原価 マスク。 原価マスク(トリニティ)の購入方法・販売サイトは?再販はいつ?

原価マスク品質・性能は?サムライワークス&トリニティを徹底調査!

原価 マスク

現在ではどこのECサイトでも高い価格のマスクが多く、50枚入りのマスクが 1箱3980円前後と 1枚あたりの値段は80円超えになっています。 一方、このトリニティが販売する原価マスクは、 50枚入りで1箱2176円となり 1枚あたり39円とかなり安い値段で良心的な金額と言えますね。 残念ながらトリニティの原価マスクは、現在のその安さから購入希望が殺到し売り切れで購入できなくなってしまいました。 同価格帯のものを見つけたので、マスクをお探しの方はなくなる前にご検討ください。 他にも多数在庫があったので、好きな商品が選べる今のうちに購入しておきたいですね。 \ マスク在庫多数取り扱いあり/ トリニティが他社より安い原価マスクを販売した経緯は? 原価マスクにつきまして、想定を超える反響をいただき、受注数が想定を上回りましたので、いったん受注を停止いたしました。 再度マスクの手配をしておりますので、目処が付きましたら改めて受注再開とさせていただきます。 ご不便をお掛けして申し訳ありません。 — トリニティ株式会社 trinityinc トリニティとは、 デジタルライフをサポートする製品を取り扱う埼玉県新座市にある会社です。 今回、その株式会社トリニティが高値でマスクが転売されている現状を打破する為、 中国で生産したマスクを利益ゼロの原価で販売することに。 トリニティはこれまでマスクの生産や販売経験はなく、今回の感染症拡大を防ぐ為に原価マスクを販売することに決めたようです。 異業種からマスク生産に乗り出したとは、今のこの感染症流行時期に非常に勇気のある決断ですよね。 TwitterなどのSNS上では 「原価マスク」がトレンド入りし、トリニティ公式ホームページはアクセスが殺到したとのこと。 今現在、ドラッグストアやスーパーでマスクを購入することはほぼ出来ませんね。 しかもマスク自体の値段が高いので、原価マスクを安い値段で購入出来るチャンスがあるなんて有難いと思います。 スポンサーリンク トリニティ原価マスクの品質は? 原価マスク 箱にデカデカと価格が書かれてるので転売対策にも 一回4箱までで7日間購入制限あり スマートフォン関連製品を扱う㈱トリニティがコストを計上せず利益ゼロで販売 — あーつ blackflagcrz トリニティは元々スマートフォン関連製品を中国で生産しており、今回現地関連会社に協力してもらい原価マスクを生産しているそう。 そこでは 携帯電話を生産しているクリーンルームを利用して原価マスクを生産しているということなので、 品質には問題ないと言えるでしょう。 またトリニティの原価マスク自体、 3層構造フィルターであり原価マスクは一般的に販売されているマスクと構造も同じで、何ら品質に変わりありません。 そもそも、 日本で販売されているマスクの半分以上は中国から輸入されたもので、 要は原価マスクと同じなのです。 スポンサーリンク トリニティ原価マスクの評価にみんなの声は? これは大量仕入れの値段だから、小規模商店で売ってる人達はこれより原価は高いので、小さな店が3000円で売ってても大儲けだとは思わない方がいい。 トリニティのように元からの取引先が作っていれば品質も信用できるから良いんじゃないかな。 — りなこ sweetmaterial トリニティの原価マスク購入完了。 「502 Bad Gateway」のオンパレードだったけど、比較的買いやすいシステムになっていて少しの格闘で買えた。 通常なら50枚入り500円前後で買えるだろうけど、今はマスク原価が跳ね上がってるから、この値段でも仕方ない。 マスクの供給以上の効果が望める。 路面店の訳のわからないマスクよりは全然いい。 他が続くことを希望します。 この価格なら安い、輸入しているので原価割ってる、他のサイトに比べると安い、などの好意的な意見が多く見られました。 マスクが高い価格で転売されている今、その状況を変えようというトリニティの英断は素晴らしいと思います。 スポンサーリンク トリニティ原価マスクの購入方法は? 原価マスクにつきまして、想定を超える反響をいただき、受注数が想定を上回りましたので、いったん受注を停止いたしました。 再度マスクの手配をしておりますので、目処が付きましたら改めて受注再開とさせていただきます。 ご不便をお掛けして申し訳ありません。 — トリニティ株式会社 trinityinc トリニティの原価マスクの購入方法は、トリニティの公式ホームページにアクセスして購入します。 上記のツイートにもある通り、 残念ながら2020年5月1日現在では原価マスクの受注を一旦停止しているようです。 しかしトリニティ公式Twitterにもある通り、 原価マスクの手配が出来次第再販するとの記載が。 トリニティ公式Twitterでは、マスクに関する情報は ゴールデンウィーク明けに各種SNSアカウントでお知らせするとのこと。 (2020年4月29日付) トリニティの原価マスクの購入を考えている方は、トリニティ公式ホームページやTwitterをこまめに確認した方が購入チャンスに出会えそうなので、日頃から情報収集しておきましょう。 スポンサーリンク トリニティ原価マスクは高いor安い?品質や評価を徹底調査!まとめ トリニティが原価でマスクを販売中。 何回かエラーになったけど4箱購入できた😷 これで当分は近所のスーパーやネットショップを探す必要もなくなって楽になる! — Takafumi Matsuda itkfm941 今回は、トリニティの原価マスクは高いのか安いのか、その品質や評価も含めてお伝えしました。 そのトリニティの原価マスクの値段は 現在の相場に比べると安い価格で、中国産ながら品質には問題なさそうです。 しかしながらトリニティの原価マスクは2020年5月1日現在受注数が多く、残念ですが 一旦販売は停止となっています。 今後、トリニティの原価マスクは再販される可能性が非常に高いので、 原価マスクを購入希望の方はトリニティの公式ホームページや公式SNSなどこまめに確認しておくと良いでしょう。 最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

