豊胸手術 値段 相場。 二重整形って安い値段でも大丈夫?費用相場とおすすめクリニックの選び方|Bebele

豊胸手術の値段はここに注目!後悔しない4つのポイント|医師監修コラム

豊胸手術 値段 相場

「豊胸シリコンバッグの抜去(摘出)をしたい」と思ったとき、気になるのが費用です。 クリニックによって料金に幅があるので迷われる方も多いと思いますが、安易に選んでは失敗して結局高くつくことも……。 低費用にありがちな落とし穴がないか、まずカウンセリングで確認することが大切です。 豊胸シリコンバッグ抜去&コンデンスリッチ豊胸の相場 豊胸シリコンバッグを抜去してコンデンスリッチ豊胸で脂肪に置き換える施術は、他にもいくつかのクリニックで行なわれています。 THE CLINICの場合、1,520,000円(ベイザー併用の場合)で承っております。 他院でもおおむね1,400,000~1,600,000円(ベイザー併用なし)といった値段設定のようです。 ただ、なかには1,000,000円前後で豊胸シリコンバッグ抜去&ベイザー併用のコンデンスリッチ豊胸ができるとWeb上に掲載しているクリニックもあります。 豊胸手術が低費用の理由をカウンセリングで探ることが大切 何の商品でも安いものにはそれなりの理由があります。 それは、美容外科も然り。 気になるクリニックがあれば、ぜひ カウンセリングに行って比較することをおすすめしますが、その際に下記のポイントに注意してみてください。 カウンセラーが高額な豊胸手術をすすめる場合は要注意 カウンセリングに行ってみると、ドクターによる診察ではなく、 カウンセラーによるサービス紹介がメインというクリニックが非常にたくさんあります。 様々なオプションをすすめられた結果、ホームページに記載されている料金よりもかなり高額になってしまうケースも少なくありません。 カウンセリング当日に、強引に医療ローンを契約させるクリニックもあるので、注意が必要です。 さらに、消費者庁では、 カウンセリング当日にいきなり施術をすすめるクリニックや、「この注射が必要」「この施術を追加しないと効果が出ない」など、 施術当日あるいは施術中に高額なオプションを契約させるクリニックに注意するよう呼び掛けています。 脇からの抜去でバスト周りに傷は残っていない。 施術費用が安くても、目立つ傷や凹凸が残ってしまっては治療が成功したとは言えません。 ドクターに相談する際は、まず事前に 「どこから豊胸シリコンバッグを抜去(摘出)するか」を確認しましょう。 THE CLINICでは豊胸シリコンバッグの抜去(摘出)について、大切にしているポリシーがあります。 それが、「可能な限り傷をつけない、増やさない」というもの。 高度に石灰化している場合などを除き、豊胸シリコンバッグを挿入した 脇の傷から抜去することを基本としています。 他のクリニックでは、目立つ傷が残りやすいアンダーバストや乳輪周りを切開することも多いのですが、その理由は脇からでは豊胸シリコンバッグまでの距離が長く、豊胸シリコンバッグの抜去(摘出)が難しいからです。 しかし熟練した技術があれば、脇の下からでも、バストや周辺組織を傷つけることなく抜去(摘出)できます。 ただ、安価な費用の場合、その労力は見込まれない可能性も考えられます。 豊胸手術の症例数と経験値を見極めよう やはり、 仕上がりの良し悪しは経験に基づくドクターの技術で左右されます。 いくら安価であっても、経験の少ないドクターの場合、費用以上の効果を期待するのは難しいかもしれません。 経験値を判断する際にまずチェックすべきは、 美容外科医歴、 得意施術など。 手掛けた症例のエピソードを聞くなどもいいかもしれません。 また、ブログを公開しているドクターの場合、 豊胸シリコンバッグのトラブル治療についての記事頻度が、経験や技術の判断材料のひとつになるでしょう。 他院では豊胸シリコンバッグ抜去と同日の脂肪注入豊胸ができないことも 他のクリニックでは、豊胸シリコンバッグの抜去(摘出)から数カ月後に脂肪注入を行うことも多いようです。 これは、豊胸シリコンバッグがなくなってできた空洞に脂肪を注入してしまうと脂肪が壊死してしまうため、その空洞が閉じるのを待つという理由からです。 ただし、 数か月たったからといって完全に閉じているとは限りません。 また、時間をあけると組織や 皮膚の癒着が起きるため、コンデンスリッチ豊胸でもバストを キレイに膨らませないことが多いのです。 そのため、THE CLINICでは基本的には同日施術を行います。 何回も通うとなると、お仕事や家事を休まなければならない方も多いでしょう。 そういった 時間と費用のロスも抑えることができます。 重視すべきは費用対効果 こういった点を押さえることで、少なくとも費用トラブルにありがちな「聞いてなかった」を防ぐことにはつながるはずです。 大事なのは、 費用対効果。 これを複数のクリニックのカウンセリングで比較して、納得できるクリニックやドクターを選びましょう。 後編では、THE CLINICの費用対効果の判断材料として、料金に含まれる内容を詳しくご紹介します。

