艦これ護衛空母。 【艦これ】新遠征の成功編成まとめ

【艦これ】護衛空母ってなにする艦なの?

艦これ護衛空母

アメリカ海軍護衛空母「」 護衛空母(ごえいくうぼ、Escort carrier)は、において米国・英国・日本の3カ国で運用された小型・低速のである。 主にの目的に使われた。 主に商船からの改造、あるいは商船から船体図面を流用しており、正規空母のような防御力は付与されておらず、機関出力も少なく、武装も少ない。 また、格納庫も飛行甲板も狭く短いため、搭載・運用する飛行機に一定の制限があった。 また、十分な格納庫を持った専用設計の護衛空母が登場すると、運用可能な機体数も軽空母に匹敵するようになり、大きく打撃力を向上させるに至った。 また、特に米国において、規格化された輸送船を一気に空母転用することや()、とを組み合わせ大量に新造する(特に)など、短期間に大量に建造された点も特徴である。 太平洋戦線においては、大戦中期のとの就役に加え、この良質な護衛空母の大量建艦により、どん底にあった米国の空母不足は補われた。 太平洋戦線において重要作戦中の連合国の艦隊や上陸部隊は、多くが護衛空母の艦載機によって濃密な対空・対潜水艦防御が提供されるようになり、上陸作戦における空の支援にも、護衛空母艦載機が加わった。 このため、米国の太平洋戦線における勝利に重大な貢献を果たした艦種と言われる。 また、大西洋戦線においても、に基づく物資輸送船団や通商船団に、・に代わって護衛空母が随伴し、空母艦載機による対空防御・対潜水艦防御、さらにはドイツ潜水艦に対する抑止力を提供した。 特に船団の護衛体制が強化された1943年中期以降からは、連合国商船の喪失は激減し、イギリス本国の生命線守備に重大な貢献を果たした。 第二次世界大戦を生き抜いた護衛空母のうち、一部はモスボール保管ののち朝鮮戦争に動員された。 商船改造の護衛空母のうち、ロングアイランドとチャージャーは元の海運会社に買い戻され、貨物船に復元され活躍した。 カサブランカ級やの一部はヘリコプター護衛空母や強襲揚陸艦、雑役艦などに改造され、70年代まで現役であった。 このように、第二次世界大戦において重大な役割を担った護衛空母だが、第二次世界大戦後の新しい戦争の形態のなかで、護衛空母の存在価値は失われ、今日、護衛空母という艦種を運用している海軍は無い。 カサブランカ級護衛空母「」。 飛行甲板前部左舷側に油圧式カタパルトの溝が確認できる。 そこで、は商船にを装備して使い捨ての旧式による護送を行った()。 そして、さらに効率的に護送する目的で、1940年頃からイギリス海軍と(当時のは)は、この空の隙間を埋めるため、大型の商船を改造し短いからカタパルトを装備することで航空機を発艦させることのできる小型改装空母を多数建造し、これを対潜哨戒の船団護送に用いる案が検討され始めた。 商船船体を基にした、小型で安価な空母を多数整備することにより、多くの船団に対し、潜水艦に対して必要な防衛力を備えさせることが目的であった。 この案が護衛空母として結実することとなる。 最初の護衛空母はイギリス海軍の「」である。 拿捕したドイツ貨客船「ハノーファー」を1941年1月から改装し、6月に就役した。 アメリカ海軍初の護衛空母は「」であり、竣工は1941年6月である。 開戦の後は、これら護衛空母は太平洋戦線でも活躍することになり、空母の分類として「護衛空母(escort aircraft carrier)」という艦種が誕生した。 戦歴 [ ] アメリカ海軍では最初、補助的な艦船として扱われていたが、大戦初期に大西洋に展開していたドイツ海軍のUボートを壊滅させるために多数建造された。 護衛空母の任務は、現地での掃討や、パトロール、偵察、輸送船などの護送、そして航空機の輸送などである。 イギリスの要請により、され、イギリス海軍にされた。 戦争中に100隻以上の護衛空母が就役したが、現在ではこの種類の艦船は使用されていない。 太平洋戦争では、上陸作戦における対地支援任務にもつき、の上陸作戦に続く、の中のにも加わっている。 護衛空母6隻を中心とするクリフトン・スプレイグ少将の艦隊は、に突入しアメリカ地上部隊の壊滅を意図する長官の主力艦隊と遭遇し、果敢な戦闘を行った。 構造 [ ] アメリカ海軍における護衛空母の艦種コードは CVEである。 これは空母を表す CVに護送 Escort の頭文字を付加したものであるが、乗員達からは、自嘲的に燃え易い Combustible 、壊れ易い Vulnerable 、消耗品 Expendable の頭文字と揶揄されていた。 通称として「 空母」、「 赤ちゃん空母」と呼ばれた。 これは簡単な改造で多数の商船改造空母を送り出すことを目的としたアメリカ海軍の方針によるもので、後述するの護衛空母建造方針とは対極に位置するものである。 