白い馬 スピリチュアル。 【夢占い】馬の夢が示す30の意味。状態や色、印象から読み取りましょう

「白い馬」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈

白い馬 スピリチュアル

スポンサードリンク 日本人が親しんでいるのは青龍? このうち、わたしたち日本人にも最もポピュラーなのは、東の青龍ではないでしょうか。 青龍とはすなわち「青い龍」ですが、四神の基となる古代中国の「陰陽五行思想」では、東の方位に対する色は青。 しかしこの青色は本来は緑色で、青龍のまたの名前である「蒼龍(そうりゅう)」の「蒼」という字が草の青さや青く茂る様子を表現するように、青色または蒼色はブルーではなく、緑の植物の色を表しています。 したがって、五行では東方の青龍に対応するのは「木」、季節は草木が芽吹く「春」になります。 また、4つの大地と海を治める「四海龍王」では、青龍は東方の「東海龍王:敖廣(ごうこう)」と言われていて、四海龍王の長兄とされます。 龍には何色の龍がいる? 一般に描かれる龍の姿を見ると、その頭から長い胴体と手足、尻尾まで、緑色の鱗に覆われています。 この緑色の龍はつまり青龍で、青龍とは誰もが思い浮かべる龍そのもののことなのです。 龍と言えば、青龍のほかにも赤龍や白龍など別の色を持った龍がいると伝えられています。 龍の色と種類にはいくつあるのかというと、5色とか7色とかの説がよく出て来ますが、五行思想からすると本来は5色で、青龍のほかに「赤龍」「黄龍」「白龍」「黒龍」となります。 7色説ではこの5色に緑龍(本来の青龍を緑色とすると、それとは別にブルー龍?)と透明龍(光龍)が加わったり、茶色や紫色、橙色が加わったりするのだそうですが、これらの龍の色がどこから来ているのかはよくわかりません。 四神の考え方でも、東西南北の四方の中心を司るもうひとつの霊獣とすることもあり、四神の長とも言われています。 中国では5本爪の黄龍は皇帝の龍として、その権威を象徴するものであるとされました。 五行説では赤色は南方を指すことから、赤龍は南方を守護する龍ともされていて、四海龍王のうちの「南海龍王:敖欽(ごうきん)」のことだとも言われています。 全身は白い鱗で覆われていて、他の龍よりも空を飛ぶ速度が速いそうです。 白色は西方を指すことから、四海龍王では「西海白龍王:敖閏(ごうじゅん)」のことと言われます。 ちなみに日本の神社では白龍を祀ることが多いのだそうです。 これは古代日本からの白蛇信仰と関わりがあると思えます。 その黒い色から、闇を司る龍であり邪悪の化身として描かれることが多く、陰陽としては白龍に相対する龍でもあります。 黒龍は別名を「驪龍(りりょう)」とも言い、「驪龍頷下の珠(りりょうがんかのたま)」という言葉があるように、黒龍の「頷(あご、おとがい)」の下には宝珠があって、危険を冒さなければ手に入らないもののたとえになっています。 ちなみに驪龍の「驪」という漢字は「黒い馬」という意味であり、なぜ龍の名前に黒い馬の字が充てられているのかには、龍の謎のヒントがあるのかも知れません。 黒龍は、四海龍王では「北海黒龍王:敖順(ごうじゅん)」のことと言われます。 四神の青龍の話から少し離れてしまいましたが、5色の龍というのは四神の霊獣に置き換わって各方位を守護し、陰陽五行思想に関わりがあるということがおわかりいただけたでしょうか。