次の

豊胸手術の値段相場をチェック

豊胸手術 値段 相場

経験豊富で高い技術の医師 城本クリニックの豊胸手術は、経験が豊富で高い技術を有する医師が担当します。 日本美容外科学会・日本形成外科学会の専門医が多数在籍しています。 自然な形・柔らかさを実現 高い技術に加え症例数が多いからこそ、自然な形や柔らかさを安全に美しく実現できます。 医師による直接の診察 経験豊富な医師が、患者様ひとりひとりに時間をかけながら直接診察します。 安全な麻酔管理 城本クリニックの豊胸手術は、安全な麻酔管理のもと、リラックスして治療をお受けいただけます。 医療免許を持つスタッフが対応 施術に携わるすべてのスタッフが医療免許を持ち、カウンセリング、施術、アフターケアまで一貫して万全に対応します。 リピーター率の高さ 患者様の高い満足度と口コミ等のご紹介により、高いリピーター率を誇ります。 痛みの軽減 出来る限り痛みに配慮し、軽減できる方法を選んでいます。 メンテナンス 豊胸手術は、術後メンテナンスが必要となる場合もあり、術後経過が良くなり、結果も良くなるように適時アドバイスしています。 傷跡 可能な限り目立つことがないよう、切開等について配慮しています。 城本クリニックは、豊胸で世界トップシェアを誇る米MENTOR社より、日本初の公認クリニックに選ばれました。 定期的な技術や情報交換により、常に豊胸技術の向上を目指しています。 また、ヒアルロン酸注入によるバストアップは、安全性の高いヒアルロン酸を使用しています。 CAUTION アクアフィリング豊胸について 素材の大半は水分ですが、一部が生体内に長期残留する可能性があり、安全性において疑問視されています。 世界的には、使用を禁止あるいは使用しないように求めている国が多い中、日本では安易に使用されています。 美容外科学会等は、こうした状況を問題視しており、城本クリニックでは取り扱っておりません。 小さな胸を大きくしたい• バストが小さくずっとコンプレックスです• 形の良い大きい胸に憧れる• いらない脂肪もあるし、胸も大きくしたい• バストにだけ脂肪が足りない!ついてほしくない部分についている…• 切らずにバストアップしたい• 授乳後にハリを失った• 乳頭の大きさが気になる、小さくしたい• 乳輪の大きさが気になる、小さく整えたい• 乳輪が大きくバランスが悪い• 大きすぎる胸をなんとかしたい• 大きすぎて人目が気になる• 垂れてしまったバストを持ち上げたい• バストが大きすぎて重く下がってます・・・小さくできますか?• 乳頭が陥没してる• 凹んだままだと出産後の授乳が心配•

次の

豊胸手術の費用はだいたいいくらくらいが相場なんでしょうか。有名なクリニック...