典型的な護衛空母の大きさは、全長150mぐらいであり、同時代のの270mに比べて、約半分である。 速力も20ノット未満で、カサブランカ級は機関にではなくを用いた。 アメリカ・イギリス海軍で運用された護衛空母は油圧カタパルトを装備しており、短い飛行甲板と低速でありながらも船団護送には十分な航空戦力の運用能力があった。 搭載機数は初期には20機前後、大戦末期のものでは30機から40機に達した。 アメリカ海軍ではの配備後にもの採用や軽量化など、護衛空母での取り扱いを考慮した改造を要求している。 アメリカ海軍の護衛空母 [ ]• イギリス海軍の護衛空母 [ ]• 日本海軍の護衛空母 [ ] では、当時のにアメリカほどの造艦能力がなかったため、同一艦型で多数が造艦される護衛空母は存在しない。 民間商船をが護衛空母に近い艦種と言える。 これは当初は正規の航空母艦の補助としてが主戦力として使用することを意図したもので、英米の護衛空母に比べると本格的なものであった。 しかし特に優速で船体も大型・甲板長があった2隻を除くと、速力が遅く小型なことは否めず艦隊行動は行えず、カタパルトも装備していなかったために、艦載機の運用に関して種類・量ともに多くの制限があった。 日本海軍は特設空母以外にもを改造し発艦能力のみを持たせた類似のを完成させ、後継として同様の形態を持つも計画しているが、これらの艦艇も飽くまでも船団護送ではなく艦隊随行の給油艦兼正規の航空母艦の補助戦力として位置づけられていたものであった。 また、からはに全通飛行甲板を架装し簡易な空母とする建造の提案を受けているが、終戦までに僅かに2隻が竣工したのみであった。 なお、日本海軍は特TL型も前述の艦艇同様に正規の航空母艦の補助として運用する意図を持っており、陸軍よりも優速の船舶の提供を受けている。 その後、特設空母は英米同様の船団護送の強化の目的でに移管された。 海上護衛船団司令部に移管された特設空母は、米英の護衛空母と同じように船団護衛に参加し、旧式のなどで対潜哨戒を行った。 船団護送に特設空母を用いる際の運用については、次のような指摘が残されている。 にて潜水艦の雷撃で喪失した「」は、その戦闘詳報において「海防艦を増備し敵潜水艦を制圧する『掃蕩隊』の新設」「航空機による前路哨戒は是非とも必要であるため、各航路の航空基地を増備強化して勢力の増大を計り、護衛空母は廃止するを認む」「護衛艦の増加が無理だとしても、空母が船団と同速力にて運動するのは最も不可である」「高速力を持って船団の後方をバリカン運動を行いながら続航する必要がある」といった提言を残している。 また、アメリカ海軍太平洋艦隊潜水艦部隊の司令官であったも「・・から船団護衛機を出したほうが経済的で安全であるのにもかかわらず、この措置にでたことは不思議である」「護衛空母は、物資及び航空機の輸送に専念させたほうが有利であると思われる」という意見を残している。 日本海軍は米英に倣って特設空母を船団護衛に用いたが、特設空母の随伴や船団を直接護衛する・等の護衛艦艇の不足、やの不備、搭載機の対潜能力や練度の不十分さなどの問題が多かった。 海上護衛船団司令部に配備された特設空母4隻はそれぞれ数度にわたって重要な輸送船団の護衛に従事し、護衛艦艇と協力して幾度か敵潜水艦撃沈を報告したが、アメリカ海軍側の資料では該当するものはいずれも存在していない。 逆に潜水艦の雷撃を受け3隻が沈没し、終戦まで残存していたのは海鷹1隻のみであった。 海上護衛船団司令部へ移管され船団護衛に参加。 を護衛中、潜水艦「」の攻撃を受け戦没。 海上護衛船団司令部への移管前、潜水艦「」の攻撃を受け戦没。 海上護衛船団司令部へ移管され船団護衛に参加。 を護衛中、潜水艦「」の攻撃を受け戦没。 海上護衛船団司令部へ移管され船団護衛に参加。 その後訓練目標艦として行動し、艦載機の攻撃を受け大破擱座。 海上護衛船団司令部へ移管され船団護衛に参加。 を護衛中、潜水艦「」の攻撃を受け戦没。 海軍以外の所属として、以下のものも整備された。 ()に空母としての機能を追加したもの。 ヒ81船団に輸送船として参加中、潜水艦「」の攻撃を受け戦没。 () 商船を改装し空母としたものであるが、徴用船ではなくMACシップ同様に民間人運用である。 海軍は「」、陸軍は「」の配当を受けたが、いずれも本来任務に就く事の無いまま空襲で喪われた。 脚注 [ ]• 49-51『七. 一 戦訓』• 『海上護衛戦の本格化 護衛空母による護衛』 378-383頁 参考文献 [ ]• C08030583700『昭和19年4月1日~昭和19年9月17日 軍艦雲鷹戦時日誌 3 』。 戦史室編『戦史叢書46 海上護衛戦』、1971年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

