沖縄 梅雨 明け 予想。 沖縄の梅雨入りは早い!明けてしまうと地獄の日差し!?旅行は梅雨に

2020年の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?今年の傾向を予想!

沖縄 梅雨 明け 予想

青い空、白い砂浜、そして青い海! 沖縄といったらなんといってもきれいな海ですよね! 早く夏になって思う存分海を楽しみたいものですが、 その前に嫌な梅雨を乗り越えなければなりません、、、、 沖縄は関東に比べ1ヶ月程は早く梅雨入りをするので だんだんと梅雨入りの時期が迫ってきています。 そこで今回は 今年、2020年の沖縄地方 本島・宮古島・石垣島 の 梅雨入り・梅雨明け時期の予想を紹介します。 ちなみに、気象庁の梅雨入り・梅雨明けのデータは 沖縄地方というようにひとまとめにされていますが、 宮古島・石垣島は本島よりも南に位置しているため 梅雨前線の北上が早く晴れ間が訪れるのが若干早くなるようです。 2020年二番早い梅雨入りとなりました。 まずは、気象庁の過去のデータを元にして 2020年(令和2年)の沖縄の梅雨入り時期を予想していきたいと思います! 気象庁の1951年から2019年までの梅雨入り日の過去データを見ると、 最も早い梅雨入りは、4月20日頃で、 一番遅い梅雨入りが、6月4日頃でした。 69年間の内訳は、4月に梅雨入りしたのは5回、 5月は62回、6月は2回と圧倒的に5月が多いですね。 また、5月に梅雨入りした62回中、 5月10日以前に梅雨入りした回数は34回と 約55%を占めています。 1951年から2019年までの69年間の 梅雨入り日の平年値が5月9日頃。 そして、一昨年 2018年 、昨年 2019年 の梅雨入りが それぞれ6月1日、5月16日ということでした。 これらのデータから予想すると 2020年の沖縄の梅雨入り時期は 5月3日頃から5月17日頃の間くらいになりそうですね。 2020年(令和2年)の沖縄の梅雨明け時期の予想 一方、沖縄の梅雨明け時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁の過去のデータを元にみてみると、 最も早い梅雨明けは、2015年の6月8日頃で、 一番遅い梅雨明けが、2019年の7月10日頃です。 過去69年間の内訳を見てみると 6月に梅雨明けしたのが61回、 7月に梅雨明けしたのが8回となっています。 1951年から2019年までの69年間の 梅雨明け日の平年値が6月23日頃。 そして、一昨年 2018年 、昨年 2019年 の梅雨明けが それぞれ6月23日、7月10日ということなので、 これらのデータから予想すると 2020年の沖縄の梅雨明け時期は 6月13日頃から6月27日頃の間くらいになりそうですね。 沖縄の天気は、年間を通じて変わりやすいので、 雨に濡れても遊ぶくらいの気持ちでいたほうが良いかもしれません。 沖縄の梅雨の特徴は? ちなみに、沖縄の梅雨の特徴は、関東の梅雨のように シトシトと一日中降り続けることはあまりありません。 どちらかといえば、スコールのように降る時はいきなりザーッと降って、 降り止むと青空が広がることが多いのが沖縄の梅雨の特徴です。 梅雨の時期といっても天気は変わりやすく、 気圧配置などが理由で上空の流速が速いからだと言われています。 沖縄の主な観光名所 ここからは、梅雨時期に沖縄に旅行に行く方必見! 梅雨の雨の日でも楽しめる沖縄の観光名所をご紹介します。 1,Gala青い海 -本格的なアメリカンピザ、 沖縄の食材にこだわった琉球創作料理が味わえます。 沖縄の方言で塩のことを「マース」と呼び、 昔から魔よけに用いられています。 料金は2,000円からです。 2,オリオンビール工場見学 ビールができるまでの工程見学や試飲が楽しめます。 工場見学40分、試飲20分で、でき立てのビールと 地元食材を用いた料理を味わえますがいいですね。 昭和40年代の「まちやぐぁ」を展示し、 当時のオリオンビールの歴史を知ることができます。 3,むら咲き村 -沖縄初の体験型宿泊施設で、修学旅行でもコースになることが多いです。 ジンベイザメと一緒に泳ぐことができるのが、最大の特徴です。 その他、物作り体験から闘牛、乗馬、武術まで 各種揃った膨大な体験数を誇ります。

