アズレン スキル。 【アズールレーン】スキル強化おすすめキャラと効率良く上げる方法【アズレン】

『アズールレーン』キャラのスキルとスキル強化基礎知識『アズレン』

アズレン スキル

与えたダメージの20. 一度の戦闘で一回しか発動できない 同上 【 救助活動】 味方艦が戦闘不能になった時30. 自身耐久が3. 自身耐久が3. 一度の戦闘で一回しか発動しない。 一度の戦闘で一回しか使用できない. 重巡 該当キャラ無し 戦艦/巡戦/砲艦/航戦 キャラ 艦種 スキル 【 最強の盾】 30秒毎に発動。 8秒間主力艦隊が受けるダメージの50%を身代わりする。 その後受けたダメージの20. また、自身がダメージを受けたときに、航空攻撃(弾幕はスキルレベルによる)を行う。 この航空攻撃は20秒に一度しか発動できない 工作 該当キャラ無し 味方回復のスキル一覧 駆逐 キャラ 艦種 スキル 【 呉の雪風】 自身が戦闘可能である限り、主力艦隊の受けるダメージが3. ーー戦闘前にお茶会はかかせません! 重巡 該当キャラ無し 戦艦/巡戦/砲艦/航戦 キャラ 艦種 スキル 【 白鷲の黒い涙】 主砲発射時50. 空母/軽空母 キャラ 艦種 スキル 【 百華蜜】 自身の航空攻撃時、30. 戦闘可能な耐久が一番低い味方艦船の耐久を、その船の最大耐久の2. 【 支援空母】 自身の航空攻撃後、前衛艦隊の耐久を3. 【 支援空母】 自身の航空攻撃後、前衛艦隊の耐久を3.

次の

【海域攻略】ジャンヌダルクの価値

アズレン スキル

ジャンヌが非常に面白いキャラだと感じたので、これについて書いていこうと思います。 海域攻略で使いやすいし、演習でも一航戦をメタれる点で面白いと感じます。 ただ一航戦に刺さるとはいえ、すでにいないも同然なので主な運用は海域攻略になるかなと思います。 特に13-4ボス編成がより安定するようになった点は個人的に大きいです。 《神聖なる祈り》 このスキルがジャンヌのすべて 耐久の6%分のバリアを前衛全員に張ることができ、バリアの耐久値を超えた分は無敵状態に入ることにより無効化できます。 おそらくこの編成でS勝利を逃すことはない気がします 安全海域の話。 ジャンヌのタイムテーブルが空母と良く合うため、想像以上に前衛が生き残るようになりました。 空母は約20秒間隔で発艦します。 航空攻撃中は敵がいなくなるため、前衛はほとんどダメージを受けません。 ジャンヌのスキルは10秒後、30秒後、50秒後のように、航空攻撃の間を埋めて前衛を保護してくれます。 <参考動画> 13-4 withジャンヌ — Nardin Nardin1618 ジャンヌのおかげで、先頭キャラが落ちてS勝利を逃すパターンをなくせるのがいいですね。 なおウォスパの装填を上げておくと、が生き残ったパターンのーが速いメリットがあります。 手動ならバリアの無敵時間を生かして魚雷接射も行えます。 ジャンヌは某海域ティア表の評価がT2ですが、個人的にT0です。 最近のイベントで配布されるポイント交換キャラはどれも強い気がします。 おまけ(リシュ姉の話) 同時に実装されたですが、演習環境を変えるほどではないかなと感じました。 一番の理由はバフを生かせるキャラがいないからです。 唯一の候補はサンルイですが、それでも吾妻でいいかなと思いました。 前衛は吾妻・ジュノー・が完成されています。 はスキル的に旗艦運用となるため、グッスタ編成に組み込まれます。 は非常に高い性能がありますが、それでもFDGとウォスパの演習適正を超える域にはないと判断しています。 その次にくるぐらいには強いのですが。 演習において虹砲を扱えるかは重要なファクターです。 強化ではなく強化であればもっと強かったかもしれません。 には「破甲効果」があるため、虹砲を複数積む価値があります。 また、は開幕ガチャが仕掛けられるため、これを重要視するなら組み込む理由になります。 個人的にはガチャを仕掛けないといけない時点で負けなので、この点の評価は低いです。 (上振れ編成はその魅力があるので、好きな人は使うと思います) 計画艦3期でのバフを生かせるキャラが来たらワンちゃんあるかなぐらいに感じています。 でもが有効な海域では無双しそうです。 すでにしてるかも uniheraction1618.

