グク 交通 事故。 【全文】BTSジョングクの交通事故、事務所が被害者やファンたちに謝罪

BTSジョングク、タクシーと交通事故…”飲酒運転ではなかった”

グク 交通 事故

BigHitエンターテインメントです。 防弾少年団のメンバーであるジョングクの交通事故に関する立場をお伝えます。 現在、本事案に対する警察内の処理が終了しておらず、詳細については明らかにできませんが、先週、ジョングクが自分の車を運転していた際、本人のミスによって他の車両と接触事故が発生しました。 被害者とジョングクともに大きなケガはありませんでした。 ジョングクは事故直後、本人が道路交通法に違反したことを認め、適法な手続きに基づいて現場処理や警察署での供述を進めており、その後、被害者と円満に合意に至りました。 被害者の方に改めてお詫び申し上げ、ファンの皆様にご心配をおかけしました点についても、お詫び申し上げます。 ありがとうございます。 BigHitエンターテインメント グクがベンツを乗り回しているということも、意外だったわ〜。 ジョングク交通事故にファンの反応は ジョングク、事故はいくら気をつけてても起こる時あるけど、道路交通法違反はダメでしょ。 軽傷で良かったねじゃなく、相手が打ちどころ悪かったら?当たったのが車じゃなく人だったら? —. とにかく、お互い大怪我が無くて良かった…。 バイト終わりにTwitter開いたら、ジョングク事故って見て、心臓潰れるかと思った…。 私も気をつけよう。 本人も相手も大事に至らず良かった — ふらんだぁ ykes198003 防弾少年団(BTS)ジョングク交通事故まとめ ジョングクと被害者の方も大事に至らずよかったですが、交通事故には本当に気をつけて欲しいですね。 詳しい事故状況は、現在捜査中ということですが、グクは一人だったのかなあ。 同乗者がいたかどうかは報道されていませんでした。 もし助手席に彼女でも乗せていたら、これまた大スキャンダルになりますね〜ハラハラします。 グクが交通違反をしていることは認めているということなので、何らかの過失はグク側にあったようです。 とにかく飲酒などではなかったのでそれだけでも救いでしょうか・・・。 被害者のタクシー運転手さんも軽傷とはいえ接触事故の衝撃は少なからず受けていると思いますので、早く良くなるといいですね。 グクが一人で運転して出かけることも、いろんな意味で危なっかしいと思いました。 気をつけて欲しいです。

次の

【防弾少年団】ジョングク「交通事故処理特例法違反」の疑いで立件へ(立件せずから一転、被疑者に)

グク 交通 事故

BTSのジョングクが交通事故を起こし、警察の調査を受けていたことがわかった。 報道によると、ソウル龍山警察署は道路交通法違反の疑いで立件して捜査していると伝えている。 グクは漢南洞辺りを自身のベンツで走行していたが運転ミスにより、通りかかったタクシーと衝突。 当時グクはお酒は飲んでいなかったと伝えられている。 グクとタクシー運転手は、この衝突事故で打撲を負い病院で治療を受けた。 警察関係者は「まだ操作中であり具体的な内容は確認してからではないと、全てを伝えることができない」とし「事件経緯を調査中だ」と述べた。 また、所属事務所Big Hitエンターテインメントは「現在、この事故に対する警察の操作が終了していないため、まだ詳細を明らかにすることはできないが、先週ジョングクが車を運転していた中、本人の錯誤により、他の車両との接触事故が発生た」と、交通事故が起きたことは事実だと認めた。 続いてBig Hitは「被害者とジョングクはともに大きな怪我はなかった」と大事故ではないことを知らせ、「ジョングクは事故直後、本人が道路交通法に違反したことを認め、適法手続きに基づいて、手続きを進めており、以降、被害者と円満に合意を完了した」と伝え示談が終了したことも明らかにした。 それとともに「被害者の方にもう一度謝罪申し上げ、ファンの皆さんに心配をおかけした点についても謝罪の言葉を申し上げる」と最後に伝えている。 ネット上では「打撲で済んで何より。 すごく心配です」「交通事故に遭ったって聞いて心配で泣きそうになった」など突然報道されたグクの交通事故を心配する声が多数寄せられている。 スポンサーリンク ネチズンの反応。。。

次の

BTS(防弾少年団)ジョングクが交通事故…タクシーと衝突し打撲を負い病院で治療

グク 交通 事故

一般的に交通事故の場合、示談が成立すると事件が終結されるため、警察が「起訴意見」で検察に送致した理由が話題になっている。 12月10日、ソウル龍山警察署はジョングクを道路交通法と交通事故処理特例法違反などの疑いで起訴意見で送致したと明らかにした。 警察関係者は「先月末ジョングクを召喚して、事故の経緯について取調べを行った」とし「被害者と円満に示談をしたが、過失が大きく、起訴意見で送致した」と明らかにした。 警察の捜査によると、ジョングクは、道路交通法を違反して通りかかったタクシーと衝突する事故を起こした。 この事故で打撲を負ったタクシー運転手とジョングクは病院で治療を受けた。 しかし、ジョングクは当時飲酒運転ではないことが分かった。 「送致」は検事の司法警察管理の捜査指揮と司法警察管理の捜査準則に関する規定に明示されている。 この規定では、警察官が事件を立件し、捜査を終結した時は、これはすべて管轄地方検察庁検事長又は支庁長に送致しなければならないと記載されている。 この過程で、警察は、「起訴意見」あるいは「不起訴意見」を送致書類に記載して添付しなければならない。 また、起訴意見の場合には、拘束をするか、不拘束状態で捜査を行うかについての意見も一緒に添付される。 韓国の弁護士は、「交通事故を起こし、相手の運転者が怪我をした時はひき逃げ、飲酒測定を拒否し、12代の例外事由に該当すると総合保険に加入されていても、示談が成立されても処罰の対象だ」と話した。 また、弁護士は「警察は被害者と円満に示談が成立しても事故の過程で過失が大きくて起訴意見で送致したと話したが、これは間違った話だ」とし「被害者が通常の信号を守り、ジョングクが信号違反をした場合、一般的には、100対0だ。 当然、起訴意見で送致なければならない」と指摘した。 しかし、「(被害者が)軽い怪我だったので、6週間~8週間までの罰金形を受ける可能性が高い」とし「(一般的に)被害者と円満に示談が成立されたなら、和解金を支払って終結される」と説明した。 「BTS「所属事務所BIGHITエンターテインメントは、10月公式発表を通じて「ジョングクが自分の車を運転していたところ、本人のミスで他の車との接触事故が発生した」とし「ジョングクは事故直後、本人が道路交通法に違反したことを認めて、適法な手続きに基づいて、現場の処理と警察陳述を行った」と発表した。

次の