名倉祐樹。 中野美奈子の旦那・戸谷祐樹の仕事は医師!シンガポール在住時代のセレブっぷりがやばい!

南山堂|臨床薬学|災害薬学

名倉祐樹

狭い場所やザイルというものを使って降りる場所を通り、約3時間後に入り口から1. 6キロほどの奥にある地底湖へと到着しました。 地底湖の大きさは、直径約25メートルで水深約30メートルです。 その後、名倉さんが一人で救命胴衣や命綱もつけずに調査のために地底湖に入りました。 他の人たちが声を掛けながら岸壁などを調査しましたが、突如名倉さんの声が聞こえなくなり、行方不明となってしまいます。 そして、洞窟を抜けた残りのメンバーは救助を要請しました。 県警機動隊や岡山大学ケイビングクラブなどがゴムボートなどを使って捜索しましたが、名倉さんを発見していません。 そして、捜索は打ち切りとなってしまっています。 事件に関連する人物とその行動とは 地底湖行方不明事件は、名倉さんが発見されていない上に、関連人物も逃亡しているということで詳しい報道もされぬまま真相はハッキリしていません。 しかし憶測ではありますが、この洞窟探検サークルは女性の割合がそれなりに多かったというところが分かっています。 実際逃げ回っている部長や副部長は女性です。 こういったところから地底湖行方不明事件の真相は、実は恋愛関係のもつれではないかという推測があります。 男女比は15:10だったそうです。 何かしら人間関係でのいざこざがあった可能性はあるでしょう。 殺人なのか事故なのかも詳細は分かっておりません。 しかし逃亡しているというところなど地底湖行方不明事件が謎が多いのは事実です。 地底湖行方不明事件のその後.

次の

岡山県の地底湖で探検部の大学生が失踪した事件について出来る限り詳しく教え...

