した内容と同じような動作になりますね。 Q3.ブリッジモードを使用している時、IPアドレスはどうなる? A.ルーター機能をもつ機器がIPアドレスも管理します。 IPアドレス固定やポート開放などの設定を行う場合、ルーター機能をONにしている機器で設定をする必要があります。 ブリッジモードにした時点で自動的にOFFになる機種が多いかと思いますが、念のため確認してみてください。 Q4.ブリッジモードと「APモード」「中継機モード」の違いは? A.ブリッジモードとAPモード アクセスポイントモード は同じ意味です。 中継機モードは無線でルーター機能搭載機器と通信し、Wi-Fiの範囲を広げる役割を持っています。 ブリッジモードはルーター機能搭載機器と有線LANで接続する必要があります。 Q5.親機がブリッジモードでも子機を中継機として設置可能? A.親機がブリッジモードでも中継器を子機として設置する事は可能です。 まとめ ブリッジモードまとめ• ブリッジモードとはルーター機能を無効化するモード• ONUなど回線業者提供の機器にルーター機能が搭載されており、自前のルーターを使いたい時に使用するモード• ソフトバンク光の光BBユニットと市販ルーターを併用する時にも使える この記事では、ブリッジモードについて解説しました。 主な使用シーンは 「回線業者提供の通信機器 ONU・ホームゲートウェイなど に、ルーター機能が搭載されている場合に、自前で用意したルーターを使いたい時」になります。 そのほか、Wi-Fi範囲を広げるために2台目のルーターとして設置する場合にも使えますが、この場合はブリッジモードではなく「中継機モード」で使用するのが適切ですね。 ひかり電話を契約している場合は、回線業者提供の通信機器にルーター機能が搭載されている事が多いかと思います。 ルーター機能が搭載されているので、回線業者提供の機器 ONU or ホームゲートウェイ の1台だけでWi-Fiは使えますが、Wi-Fi性能が物足りない!という時に自前でルーターを用意、ブリッジモードで使用するというケースが多いですね! また、 ソフトバンク光などの回線業者指定のルーターを使わないといけない場合でも、ブリッジモードは使えます。 私の実家もソフトバンク光ですが、専用ルーターの光BBユニットを使いつつ、自前のWi-Fiルーターをブリッジモードで使用しています! ブリッジモードについて使用シーンと共に紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?お役に立てれば幸いです!.

次の