新型 コロナ 抗体。 新型コロナウイルスの抗体検査の社会的意義

新型コロナ:コロナ抗体検査、厚労省の評価結果に疑問相次ぐ (写真=AP) :日本経済新聞

新型 コロナ 抗体

例年とは全く異なる様相のGWを終え、全国的にもひとまず新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)の新規感染者数は減少傾向にあります。 徐々にですが緊急事態宣言も解除され、今後は人の動きが少しずつ再開されていくことになります。 そんな中、最近のニュースではCOVID-19の検査に関する報道が相次いでいます。 「5月13日抗原検査キットが承認(保険適応)」「5月15日、抗体検査を1万人規模で実施へ」などなど、めまぐるしいスピードで動いている領域です。 しかしNews PicksのコメントやSNS上での議論を見ていると、これらの検査の『違い』について正しく理解している人はごく限られているように思います。 最近では、『抗体検査勧められたんだけど、受けたほうがいいの?』という質問が増えてきました。 実際どうなんでしょうか? この記事では、検査を行うケースごとに選ばれるべき検査の種類や、実施の妥当性について簡単にまとめました。 『色々検査がでてきて、よく分からないよ〜』という方におすすめです。 では、みていきましょう! COVID-19の検査法は3種類ある 現在COVID-19の検査として行われているものは、『PCR検査』『抗原検査』『抗体検査』の3種類です。 シンプルに考えると、 PCR検査と抗原検査は「今感染しているかどうか」をみる検査で、 抗体検査は「今までに感染したかどうか」をみる検査です。 PCR検査ができるなら、それに越したことはない PCR検査も抗原検査も「今感染しているかどうか」をみる検査ですが、同じ検査ではありません。 PCR検査は抗原検査よりも面倒臭く、できる数も人員も限られていますが、精度が抗原検査より高いという特徴があります。 抗原検査のメリットは、簡単に設備の整っていない医療機関でも実施できることや、PCR検査よりも検査実施数のキャパシティが高いことです。 どちらもできる状況であればPCR検査を行いたいところですが、医師が必要と判断した時でさえ保健所に断られてしまうケースの報告があったことからも分かるように、実施の基準は厳しくなっています。 医療資源は無限でないため、これはごく当たり前のことです。 PCR検査が難しい場合に、ファーストステップとして抗原検査が行われるようになっていくでしょう。 あらゆる検査は、 結果を踏まえて何らかのアクションが変わる時に行うべきであって、何となく行うものではありません。 COVID-19の検査については、「診断をつけるために行うケース」「すでにかかっているかどうか知りたい、不安解消や好奇心を満たすために行うケース」「特定の地域における感染状況(無症状感染の割合等)を把握することで国の施策決定に活かすために行うケース」が想定されます。 大切なのは、検査を行うことによって本当にこれらのニーズが満たされるかどうかを慎重に判断することです。 では、一つ一つ見ていきましょう。 医師が強く疑っている状況なので、少しでも感度が高い検査で、「今」感染していることを示したいはずです。 診断がつけば、承認済みの治療薬を使用したり、感染対策を強化したりできます。 よって、 このケースで検査を行うことは超妥当です。 この時、PCR検査が最も良い適応になります。 感染がすごく拡大してしまってPCR検査の人員や設備が追いつかないときは、止む無く抗原検査を使うことになります。 「今感染しているか」を知りたい状況なので、抗体検査を選ぶことは基本的にありません。 医師が診断をつけるときは、 PCR検査>抗原検査>抗体検査です。 a, 軽い症状があって不安なケース:咳や発熱といった症状がある場合、まず保健所に相談をして、受診を推奨されれば病院にいくことになります。 症状がひどくなったり、息苦しくなったりしたらすぐ連絡してください」などと言います。 そんな時、不安を解消するために検査をしたいという方もいるでしょう。 b, 症状はないけど不安なケース:『知り合いがコロナにかかって急に身近に感じ怖くなった』など、症状はないけど不安な場合、保健所に相談しても病院受診は推奨されません。 症状がない人が病院に行くことは医療崩壊に繋がるとともに、むしろ自分の感染リスクが増加してしまう危険があるからです。 c, 「すでに抗体を持ってる説」を確かめたい好奇心旺盛ケース:『あの時の症状はコロナだったんじゃないか』『特に問題ないけど、実はもう感染してるんじゃないか』といった好奇心旺盛な方が検査を望むケースです。 もはや誰もが感染していておかしくない現状において、自分がかかっているかどうか知りたいというのは自然な感情とも思います。 ご自身で市販にて購入するか、試験的に抗体検査を実施しているクリニックで自由診療の範囲で実施することになります。 医師が医学的にCOVID-19を疑っていないケースにおいて、 自分の意志でPCR検査や抗原検査を受けることはできません。 では、抗体検査を誰もが受けられるようにすることに意味はあるのでしょうか? 答えは明確に、NOです。 新型コロナウイルスの抗体検査では、IgM(感染初期に現れる抗体)とIgG(感染後期に現れる抗体)の2つを測定することで現在の感染状況を判定します。 細かい説明は省きますが、IgMとIgGの両方が陰性なら未感染、IgMのみ陽性なら感染初期、両方陽性なら感染中期、IgGのみ陽性なら感染後、と判断されます。 検査前確率(有病率)を無視してこの検査を行なった場合、偽陽性や偽陰性を常に想定することとなります。 もしこの検査でIgMが陽性であった場合、感染初期か感染中期と判断されることになります。 つまり、「今感染している可能性が高い」という結果が出ることになります。 この場合、不安はむしろ増大しますよね?必ず病院を受診しようとするでしょう。 医師もIgMが陽性と言われたら、精度が低いことが原因かもしれない 偽陽性かもしれない と分かっていたとしても、PCR検査や抗原検査の実施を検討せざるを得ません。 その方が喫煙や糖尿病といったハイリスク因子を持っていれば尚更です。 あまりに多くの人が抗体検査を受けるようになると、一定の確率でこのような問題が起こり、医療崩壊を加速する可能性があります。 中和能 感染抑制能 があるかは別問題なのです。 一度治癒してから再感染または再燃を疑うような症例も多数報告されており、IgG陽性だったから必ずしも「免疫を獲得した」とは言えないのが現状なのです。 つまり、結果がどうであれ不要不急の外出は避けるべきという状況はしばらく持続することになります。 検査を受けることによってアクションが変わらないのであれば、受ける必要はあまりない 妥当ではない と言えます。 この場合において、抗体検査を選ぶことは妥当と考えます。 こういった疫学研究として現状を把握する上で、抗体検査の実施は有益です。 ワクチンもできていない現状において、個人が抗体検査を受けるべきケースというのはほとんどなく、あくまで国・政府が感染状況把握するための検査と思ったほうがいいでしょう。 今後ワクチンができれば、 風疹ワクチン実施前の風疹抗体検査のように 、ワクチン実施前に抗体の有無をチェックする、などで活用可能かもしれませんね。 まとめ 最近はコロナの波になんとか乗って無駄な検査を売り出そうとする業者も沢山でてきています。 もっともなことを書いていそうにみえますが、巧妙に騙しているケースも多いのです。 症状がないのであれば、自ら無駄な検査を受ける必要はありません。 個人が自分の意思で受けた方がいい検査は、現状特にありません。 --------- 医学についてもっと詳しく学びたい方は、へ。

