貯金 節約。 主婦向けの節約ブログ<<食費からスマホ代、貯金の仕方>>

家計節約術

貯金 節約

節約生活を始める前に、家計の現状を把握し、目標貯金額を決めます。 どちらも一人暮らしで節約を成功させるのに重要なことですから、ぜひ取り組んでみてください! 自分の支出を把握する 次の表は、一人暮らしで理想とされている生活費の割合です。 スマホの家計簿アプリを使うのもよいですが、最初からきっちりやろうとすると途中で挫折することも……。 レシートをノートに貼ったり、デビットカード・電子マネーの支払い履歴をチェックしたり、自分に無理のない方法を選んでくださいね。 家計簿のつけ方について詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめ。 目標貯金額を決める 目標が定まっていないと節約生活中のモチベーションを保てないため、 「いつまでに」「何のために」「いくら」貯金するか決めます。 いきなり1,000万円貯めるなど目標を大きく掲げすぎると途中で挫折してしまうため、達成のしやすい額を設定するのもポイント。 また、期間と貯金の使い道もなるべく具体的に設定しましょう。 例えば、最初は「来年の夏にハワイ旅行に行くための10万円を貯金する」のように、自分の趣味に関係した目標を立てると、節約することが辛くなりにくいですよ。 そうならないためにも、メリハリのあるお金の使い方をするのも大事。 例えば、安い野菜を買ったら肉は良いものを買う、食費が節約できたら美容に使うお金を増やすなどのようにメリハリをつけてみてはいかがでしょう。 もしくは、順調に節約できたら「半年に1度高級レストランでディナーをする」といった自分へのご褒美を用意して、節約モチベーションを上げるのもGood! 一人暮らしの節約術:費目の無駄をなくす 水道代の節約術• 節水機能付きのシャワーヘッドに付け替える• 食器洗いをする際は水を出しっぱなしにしない• トイレの水を流す際は「大」と「小」を使い分ける 一人暮らしの節約術3)家賃交渉で住居費を削減 現在住んでいる住居の家賃は、契約更新のタイミングで大家さんに交渉すると値下げの可能性があります。 ただし、「入居前と比べて共用スペースに明らかな劣化があるなど物件価値が落ちている」「住居の目の前にビルが建って日当たりが悪くなったなど周辺環境に変化がある」といった事実がないと交渉は困難。 また、無理な交渉をしつこく続けると、大家さんとの関係が悪化して住みにくくなるため、一般常識の範囲で実践をしてください。 一人暮らしの節約術4)自炊で食費を節約 一人暮らしで食費を節約したいなら、外食を減らして自炊する必要がありますが、いきなり「毎日3食自炊」するのは難しいですよね……。 まずは1週間に1回、夕飯だけ自炊をするなど、少ない回数から始めて、慣れてきたら徐々に増やしていけば、無理なく習慣化できますよ。 一人暮らしで仕事をしていて平日に時間がない方は、土日にまとめて料理を作り、冷蔵・冷凍保存するのもおすすめ。 また、食材を安い時にまとめ買いする節約術も効果的ですが、一人暮らしの場合は食べきれないことも多々あるため注意が必要です。 食材を買いすぎたら、冷凍保存して無駄にならないような工夫をしましょう。 献立もスーパーで安くなっている食材をベースに考えると節約効果あり。 また、次のような比較的価格変動の少ない食材を使ったレシピのレパートリーを増やしておくのも大事なポイントです。 価格変動の少ない食材 レシピ もやし 野菜炒め・ナムル・焼きそば じゃがいも カレーライス・ポテトサラダ・肉じゃが 卵 オムライス・オムレツ・卵スープ 豆腐 麻婆豆腐・肉豆腐・豆腐ハンバーグ 鶏胸肉 照り焼き・蒸し鶏・親子丼 サバ 塩焼き・味噌煮・炊き込みご飯 さらに一人暮らしの食費の節約術について知りたい方はこちらの記事もおすすめ! 一人暮らしの節約術5)定額制サービス利用で趣味費を節約 本・雑誌を月に数十冊も購入してしまう、毎日のようにレンタルショップで海外ドラマや映画のDVDを借りてしまう……。 一人暮らしで特定の趣味にお金がかかっている方は、毎月の趣味費よりも安い価格の定額制サービスを利用することで節約につなげられます。 動画や電子書籍などの定額制サービスは無料お試し期間を設けていることが多いため、一度入会してみて、その期間でどれだけ趣味費を節約できたか計算してみるとよいでしょう。 しかし、定額制サービスは「あまり使っていないのに何となく毎月支払っている」という事態におちいりがちです。 