次の

2020年 沖縄の梅雨入り・梅雨明け時期はいつ?平年は?

沖縄 梅雨 明け 予想

違うタイプのふたつの気団がぶつかるところに発生する前線が雨を降らせるのですが、気団同士の力が同じくらいだと前線の動きがストップし、長い雨になります。 この長い雨が降る時期を梅雨と呼ぶのだそうです。 ・梅雨入りは6月初旬~中旬になることが多い 出典:photoAC 夏が近くなると、地球の北半球を流れている風が高い山にぶつかり、ふたつに分かれ気団という空気のグループになります。 ひとつは湿った気団となり南から、もうひとつは乾いた気団となり北から日本に近づいてきます。 そして再び出会い、ぶつかると前線が発生! ふたつの気団は、梅雨前線を挟んでせめぎ合うため天気がくずれる日が続き、梅雨になります。 そのため梅雨入りは毎年、夏が始まる前の6月初旬~中旬頃です。 ただし地域によって異なり、沖縄地方では5月には梅雨に入ります。 ・梅雨が明けるのは夏直前の6月下旬~7月頃 出典:photoAC およそ1カ月の間、ジメジメした雨の日が多く続きます。 そして、だんだんと晴れ予報が多くなってきた頃に、やっと梅雨が明けたと判断されます。 梅雨明けの時期も地域によって異なりますが、毎年6月下旬頃から梅雨明けの発表がスタートするようです。 ちなみに梅雨前線は北海道地方まで移動することは少ないため、基本的に北海道には梅雨がありません。 梅雨入り、梅雨明けの発表があるのは沖縄~東北地方だけなのです。 ・梅雨は南から北へ向けて順番に明けていく! 出典:photoAC 南からきた暖かい空気をもつ気団がだんだんと勢力を増し、風に乗って梅雨前線を南から北へと押し上げていくと、梅雨が明けていきます。 そのため、梅雨明けは沖縄、九州地方から徐々に始まり、東北地方が最後になります。 梅雨前線の移動するスピードが速いと、全国的に早い梅雨明けになるのです。 ちなみに梅雨の半ば頃に、夏のような青い空が見える日がありますね。 これは梅雨の中休みと呼ばれており、梅雨明けではありません。 梅雨前線が少し移動すると、本来ならすぐに梅雨空に戻ってしまいます。 梅雨明けは、沖縄、奄美地方ではほぼ平年並みの6月下旬頃、そのほかの地域では7月中旬~下旬と平年並み、またはやや早いという予想が出ています。 ちなみに2019年の梅雨入りは平年よりも遅い、または平年並みとなり、梅雨明けも平年より遅いという予想でした。 ・2019年の梅雨入り、梅雨明けの予想は当たった? 結果は、東日本の梅雨入りが平年より早く、西日本は平年より約20日も遅かったという変わった梅雨。 これは梅雨前線がなかなか本州あたりまで北上しなかったのが原因で、沖縄や九州南部は梅雨明けが遅くなりました。 予想によると2020年は短めの梅雨シーズンになりそう。 予想通りあまり長引かないといいですね。 ・みんなの注目度が高いため速報値が発表される 出典:photoAC 梅雨のシーズンは、大雨によって災害が発生しやすくなります。 また農業において梅雨は、夏に必要となるたくさんの水を蓄える大切な役割などもあるんです。 曇りや雨の日が多くなるため、洗濯物が乾かないと悩むことも増えますよね。 そのため、「いつから梅雨入りするのか」「いつ梅雨明けするのか」は早く知りたいところ。 そこで、目安になるのが速報値です。 速報値は、これまでの天気と1週間先までの天気予報を元に、梅雨入りや梅雨明けの日にちを予想した速報値が発表されています。 ・毎年9月頃になるとひっそりと出される確定値 出典:photoAC 気象庁では春~夏にかけての天気を振り返って、梅雨入りと梅雨明けを確定させる作業をしています。 そして、毎年9月頃に梅雨入りと梅雨明けの日にちを確定値として、もう一度発表するのです。 ときどきひっそりとメディアでも取り上げられていますが、速報値の方が大きく報道されるので、あまり話題にはなりません。 しかし、正式な梅雨入りと梅雨明けの日にち=確定値なのです。 ・気候の変動によって日にちがずれることもある 梅雨は自然現象なのでシーズンの判断は難しく、年によっては速報値から大きく変わっていることもあります。 2019年の関東地方の梅雨明けは、速報値では7月29日でしたが、確定値は7月24日頃でした。 2020年の梅雨は、速報値と確定値を比べてみるのもおもしろいかもしれません。 しかし、南からきた暖かい空気をもった気団がだんだんとパワーアップ!そのまま日本の上で安定すると、梅雨前線が北へと追いやられます。 すると、真夏の暑さがやってくるのです。 そのため梅雨が明けた直後は、晴れの日と厳しい暑さが続きます。 30度以上の真夏日となることも多く、突然の暑さに熱中症の患者数も増加。 梅雨が明けそうになったら、熱中症対策もしっかり考えておいた方がよさそうです。 梅雨明けの時期や期間がわかれば、待ち遠しい夏の計画もたてやすいですね。 2020年の梅雨は短いと予想が出ているので、梅雨明けも早そうです。