次の

新型コロナ:ワクチンが効かない? 新型コロナで浮上する抗体問題 (写真=ロイター) :日本経済新聞

新型 コロナ 抗体

(提供:ナビタスクリニック) 4月17日の会見で、加藤勝信厚労相が「具体的な段取りを調整し、早期に取り組む」と表明した新型コロナウイルスの抗体検査。 対象は無作為に選んだ数千人で、4月中にも開始する予定だ。 一方で、まだまだ始まったばかりの検査。 何がわかるのか、今まで散々叫ばれてきたPCR検査と何がちがうのかなど、わかりにくい部分も多い。 そこで、3月より先駆けて抗体検査を導入している、ナビタスクリニック理事長で内科医の久住英二さんに、まずは基本知識を解説してもらった。 「PCR検査は、いま現在、体内にウイルスがいるか調べるもので、抗体検査は過去に感染したことがあるのかを調べる検査です。 ウイルスに感染すると、体内では抗体が作られます。 抗体検査では、血液中に含まれるこの抗体を検出します。 抗体の有無を判断するのに必要な時間は15分ほど。 体に新型コロナウイルスに対する免疫ができていると考えていいのだろうか。 「病気によって、抗体でウイルスを無力化できるタイプと、無力化できないタイプがあるので、必ずしも抗体がある=感染しないとは言い切れません。 ただ、新型コロナウイルス感染症は、おそらく無力化できるタイプだと考えられています。 中国の症例では、感染歴のある人の血液を治療中の感染者に輸血したところ、症状の改善効果がみられたという報告があります。 つまり、感染して治った人たちの血液に含まれる抗体には、新型コロナウイルスに対抗する力がありそうだということです。 約14%の人に抗体が確認された。 世界中で始まった抗体検査だが、その精度はどうなのだろうか。 「世界中で需要があり、数々の検査キットが開発されています。 ただ、それぞれのキットがどのくらいの感度なのかは、まだわかっていません」 ナビタスクリニックで導入しているのは、中国メーカーが製造し、日本のクラボウが輸入販売している検査キットだという。 「別のウイルスの抗体に反応しないことがチェックされた製品で、基本的には新型コロナウイルスの抗体にのみ反応します。 同じキットを使って国立感染症研究所が、PCR検査で陽性とされた患者で、抗体の有無を調査していますが、発症から13日以上経過した患者では約97%の陽性率だったそうです」 つまり、発症から約2週間が経過した患者なら、ほぼ抗体を検出できるということだ。 「ただ、この調査はPCR検査が必要とされるほど症状のある人を対象にしています。 軽症や無症状の人では、作られる抗体の量が少ない可能性があり、このキットで検出できるのかという未知の部分もあります」 「女性自身」2020年5月12・19日合併号 掲載.