次の

「白い馬」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈

白い馬 スピリチュアル

こんにちは~管理人のスピーです。 猿は人間にかなり近い動物であり もっとも一番近い猿がチンパンジーと なっていて 遺伝学的に見ると人間と比較して 96%は同じ構造でできているそうです。 ちなみに身体的構造で見ていくと チンパンジーとの類似点は2箇所で オランウータンだと 28点箇所になる事から オランウータンこそが人間に一番近い 類人猿という仮説も出たようですが こっちの仮設はあまり多くの支持を 集める事はできなったようです。 そんな2016年の干支でもあった 猿ですけど 動物の中でも 知恵や知能が高い動物でもあり 夢占いの観点から見ても 知恵や知能、賢さなどの象徴として 扱われているのですが 中には損失や不利益などが出てくる 良くない暗示を示すケースも あるようです。 「Sponsored link」 目次• 夢占いで猿の夢の意味!白い猿や猿に噛まれる・追いかけられる暗示は? 夢占いにおける猿はあなた自身? 夢の中に猿が出てきた場合 その猿は現在のあなたの心理状態を 投影したものだといいます。 この投影される姿はどちらかというと マイナスのイメージが 出てくる事が多いようで 「偽善、エゴ、弱さ、独占的、お調子者」 などなど表面上では わかったふりをしていても 内心悪態をついていたり 自分の弱さを隠すために わざと荒々しく振る舞い その果てに孤立してしまっていたり そうした現実世界における あなたの心の弱さと立ち位置に対して このままではいけないという 警告メッセージになっていると 考えられます。 猿を見ている夢 猿を見ている夢を見た場合 その猿が動物園で飼われている猿か はたまた野生の猿かで 意味合いが微妙に異なります。 まず動物園の猿の夢の場合は 人間の管理下に 置かれているという関係から あなた自身の視野や考え方 アイデアの範囲が狭くなって しまっているようです。 そのため広い視野で 物事を見る事が難しくなっており 他人のアイデアや方法などを真似ての まさに 「猿真似」を繰り返してしまう 傾向にあるようです。 他人の良い部分を取り入れて 自分の仕事の幅を広げていくのは 悪い事ではないものの 全部真似してそっくり そのままパクッてしまうのは・・・ さすがに問題が多いかと思います。 著作権とかいろいろ。。 自分自身の成長の幅も 狭めてしまう可能性が高いので 作業の進め方を 見直していきたいところですね。 そして自然の中で 生きている野生の猿を見ている場合は 自分の知識の高さを 他人に誇示したいという欲求が 高まっているといえます。 確かに色々物知りで 博識な人は頼りになりますけど 自分からその知識の高さを むやみやたらと披露してくる人って・・ ぶっちゃけウザいですよね?(苦笑 なのでそうした上から目線な 他者を見下すような物言いや態度などが トラブルの元になるという 警告メッセージの暗示でもあります。 他者に何か教える時は 相手を見下したり、鼻で笑うような 不快に感じる態度は示さず 誠実な態度で教えていくよう 心掛けていきましょう。 白い猿の夢 夢占いにおいて白色は 「清純、幸運、縁起の良さ」などを 象徴しており それは白い猿においても適用されます。 白い猿が出てきた場合 全体的にあなたの運気は向上しており 特に仕事運や対人運、恋愛運などが アップしていく暗示になります。 仕事で今までの努力が報われて 評価されたり 人生の中であなたの師ともいうべき 存在に巡り会えたり パートナーと なり得る素敵な出会いがあったりなど あなたにとって幸運とも呼べる 出来事が起こっていくでしょう。 ちなみに他にも白い生き物についての 夢占いの記事ありますので ついでにチェックしてみてくださいね~。 猿山がとても平和的で 穏やかなであれば 現実世界の職場や人間関係なども 穏やかで安定した状態といえますし 逆に猿山のボス猿などが すごく威張っていたり 全体的にギスギスした雰囲気なら あなたの職場や人間関係なども ギスギスしていて精神的にストレスも 溜まっている状態といえます。 ちなみにケンカが勃発していたら 現実でも近々何かしらのトラブルが 発生する可能性がありますので 警戒しておきましょう。 猿に噛まれる夢 猿に噛まれる夢は残念ながら 凶兆の暗示といえまして 何か話に乗って騙されて なおかつ大きな大損失を被ってしまう 暗示となります。 この損失は仕事や 金銭的なもののみならず 騙されてしまったという 精神的ショックも含まれますので 結構ダメージは大きいものに なるかと思われます。 噛まれた時のショックが 大きいほどに受けるダメージも 大きくなってしまうので 周辺の情報など逐一入手していき あなたを騙そうとする人物に 心当たりがないかアンテナを 張っておきましょう。 「Sponsored link」 猿にいたずらされる夢 猿といえばずる賢いイメージもあり 実際人から餌とか光物など かっぱらったり いたずらしてきたりなどしてきます。 そして夢の中で猿に いたずらされていた場合は 信頼していた人物によって あなた自身が利用されてしまう 暗示となります。 加えて複数の猿や仲間の猿などが 総じていたずらしてきた場合は グループや組織ぐるみで あなたの事を利用し、状況によっては 切り捨てられてしまうという 暗示にもなります。 職場での会話とか 録画しておいた方が いいかもしれないですね。。 状況によってはあなたを助ける 証拠となりえます。 猿が木から落ちる夢 「猿も木から落ちる」という ことわざがあるように この夢の場合は近々何か 失敗をやらかすという暗示になります。 ただ、この失敗はネガティブというよりも ポジティブに捉える事が大事で 小さな失敗をしていく事で 大きな失敗を防いでいくという 前向きな暗示と捉える事もできます。 失敗を恐れて 何も行動しないでいては 結局成長できませんし いざという時大局を見誤って 大きな失敗をやらかすかもしれません。 なので恐れず失敗して 経験を積み重ねていきましょう。 もちろん失敗した後は自分で 後処理していくのをお忘れなく。 猿に追いかけられる夢 猿に追いかけられる夢の場合 現実世界において仕事がマッハで 忙しかったり 処理する案件が多すぎて疲弊し ストレスなどで精神的に かなり追い詰められている状況を 暗示しています。 精神状態の疲弊は そのまま肉体的疲労に繋がりますし そのままでは満足に 仕事もこなせませんし 効率が悪くなる一方です。 可能なようならまず 休息をしっかりとって 肉体的、精神的疲労を回復させた方が 良いといえます。 休日が取れないならなんとか 睡眠時間だけでも確保して 質の良い睡眠をとるよう 画策してみてください。 ちなみに最終的に 猿から逃げ切る事が出来た・・・! といった場合は ストレスから解放されて ひと段落つけるといった 暗示になるでしょう。 今回のまとめです はい、今回はそんな感じで 夢占いにおける 猿の夢について見ていきました。 他の動物などと比べて賢さが 群を抜いている猿ですけど なんだか全体的に見ていって 良い暗示が少ない印象ですね(苦笑 「Sponsored link」.