次の

梅雨入りと梅雨明け 2020(速報値)

沖縄 梅雨 明け 予想

沖縄の梅雨入りは、本州よりも約1ヵ月早い5月中。 ゴールデンウィーク明け頃に梅雨入りして、1か月半ほど続くのが通例です。 ところで、梅雨明けと共にやってくる沖縄の夏シーズン!毎年、いつ頃に明けるかはご存じでしょうか? ちなみに2020年の梅雨入りは5月11日で梅雨明けは6月12日。 2019年は梅雨入りが5月16日で梅雨明けは6月29日でした。 本州が梅雨入りする・した頃には梅雨明けなんですね。 梅雨が明けると台風が来るのかなど、沖縄にいつ行くのがいいのか、迷ってしまいますよね? そこで今回は、梅雨真っ盛りの沖縄と梅雨が明けた沖縄の違いや台風について、そして梅雨明けのツアー代金などについて私なりに解説できたらと思います。 <もくじ> あとがき 1. 沖縄の梅雨について 沖縄は亜熱帯気候の為、基本的には1日中降ることがあまりありません。 簡潔に言うと下記の図のようになります。 雨が降っていても、海へ入って遊ぶことはできますが、パンフレットで見かけるような海の青さはそこまでは期待できないかもしれません。 予定を立てつつ晴れたら海へ出かける形を取ることもできますが、自分主導ではなく、天気に振り回される1日になってしまうこともあります。 梅雨ならではの楽しみ方もありますが、せっかく行くなら「またスコールだ」というやっかいな悩みが少ないほうがいいですよね。 梅雨明けはいつ? 沖縄の梅雨明けは東京と比べてみると当然早いですが、期間は大体同じで30~40日間です。 過去の記録から見てみると一番早かった梅雨明けは2015年の6月8日、遅かったのは7月19日でしたが、近年で7月中旬の梅雨明けは見られません。 梅雨明け後の沖縄は? 梅雨が明けるとカラっとした晴れ間が広がりますが、気温や湿度はどうなっているでしょうか。 梅雨時の湿度は高い時で85%にもなりますが、梅雨が明けると約5%下がるようです。 が、どちらにしても湿度が高いと過ごしにくそうですよね。 昨年(2018年)1年間のうち、6月~9月までの平均気温は約26. 2%となっています。 梅雨明けから気温のおかげで湿度は下がりますが、それでも「蒸し暑い」という感覚です。 ただ逆に言えば「蒸し暑い」ほど海水浴は爽快感が増して満喫できたりもしますよ! 【PR】GoProはレンタルでまずはお試し!¥500offクーポンコード【LABO2020】でもっとお得に 4. 梅雨明けの沖縄旅行がオススメな訳 その1:梅雨明け直後~7月初旬まではツアー代金が比較的安め設定なのでお勧め! 旅行のパンフレットなどを見ると、料金比較で使用されている「A~」の文字。 旅行会社によって価格が違うので、アルファベット表記で説明したいと思います。 