チェイン スモーカー ズ 日本 嫌い。 ザ・チェインスモーカーズ、「また日本でやりたいって気持ちが強くなったよ」

The Chainsmokers(チェインスモーカーズ)の人気曲13選!おしゃれEDMで世界を魅了中! 2020年6月

チェイン スモーカー ズ 日本 嫌い

Photo: PRESS サマーソニックへの出演が決定しているザ・チェインスモーカーズの日本デビュー盤となる限定ミニ・アルバム『ザ・チェインスモーカーズージャパン・スペシャル・エディション』が本日8月10日にリリースされている。 『ザ・チェインスモーカーズージャパン・スペシャル・エディション』の収録曲のミュージック・ビデオ&音源はこちらから。 アルバムのダウンロードはこちらから。 リリースの詳細は以下の通り。 ローゼズ feat. ロゼス 2. ニューヨーク・シティ 3. アンティル・ユー・ワー・ゴーン feat. エミリー・ウォーレン 4. ウォーターベッド feat. ウォーターベッド 5. グッド・インテンションズ feat. ブリーソングス 6. ドント・レット・ミー・ダウン feat. ダヤ 7. ドント・レット・ミー・ダウン feat.

次の

ザ・チェインスモーカーズ、「また日本でやりたいって気持ちが強くなったよ」

チェイン スモーカー ズ 日本 嫌い

同曲の大ヒットで一躍トップアーティストの仲間入りを果たしたのが、今回紹介するアメリカのDJデュオ、 ザ・チェインスモーカーズです。 彼らは アンドリュー・タガートと アレックス・ポールの2人によるユニットで、結成は2012年。 サウンド面ではEDM〜キレイめのプログレッシブ路線を基調としながら、最近ではトラップ系のディープなトラックもリリースするなど音楽性が広がっています。 DJとしては「Tomorrowland」や「Ultra Music Festival」「Electric Daisy Carnival」「Coachella」といった大型フェスに軒並み出演。 またラスベガスの超人気クラブHakkasanのレジデントに選ばれるなど、世界中で大活躍。 今年は8月20日&21日に東京&大阪で開催される「SUMMER SONIC 2016」に出演が決定しており、さらに来日直前の8月10日には日本限定盤『ザ・チェインスモーカーズージャパン・スペシャル・エディション』をリリース。 Daya 1998年生まれのフィメールシンガー、ダヤをフィーチャーし今年2月にリリースされたシングル。 これまでの彼らにはないトラップ路線のサウンドで、サビが中毒性たっぷりです。 世界各国のダンス系チャートでトップ10入りはもちろん、7月に入りついにBillboardの総合チャートの3位に上り詰めるなど、現在進行形で世界を席巻中。 The Chainsmokers — SELFIE エレクトロ・ハウスサウンドにセルフィー(=自撮り)を楽しむ女性2人の会話を乗せたおバカな楽曲で、2014年の一大アンセムに。 無料公開された後スティーヴ・アオキのレーベルDim Makからリリースされたこともあってか、ミュージックビデオにはアオキをはじめAトラックやスヌープ・ドッグといった大物アーティストがカメオ出演。 YouTubeでの再生回数は4億回を超えるなど、彼らを象徴する大ヒット曲です。 The Chainsmokers — Roses ft. Rozes 歌手のロゼスをフィーチャーしたバラード路線のEDM。 スローテンポなトラックがロゼスの歌声を引き立てていて哀愁たっぷり、ドリーミーでアンニュイな仕上がりです。 2015年にリリースされ世界中でヒットし、とりわけアメリカではトリプルプラチナを達成。 今年発表された『Billboard Music Awards』のトップ・ダンス・ソング賞にノミネートされました。 「Coachella」の自身のステージではロゼスが登場したことも大きな話題に。 チェインスモーカーズの2人がティエストを拉致・殺害し、復讐されるという過激な内容のミュージックビデオも必見です。 The Chainsmokers — Kanye ft. SirenXXのキュートな歌声が際立つ、ヴィヴィッドでアップリフティングなプログレッシブハウスです。 この曲はBillboardのダンス/エレクトロニックチャートで14位にランクイン。 今年の「EDC」や「Ultra Music Festival」のステージでもプレイしていましたね。 The Chainsmokers — Let You Go ft. Great Good Fine Ok NYのブルックリン出身のシンセポップユニット:グレート・グッド・ファイン・オーケーとコラボした美メロ系プログレッシブハウス。 彼らの創作活動の原点が味わえる一曲です。 The Chainsmokers, Tritonal — Until You Were Gone ft. Emily Warren アメリカはテキサスのDJデュオ:トリトナールとNYの歌手エミリー・ウォーレンとコラボした楽曲がこちら。 美メロで有名なトリトナールとのコラボということもあり、キレイめで高揚感に満ちたプログレッシブハウスに仕上がっています。 チェインスモーカーズ自身のセットでもヘヴィプレイしていて野外フェスとの相性もバッチリです。 The Chainsmokers — Waterbed ファーストEP「Bouquet」に収録された歌モノトラックで、LAで活動するインディー・ポップデュオ:ウォーターベッドが参加。 フューチャーベースっぽいキラキラしたシンセリフが癖になるエレクトロ・ポップです。 フィルター加工されたボーカルは浮遊感たっぷりで中毒性アリ。 2015年にリリースされBillboardのダンス/エレクトロニックチャートでは36位になりました。 The Chainsmokers — Inside Out ft. 6月に開催された「EDC」のメインステージでもスピンしていましたが、サビの高揚感はフェス映え確実なので来日時もぜひプレイしてほしい一曲です。 The Chainsmokers — New York City 最後に紹介するのは、2015年にリリースされた5曲入りファーストEP「Bouquet」に収録された一曲。 ピアノやストリングスといった生音で美メロを聴かせタメを作り、サビでは一転してエネルギッシュなバキバキのプログレッシブハウス・サウンドが飛び出す緩急の効いた構成が特徴で、フェスでも大盛り上がり間違いなし!.