次の

【夢占い】馬の夢の意味14選|乗る・白い・追いかけられるなど状況別に夢診断

白い馬 スピリチュアル

プレ・ミレにおけるいわゆる前艱難携挙説はダニエルの聖なる都に対する70週の預言の最後の1週(7年間)の前に教会が携挙されるとする。 それは2テサロニケ2:3(1Thess 2:3)の背教(アポスタシー)をデパーチャー(携挙)と解釈し、その後に滅びの子(いわゆる666)が出現するとする。 黙示録4:1(Rev 4:1)のラッパのような声の「ここに上ってこい」を挙げられること、つまり携挙とするわけだ。 その後、6章において七つの封印が開かれる。 その四頭の馬の最初の白い馬に乗る者が666であると言うわけ。 これは現代のアメリカにおいてチャック・スミスやチム・ラヘイなどによって流行する解釈である。 これによれば、教会が地上にある間は七つの封印は解かれない。 つまり四頭の馬も出現しないことになる。 根拠は、いわゆる「終わりの日」とは使徒行伝で聖霊の公的な傾注があって後、イエスの再臨までの時代を指すのであり、最後の七年のみを指すのではない。 ヨエルの予言もペンテコステの日に成就し終えたのではなく、今も成就しつつある。 神の国はイエスの初臨と共に来ており、今われわれの内に来つつあり、いずれイエスの再臨により文字通り地上に打ち建てられる。 この3つの時制を理解しないと再建主義の誤りに陥る。 同様に、この間において封印はイエスにより解かれつつある。 ゼカリヤ書にこうある: わたしが再び目を留めて見ると、四両の戦車が二つの山の間から出て来た。 その山は青銅の山であった。 最初の戦車には 赤毛の馬数頭、二番目の戦車には 黒い馬数頭、三番目の戦車には 白い馬数頭、四番目の戦車には まだらの強い馬数頭がつけられていた。 わたしは言葉をついで、わたしに語りかけた御使いに、「主よ、これは何ですか」と尋ねると、御使いはわたしに言った。 「これは天の四方に向かう風で、全地の主の御前に立った後に出て行くものである。 その中の黒い馬は北の国に向かって出て行き、白い馬は西の方へ出て行き、まだらの馬は南の国に向かって出て行く。 」-Zech 6:1-6 注:「まだら(grisled)」は青白いの意味もある。 イスラエルに視点を置き、この幻を見てみると、まずこれらは天の四方に向かう風である。 風とは霊、つまりスピリチュアルな存在。 黒い馬は北=ロシア、白い馬は西=アメリカ大陸、まだらの馬は南=アフリカ大陸、赤い馬は東=イラン・中国だ。 黙示録によれば(Rev 6:1-8)、白い馬は(偽の)福音(個人としての反キリストではない)、赤い馬は戦争、黒い馬は経済破綻・飢饉、そして青い白い馬は死である。 この地政学的配置は現代のそれぞれの国の性質を考えれば納得できるであろう。 また時系列的にどうか。 白い馬についてはすでに述べているが、当初の福音でもあり得るが、最近ではカトリックを見れば分かる通り、白いコスチュームの元で偽の福音と化したものと考えている。 根拠は、これらの四頭の馬はマタイにおけるイエスの予言と対応していると考えるからだ。 この後開かれる第五の封印は殉教者たちの叫びである。 これも現代においてはクリスチャンに対する迫害が激しさを増していることはすでに周知のことであろう。 そして第六の封印が解かれると、小羊の大いなる怒りの日に入る。 最後の第七の封印の内容が七つのラッパであり、その最後のラッパの内容が七つの鉢の裁きである。 黙示録を読むときにこの構造を外してはならない。 時代は確かに聖書預言のとおりの兆候を見せている。 地球環境も過酷になり、国と国、民族は民族に敵対し、偽りは蔓延り、愛は冷えている。 この中で来るべき千年期と永遠の前味わいをわれわれは経験する特権を有しているのだ。 再建主義者が言うような敗北主義ではない。 それこそが世に勝利する根拠である(1John 5:4-5)。 主よ、来たりませ!.

次の