定期的に利用頻度や自分にとって価値のあるサービスか見直すのもポイント。 一人暮らしの節約術6)やめることを見つける 習慣化していることについては、本当に自分にとって必要か定期的に見直しをする必要があります。 例えば、さぼりがちなスポーツジムや、付き合いではじめた習い事など……。 「何となく続けている」ことがあれば、やめるだけで雑費の節約になりますよ。 一人暮らしの女性なら、美容院でヘアカラーをしてもらったり、ネイルサロンに通うことをやめて、自分ですれば美容費の節約に! 一人暮らしの節約術7)保険の見直しで保険料を削減 一人暮らしで保険に加入しすぎていると、生活が圧迫され、貯金が増えない原因になりかねません。 加入している保険に優先順位をつけ、低いものは解約または保障額の見直しをすると節約につながるでしょう。 一般的に、扶養相手のいない一人暮らしの場合は生命保険の優先順位が低いと言われています。 医療保険も病気やケガで働けなくなった時に当面の生活費をまかなえる程度の貯金があれば、見直しの対象にしても。 節税対策をするのも手 節税対策をして、節約につなげるのもよいでしょう。 節税といっても難しいものばかりでなく、例えばふるさと納税や、生命保険料の控除、個人型の確定拠出年金(iDeco)などがあります。 また、一人暮らしの身近な節税対策なら「セルフメディケーション税制」もおすすめ。 ドラッグストアなどで購入した湿布や風邪薬の購入金額が1万2,000円以上の場合は、医療費控除の対象となります。 詳しくは厚生労働省のホームページでチェックしましょう。 何気ない習慣を改善するだけで、節約につながります。 ここで紹介する改善方法を今日から取り入れてみてください。 即効性はありませんが、ジワジワと効いてくることでしょう! 一人暮らしの節約術8)お金は必要最低限の額しか持ち歩かない 「週1回だけ10,000円を銀行から引き落とす」というルールを設ければ、無駄遣いが減って節約につながります。 高額な商品を買う時以外はキャッシュカード・クレジットカードを持ち歩かないようにするのもよいでしょう。 さらに無駄遣いを減らしたい場合は、給料が入ったら「食費」「交際費」など費目分の封筒を用意して分けてください。 一人暮らしの節約術9)買い物リストで無駄買いを防止する 日用品や食材を買い物に行く前に、収納スペース・冷蔵庫内の在庫をチェックし、必要なものを書いて、 「買い物リスト」をつくってください。 買い物中は、リストに集中するため、無駄なものを手に取らなくなるだけでなく、買い忘れも防止できて時間の節約にもなりますよ。 一人暮らしの節約術10)誘惑の多い場所に行かない コンビニやショッピングモール、デパートなど……。 自分の好きなものがある場所に行くのを意識的に避けると、衝動買いを防げて、節約になりますよ。 もしコンビニなどに行っても、「3分以内にお店を出る」という制限時間を設けると、無駄遣いしにくくなります。 また、ネットショップを見る回数や時間も制限すると、「つい買っちゃった」なんてことも減りますよ。 一人暮らしの節約術11)お金を使わない日を設ける 衝動買いが癖になっていたり、ついコンビニに寄ってしまったりする方は、「断食」のように 週一でお金を使わない日を設けてみましょう。 節約できるだけでなく、意識的に取り組むことで「支出を抑える」という感覚を身につけられますよ。 また、「金曜日に贅沢ディナーの予定が入っているから、月曜日はお金を使わないようにする」など大きな出費の前の調整に取り入れるのもおすすめ。 一人暮らしの節約術12)ポイントを効率よく貯める 次のポイントを貯めるテクニックを駆使して、少しでも一人暮らしの生活費を節約しましょう! 利用するお店を絞る 利用するお店がバラバラだとポイントも分散されてしまうため、薬局はA店、スーパーマーケットはB店のように店舗を絞るのが正解です。 ポイントが貯まる電気料金プランを選ぶ Tポイントや楽天スーパーポイント、WAONポイントなどが貯まる電気料金プランもあります。 こちらのをチェックしてみてくださいね。 二重取りをする 一度の買い物でポイントを二重に取るテクニック。 例えばポイントカードを提示しつつ、ポイント還元のある電子決済をすれば、二重にポイントが貯まりますよ。 「ポイントアップ」に踊らされないで! 「ポイント5倍デー!」「この商品を買うと+50ポイント」などポイントアップキャンペーンがあると、ついつい財布の紐がゆるんでしまいますよね。 