ウエイト リフティング 日本 代表。 JOC

ウエイトリフティング男子復権の星、糸数陽一が見据える「東京五輪で金」。

ウエイト リフティング 日本 代表

金沢市にやってきた 今月2日、金沢市にウエイトリフティングフランス代表チームがやってきました。 5月、フランスウエイトリフティング連盟の会長と、山野金沢市長が金沢市役所で2020年東京オリンピック・パラリンピックの事前合宿を金沢で行う協定を結びました。 フランスの水泳チームも事前合宿を金沢ですることが決まっていて、TVや新聞でも話題になっていました。 東京オリンピックでは直前に金沢市で合宿をするのですが、その視察も兼ねて、7月に事前合宿に来るとのこと。 とても楽しみにしていました。 そして7月2日、とうとう金沢市に来たのです。 男子選手3人、女性選手2人、コーチ合わせて7人のチームです。 練習会場は金沢市総合体育館の第3体育館です。 18日まで合宿する予定だそうです。 私は外国人選手のリフティングを生で見たことがないので、見学できる機会を狙っていました。 金沢学院大にやってきた 金沢市に事前合宿にやってきたフランス代表。 金沢学院大学にも合同練習をするためにやってきたのです。 9日、いつものように学院大に行くと、駐車場にフランス国旗を持った1年生が数人いました。 代表チームを出迎えるそうで、今日合同練習をするとのことでした。 リフティング場にもたくさんのフランス国旗が貼ってありました。 ラッキーなことに私も同じ空間で練習できるのでした。 大声援の中、チームがやってきました。 県リフティング協会会長のあいさつからはじまり、監督の歓迎のあいさつ、女子キャプテンのフランス語でのあいさつなど、一通りのセレモニーが終わりさっそく練習が始まりました。 学生の男子6名、女子4名が2人ずつ、5組に分かれて代表選手と一緒に練習をはじめました。 学院大のプラットフォーム(ウエイトリフティングをする場所)が全部で28面ある日本屈指の施設です。 付属高校の生徒を入れて、50名近くが一斉に練習をします。 聞くところによると、フランスのコーチも驚いていたそうです。 代表選手とペアを組んだ学生は、選手と同じメニューを実施。 そのほかの学生は私も含めて通常の練習に取り組みました。 練習をしながら、合同練習の学生を見ていたのですが、さすがに今どきの学生です。 通訳を介してですが、堂々とコミュニケーションをとっていました。 月並みですが、同じ競技をしていれば言葉がわからなくても、通じあえるのだとあらためて思いました。 とてもうらやましく思えました。 代表選手との合同練習は学生にとって、大きな刺激になったのではないでしょうか。 合同練習は2時間ほどで終了。 選手たちはミスタードーナツのお土産を手に帰っていきました。 もちろん学生はその後も練習です。 当然、私も同じです。 私は、帯同している理学療法士と通訳さんを通じてあいさつをすることができました。 以前は卓球のフィジカルコーチをしていたそうです。 当時、彼のアシスタントをしていた人は現在、日本でやっているそうでした。 私は「リフティングのコーチではなく、リフティングをトレーニングの一部として教えるために、ここで練習をしている」というと、「OH!」みたいなことを言ってくれました。 もちろんフランス語は全くわからないので、通訳を介してですが。 練習会場に行ってきた そして本日、合宿中の練習会場に見学に行ってきました。 合宿期間中の代表チームは、基本的に10時からと、16時30分からの2部練習をしています。 私は時間が空いたので、10時過ぎに見学に行ってきました。 5名の選手が練習するにはちょうどいい広さで、一人一面のプラットフォームが与えられていました。 会場はとても静かで、各自が淡々とやっているような雰囲気でした。 合宿期間中は学院大の学生が交代で練習に参加しています。 今日も男女1名が練習に参加していました。 代表選手と一緒に練習できるという経験は、とても素晴らしく、何事にも代えられないものです。 選手から発せられる力は強く、とてもいい刺激になるからです。 そのためでしょうか、2人とも調子がいいと言っていました。 最高です。 担当の方から聞いたのです。 いつもすぐにモチベーションが下がるという女子代表選手の一人。 学院大での合同練習の雰囲気がとても良かったそうで 「もう一度行きたい」 と、いったそうです。 とても楽しかったようで、練習もたくさんしていたとコーチが教えてくれました。 学生だけではなく、代表選手にも刺激があったんだと思うと、なぜかうれしくなりました。 学院大の監督にもすぐに報告しました。 2020年東京オリンピック・パラリンピック。 ウエイトリフティング日本選手はもちろん、フランス代表の5人にも注目です。 【編集後記】 ブログの通り、合宿を見学に行ってきました。 通訳の学生と話す機会があったのですが、彼は1年間フランスに留学していて、今年度1年遅れて卒業予定だそうです。 その彼を通じて選手と少し話しをしました。 英語を話す人を前にすると固まってしまう私ですが、フランス人の前では、なぜか英語でコミュニケーションをとろうとする自分に驚きました。 【昨日のOnce a day】1日1回新しいことを ・厚生食堂 日替わり定食+ガンドの刺身.