次の

原価マスク販売ページ

原価 マスク

毎年インフルエンザが流行る冬の時期によくマスクが売れ、人々がマスク姿で歩いている様子が垣間見えます。 しかし今年になって中国発の新型コロナウィルスが猛威を振るい、日本でも感染の不安が広がっているのです。 その不安を払拭しようとドラッグストアにはマスクを求めて人々が買いあさり、品切れ状態となってしまいました。 そもそもマスクの原価はいくらなのでしょうか?また売れた時の利益はどれくらいなのでしょうか? 新型コロナウィルス騒動の影響で日本中のマスクが品切れ状態に 今年に入ってからマスクが急激に売れすぎて、ドラッグストアではマスクが完売状態となっています。 その理由は新型コロナウィルスがヒトからヒトへ感染するウィルス性へ変貌し、未だにワクチンが出来ていないことが要因の1つにあるからです。 そして日本国内で新たな感染者がニュースで報じられるたびに、不安の払しょくと予防意識から想定外なほどマスク需要が高まり、マスクが完売してしまうほどドラッグストアではうれしい悲鳴が聞こえてくるでしょう。 気になるマスクの原価と利益について ではマスクの原価と利益はどれぐらいなのか順に解説していきます。 マスク1枚あたりの原価はいくら? 一般的に中国の工場で生産されたマスク1枚あたりの原価は5円と言われています。 また日本製であっても店によって変化する定価の5%以下が原価であるとも言われています。 例えば50枚入の箱入りマスクだと1枚あたりの原価を算定すれば250円というイメージです。 ただ、ハンドメイドで作成した洗えば何度でも使える子ども用マスク等だともう少し原価は膨らみます。 マスクが売れた時における一般的な利益と例外的な利益 日本有数のマスクメーカー『ユニ・チャーム』が販売しているマスクのほとんどには希望小売価格がオープンプライスとなっているため、実質的に店側がそれを仕入れて独自の判断で販売価格を決めていることが多いです。 例えば、ユニ・チャームの超快適マスク普通サイズ7枚入りの価格がを店側が税込みで400円 仮にマスク1枚あたりの原価は定価の5%相当とする で販売したとします。 ここまでが一般的な利益と考えますが、中には例外が存在するのです。 今回の新型コロナウィルス騒動がこれに該当し、マスクの価値が通常時 インフルエンザ流行の時期も含む よりも遥かに高まっています。 先ほどとは違い、Amazonやフリマアプリなどに出品している人がマスクに対して異常な価格設定を施しているのです。 例えば、ダイソーで売られている不織布マスク普通サイズ30枚入りは通常ですと税込み110円で買える代物に対し、マスク不足に乗じて700円で出品するケースがあります。 さらにこれが20個セットで15,000円という破格な設定をしたにもかかわらず、購入された形跡が確認されています。 これは需要と供給の関係性が大きいわけですが、一定の供給に対して需要があまりにも高く、相対的にモノ1つの価値が異常はほどに高まり、あまりにも暴利な価格設定をしても購入希望者がいる限りマスクが売れていくことになるのです。 倫理的な観点を度外視すると、資本主義の経済形態をうまく利用したやり方だと言わざるを得ないでしょう。

次の

トリニティ原価マスクの購入方法!買えない人への再販は?買えた声と価格や送料についても!

原価 マスク

午前中に完売、サイトはつながりにくく 「原価マスク」は一箱50枚入りで価格は2176円(税込)、一枚あたり43円(同)の計算だ。 発表資料によると、トリニティが自社製品の製造委託先としている中国企業に協力してもらったという。 2020年4月28には、ツイッター上で早くも「原価マスク」がトレンド入りした。 同日午前の時点ですでに完売し、サイト自体もつながりにくい状態が続いた。 トリニティは公式ツイッターで、 「原価マスクにつきまして、想定を超える反響をいただき、受注数が想定を上回りましたので、いったん受注を停止いたしました。 再度マスクの手配をしておりますので、目処が付きましたら改めて受注再開とさせていただきます。 ご不便をお掛けして申し訳ありません」 と説明。 一方、購入できなかったユーザーからは、 「トリニティの原価マスクを購入しようと戦ってますが全然繋がらず... 」 「トリニティのマスク、買えないまま受注が終わってしもうた・・・」 など嘆きの声があがった。 世界的に需要高まりゴム紐や不織布が高騰 J-CASTトレンドは、トリニティ代表取締役の星川哲視さんに電話取材した。 「もともとは社員への配布や地元市役所などへの寄付のために中国の工場から2万枚ほど購入していたが、まったく足りないことを知り、より多くの人にマスクが行き渡るようにしなければと考えた」と話す。 「ただ、利益を出そうとするとどうしても価格は高くなり、完全に『寄付』だと会社が存続できないので、『原価で販売』という形をとることにしました」 星川さんによると、世界的なマスク需要の高まりで「マスク生産大国」中国では、マスク素材のゴム紐や不織布の価格が高騰しているという。 原価でマスクを販売しても、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大前と比べて商品価格が高くなるのはこのためのようだ。 「欧米など、中国には日本以外にもっと高額でマスクを買う相手がいます。 中国側の情勢によっては、今回のような原価販売を続けることは今後難しいかもしれません」 と、「原価マスク」の確保・供給の苦労を語った。 なおトリニティのツイッターによると、4月28日17時過ぎの時点で「販売ページでの受注、お問い合わせは一旦停止」「受注再開など情報は随時更新」となっている。

次の