【艦これ】護衛空母ってなにする艦なの?

艦これ護衛空母

USS Gambier Bay CVE-73 基本情報 建造所 運用者 艦種 級名 艦歴 起工 進水 就役 最期 に戦没 除籍 要目 7,800 10,400トン 156. 1 m 512. 3 ft 幅 32. 9 m 108. 1 ft 6. 8 m 22. 4 ft 主機 3段膨張式蒸気機関2基、2軸 出力 9,000馬力 最大速力 19. の19番艦。 艦名はにあるのガンビア湾に因んで命名された。 砲戦で撃沈された唯一のアメリカ空母である。 艦歴 [ ] ガンビア・ベイは当初 AVG-73 (航空機搭載護衛艦)に分類されたが1942年に ACV-73 (補助空母)に艦種変更され、1943年に再び CVE-73 (護衛空母)へと艦種変更された。 1943年にの契約下ので、H・C・ジズウィッツ夫人(現場監督の妻)によって進水する。 1943年にヒュー・H・グッドウィン艦長の指揮下就役する。 ガンビア・ベイは起工から完成まで171日という記録的な日数で建造され、造船所の年間建造目標である18隻を上回る19隻目の艦であったため、カイザー造船所の「ボーナス・ベイビー」と呼ばれた。 からにかけて、ガンビア・ベイはおよび当時のに展開していた空母 USS Enterprise, CV-6 への航空機輸送任務に従事した。 その後、艦載飛行隊のVC-10を搭載し、と真珠湾で訓練を行った後、5月31日、に参加するため真珠湾を出撃した。 、ガンビア・ベイの搭載機は2隻と共同でを撃沈した。 からにかけて搭載機はサイパン島の陣地などを攻撃し、その間にガンビア・ベイは対空砲火によって2機を撃墜した。 続いて7月23日からはに参加した。 にガンビア・ベイはに入港し、ここで艦長がグッドウィン大佐からW・V・R・ヒューグ大佐に交代した。 にエスピリトゥサントを出港したガンビア・ベイは、 USS Kitkun Bay, CVE-71 、 USS White Plains, CVE-66 、駆逐艦4隻とともにへ向かった。 その後、に従事し、からはと続くに参加した。 サマール沖海戦 [ ] 1944年10月25日、第77任務部隊第4群第3集団の一艦として沖に展開していたガンビア・ベイは6時59分、はじめ4隻、6隻、2隻、駆逐艦11隻からなる栗田艦隊と遭遇、艦隊最後尾に位置したガンビア・ベイは敵艦からの砲撃にさらされた。 8時10分、砲弾1発が右舷最後尾に命中、火災が発生した。 この時使用されたは戦艦などの重装甲を貫通することを目的としていたため、ガンビア・ベイの薄い装甲板では爆発する前に貫通してしまい、艦上部にはさしてダメージを与えることはできなかった。 しかし、喫水線下に命中した砲弾は浸水などの多大なダメージを与えた。 その後も砲弾は次々と命中し、浸水のため前部機関室が放棄され、速力は11ノットまで落ちた。 8時40分には艦橋と後部機関室に砲弾が命中、艦は完全に停止した。 8時50分、ガンビア・ベイのヒューグ艦長は総員退艦を命じ、9時11分、ガンビア・ベイは沈没した。 最終的にガンビア・ベイの乗組員・VC-10要員あわせて133名が戦死した。 ガンビア・ベイはの戦功で4つの従軍星章を受章した。 また、サマール沖海戦での英雄的行動で僚艦と共に殊勲部隊章を受章した。 今日、ガンビア・ベイの戦いはアメリカ海軍の士官候補生が必ず学ぶ内容となっている。 アメリカ海軍との協定が成立した1944年前半に、ガンビア・ベイはポーランド海軍の水兵を訓練のため受け入れた一隻であった。 このガンビア・ベイの戦没でポーランド海軍士官35名が戦死している。 なお、ガンビア・ベイの沈没の際に傍を通った栗田艦隊のうちの一隻が、沈みゆくガンビア・ベイを撮影している。 原画はおそらく終戦直後に破棄されたものと思われるが、写真そのものはにを始めとする各新聞に掲載されたようで、それらのでのみ、その写真を今でも見ることができる。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• official website• article by Bill Waldorf• この記事はであるに由来する文章を含んでいます。