次の

新型コロナウイルス抗体迅速検出キット 販売開始のお知らせ|ヤマト科学株式会社

新型 コロナ 抗体

猛威を振るう新型コロナウイルス。 感染者数が日々増加するなか、連日耳にする「PCR検査」と「抗体検査(検査キット)」とは、どのような検査なのか?それぞれの特徴や両検査のメリットなどを解説したい。 PCR検査は、 現在ウイルスが体内に存在しているのか(感染しているのか)を調べることができる。 これに対して抗体検査は、 過去に感染したことがあるのかや、 現在の感染の状態(感染初期なのか、感染してかた時間が経過しているのか)、 ウイルスに抵抗する能力(抗体)をすでに獲得しているのか(人にうつしにくいのか)を調べることができる。 PCR検査では、鼻咽頭に綿棒などを入れ、 鼻の奥をぬぐった粘液(鼻咽頭ぬぐい液)や気道の奥から排出される痰を検査する(インフルエンザのように鼻の奥から検体を採取する)。 鼻咽頭ぬぐい液の採取は専門家(医療従事者)が行う。 検査キット(抗体検査)は、抗体が血液中に存在するため、 血液を採取して検査する。 PCR検査は抗体検査より精度は良いが、PCR検査も含むすべての検査で偽陽性(感染していないのに陽性と判定される)、偽陰性(感染しているのに陰性と判定される)がある。 偽陽性や偽陰性が起こる原因は、使用する試薬や機材の精度や人為的なものなど様々なことが考えられる。 偽陰性の原因の一つとして、検体の採取方法や採取した検体に含まれるウイルスの量の差なども考えられる。 そのため、検体を採取する医療従事者は正確に、かつ確実に検体を採取する必要がある。 我々 臨床検査技師は、 専門の研修を受けた者のみが、この検体採取(鼻咽頭ぬぐい液の採取)を行うことができる。 以下からは、PCR検査、抗体検査それぞれについてさらに詳しく解説する。 このため、 「ウイルスが存在するか?」を確認するためにはウイルスのRNA(遺伝情報)の有無を確認することになる。 しかし「PCR検査」のPCRはPolymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)の頭文字をとったもので、 微量のDNA断片を増幅して検出する方法である。 つまり、 ウイルスの増殖に必要な設計図のようなものが含まれている。 DNAには、生物の体を構成する設計図(遺伝情報)が書き込まれている。 DNAは、鎖のような構造をした物質に書き込まれており、 DNAは二本の鎖が対になってらせん状の構造をしており、安定した状態にある。 DNAの二重らせん構造 体を構成する際には、この遺伝情報を コピーすることから始まる。 DNAの二本の鎖を解いて一本鎖にし、その鎖をコピーしていく。 これを「転写」と呼び、このとき コピーされたものがRNAである。 このコピーをもとにして蛋白質が作られ、体を構成していくのだ。 DNAとRNAの関係 RNAは 一本の鎖のみであり、DNAに比べて 不安定な構造をしている。 RNAを遺伝物質として持つRNAウイルスは、遺伝子としての安定性が低いことになる。 しかし、不安定であるがため、 変異スピードが速いことが特徴の一つでもある。 つまり、RNAウイルスは変異スピードがDNAウイルスよりも速いのだ。 RNAは不安定な物質であるため、取り扱いが難しい。 そのため、RNAウイルスを調べるためのPCR検査では、まず RNAを安定したDNAに変換してから検査を行う。 つまり、RNAウイルスの有無を検査するには、まずRNAをDNAに変換することから始まる。 これを「逆転写」と呼ぶ。 DNAやRNAは目に見えず、非常に小さな物質であるため、その存在を確認するには、ある程度の量が必要となる。 そのため、次に、量を増やす工程である「 増幅」を行うのだ。 DNAの数は1サイクルのPCRでおよそ 2倍に増えていく。 したがって、20サイクルのPCRにより、最初に存在したDNAのおよそ100万(2の20乗)になる。 