名倉祐樹

事故として処理された事件性の高い不気味な事件 この「岡山地底湖行方不明事件」が起きたのは2008年1月5日で、午後6時15分頃に警察に高知大学学術探検サークルのメンバーから「地底湖でひとりが溺れた」と通報があったことで捜索が始まります。 高知大学学術探検サークルは事故のあった「日咩坂鍾乳穴 」にはよく探検に行っていたようですが、この日はサークルメンバーや社会人など13人が新見市に集まっており、その内顔見知りのサークルメンバー5人で午前11時半頃から探検に向かい、2時頃半に 名倉祐樹さんが鍾乳洞奥の地底湖で泳いでいた最中に急に姿が見えなくなったということでした。 警察は30人体制で捜索を開始ししましたが、鍾乳洞は奥行1600メートル、高さ15メートル、幅7メートルの洞窟で、途中には人一人がやっと通れる隙間や、首あたりまで水につかる難所があり、捜索は困難を極めることになります。 2018年6月23日にタイの鍾乳洞でサッカーチームの少年と顧問が遭難し、世界のダイバーが集結して助け出すという「タムルアン洞窟の遭難事故」がありましたが、この事故で鍾乳洞の怖さを知った人も多いでしょう。 そして「日咩坂鍾乳穴 」は天然記念物に指定されていて非常に危険な構造のため、立ち入る際には新見市への許可を取らないといけませんでしたが、サークルメンバーは許可を取らずに入っていました。 必死の救助活動も名倉祐樹さんは見つからず 救助隊員が「3本の指に入る」と語る難所だった 「日咩坂鍾乳穴 」で名倉祐樹さんの救助活動に当たった岡山県警機動隊の田村吉永警部補は「16年のキャリアの中でも3本指に入る大変さだった」と語っています。 鍾乳洞の奥は光が届かないため、ライトを持っていかなければ何も見えない暗闇であり、夜も昼も関係ないことから名倉祐樹さんの救助活動は夜を徹して行われました。 鍾乳洞内は前述のような過酷な地形であり、名倉祐樹さんを救出した際に食料として与えるためのビスケットも胸ポケット内で粉々になるほどほふく前進が必要な箇所もあり、二次被害が不安視される中でも懸命の救助が続けられました。 鍾乳洞内部の地形に詳しい高知大学の探検サークルOBも救助に協力し、5日間におよぶ捜索が続きましたが、名倉祐樹さんは結局見つからずしまいで10日に搜索が打ち切られました。 「岡山地底湖行方不明事件」の真相.. 救助隊の指揮を執った秋山吉由副隊長は隊員らの勇気に敬意を表しながらも「学生を見つけられなくて無念」とコメントを残していました。 通常であれば、名倉祐樹さんは鍾乳洞内での事故死で片付けられてしまうところですが、この事故が「岡山地底湖行方不明事件」と呼ばれるようになるのは、捜査が打ち切られた10日以降に、ネット上でサークルメンバーらが不可解な動きをし始めたからでした。 ネット上で「不可解」とされているサークルメンバーの行動を列挙したものが以下になります。 入洞届を提出してない• 5人いたのに地底湖で泳いだ(泳がされた)のは被害者の1人だけ• 溺れるところを誰も目撃してない• 溺れた時の状況説明がニュースソースによってコロコロ変わる• 「タッチした」という声は聞こえたのに、助けを求める声などは一切聞こえなかった• 救助活動を行わず現場に誰も残さないまま全員帰ってきた• 「探検に必要な装備は備わっていた」と強調• 遭難事故では隊長が記者会見するのが普通だが、逃げ回って記者会見をしない• 探検部のページから「部長 白米美帆」「副部長 伊藤智子」の名前を真っ先に削除• いつもは行き過ぎた報道合戦を行うマスコミが今回は部員に全く取材を行わない• 被害者の知人を名乗る人物が高知大学のリモートホストから2ちゃんに削除依頼• 被害者のmixiに勝手にログインしてプロフィール・日記を改竄• 引用: ここからは、名倉祐樹さんがサークルメンバーらの計画的殺人の可能性を示す、ネット上で解き明かされた真相についてご紹介していきましょう。 名倉祐樹さんは1人だけ地底湖で泳がされていた? 地底湖は奥行20メートル、深さ30メートルという非常に大きなもので、事件の当日もサークルメンバーが 名倉祐樹さんだけ衣服を着たまま地底湖で泳いでいたと証言していました。 そして、名倉祐樹さんが地底湖の奥の壁に「タッチ」と叫んだところまでは声が聞こえていたと答え、その後声と姿が見えなくなったと証言しています。 名倉祐樹さんは溺れていたのであれば水面で激しく暴れ、「助けて」などの叫び声を挙げていたはずですが、サークルメンバー全員は誰もそうした声を聞いていませんでした。 考えられることは、地底湖には湖面からは分からない支流の穴が水面下に空いており、ちょうど名倉祐樹さんが到達したあたりに支流に吸い込まれる急流が発生していたのかもしれません。 もし名倉祐樹さんがそうした支流に巻き込まれていたのなら、声を挙げる余裕もなくあっという間に吸い込まれたとも考えられます。 しかし、仮にこれが真相だとしたら、ネットで疑われているようなサークルメンバーが計画的に名倉祐樹さんを殺害したということは考えられなくなります。 予め確実に殺害が可能な支流があることをサークルメンバーが知ることはできないからです。 そうなると、名倉祐樹さんはお酒を飲んで酩酊状態になっており、泳いだことで血流が早くなってアルコールが全身を駆け巡り気分が悪くなってブラックアウトに近い状態で溺れたのかもしれません。 部長・白米美帆と副部長・伊藤智子はメディアへの露出を頑なに拒む 白米美帆と伊藤智子は頑なに露出を拒んだ 名倉祐樹さんの救出活動が続いている間、報道では入洞した人数が5人や4人、13人と度々訂正され、サークルメンバーが積極的に証言に協力している様子が伺えない状況でした。 