シーサー の 向き。 玄関に何を置く?アップしたい運気別、置物のススメ

沖縄のシーサー窯元 〜沖縄南の島陶芸工房〜

シーサー の 向き

右側にオス• 左側にメス を置くようにしましょう。 シーサーは基本的には 2体で1組ですが、 屋根に上には、口の開いたシーサーを1匹設置することが多いようです。 シーサーを屋内へ置く際は、 かならず置く場所をキレイにしてくださいね。 シーサーをもの扱いせず、 守り神として扱えばきっとシーサーも嬉しくなり頑張ってくれるハズです。 風水効果が良い置き方と方角 せっかくシーサーを飾るなら効果がでる場所がいいですよね。 沖縄ではマジムン(魔物)は人の通る道を歩くと考えられているので、シーサーも人が通る方へ向けて置くのがベストです。 玄関前や 東北の鬼門方位に置くのが一般的です。 シーサーは家を殺気=邪気から守るために置くので、 地気や風気の乱れなどが入ってくる方向に置くのがイチバン風水効果を発揮してくれるようです。 通常は下記のいずれかに置く事が多いです。 口が開いている方(オス)を左側にずずずっとそのまま移動。 口が閉じている方(メス)をオスシーサーの右側に置く。 2体のシーサーのおしりが内側にくる。 門柱上や屋根上におけない場合は直置きでOK! 沖縄では、一軒家の家の玄関の 門柱上や 屋根上に設置してあります。 沖縄と同じようにしなくてはいけないのかと思うと、住宅の環境上そうもいかない事が多いですよね。 なので、 各々の住まい環境に合わせた置き方をすれば大丈夫です。 シーサーを 直置きするのは良くないのかな… と気になるポイントだと思いますが、 沖縄では庭に直置きしたり玄関脇の床に置いたり等、普通によく見かける光景のようですよ。 シーサーの設置について注意点ですが、 左右のシーサーの高さが極端に違う場合、効果がほとんどないようなので、 高低差が10cm以内になるようにしてください。 たくさん置いてもいいの? 沖縄に旅行に行くたびに新しいシーサーが欲しくなったり、違う柄を見つけてしまうと、 2つ目、3つ目が欲しくなったりするかもしれません。 沖縄の家を見てみても、屋根にシーサー、玄関先にシーサーが飾られている事から、 絶対1家庭に1つしかいけない!という決まりはないみたいですよ。 ブクマ登録で最新記事やTOPでピックアップ記事がすぐにチェックできるので気軽にご利用くださいませー.

次の

風水 玄関の置物でシーサーの持つパワーや置き方は

シーサー の 向き

シーサーは漆喰や焼き物で出来た狛犬のような獣の像で、沖縄では古くから悪霊を払ってくれるという魔除けの守り神として親しまれてきました。 現在は家屋の屋根の上の両端に一匹ずつ、対となって設置されていることが多いですね。 シーサーという呼び名は、中国の獅子(シシ)から沖縄語に変化したと言われています。 沖縄は琉球王国の時代は海外との貿易が盛んでした。 そうした中で、中国から風水の考え方も渡ってきたのです。 その後沖縄で発展した風水は、「沖縄風水」と呼ばれ、風水師やユタと呼ばれる沖縄のシャーマンが、風水を用いて部屋の配置や家具の置き方、お墓の向き等を決めていたのです。 最も古いシーサーは沖縄県八重瀬町にあるものですが、これが作られたきっかけは、当時地元で火事が頻繁に起こっていたのを困り果てた村人が風水師に相談したところ、風水師がシーサーを作るように指示したことが始まりでした。 火事や災いは悪霊の仕業だと信じられていたため、それ以来シーサーは魔除けの像となったのです。 沖縄土産の定番・飾りにもぴったり よく見ると対となっているシーサーの片方が口を大きく開けていますね。 口を開けているのがオスで、口を閉じているのがメスだと言われています。 日本の神社に狛犬が阿吽の表情で対の並びで設置されていますが、シーサーも同じです。 シーサーの左右並びの置き方は、向かって右にオス、左にメスを置きます。 この置き方にも意味があります。 オスのシーサーは口を大きく開ける事で福を招き入れ、メスのシーサーは口を堅く閉ざすことで厄災を家に入れない、さらに招き入れた福を逃さないという意味がある置き方なのです。 そのため二体並びのセットになっているのですね。 阿吽とはもともとはサンスクリット語で仏教の呪文です。 日本の神社の狛犬や、仁王像などの宗教モチーフに取り入られています。 阿吽の間柄という表現があるように、呼吸までも息がぴったりな様子のシーサーは家内安全のお守りにもなります。 そのため、2匹のシーサーがくっついていては魔除けの効果がありません。 よくお土産用に売られているシーサーはくっついている場合が多く見られますが、そのままでは魔除けにならない置き方です。 そのため、シーサーの正しい飾り方は二体を離す事ですので、自宅に持ち帰ったらシーサーのオスとメスは離して置きます。 そうすることで、シーサー間に結界が出来るのです。 インテリアとして置くだけならくっついていても良いですが、せっかくなので置き方を確認して、本来の厄除けの力も発揮して欲しいですよね。 そこで玄関に置く場合はシーサーの顔を玄関の外の向きになるように置きます。 顔と体が同じ方向を向いているデザインのシーサーはそのまま外向きに置きます。 いわば玄関のガードマンのような役割ですね。 横顔のシーサーの場合は、顔が外に向くような位置で置きます。 この時、口を開けたオスは右、口を閉じたメスは左という左右阿吽の位置を間違えないようにしましょう。 もし配置を間違えると、風水的に考えると逆に悪い環境となってしまいます。 横を向いたシーサーは、オスとメスがお尻を向き合うような置き方になります。 見た目があまり格好よくないので、魔除けの意味でシーサーを置く場合は顔と体が同じ方向を向いているシーサーの方が綺麗ですね。 玄関先の門柱に置く場合は道路に向ける 最近では沖縄県内の伝統的な赤瓦の民家が減ってきて、コンクリートで建てられた建物も多くなってきています。 台風の多い沖縄ですから、コンクリートの方が丈夫だし、瓦が飛んだり割れたりする心配もないですよね。 そのような赤瓦のない家にシーサーを置きたいときは、玄関先の門柱に置きます。 門柱の左右にシーサーをそれぞれ置いて、顔の向きは道路に向けます。 これは災いや悪霊が門柱の間を通って家の中に入ってくる事を防ぐためです。 悪霊や災いは、人が通る場所を通ると信じられてきました。 そのため、人がたくさん通る道路も、悪霊が通りやすいということで魔除けのシーサーが必要なのです。 シーサーは置き方や左右の向きが大切 沖縄の守り神であるシーサーは、沖縄に行けばあちこちで見ることが出来る可愛い置物ですね。 なんとなくお土産として購入したり人にあげたりしていたと思いますが、実は魔除けや福を招くすごいものだったのです。 そんな意味も込めて、プレゼントすればとても喜ばれるでしょう。 左右の置き方やシーサーの向きや置く場所の位置など、実は数多くのルールが存在しました。 少し意識して風水の効果が発揮出来るような置き方をして、より一層シーサーの能力で災いを払い、幸運を招きいれたいですね。 シーサーの設置場所は綺麗に掃除することも忘れないでください。 汚れが溜まっている場所には邪気も溜まってしまいます。 もし自宅にシーサーがあったら、ぜひ一度置き方や位置について見直してみてくださいね。