次の

人気急上昇!ザ・チェインスモーカーズの絶対押さえておくべき10選

チェイン スモーカー ズ 日本 嫌い

今回は、 The Chainsmokers and Coldplay(ザ・チェインスモーカーズ・アンド・コールドプレイ)の 「Something Just Like This」の翻訳をしたいと思います。 「Something Just Like This」は、米国のEDMデュオ「ザ・チェインスモーカーズ」と英国のロックバンド「コールドプレイ」による曲です。 ただいま人気絶頂のチェインスモーカーズとコールドプレイがコラボしたことで多くの注目を浴びました。 米国ビルボードで3位、UKシングルスで2位、オーストラリアで2位と世界各地でチャート上位を獲得しました。 また、NCAAバスケットボール選手権でも使用されたことも注目を集め、2018年の第60回グラミー賞ではベストポップデュオパフォーマンス賞にノミネートされました。 「Something Just Like This」とは 「Something Just Like This」とは、「ただそういう様な何か」という訳です。 特別な力やおとぎ話のような素敵なものはいらない、ただ隣に寄り添ってくれる誰かが必要というメッセージが込められています。 心の残るとっても素敵な歌詞です。 それでは、まずはお聞きください。 (そして彼女は言ったんだ、あなたはどこに行きたいのって) How much you wanna risk? (そして彼女は言ったんだ、あなたはどこに行きたいのって) How much you wanna risk? (あなたはどこに行きたいの) How much you wanna risk? Achilles and his gold 「Achilles(アキレス、またはアキレウス)」は、ギリシア神話にでてくる英雄です。 ホメーロスの叙事詩「イーリアス」の主人公でアキレス腱の由来になりました。 Hercules and his gifts 「Hercules(ヘラクレス)」も、ギリシア神話にでてくる英雄です。 全知全能の神ゼウスと人間の間に生まれ、神の力を持つ人間です。 「gifted」とは「才能」という意味になり、ゼウスからもらった「超人的な力」と訳しました。 Just something I can turn to somebody I can kiss 「turn to somebody」で、「共感する、助けを求める、寄り添う」という意味になります。 The moon and its eclipse 「eclipse」とは、「食、満ち欠け」の意味です。 「月」とでているので、日食のことになります。 A suit before he lifts 「A suit」とは「スーパーマンのスーツ」のことで、「before he lifts」とは「彼が飛ぶ前の」となります。 つまり、スーパーマンに変身できるスーツがあるとなります。 さて、今回は以上になります。 最後まで見て頂きましてありがとうございました。 出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

次の