これにより、採取された検体の中に新型コロナウイルスのRNAが含まれていれば、 RNAから変換されたDNAが増幅されて陽性となり、検体の中にRNAが含まれていなければ 何も増幅されないので陰性となるのだ。 PCR検査では、この 増幅工程に時間を要するため、 検査結果が判明するまでに数時間要するのだ。 一方、多くの企業や研究所が開発や輸入・販売している「(抗体)検査キット」は、 10~20分程度で結果が判明する。 検査キットで調べる 「抗体」は、ウイルスが体内に侵入した際に、体内で作られる物質である。 異物が体内に侵入した際に、異物に対して特異的に反応する蛋白質(抗体)を産生する。 産生された抗体は、 同一の異物が再度侵入してきた際に、その異物に対して抵抗する能力を発揮する。 IgMは異物(ウイルス)侵入の初期に出現し、他の物質とともにウイルスを中和する。 その後、IgGが出現する。 IgGはその異物に対して長期的な免疫を提供する役割を持つ。 つまり、抗体を調べることで 「感染したのか」ということを確認することができる。 IgMが出現していると、感染して間もないことを示し、 IgGが出現していると過去に感染し、ウイルスに抵抗する抗体をすでに獲得していることを確認できるのだ。 抗体検査(検査キット)は、精度は劣るが 「すでに感染した。 」「ウイルスに対する抗体を獲得している。 」ということ・・・つまり、 「今後感染し重症化する可能性がない」「他の人に感染させる可能性がない」ことを知ることが出来るため、それらの不安を解消することができる。 新型コロナウイルスが「一度感染すれば、再感染をしない」ということはまだ明らかではないが、多くの感染症に対しては証明されている。 サルについて行った実験で、一度、新型コロナウイルスに感染し、回復したサルがもう一度感染するかどうかを検証したところ、 再感染しなかったという研究結果が報告されている。 ヒトでも再感染しない可能性はあるのではないかと期待できる。 しかし、 抗体検査(検査キット)はスクリーニング検査の位置づけであるため、検査キットで陽性となった場合は、 医療機関で診察、診断を受けて欲しい。 状況に応じて、 検査法を使い分け、少しでも不安を解消することや、正しい処置を受けるなどして欲しい。 そしてもう一つ、知っておいて欲しい。 PCR検査は、どの施設の、誰でもが実施できるわけではないことを。 感染性のあるウイルスを取り扱うのなら、なおさらのこと。 適切な設備、適切な機材、正しい知識と正しい技術を持った専門家が揃わなければ、実施できない。 設備が不十分だと、さらなる感染を起こしてしまう可能性がある。 機材がなければ検査はできない。 適切な専門家がいなければ、正確な検査結果が出ない。 そのため、一度陰性の判定だったとしても、検査する時期や方法、手技によっては結果が異なる場合もある。 それは「どんな検査においても」である。 陰性と判定されても、感染対策はしてもらいたい。 あなたが媒介となって、 他の人にウイルスを運んでしまうことも有り得るのだから。 仮にあなたがウイルスに感染しても重症化しなかったとしても、あなたが媒介となって ウイルスを運んだ先に、重症化する恐れのある人がいる。 それが「自分の大切な人」だとしたら? 考えて欲しい。 誰かの命を脅かすようなことは決してしないで欲しい。 (*トップ画像以外のイラスト,表は全て筆者が作製したもの) 参考 ・臨床検査技術学13 免疫検査学, 医学書院, 1998 ・検体採取等に関する厚生労働省指定講習会テキスト 一般社団法人日本臨床衛生検査技師会 3. 微生物学的検査等における検体採取に必要な知識・技能・態度(鼻腔拭い液、鼻咽頭拭い液、咽頭拭い液、鼻腔吸引等の採取) ・Bao, L. , et al. , Reinfection could not occur in SARS-CoV-2 infected rhesus macaques. bioRxiv, 2020: p. 2020. 990226.

次の