覆い を 割く 者 ナー セット。 PSA鑑定に出したMTGのカードが返ってきたので結果とそれまでの流れをまとめてみた

『灯争大戦』絵違い版PWのサプライが予約開始!あのナーセットのプレイマットも。争奪戦の予感!

覆い を 割く 者 ナー セット

カンとして完成された再編前に対し、龍王オジュタイの元で修業を積む一介の学徒である。 ある日、オジュタイにより抹消されたタルキールの真の歴史(龍が人間を導いていたのではなく、人間の氏族を龍が滅ぼしたこと)を知り 覚醒。 破門を覚悟するも、むしろさらに知を求め学ぶよう促され旅に出て、 ウギンを救い過去から帰還したサルカンと出会う。 彼からナーセットが知った歴史が本物であること、さらに今のナーセットはプレインズウォーカーであり、外には多くの別世界があることを教わる。 それに対し、まだタルキール内に知りたいことが多いと語ると、その知識を求める姿勢は以前と同じだと悟るサルカンは微笑んだのだった。 灯争大戦にはやはりボーラスに巻き込まれる形で登場。 サルカンと一緒に来たのだろうか。 出番はあるのだろうか。 カードとしては常在型のドロー制限が凶悪で、スタンダードはおろかレガシー&ヴィンテージで凶悪な支配力を見せている。 やはり代名詞はヴィンテージにおけるパワー9「Timetwister」との凶悪コンボだろう。

次の

覆いを割く者、ナーセット|Satsuki|note

覆い を 割く 者 ナー セット

今日のカードはこちら。 灯争大戦のナーセットである。 絵違いがかわいくて人気。 まずは常在型能力。 相手の追加ドローを封じる。 あくまでドローのみであり、 手札に加えるなどは防げない。 また各ターン1枚は引ける。 青白コンではメ誕生は問題なく、 海の神のお告げは相手ターンに撃てばいい。 一方でテフェリーや夢さらいは引けなくなる。 マイナス能力は非クリーチャー呪文限定の可能性の揺らぎ。 公開の必要があり、 不発に終わる可能性があるものの、 着地後すぐにアドバンテージの取れる能力で非常に強力。 非クリーチャー呪文と言っても この辺持ってこれるし。 生き残れば8枚の中から2枚手札に加えるので、 各フォーマットで禁止されている時を超えた探索に似たアドバンテージとなる。 伝説ではあるが、 2回起動すればアドバンテージが取れるので、 させてもよい。 総じて優秀なカードである。 特に対コンでは相手のリソース源を縛り、 こちらはアドバンテージを稼ぐ、 3マナながらマストカウンターの一枚。 特に常在型能力が強力で、 稲妻を嫌って忠誠度能力を発動しない場合も。 対アグロでも質のいいドローと3回復と 最低限の仕事はする。 テフェリー同様コンボも多数。 ガイアー岬の療養所は手札0から 抜け出せないロックとなる。 ヴィンテージではソフトロックがよくないと、 すでにとなっている。 でも強いプレインズウォーカー。 というか以下なら間違いなく最強。 フォーマットの壁を超えまだまだ活躍するに違いない。 ではでは! rodasha.

次の

覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils

覆い を 割く 者 ナー セット

データベースGathererより引用 覆いを割く者、ナーセット(Narset, Parter of Veils)はタルキール次元出身の人間女性のプレインズウォーカーである。 現在のタルキールで最高の学者の1人に数えられる。 ナーセットは2014年-2015年のタルキール覇王譚ブロックが初出のキャラクターであり、同ブロック最後のカードセット「タルキール龍紀伝」の歴史改変後の世界でプレインズウォーカーとなった。 タルキールのプレインズウォーカーには他に や がおり、両名共に灯争大戦のストーリーに関係してくるキャラクターである。 ナーセットはサルカンと個人的に面識がある。 彼らとナーセットの物語上での絡みもまた注目したいところだ。 カードサイズのイラストでは分かりにくいが、イラスト原画の全体象を確認すると、ナーセットのいる場所が「 瞑想領土(Meditation Realm)」であることがはっきりと識別できる。 和訳製品版の絵違いバージョンでも同様に瞑想領土にいる。 カードセット「灯争大戦」の主戦場はラヴニカ次元であるが、ナーセットはいつどのような理由で瞑想領土にやってきたのだろうか? 覆いを割く者、ナーセットのフレイバー・テキスト 覆いを割く者、ナーセット(Narset, Parter of Veils)ステンドグラス・デザイン版公式記事より引用 「 Magic: The Gathering Arena(マジック:ザ・ギャザリング アリーナ)」のステンドグラス・デザイン版、 覆いを割く者、ナーセット(Narset, Parter of Veils)にはフレイバー・テキストが特別に設けられている。 下がMTGアリーナの和訳 このフレイバー・テキストは新規のものではなく、 から転用したものである。 折角、新規のフレイバー・テキストが与えられる機会が既存テキストの転用であったとは…残念でならない。 覆いを割く者、ナーセットの日本オリジナルアート版.

次の