安いのはやっぱり6月上旬までで、たいがいはA表記です。 6月2週目の週末以降は週ごとにB、C、D・・・と上がっていきます。 ということで、狙い目はやはり梅雨が明ける6月中旬~7月初旬までの間! 7月中旬に入ってくると、A料金の倍になることも! 沖縄の夏は梅雨明けすぐから始まり、比較的混雑も少ないので検討する価値アリですよ! その2:台風の接近数が比較的少ない! データ:気象庁ホームページより 沖縄旅行で一番心配な台風の接近。 直撃すると全ての予定が狂ってしまいます。 飛行機は飛ばない=帰れない、直撃して海で泳げなかったなど残念な結果になることも。 上記は2005年~2018年までの沖縄・奄美へ接近した台風の数を表していますが、実は早い時期で4月から台風は接近しているんです。 上記データによると、一番台風が接近しやすいのは「7月~9月」。 過去14年間で6月は10回・7月は24回・8月は28回・9月は26回と、7月からグンと確率が上がることがわかります。 以上のことから、6月後半の梅雨明けを狙った旅行がお勧めです。 その3:日差しが強くなってより一層透明度が高く海がキレイに見える! 沖縄旅行で外せないのはやっぱり海遊びですよね! 日差しが増すと太陽の光が海を突き抜け海底で反射して、より一層海の色がキレイに見えるんです。 浅瀬でも、元気なサンゴが太陽の光を浴びてキラキラ輝いている姿を見ることができるので、南国の海を十分満喫することができます。 梅雨明けの沖縄へ行く時の服装は? 上記に書いた通り外は蒸し暑いので、半そでなど夏の軽装で大丈夫です。 ただ、施設内に入ると冷房がガッツリ効いているところも多いので、薄手のカーディガンなどの羽織るものも一枚バッグに入れておきましょう。 尚、べたべたして過ごすのが嫌という方は、ウエットタイプの身体拭きが使い捨てタイプで売っているので、こまめに拭くのもお勧めですよ! 合わせてひんやりシートや体を冷やすスプレーなどをウエットシートにかけるとさらに効果的です。 ぜひ試してみてくださいね。 あとがき 沖縄の梅雨明けはいつ?梅雨明けの沖縄がオススメな訳、今回の内容はいかがでしたでしょうか? 狙いを見極めれば同じ夏でもこんなに違うんだ!とビックリするほどツアー代金なども違ってきます。 運営は、現地体験や高速バス等の予約サイトを運営するオンライントラベル株式会社です。 私たちは、多くのお客さまの沖縄旅行のお手伝いをしてきました。 また、一度も沖縄へお越しになっていない方も、大勢いらっしゃいます。 そこで、もっと沖縄を好きになってもらいたい、足を運んでほしいと思い、この「沖縄ラボ」を立ち上げました。 長年の経験を活かして取材し、撮影し、どこよりも詳しく、リアルに伝えていきます。

次の