次の

更新履歴

ウエイト リフティング 日本 代表

概要 日本の「看板」は三宅宏実を置いていない。 父義行さんは68年メキシコシティ五輪銅、伯父義信さんは同大会で2連覇を果たした64年東京五輪金メダリスト。 栄光に浸った前回の東京大会から半世紀を経て、「三宅」の名前が再び歴史を刻むか。 ロンドン銀、リオ銅の宏美にとって出場すれば5大会連続の舞台は、またとない機会になる。 リオ以前から発症していた腰痛に完治はなく、調整面での難しさも抱えながらの挑戦だが、ここ一番の強さは定評がある。 女子では59キロ級の安藤美希子も面白い。 18年はアジア大会銅、世界選手権5位。 リオ五輪後に単身で韓国に渡り、五輪メダリストを育てたコーチに師事し、次々に日本記録を更新している。 男子では男子62キロ級でリオ五輪4位の糸数陽一が世界と渡り合う。 沖縄県の離島、久高島出身のリフターは17年の世界選手権では銀と、頂点に迫る。 東京五輪2020 正しく恐れ、正しく行動できれば五輪は開催できる []• 東京オリンピック2020 [6月28日 18:50]• 東京オリンピック2020 [6月28日 18:39]• テニス [6月27日 17:47]• 東京オリンピック2020 [6月27日 6:01]• 東京オリンピック2020 [6月26日 22:44]• 東京オリンピック2020 [6月26日 20:45]• ラグビー [6月26日 15:08]• パラリンピック 国枝慎吾「意図理解」全米OP車いす1度中止発表に []• パラスポーツ [6月28日 20:11]• パラスポーツ [6月24日 13:43]• パラスポーツ [6月22日 17:51]• パラスポーツ [6月20日 17:50]• パラスポーツ [6月14日 17:05]• パラスポーツ [6月11日 13:44]• パラスポーツ [6月10日 13:48]• パラスポーツ [6月9日 10:41]• パラスポーツ [6月8日 13:19]• パラスポーツ [6月5日 12:04]• リオ五輪•

次の

2016リオ五輪/ウエイトリフティング代表選手一覧!メダルへの期待は?