一人暮らしの節約術13)クレジットカードと上手に付き合う クレジットカードは、よく自分が利用するコンビニ・デパート、鉄道会社などが発行しているものを選ぶとポイントが貯まりやすくなり、節約につながります。 さらに、年会費のかからないものを選ぶようにするとGood。 年会費有料のクレジットカードに入会する際は、ポイント還元率や特典、保険が自分にとって金額以上の価値があるかしっかり検討してください。 クレジットカードを利用する際にも注意が必要。 支払い回数が多くなるほど手数料がかかる「分割払い」、分割払いに比べて手数料の高い「リボ払い」などは選ばず、なるべく一括払いを心がけましょう。 もし、どうしても一括払いができない場合は、分割なら3回払い程度を選び、リボ払いなら余裕のある月に繰り上げ返済してください。 また、クレジットカードによっては利用可能額を自分で決めることができるため、衝動買いしがちな方は引き下げておくとよいですよ。 一人暮らしの節約術14)部屋の整理整頓をする 意外かもしれませんが、 部屋の整理整頓も節約効果があります。 洗面所の収納スペースが散らかっていると在庫管理ができずに同じものを買ってしまったり、冷蔵庫内がごちゃついていると食材を使い忘れて腐らせてしまったり……。 一人暮らしの部屋の整理整頓をしておけば、こうしたロスを防げるんですよ。 節約といっしょに「先取り貯金」にも挑戦してみましょう! 給料が入ったら、まず確実に貯金する額を引き出し、別口座に振り込んでください。 別口座に移したお金には手をつけにくくなるため、「いつの間にか貯金が減っている」という失敗も減りますよ。 引き落としが一定期間できない、定期預金を活用するのもよいでしょう。 このように、節約だけでなく、自然に貯金ができる仕組みづくりをするのもポイントです。 一人暮らしの平均貯金額や上手な貯金の増やし方を知りたい方は、こちらの記事も参考になりますよ。 一人暮らしの人が実践している節約術 一人暮らし経験者のみなさんに、おすすめの節約術を教えてもらいました!一人暮らしの方が実際に行なっている節約術だから、挑戦しやすいはずです。 一人暮らしの人が実践している「食費の節約術」 作り置きをしたり、ペットボトル購入を控えたり……。 飲食は毎日することだから、積み重ねていけば節約額も大きくなりそうですね! 休日にまとめて料理を作り置きしています。 3日分の材料費は600〜700円くらいなので、食費の節約につながっていますね。 また、比較的安く店頭に並ぶ季節の野菜をメインに献立を考えるのもコツ。 (Oさん) 水筒に水やコーヒーなどを入れて出勤。 ペットボトル飲料を買わなくなったため、節約につながっています。 (Fさん) 一人暮らしの人が実践している「固定費の節約術」 つづいては、光熱費や通信費など固定費の節約術をご紹介します。 スマホを大手キャリアからY! mobileに替えたら、月々の支払いが9,000円から4,000円まで節約できました。 一人暮らしで5,000円も通信費を節約できるのは大きい!(Nさん) 冬の電気代を節約するため、毛布にくるまって、エアコンをなるべく使わないようにしています。 (Sさん) スイッチ付き電源タップを取り入れて、待機電力分の電気代を節約。 夏は寝る時に氷枕を敷いて、なるべくエアコンを使わないようにしていました!(Yさん) 一人暮らしの人が実践している「その他費目の節約術」 書籍代をセーブするなど、みなさんがコツコツとがんばっている節約術を教えてもらいました。 図書館で本を借りて、書籍代を節約しています。 一人暮らしだと書籍代も軽視できませんよ。 (Eさん) 銀行のATMは手数料が無料の時しか使わないようにしています。 利用している銀行の引き出し手数料は110円と少額ですが、毎回取られると負担も大きくなりますよ。 (Mさん) 一人暮らしの節約は「習慣化」がカギ 一人暮らしの節約術はいかがでしたか? 貯金は2〜3日で増えません。 ここで紹介した一人暮らしの節約術をコツコツ続け、習慣化することが大事です。 お金と上手な付き合い方をして、一人暮らしの節約ライフを楽しんでくださいね! エネチェンジで電気料金プランを比較診断! 光熱費の多くを占めている電気代を節約して、少しでも生活に余裕ができたら嬉しいですよね!そのために、今すぐ一番お得になる電気料金プランへ見直しをしましょう! 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