次の

沖縄のシーサー窯元 〜沖縄南の島陶芸工房〜

シーサー の 向き

突然ですが皆様ご存知ですか? ネットショッピングで販売されているものの大半がベトナム製や中国製なんです。 沖縄にて本当の伝統的技法で製作しているシーサーは希少なのです。 沖縄県内の陶器工房が100以上あるなか食器を製作している窯元は多いのですが その中でも手作りシーサー専門の窯元は数えるほどしかありません。 そのため、私どもの工房で製作しているシーサーは今まで窯から焼きあがると沖縄県内ですぐに完売! なかなか県外のお客様へはご紹介できませんでしたが、 伝統の技で仕上げられた本物のシーサーを沖縄県外の皆様にもご覧頂きたいと思い、ネットショップで販売することとなりました。 〜 シーサーの歴史 〜 シーサーは、14〜15世紀頃、エジプト、そして中国を通り沖縄に伝えられたといわれており、 エジプトのスフィンクスが源流で、シルクロードを渡って伝わったといわれています。 沖縄では魔除けや守り神として存在しやがて一般の民衆にも広まったシーサーは 風水思想に基づき、シーサーの向きは、 午(南)の方角へ向けると 火災の防止に、丑寅(北東)の方角へ向けると 台風から家を守る水難防止になるといわれています。 阿吽のシーサーは、 正面向かって右がオス(口が開いている)、左がメス(口が閉じている)です。 オスの口から幸せ(福)を取り込み、 口が閉じているメスが幸せを逃がさないとされています。 『持つほどに良さを感じるシーサーをお届けしたい』 その気持ちから沖縄の原料を吟味して、工房独自の土味を出すことや色合いにもこだわっております。 小さなシーサーでも厳選した原料を使い、毛並みの一本一本まで【完全手作り】にこだわりを持って製作しております。 独自の土作りからはじまり、シーサーの形になるまで三週間を要します。 その後乾燥を経て細かな突起を取り除き、色付けを待ちます。 色は何千種類ものテストピースを試作して出来上がった釉薬を使い、窯焼きは微妙な温度調節と絶妙なタイミングで焼成を行います。 その日の天候や温度・湿度によって窯内の状況も変化するため長年の経験と感が必要です。 一時も気を許すことは出来ません。 シーサーによっては1対が製作から焼き上がりまで3ヶ月以上必要なときもございます。 沖縄のやきもの(やちむん)ではシーサーが焼き上がったときを シーサーが生まれると表現します。 そのような気持ちで私も伝統の技法を守り続けながら新しい独自のシーサーを生み出して参りたいと思っております。 大岩 浩章 結婚の引き出物、大事な人へのプレゼント、新築祝い、開店祝いに。 沖縄では屋根の上、門柱の上、玄関の下駄箱の上、テレビの上、本棚、などシーサーを 2個3個置かれるお家もたくさんあります。 また、飲食店や店舗のレジの横や神棚など様々な場所に置いてください。 商品についてのお問い合わせ、陶芸体験のご予約はか、またはお電話 098-957-1776 までご連絡下さい。

次の