ほうれん草 コンソメ スープ。 ほうれん草のレシピ

ほうれん草のレシピ

ほうれん草 コンソメ スープ

こんにちは。 まるです。 今回はほっとするほうれん草と玉子のスープをご紹介します。 何もなくてもスープなら出来る! 食卓であと1品ほしいなって時ありませんか? 我が家はしょっちゅうです…。 そんな時にいつものお味噌汁ではなく 洋風スープにするだけで いつもより頑張った感がするのは私だけでしょうか? 今回は何にもない時でも このスープならすぐ出来て頑張った感もある おススメのスープをご紹介します。 ほっとするほうれん草と玉子のスープ 冬以外も食べたくなります。 今夜はほっとするほうれん草と玉子のスープ にしませんか? ぜひお試しくださいね。 材料 (作りやすい分量)• ほうれん草 1株• もやし 1掴み• 卵 1個• 水 800㎖• コンソメ 2個• 塩 少々 用意するもの• 鍋 作り方• ほうれん草を3㎝に切る。 鍋に湯を沸かしほうれん草、もやし、コンソメを入れる。 卵を溶いて2が再び沸騰したら回し入れる。 卵が固まったら混ぜる。 出来上がり ポイント• 野菜はなんでも大丈夫です。 アレンジ• ラー油を垂らすと中華風になります。 まとめ 今回は ほっとするほうれん草と玉子のスープをご紹介しました。 いかがでしたか? 材料が何にもない時でも このスープならすぐ出来て頑張った感もある おススメのスープです。 寒い日の晩ごはんにほっとするスープはいかがですか? 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

ほうれん草と玉ねぎの人気レシピ!スープやサラダ・炒め物のおかずも!

ほうれん草 コンソメ スープ

こんにちは。 まるです。 今回はほっとするほうれん草と玉子のスープをご紹介します。 何もなくてもスープなら出来る! 食卓であと1品ほしいなって時ありませんか? 我が家はしょっちゅうです…。 そんな時にいつものお味噌汁ではなく 洋風スープにするだけで いつもより頑張った感がするのは私だけでしょうか? 今回は何にもない時でも このスープならすぐ出来て頑張った感もある おススメのスープをご紹介します。 ほっとするほうれん草と玉子のスープ 冬以外も食べたくなります。 今夜はほっとするほうれん草と玉子のスープ にしませんか? ぜひお試しくださいね。 材料 (作りやすい分量)• ほうれん草 1株• もやし 1掴み• 卵 1個• 水 800㎖• コンソメ 2個• 塩 少々 用意するもの• 鍋 作り方• ほうれん草を3㎝に切る。 鍋に湯を沸かしほうれん草、もやし、コンソメを入れる。 卵を溶いて2が再び沸騰したら回し入れる。 卵が固まったら混ぜる。 出来上がり ポイント• 野菜はなんでも大丈夫です。 アレンジ• ラー油を垂らすと中華風になります。 まとめ 今回は ほっとするほうれん草と玉子のスープをご紹介しました。 いかがでしたか? 材料が何にもない時でも このスープならすぐ出来て頑張った感もある おススメのスープです。 寒い日の晩ごはんにほっとするスープはいかがですか? 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

ほうれん草のレシピ

ほうれん草 コンソメ スープ

基本の扱い方 洗い方(1) ゆでるときに火の通りが均一になるよう、茎の太いものは根元に十字に切り目を入れます。 洗い方(2) 根元の内側に土などがたまっているので、ボウルに水を張った中につけて土を浮かせ、1株ずつ取って、茎の間の土を指でていねいに洗い流します。 ゆで方(1) 鍋にたっぷりの湯を煮立て、塩適宜を入れて、ほうれん草をまとめて根元から入れます。 量が多い場合や鍋が小さい場合は、小分けして少量ずつゆでて。 再沸騰したら、ひと呼吸おいて上下を返し、さらにひと呼吸おいて湯をきります。 ゆでる時間は1〜2分が目安。 「早すぎる?」と思うくらいにさっとゆでるのが、歯ごたえを残して、おいしくゆで上げるコツです。 ゆで方(2) すぐにたっぷりの冷水にとり、余熱で火が通りすぎるのを防ぎます。 数分水にさらすことで、色鮮やかに仕上げると同時に、アクを抜くことができます。 そのあと、水をしっかり絞ります。 さらに食べやすく切って冷凍しても。 しょうゆ洗い(1) ゆでて水けをよく絞ったほうれん草を、食べやすい長さに切り、しょうゆ少々をかけます。 しょうゆ洗い(2) しばらくおいておき、出てきた水分としょうゆを絞ります。 このあと、新たに調味したり、あえごろもであえます。 切り方 輪切り 横にして小口から厚さをそろえて切れば、輪切りに。 厚さは、料理に合わせて調節を。 いちょう切り(1) 作りたい分量の長さに切り、縦四つ割りにします。 いちょう切り(2) 四つ割りにしたうちの2本を、切り口を下にして置き、端から薄切りにします。 厚さを揃えて切ると、火の通りが均一に。 せん切り(1) 皮をむき、斜め薄切りにします。 せん切り(2) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 せん切り(3) 縦薄切りにしてからせん切りにしても。 この場合、4〜5cm長さに切ったら、縦に薄切りにします。 このとき、端を1枚切ったら、その切った面を下にして置くと、安定して切りやすくなります。 せん切り(4) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 短冊切り(1) 4〜5cm長さに切ったら、縦に1cm厚さに切ります。 短冊切り(2) 端から薄切りにします。 あられ切り(1) さいの目切り(約1cm角)よりさらに細かく、約5mm角に切る角切り。 4〜5cm長さに切ったら、5mm厚さの薄切りにします。 あられ切り(2) これを5mm角の細切りにしたら、端から5mm幅に切って、立方体にします。 ねじ梅 野菜を花の形に切る「花形切り」の一つで、立体感のある梅の花の形にしたもの。 煮ものなどに。 ねじ梅(1) にんじんは皮をむいてから7〜8mm厚さの輪切りにし、花形の抜き型を使って、抜きます。 ねじ梅(2) 花びらの境目5カ所全部から中心に向かって、包丁の刃元を使って2〜3mm深さの切り込みを入れます。 ねじ梅(3) 花びらの中心から、左側の境目の切れ込みに向かって、包丁の刃元を斜め下向きに進め、薄くそぎ落とします。 これを花びらごとに繰り返します。

次の