【貯金方法】7つのコツ!1000万円貯める節約術とは [預金・貯金] All About

貯金 節約

この記事のポイント• 家計の見直しは固定費の節約から始める。 固定費の見直しは、一度実行すれば節約効果が持続する効率的な家計改善法。 確実に貯金するには「先取り貯金」で最初にお金を貯金に回す。 簡単に家計の把握・管理ができる家計簿アプリをうまく活用する。 この記事は約8分で読めます。 貯蓄をふやすには、収入を増やすか、節約して支出を減らすか、あるいはその両方の対策が必要となります。 このうち優先したいのは、 家計の見直しによる節約・支出の削減です。 収入には税金がかかるため、増えた分がそのまま手元に残るわけではありません。 一方税金が差し引かれた残り(手取り収入)から出ていく支出は、減らせた分だけそのまま手元に残ります。 つまり、 同じ金額であれば、収入を増やすよりも、支出を減らしたほうが、効率よくお金を貯金に回せるようになるのです。 ただし、無理な節約では日々の生活がつらくなり、長続きしないため、好ましくありません。 この記事では、無理のない効率的な家計の見直し方、長続きする節約のコツをご紹介します。 支出には変動費と固定費がある 家計の支出項目は大きく「 変動費」と「 固定費」に分けられます。 変動費は、食費や日用品、被服費、娯楽費など 毎月支出額が変動する費用。 固定費は、住居費(家賃・ローン)や水道光熱費、通信費、保険料など 毎月必ず支払いが必要な費用です。 そのほかには、冠婚葬祭費や家具・家電購入費など、不定期に発生する一時的な支出項目があります。 変動費:食費・日用品費・被服費・美容費・娯楽費・交通費・医療費・交際費・こづかい• 固定費:住居費・水道光熱費・保険料・通信費・教育費・自動車関連費・ 税金 固定費の見直しは節約効果が大きい 節約というと、食費を削ったり、電気をこまめに消したり、外食やレジャーを控えたりと、変動費を減らすイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。 変動費の節約は、我慢すればある程度の効果がすぐ出る反面、常に節約を意識しなければならず、生活が窮屈になったり、ストレスを感じ長続きしにくい傾向があります。 それに対して固定費は、自動引き落としなどで無意識のうちに支払っていることも多く、手付かずになりがちです。 確かに固定費の見直しは、変動費の見直しに比べ手間はかかります。 しかし 一度の見直してしまえばその後も節約効果が持続し、生活をあまり変えず大きな節約効果が期待できます。 まずは固定費の見直しで毎月出ていく支出を減らし、その後に無理のない範囲で変動費を減らしていく。 これが長続きする効果的な家計の見直しのポイントです。 住居費(家賃・住宅ローン)• 保険料• 通信費• 光熱費(電気・ガス)• 自動車関連費(ローン・維持費) 住居費(家賃・住宅ローン) 住居費(家賃、住宅ローン)は通常、固定費の中で最も大きなウエイトを占める支出項目です。 【持ち家】住宅ローンの借り換え 住宅ローンを返済中で次のような条件をすべて満たしている場合、ローンの借り換えによって返済負担が軽減される可能性があります。 【住宅ローン借り換えの目安】• 返済期間10年以上• ローン残高1000万円以上• 借り換えにより1%以上借入金利が下がる 借り換えを検討する際には、固定金利と変動金利の違いや、借入にかかるコストなどを考慮し、事前にシミュレーションを行った上で判断することが大切です。 最大300万円の節約も!? 今の住宅ローンを借換することで数百万円単位での節約の可能性もございます。 