次の

【アズールレーン】スキル強化おすすめキャラと効率良く上げる方法【アズレン】

アズレン スキル

『アズールレーン』キャラのスキルとスキル強化基礎知識『アズレン』 キャラクターはそれぞれ独自のスキルを所持し、戦闘中に条件を満たすことで自動的にスキルを使用します。 ここではキャラのスキルについて、その基礎知識を解説しています。 キャラのスキルを知り、教科書でスキルを強化しよう スキルとは各キャラが固有で所持している能力のことで、戦闘中スキルごとに決まった条件を満たすと自動的に発動します。 スキルは大まかに攻撃スキル、防御スキル、支援スキルの3種類に分けられますが、各系統で様々な効果が存在するので各キャラのスキルを一度は確認しておくようにしましょう。 スキルを複数所持しているキャラでアイコンが暗くなっているスキルは、限界突破していくことで開放されていくスキルです スキルはレベルをアップさせることで発動率や効果を上昇させられるものが多く存在します。 レベルアップが可能なスキルは最大10までレベルアップでき、 レベルアップには「教科書」を使用します。 「教科書」は各系統(攻撃スキル、防御スキル、支援スキル)によってそれぞれT1~T3のグレードが存在し、高いグレードの教科書を使用すればスキルレベルを上げるためのスキルEXP(経験値)が多く獲得できる仕組みになっています。 また、レベルアップしたいスキルと同系統の「教科書」を使用すると、入手スキルEXPにボーナスが加わるので、基本的には同系統の教科書を使用しましょう。 学習完了までには一定の実時間が必要なのでのんびり待ちましょう スキルには独自のルールが存在し、同名のスキルや同じスキル効果を持つキャラが複数同艦隊にいる場合、各スキルごとにその中でもっとも効果の高いスキルのみが発動します。 しかし、スキル効果が同じでも効果対象が異なる場合、対象となったキャラはもっとも効果の高いスキルの恩恵を受けます。 ここは少々分かり辛いので、下に例を出してみました。 例:同名スキルの場合 「装填司令(Lv1)」を所持するキャラと「装填司令(Lv3)」を所持するキャラが同艦隊にいる場合、最も効果の高い「装填司令(Lv3)」のみ発動し、「装填司令(Lv1)」は発動しない。 例:同名ではないがスキル効果が同じで対象が異なる場合 前衛艦隊に駆逐艦、軽巡洋艦、重巡洋艦が各1キャラずつ編成されている状態で、駆逐艦のみに効果を発揮する「装填指揮・駆逐艦(Lv3)」を所持するキャラと駆逐艦を含む前衛艦隊全体に効果を発揮する「装填指揮・前衛(Lv1)」を所持するキャラが同艦隊にいる場合、駆逐艦には「装填指揮・駆逐艦(Lv3)」の効果が発動し、「装填指揮・前衛(Lv1)」の効果は発動せず、軽巡洋艦と重巡洋艦に対して「装填指揮・前衛(Lv1)」の効果が発動する。 一応こちらも例を出しておきました。 例:個別に効果が適応される場合 「装填指揮・駆逐艦(Lv2)」を所持するキャラと「快速装填(Lv1)」を所持するキャラが同艦隊にいる場合、どちらも装填速度が上昇する効果だが、スキル名や効果対象が異なるためどちらも発動し、それぞれの恩恵を受けることができる。 先々のステージへ進んでいくとスキルも重要な攻略要素のひとつとなってくるため、こうした スキル運用に関するルールや法則、そしてスキル効果などを知っていくことはとても重要です。 ltd All Rights Reserved. All Rights Reserved.

次の