サークルメンバーは入洞にあたって「万全の装備を整えていた」と証言しましたが、名倉祐樹さんが地底湖で行方不明になってから救助を求めて地上に戻る際に現場に誰も残さず、さらに命綱と言えるロープを回収してきたと言われています。 鍾乳洞は光が届かないため暗黒の世界であり、起伏が激しいことから来た道を辿るロープやワイヤーなどがなければ内部で迷ってしまい、簡単に命を落としてしまう世界だと分かっておきながら、 名倉祐樹さんを残して全員が外に出たということは死んだことを確信していたと取られても仕方がありません。 名倉祐樹さんのことを心から心配している仲間であれば、部長である白米美帆さんや副部長の伊藤智子さんは記者会見などで状況説明をするのが筋だと思いますが、後ろめたいことがあったようでメディアへの出演を頑なに拒んでいました。 そして、さらにふたりはサークルメンバーと関係が悪いことを示すであろう証拠が残っていたSNS「mixi」の名倉祐樹さんの日記などをすべて削除してしまいます。 部長・白米美帆がmixi上の名倉祐樹さんの日記を削除 白米美帆と伊藤智子は証拠隠滅に走った? 名倉祐樹さんの捜査が打ち切られた直後に、「mixi」上で名倉祐樹さんのプロフィールが発見されネット民が注目し始めたことから白米美帆さんと伊藤智子さんは探検部のホームページから名前を削除しました。 名倉祐樹さんは本名で「mixi」に登録していたことから、事件で報じられた際に簡単に特定されていました。 さらに名倉祐樹さんのマイミクシィなどから情報を辿り、部長である白米美帆さんのプロフィールまで特定されてしまいます。 白米美帆さんのプロフィールのニックネームは、名倉祐樹さんの捜索中は「はくさん」となっていましたが、搜索が打ち切られた直後から「うすた」に変わっていました。 この「うすた」のプロフィールを見ると白米美帆さんだと簡単に特定できる情報が書かれており、マイミクシィの紹介欄には「アグレッシバーはくまい」と呼ばれていたことなど書かれています。 名倉祐樹さんの「mixi」プロフィールについて「2ちゃんねる」などで盛り上がっていたため、白米美帆さんが慌ててニックネームを変更したと言われています。 白米美帆はマイミクから名倉祐樹を外した 白米美帆さんは何らかの方法で取得した名倉祐樹さんの「mixi」アカウントのIDとパスワードでログインし、名倉祐樹さんのマイミク一覧から自分を外しました。 白米美帆さんが何度も名倉祐樹さんのアカウントにログインを繰り返していたことが分かっており、名倉祐樹さんのニックネーム「クラさん」から「ホワイト」に変え、プロフィールを大部分を削除し、日記に証拠隠滅したい後暗いことが書かれてあったのか、日記もすべて削除されていました。 しかし、「2ちゃんねる」でマイミクから外したことが指摘されると、白米美帆さんはこっそりとマイミクを元に戻していましたが当然バレていました。 こうした白米美帆さんの行動があまりに不自然なため、「絶対に何かを隠している」とネット上で囁かれるようになりました。 探検サークルの実態はとんでもなかった 探検サークルの実態がバレるとまずかった? 左の画像は探検サークルのメンバーのブログですが、書かれてある内容から非常にマナーが悪くて倫理的に異常で、無謀で危険なことを繰り返していたことが伺えるようです。 前述のように高知大学探検サークルは鍾乳洞内で飲み会をしていたようですが、ブログではクリスマスイブに入口からリレーして洞窟奥に持ってきたケーキを食べたと書いており、鍾乳洞の環境には最悪なことをしていると認める記述があります。 サークルは鍾乳洞の最深部で飲み会をして泥酔した状態で危険な遊びをしたり、 男女ともに裸になって羽目を外すなど乱痴気騒ぎをしていたと言われています。 名倉祐樹さんが行方不明になった事件で、サークルの活動実態が世間に明るみになれば就職活動に影響する可能性が高かったことから白米美帆さんが証拠隠滅をした可能性もあります。 また、サークルのメンバーは男性が15人、女性が10人で非常にサークル内恋愛が起きやすい環境にあったため、痴情のもつれから名倉祐樹さんは事故を装って殺害されたとも言われています。 どちらにしても、白米美帆さんをはじめとしたサークルメンバーは世間に言えないような後暗い活動をしていたことは間違いないようです。 「岡山地底湖行方不明事件」部長・白米美帆と副部長・伊藤智子の現在 白米美帆は「人形劇団京芸」に在籍していた 白米美帆は「人形劇団京芸」に在籍している? その後、ネット民は白米美帆さんと伊藤智子さんの現在の様子を追いましたが、京都の劇団「人形劇団京芸」に所属していることが分かっています。 「人形劇団京芸」のホームページの「団員日誌」に白米美帆さんという同姓同名の女性が在籍しており、趣味の項目に「洞窟探検」とあったため、発見者が問合わせたところ即座にその情報が載っていた記事は削除され、コメント機能も閉鎖されてしまったようです。 こうした対応から、 白米美帆さんが「人形劇団京芸」に所属していることは間違いないようです。 ほっこりしあたー 小島祥子・菅沼輝之・白米美帆による三人班。 素敵なトイミュージックにのせてお届けします。 『おふろだいすき』 『こぶたのるーた』 『ふうせんとうさぎ』 の3本立てです。 引用: 上の画像の左の男性以外のふたりの女性のどちらからが白米美帆さんだということになります。 なお、 伊藤智子さんの現在の所在は不明となっています。 岡山の地底湖行方不明事件とかいま初めて知ったけどコッワ ほぼほぼ殺されたんやろうけどそいつらいま頃のほほんと日常送ってるのがもっと怖い — ろい フォートナイト中毒者 takeiteasyview 岡山地底湖行方不明事件やってくれ。 あのサークルの大学生今何してるか特定して欲しい。