住宅本舗比較サービスは簡単な希望や条件を入力するだけで、80金融機関の中から現在のお借入内容と比較していくら安くできるのかを簡単に比較検討することができます。 試してみる価値はあるサービスです。 【賃貸住宅】引っ越し・家賃交渉 賃貸住宅にお住まいの方であれば、家賃の安い物件に引っ越すという方法があります。 また、周辺の同じような間取り・築年数の物件の家賃相場に比べ今の家賃が高ければ、家賃交渉により家賃を下げられる可能性もあります。 必ず下がるというものではありませんが、交渉してみる価値はあります。 保険料 保険は家の次に高い買い物とも言われ、見直しによる効果が期待できる支出項目です。 生命保険料(生命保険・医療保険など) 生命保険や医療保険については、遺族年金や障害年金、健康保険などの公的保障と保有している資産、家計の状況などを考慮した上で、 保障が過大になっていないかを確認し、 適切な保障額となるよう見直しを行います。 終身保険や養老保険など貯蓄性の高い保険は、保障額に対して保険料が割高となるため、それが家計を圧迫する原因である場合には、貯蓄性保険の割合を減らしたり、掛け捨て型保険へ切り替えることで、保険料負担を軽減できます。 また同じ保障内容であっても、保険会社によって保険料は異なるため、 複数の保険会社を比較して見直す ことがポイントです。 損害保険料(火災保険・自動車保険など) 火災保険や自動車保険などの損害保険についても、まずは 適切な補償内容・契約条件となっているかを見直し ましょう。 マンションの上層階の水災補償(火災保険)や、古くてほとんど価値のない車の車両保険(自動車保険)など、必要のない補償を外すことで保険料を節約できます。 また補償の重複がないかを確認し、重複があれば解消しましょう。 重複しやすい補償 火災保険と自動車保険、 2台以上の自動車保険間での重複 個人賠償責任特約 2台以上の自動車保険間での重複 人身傷害保険(車外補償) ファミリーバイク特約 生命保険同様、保険会社によって保険料は異なるため、 複数の保険会社を比較して見直す ことがポイントです。 光熱費(電気・ガス) 電気料金 2016年4月からは電力自由化によって契約する電力会社を選べるようになり、 電力会社の切り替えによって電気料金を節約できる可能性があります。 また電力会社を変えない場合でも、 契約プランや契約アンペア数の見直しによって基本料金を下げる方法もあります。 ガス料金 家庭用のガスには 都市ガスと プロパンガス(LPガス)があります。 このうちプロパンガスの料金は、もともと割高であるうえ、業者が自由に決定できるため、1つの業者が独占状態にある地域などでは、相場に比べガス料金が高く設定されている傾向があります。 場合によっては、同じような使用条件で都市ガスの2倍近い料金であることも少なくありません。 プロパンガスを使っている方は、まずはお住まいの地域の相場を確認してみましょう。 もし相場よりも高い場合には、相場を根拠に交渉することで料金を下げてもらえる可能性があります。 2017年4月からはガス自由化によって、都市ガスを利用できる地域ではガス会社を選べるようになっており、 ガス 会社の切り替えによってもガス料金を下げられる可能性があります。 自動車関連費(ローン・維持費) 車を保有するには、維持費としてガソリン代や駐車場代、自動車保険料、税金など、またローンで購入した場合にはその返済費用が固定費としてかかります。 そのほか車検費用やメンテナンス費用などもかかり、見直しができれば大きな節約効果が期待できる支出項目です。 まずは 車を保有する必要性があるのか、2台以上車がある場合には 台数を減らせないか、 レンタカーやカーシェアリング、タクシー、公共交通機関などで代用できないかを考えてみましょう。 