ウエイト リフティング 日本 代表

リオ五輪4位、2017年の世界選手権2位、糸数陽一は61kg級でメダル候補と目される(写真は2018年アジア大会) リオ五輪4位、2017年の世界選手権2位、糸数陽一は61kg級でメダル候補と目される(写真は2018年アジア大会) 日本は男女3階級で開催国枠を確保 ウエイトリフティング界では、近年、国際大会でのドーピング違反が相次いでおり、オリンピック競技から除外される可能性もあった。 このため2020年東京五輪では、2016年リオデジャネイロ五輪までの階級を一新。 各階級の規定体重を上げ、選手にとって無理が出難い階級区分けに変更された。 男子は61kg級、67kg級、73kg級、81kg級、96kg級、109kg級、109kg超級、女子は最軽量が49kg級、55kg級、59kg級、64kg級、76kg級、87kg級、87kg超級と、いずれも7階級となった。 各国・地域の選手たちは、東京五輪出場権を得るため、今年11月から2020年4月末までの予選期間に、国際重量挙げ連盟(IWF)指定の大会に6大会以上出場する必要がある。 その結果で加算されるIWFポイント(世界ポイント)のランキングに基づいて、各国・地域は男女それぞれ各階級で1人、最大4枠、計8枠まで獲得できる。 その枠に入らなかった場合、IWFポイント最高点を獲得した選手に、大陸ごとに最大1名の出場枠(計5枠)が与えられる。 日本は開催国枠として男女各3階級で1枠ずつ、計6枠を確保している。 東京五輪出場権のかかった主要大会 東京五輪出場のために、2020年4月までに出場するべき国際大会として、IWFが指定したのは以下の大会だ。 ゴールドレベル: IWF 世界選手権大会、大陸選手権大会• シルバーレベル: 現存する IWF イベント: 複合競技大会、選手権大会• ブロンズレベル: 国際競技会、選手権大会、カップなど 最低でもゴールドレベルの大会に1回の出場、ゴールドレベル、またはシルバーレベルの大会に、1回の出場が必要となる(ゴールド2回か、ゴールド1回&シルバー1回)。 最も重要なのが、2019年9月にタイで開かれる世界選手権だろう。 代表選考の最初の山場は9月の世界選手権 日本ウエイトリフティング協会によると、日本代表には、2019年9月にタイで開かれる世界選手権で、3位以内に入った選手が内定する。 4~8位の場合、日本の選手の中で最上位となった選手に、ほかの選手との実力差などを踏まえて、内定を与える可能性がある。 このほかの選手は、指定された大会で得たポイントの順位や日本の協会が独自につくるランキングなどで選考されることになるという。 日本ウエイトリフティング協会は、東京五輪の目標として、メダル獲得と出場者全員の入賞を掲げている。 そのため、今後の国際大会で成績を残し、開催国として男女3人ずつ確保されている出場枠を、最大の4枠に増やすことを目指している。 ドーピング違反発覚で出場自粛の国も IWFは、東京五輪開催に向けて業界内のドーピング根絶を明確にするためにも、2018年12月に違反に関するペネルティを発表した。 ドーピング違反に対する制裁として、2008~2020年までの違反件数が、20以上の国・地域は、出場枠が男女各1枠、計2枠まで制限される。 該当するのはロシア、カザフスタン、アゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシの5カ国だ。 違反が10~19件の場合は、男女各2枠までとなり、これらはブルガリア、イラン、インドなど9つの国・地域が対象。 このほか、予選期間中に3件以上の違反が発覚した場合、その国・地域の出場資格は剥奪される。 現時点で、ドーピング問題を理由に、タイが東京五輪への出場を自粛することを発表している。 ロシアやイランは、これまでのオリンピックでメダルを量産してきた、また、上述した国々の多くは強豪国だっただけに、今回の出場制限は、これまで大きな結果を出せなかった国などのメダル獲得数に大きく影響すると見られている。 アンチ・ドーピングを理由にした規定体重変更も、選手によっては必然的に平均記録が上がる上の階級に挑んだり、あるいは有力選手の階級移行により平均記録が上昇するなど、変更の影響は小さくない。 ジョージア代表としてリオ五輪105kg超級で金メダルを獲得したラシャ・タラハゼ(中央)は、欧州選手権を4連覇。 東京大会では五輪連覇を狙う ジョージア代表としてリオ五輪105kg超級で金メダルを獲得したラシャ・タラハゼ(中央)は、欧州選手権を4連覇。 東京大会では五輪連覇を狙う 日本男子はリオ4位の糸数陽一、女子は5位の安藤美希子がメダル候補か 2019年5月時点で、国内の階級ごとの東京五輪参加資格大会の参加者(各階級日本ランキング順)は決まっており、その中から、7月の日韓中フレンドシップ大会、9月の世界選手権の出場選手も決まっている。 また、73kg級の宮本昌典や109kg超級の村上英士朗ら、各階級でトップの選手は、国内ランキングで、頭ひとつ抜き出ており、活躍する姿を見せてくれそうだ。 女子は五輪2大会連続でメダルを獲得している三宅宏実や、リオ五輪5位の安藤美希子らに注目が集まっている。 日本代表は東京五輪でメダル争いができるポジションにいる。 開催枠国で得たチャンスを最大限に生かせるかだ。

次の