次の

【未解決】岡山地底湖行方不明事件の概要と不可解な謎!真相を考察

名倉祐樹

Contents• 岡山地底湖行方事件(岡山県地底湖行方不明事件)とはどいういうこと?wikiの情報を考察! 通称岡山地底湖行方不明事件と言われているこの事件ですが、真相が不明であり今もなお多くの人の関心があります。 冒頭部分なので要約しますと、洞窟内の中の地底湖で大学生が泳いでいるときに行方不明になったというものですが、その周辺に大きな謎が残ります。 この謎については僕が感じているだけではなく、wikiにも未解決事件というように書かかれています。 今回の記事では事件なのか?事故なのか?またなぜこのようなことが起こったのか?ということについて様々な角度から迫っていきます。 最初にお伝えしますが、真相に関しては分かりません。 しかし分かっている情報を組み合わせていくことでわずかな点と点がうっすら線になっていく感じやそこにはなにかしらの人間関係があるのではないか?ということに迫っていきます。 まずは事件の概要についてもう少し触れていきます。 日本の中でも怖い岡山の鐘乳穴の巨大地底湖に置き去りにされた大学生の行方不明事件! 今回の記事の内容ですがまず事件なのか?ということについて調べていきます。 この事件は 日咩坂鍾乳穴(ひめさかかなちあな) という岡山の洞窟の中で高知大学の探検部の大学生が泳いでいて行方不明になったいう事件です。 この岡山の日咩坂鍾乳穴は日本の中でも怖い場所であり、ここに入るにはきちんとした許可をとってはいらないといけないんですが高知大学の探検部の大学生は許可をとらずにここに入っていました。 そしてこの事件の謎ですが、この行方不明になった大学生の救助活動を誰も行わずに帰っています。 このことが明らかにおかしいと僕は思います。 このことか事件性があるのではないか?ということです。 そして実は違った見方もありますので、そのことについて触れていきます。 【龍泉洞事故】高知大学の探検部の大学生が地底湖の洞窟で消えた事故なのか? 龍泉洞にはたくさんの地底湖があり、その中に岡山県の日咩坂鍾乳穴も含まれます。 このことからこの洞窟内でおこった事故なのではないか?という事故扱いとされていました。 スポンサーリンク つまり最初は高知大学の探検部の学生が地底湖の洞窟で消えた事故という扱いでしたが、実はちがうのではないか?という説が浮上しています。 いったいこのことが事故ではなく事件と言われる理由についてここから書いていきます。 このようなおかしなというか不可解なことからこれは単なる事故ではなく、事件なのではないか?という憶測が出ています。 地底湖事件(龍泉洞事故)の後に部長・白米美帆と副部長・伊藤智子の情報が消えた?! 実はこの岡山地底湖行方不明事件の後に高知大学の探検部の部長である白米美帆と副部長である伊藤智子の名前が消えています。 またこの岡山地底湖行方不明事件で消えた高知大学の探検部の学生の名前を名倉祐樹といいますが、実は白米美帆と名倉祐樹はmixiでやりとりしていましたが、mixiのやりとりもすべて消されています。 いったいなぜmixiのやりとりが消えたのか?というか消したのか?非常におかしさを感じます。 このmixiの中に何かしら事件のヒントとなるものがあったのではないか?と思われます。 このように証拠がなくなってしまっていますので真相は不明ですがこのmixiが全て消されていることや名倉祐樹ひとりを置き去りにしたということから事件の可能性が非常に高いと思います。 そして最後に今回の記事のリサーチをした僕の憶測と感想について書いていきます。 真相不明だが、岡山地底湖の中で高知大学の探検部員同士のいじめがあったのではないか? 今回の記事のリサーチで分かっていることですが、高知大学の探検部内では男女関係のトラブルがよくあったといわれています。 僕の憶測では、高知大学の探検部内で男女関係のもつれがあったということも考えられますが、そのことの延長線上に実は高知大学の探検部内でいじめがあったのではないか?と僕は思います。 そう考えると名倉祐樹1人を残して他の人たちが帰ったつまり置き去りにしてきたということのつじつまもあうのではないか?と思います。 そしてそのようないじめの実態を隠したいことからmixiを消したのではないか?というように話はつながっていきます。 高知大学の探検部内での男女関係のもつれそしていじめということがこの事件の裏側に隠されているのではないか?と僕は感じました。 真相は不明ですが、僕はこのように解釈しています。 ということで今回の記事はここで終わりです。 最後までご覧いただきましてありがとうございました。

次の