使うたびに料金がかかるレンタカーやタクシーなどは一見高く感じるかもしれませんが、ほとんど使わない車を保有し続けるほうが、トータルでは高くつくケースが多いと言えます。 住んでいる地域や何らかの事情で車がなければ生活できないような場合を除けば、 車を持つことにこだわる必要はないと言えます。 先取り貯金とは、 毎月の手取り収入からその月の固定費と貯金分を先に差し引き、残ったお金で変動費(生活費)をやりくりする方法。 貯金分に差し引いたお金は、貯蓄専用口座に移すなど生活費とは分けて管理します。 これにより、お金を使いすぎて貯金に回すお金が残らないということがなくなります。 また、差し引いて残ったお金はすべて生活費として使えるため、貯金に回すお金を残さなければならないというストレスがなくなり、生活費として残ったお金のやりくりだけに専念できます。 結果としてお金が余れば、少し贅沢したりする余裕も生まれます。 今はスマホで利用できる家計簿アプリがあり、家計の状態を把握するために必要な家計簿を簡単につけられるようになりました。 機能性や使いやすさから私がおすすめするのは「 マネーフォーワードME」「 Zaim」の2つです。 いずれも登録した口座やクレジットカードの出入金を自動で家計簿に反映する機能があり、入力するのは現金払いなど一部の支払いのみ。 手入力が必要な支払いも、レシート撮影による読み取り機能で簡単に入力ができます。 入力した情報は項目ごとに自動的に集計、グラフ化されるため、視覚的にわかりやすく家計の状況を把握できます。 また予算機能によって、各支出項目ごとに今月あとどのくらいお金を使えるのか、リアルタイムで確認しながらやりくりしていくことができます。 ご自身の家計と比べながら、見直しのイメージを掴んでいただければ幸いです。 今回は変動費(生活費・こづかい)にはあまり手をつけておらず、見直し後も生活水準はほとんど変わっていません。 そのため、今後変動費をうまくやりくりできるようになれば、さらに貯金額を増やすことも可能といえます。 家計の見直しと節約術に関するまとめ 貯金のできる家計となるためのポイントは、 固定費の見直しにあります。 固定費の見直しには手間もかかりますが、一度見直しを実行すれば節約効果が持続し、効率よく家計を改善できます。 まずは家計簿をつけ、家計の状況を把握することから見直しを始めましょう。 家計の悩みはプロに相談してスッキリ解決! 「保険チャンネル」は、リクルートが運営するサービスで、お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に「家計」はもちろん、「保険の見直し」「老後資金」「教育費・子育て費用」について無料で何度でも相談できるサービスです。 大手企業が運営しており安心して利用できますのでぜひご検討ください。

次の

年間100万貯金節約ブログ

貯金 節約

節約生活 貯金1000万円貯めた超節約術へようこそ 節約生活で貯金1000万円を貯めたキッカケは? 節約ってケチなイメージがありますがケチとは全然違います。 また、その人のコトを言います。 節約とは、目標や夢に向かって使うのための大事なお金を有効にする為に行う行為だと思います。 ですから、人によっては、 ・新車がほしい。 ・子供を有名大学に進学させたい。 ・老後のために貯金したい。 ・・・etc。 人それぞれ色々な夢や目標があって節約を行うと思います。 私が節約で1000万円貯金をしたキッカケは、マイホームの頭金です。 4年と3ヶ月の節約生活で貯金1000万円貯めた節約術をご紹介したいと思います。 気になる節約術がありましたらご参考にしてください。

次の