次の

空母(艦これ)とは (クウボとは) [単語記事]

艦これ護衛空母

「l B. Robe、出ます! さあ、もしっかり護ってこう!」 とは、「」に登場する、時の所属・C・ー級護衛〈サミュ・B・ーツ〉をにした()である。 :、: 概要?大事!とってあげるね! ので、期間限定任務「五周年任務【:五周年艦隊出撃!】」の報酬としてされた。 としては初のである。 また、以外での新規の追加は、の「」以来である。 なお、内ではで"l B. Ro"と記述されている。 また、これまでの艦は必ず「x番艦」という記載があったが、の場合は同艦の数が多すぎるためか「x番艦」があまり明確に決まっていないため、艦籍番号(ン)である「DE-3」が記載されている。 いに榛色の瞳の。 とを基調としたと、のプリーツに身を包んでいる。 身につけているが色々と凝っており、被っているディキ・と呼ばれる兵帽に巻いているの先に付いているのが、それぞれ際通信旗のN旗・T旗・I旗・K旗で、これがサミュBーツを示しているとか、そのを止めているの留めは史実で受賞した従軍章()を模しているとか色々ある模様。 左胸(肩?)に付けているのバッチは、ではお染み特ではもちろんなくて、タフィを意味していると思われる(よく見ると、バッチの下にfyと書いてある)。 また左肩から提げている勲章は軍十字章というの勲章である。 (艦名の由来になったーツ准尉、サ戦時の艦長だったコードの双方の勲章を受章しているため、どちら由来かは不明) なお、左側に提げているバッグから覗いているは、史実でと衝突したからか?(ちなみに史実で衝突したのも左舷だったりする) 艦名が長いためか、自分のことは「サム」と呼んでくれていいよ、と言っている。 なお、サムという呼び名はに対しても使われる(有名な「」で、のサマンサがからサムと呼ばれている例がある)。 サミュというのはもろに名なので、あるいはサムと呼んであげる方がいいのかもしれない。 類ではであるが、その中でも初となる護衛である。 では初となる「低速」だが、タービンを1つ乗せれば高速になる。 また、対潜が高く設定されており、することでヴィスと同様に自動でが可となる。 担当の氏は在住の、。 のとしては初参加となるが、そもそものが開始される以前から、らのが役の作品「」を連載していた。 氏の集「図鑑」には側からのが寄せられており、また氏もにのがで行われた際にものを寄せる等、とは良好な関係を築いており、今回満を持しての参加となった。 の氏もまたには初参加であるが、今後のなどでの活躍が期待されている。 をすりおろすとかな! 私ね、ジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦、サミュエル・B・ロバーツ。 ね、覚えて! 護衛とは、通り商船護衛を任務として建造された小のことをす。 においては、は艦隊を的としていたため染みが薄いが、連合側では第一次大戦でのに商船がに沈められたのがとなっており、ではに対潜を的とした商船を護衛するための艦を大量に建造していた(何しろ、年から年までに護衛を全部合わせて0隻ほど建造している。 当然、他の艦船も建造しながら、である)。 立ち位置的には、のに近い存在である。 