豊胸手術 値段 相場

豊胸手術は高額ってホント!?知っておきたい術式別の相場とは 豊胸手術をしようと考えたとき、一番気になるのは費用面ですよね。 いくら完璧に理想のバストを手に入れられるとしても、その費用が高額なものであれば簡単に手術を決断することはできません。 豊胸手術は高額でなかなか手を出せない!そんなイメージを持つ人も多いかもしれません。 では、実際豊胸手術を受けるとすればどのくらいの費用がかかるのでしょうか。 豊胸手術の方法は、1つではありません。 代表的な施術として、4つの方法が挙げられます。 これらの施術別に、豊胸手術の値段をご紹介していきましょう。 方法 平均価格 カップアップ目安 ・脂肪注入…50~70万円 ・ピュアグラフト法…70~90万円 ・コンデンスリッチ法…100~120万円 0. 5~1. 5 1㏄ 3,000~4000円 1カップアップの場合 片胸で100cc必要 1 70万円 1~3 1カップあたり約10万円 1~2 これらの費用は、平均的にかかる金額です。 豊胸手術は、高額になれば100万円を超える場合もあります。 決して安い手術ではないのです。 手術法による価格差、そしてクリニックによる価格差があるという点を、しっかりと覚えておきましょう。 ヒアルロン酸注入法は、1ccあたり3,000~4,000円程度で済むことが魅力ですね。 ただし、ヒアルロン酸注入法の場合は、その効果が1~2年と限定的なのがデメリットです。 ヒアルロン酸注入法の場合、価格表記として『1ccあたりいくら』という記載をしているクリニックも多くあります。 じゃあ実際どのくらい豊胸で必要になるの?と疑問に感じることでしょう。 一般的に、ヒアルロン酸注入によるバストアップは1カップアップが目安となります。 1カップアップで必要となるヒアルロン酸量は100ccですから、1ccあたりの価格表記となっていれば単純に100倍した価格が豊胸費用となるわけですね。 つまり、平均1ccあたり3,000円~4,000円となっているヒアルロン酸注入法は、両胸を1カップアップしようと思うと60万円~80万円かかるのです。 こう見てしまうと、お得感は減ってしまうかもしれません。 ただ、ヒアルロン酸注入量によって1ccあたりの価格が割引になることもありますし、0. 5カップアップといった豊胸や、お試し少量の豊胸が割安で行うことができます。 また、左右のバランスを整えたいという人は、少量の注入で済めばそれだけ低い価格で施術できるのです。 片胸10㏄程度であれば、両胸でも6万円~8万円程度で済みますからね。 クリニックによっては、『ヒアルロン酸注入法が〇万円』と価格を一本化しているケースもあります。 ヒアルロン酸注入法の場合は、どのような価格表記になっているか、自分が希望する注入量だとお得になるのかどうか、しっかりと確認しておきたいですね。 ヒアルロン酸注入法についてもっと知りたい!という人は、こちらの記事も参考にしてみてください。 ちなみに、ヒアルロン酸よりも体へ吸収する時間がかかる方法として、アクアフィリング豊胸という方法もあります。 こちらも1ccあたり3,000円~4,000円が平均なので、ヒアルロン酸注入法と同じような料金帯となります。 しかし、その効果は3~4年とヒアルロン酸よりも長く効果を維持できること、そして2カップアップも可能ということで期待されているのです。 最もサイズアップが可能なのはシリコンバッグ豊胸 シリコンバッグ挿入法の相場は、平均で70万円ほどの施術です。 しかし、やはり使用するシリコンや、その大きさによって価格が変動するという特徴があります。 安ければ20万円ほど、高額になれば120万円ほどかかるケースもあるのです。 シリコンバッグには、形や表面の膜の性質などの違いがあります。 もちろん安価なシリコンバッグを使用すれば安く済むわけですが、価格が安い広告を見てクリニックに行ったのに、来店後に高価なバッグを勧められるというケースも少なくありません。 どのシリコンを選ぶか、それは価格だけではなくそれぞれの特徴をしっかりと理解した上で選択するようにしたいですね。 モニター制度を利用すればお得に手術可能! 各クリニックでは、バストアップ手術のモニターを募集していることが多いですね。 モニターになれば、before・after写真をホームページや広告に掲載する代わりにお得な価格で施術を受けることが出来ます。 では、実際どのくらいお得になるのか、湘南美容外科を例にご紹介していきましょう。 豊胸手術内容 通常価格 モニター価格 コンデンスリッチ 88万円 78万円 ピュアグラフト 58万円 23万2,000円 シリコンバッグ挿入 Motivaエルゴノミックス 63万9,900万円 49万8,000円 このように、かなりお得になることが分かりますね。 ただし、モニターを受ける際には気を付けなければいけないこともあります。 モニター、湘南美容外科を含め、多くのクリニックではモニター費用は次の条件で変わることがあるのです。 どのドクターが施術するか• どこの支店で施術するか• 顔出し可能か、バストだけの写真撮影か ドクターによってモニター価格、そしてモニターの内容が異なるということ、そして対応している支店が異なり、支店によっても価格が違うケースがあるということは覚えておきたいところです。 モニター制度は便利なものですが、だからこそしっかりと内容を確認しておくようにしたいですね。 豊胸手術は、その施術方法によって価格が異なっているのですね。 同じ脂肪注入法でも、いくつか種類があって価格も異なっているようですからしっかりと確認しておきたいものです。 モニター制度を利用すれば、通常価格よりもかなりお得に手術できるという情報はうれしいですね。 担当するドクター等によって価格設定が異なるケースがありそうですから、こちらもじっくりチェックしてみたいです。 病院によって価格差があるのは何故?その理由をご紹介 豊胸手術を行うにあたって、平均的な価格をご紹介してきました。 しかし、なぜクリニックによって価格差が生じるのでしょうか。 その理由として、主に次の4点が挙げられます。 品質の差• 集客目的で広告価格を下げる• ブランド力• 運営費 この4点について、それぞれ簡単に説明していきましょう。 品質の低い材料を使用すれば低価格で豊胸が可能に!? まず、施術を行う際に使用する材料の品質の差が、価格差に繋がっているという点が挙げられます。 しかし、日本のきちんとしたクリニックであれば、特に品質に大きな差があるわけではありません。 しかし、粗悪なものを使用していれば当然身体にも悪影響が出てしまうリスクが生じます。 安すぎる豊胸には注意したいところですね。 もちろん、すべての安価な豊胸手術が低品質のものを使用しているわけではありません。 営業努力によって、低価格を実現しているケースもあります。 安心して利用できるクリニックを見極める目を持ちたいですね。 来店後に高額商品を勧める!?気を付けておきたい営業方法 かなり低価格で豊胸手術を行うことができるクリニックもあります。 しかし、そのようなクリニックでは次のような可能性を考えておかなければいけません。 集客を第一に考え、来店後に高額商品を勧める• カウンセリング代など追加料金が多くかかる• 実績が少ない医師が担当する 低価格なクリニックは、手術代以外の費用が追加でかかるケースがあるということに、最も注意しておきたいですね。 追加でかかる費用としては、次のものが挙げられます。 カウンセリング代• 血液検査代• 麻酔代• アフターケア代 また、脂肪注入法では脂肪吸引費と脂肪注入費で分かれていることもありますし、その注入量によって価格が異なるケースもあります。 一見高額に見える豊胸費用でも、必要な費用がすべて含まれているために、結果的にお得である可能性もゼロではないのです。 豊胸手術をチェックする際には、まず手術以外の費用がしっかりと含まれているのか、含まれていない場合はそれがいくらぐらいかかるのかをチェックしておくことが必須なのです。 やはり、費用面でのトラブルが少なくないことから、明瞭な価格設定をしているクリニックが望ましいです。 不安があれば何度でも質問をして確認するようにしましょう。 知名度が高いクリニックはブランド力で高額になっている!? 高い手術を受けるのは大変ですが、もしそれが豊胸手術で知名度も実績も十分なクリニックであればどうでしょうか。 少しぐらい高くてもお願いしたい、そう考える人もいるのでは? ブランド力のあるクリニックは、高額でも手術希望者が集まるのです。 ですから、高い価格設定になっている可能性があるということですね。 もちろん、大手クリニックのすべてがブランド力を売りに高額設定にしているわけではありません。 あくまでも、そのような場合もあるということです。 豊胸費用はクリニックの運営費に左右される!? クリニックを運営しているために必要となる資金、それは豊胸等の手術費用による収益からねん出していきます。 運営費が高額になる原因としては、次の点が挙げられます。 立地 クリニックの家賃等• 広告宣伝費• 人件費 確かに、クリニックによって価格表記の方法が違う場合は単純に比較するのは難しいわね。 実績のある医師が施術をするときには価格が高くなるケースもあるし、もちろん運営費の部分で高額になってしまうクリニックもあると思うわ。 安いからダメ、高いからダメ、と単純な話じゃないの。 どうやってクリニックを選ぶか、それは費用だけではなくて、実際話をしてみて信頼できるドクターがいる、不安点をちゃんと聞いてしっかり説明してくれる、そういうところが大事なの。 自分がここなら任せられる、このクリニックならこの値段で納得できる、そういうクリニックを選ぶようにしたいわね。 実際豊胸するならどこが良い?値段からみたおすすめのクリニック 豊胸をしようと思ったとき、豊胸手術を行うことができるクリニックは非常に多く存在しています。 では、実際施術を受けるとすればどこのクリニックが良いのでしょうか。 クリニック選びのポイントとしては、次の要素があります。 安心できる・信頼できる• 安さだけに惑わされない• ドクターの実績・経験 このポイントを踏まえた上で、今回はTHE CLINICをご紹介していきましょう。 THE CLINICの術式別費用一覧 THE CLINICで行っている豊胸手術の種類、そしてその費用は次の通りです。 豊胸手術法 価格 コンデンスリッチ法 108万円 ピュアグラフト法 58万円 ヒアルロン酸注入法 基本料金…10万円 1cc…3,000円 ソフトバイオセルバッグ シリコンバッグ ラウンド型…75万円 ティアドロップ型…90万円 THE CLINICでは、初診料は無料となっています。 しかもカウンセリング専門の担当者ではなく、ドクター本人との無料カウンセリングができるというのはとても魅力的ですね。 また、脂肪注入による豊胸手術の場合、コンデンスリッチ法・ピュアグラフト法、共に消耗品・麻酔・内服薬、脂肪採取料金、固定レンタル料金が含まれているので安心です。 先ほど紹介した一般的な価格と比較すると、コンデンスリッチ法、ヒアルロン酸注入法、ピュアグラフト法はかなり低めの価格となっています。 また、希望する施術があればオプションとして追加することも可能ですし、その価格もウェブサイトで詳細に紹介されているので安心です。 THE CLINICの費用が少しだけ高い理由 THE CLINICの豊胸手術費用は、シリコンバッグ挿入法が平均よりも割高となっています。 これはソフトバイオセルバッグという安全性の高いバッグを使用していることも要因として考えられます。 ソフトバイオセルバッグについて、THE CLINICのウェブサイトでは次のように紹介しています。 ソフトバイオセルバッグは、三重構造で破れにくい構造になっている安全性の高い豊胸バッグです。 型は、日本人に最も適しているラウンド型とティアドロップ型を採用。 従来のアナトミカル型のデメリットであった硬さやデザインを、よりナチュラルに、より柔らかく新たに開発されたバッグです。 ラウンド型は、やや大きめのバスト向きで、本来のバストの美しさを重視し、重力でナチュラルな形状になります。 ティアドロップ型は、Aカップ以下でも自然なフォルムになれるバッグの型です。 また、このバッグは以前のような痛みを伴うマッサージがほとんど要らないことも特徴です。 引用元: 挿入するバッグの種類・材質等によっても、価格に差が出てくるということは覚えておきたいですね。 THE CLINICの費用が少し割高な理由は他にもあります。 それは技術力の高さです。 使用している材料でも費用は変わりますが、高い技術力を持ったドクターが施術を行うということで高い費用となるのです。 THE CLINICのドクターは、元麻酔科専門医、元脳外科医、元乳腺専門医など経験豊富なドクターばかりです。 他のクリニックで失敗したり、他では断られてしまうような難易度の高い施術をすべて引き受けていることから、THE CLINICのドクターの技術力の高さがわかりますよね。 同じ技術であれば安い方が良いのは当たり前ですが、大切な自分の身体にメスを入れるわけですし、信頼できるクリニックを選びたいですね。 まずは、無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。 初診料が無料というのはとても嬉しいですね。 安心して相談することが出来れば、自分の納得できる施術方法をしっかりと選択することができます。 価格に何が含まれているのか、オプションに何があっていくらかかるのか、それがはっきりと表記されているのも安心感がありますから、こういうクリニックを選びたいですね。 豊胸手術は100万円前後かかる場合も!方法ごとの特徴を要チェック 豊胸手術にはいろいろな種類があり、種類によってかかる費用も異なります。 30万円程度から100万円を超える手術までありますから、施術内容の特徴、そしてその価格をしっかりとチェックすることが大切です。 また、同じ手術方法でもクリニックによって価格差がありますが、それは品質やドクターの技術、価格に何が含まれているのかということが影響しています。 提示されている手術費用には何が含まれて、何が含まれていないのか、最終的にどのくらいの費用がかかるのか、その確認をきちんと行うことで、予定よりも高額な費用がかかるといったリスクを抑えることが出来るのです。 豊胸手術は安ければ良い、高ければ良いというわけではありません。 自分が安心して任せられるクリニックを選ぶことが重要だということを、しっかりと認識しておきましょう。

次の