なお、大量生産したのは連合を組んでいたから「だ余あるっしょ? んじゃうちにも回して」とか言われたためだったり(詳しく知りたい方は、「ド法」あたりを調べてみて戴きたい)。 ・C・ー級護衛は、この護衛で最後に建造されたである。 に大量建造したために色々と間に合わなかったがこのでようやく間に合い、設計通りの性を発揮できるようになった(この(ウェ・社製ード・タービン)の名前から・C・ー級のことを、とも呼ぶ)。 また戦局を見て、船団護衛だけではなく通常の艦隊でもある程度は戦えるように、対艦用の三連装や12. 7単装を装備している。 とはいえ、大量生産のため装甲も薄く、乗組員達からは「缶」と揶揄されていた、とも。 サムが「はもの凄く多いんだ」とするように、・C・ー級は全隻が建造されている。 なお、自体は実に隻分行われたが、流石に生産が終わる前にそのものが終わってしまったため、隻が、4隻が建造中止になっている。 〈 l B. Ro,DE-3〉は、そんな・C・ー級の一隻であり、艦籍番号で言えば後ろから3番である。 年にテキサス州ヒュースの造船工で起工、に進し、に就役した。 実はとほぼだったりする(の工は)。 艦名は、で的行為(12年、撤退戦の中、揚陸艇で囮となって味方の撤退をし、自らは戦死した)を行ったサミュ・ブッ・ーツ. 軍准尉から取られている。 なお余談だが、〈サミュ・B・ーツ〉には艦名の由来となったーツ准尉のが乗り込んでいたとか。 のサムも名前が長いことを気にしているが、史実でも乗組員達からはもっぱら「B」と呼ばれていた。 そんな〈サミュ・B・ーツ〉は、信頼性試験中のにで慣熟訓練中にと衝突し、損傷を受けてドックに逆戻りとなってしまう。 ぶつかったは非常に大きなもので、一時は「のと衝突した」と騒ぎになった模様。 なお、そのがその後どうなったかは不明である。 なお、自体はあっさりと済ませて、に出港。 運河を抜けてに出ると、に珠湾に到着し、艦隊の一員となる。 その後もを兼ねた船団護衛で珠湾と諸エウト環礁の間を1往復半し、エウト環礁に2回の到着となったに新たな命を受領。 所属の第任務部隊第4群第3集団(:タフィ)に配属となり、テ域へ出撃することになった。 TaffyIII、weigh anchor! 私、先頭でいい?(サマール沖海戦) このタフィは、「」と呼ばれる6隻に、その護衛として3隻と、護衛4隻で編成されていた。 この護衛の1隻が〈サミュ・B・ーツ〉である。 この部隊は護衛からのによる輸送船団の護衛や対潜、上陸部隊のなどが務であり、艦を相手に戦うことは最初から想定していなかった。 ところが、の、4隻、6隻、2隻、11隻の大艦隊がと鼻の先に現れ、タフィに襲いかかってきた。 これが、のうちにサまで突撃してきたのである艦隊であった。 艦隊はタフィを「正規6隻を含む艦隊だ」と誤認して総攻撃を掛けてきたのである(艦隊部の分析が低下していたのは、ここまで二連で(断続的にから襲を受けていたので、寝るに寝られなかった)、に当初の艦だった〈〉に加え〈〉も失ってしまい、皆が疲労状態だった、という事情もあったり)。 こうして、サ戦が勃発した。 開始ばらくは、全でるタフィ(といっても、実はタフィは 撤退禁止命を受けていたので、実際のところはたというよりは、を取って護衛からを発艦させるためだった)を追いかける艦隊(に部隊)、という展開だったが、そもそもタフィの護衛のは貨物船なみしか出せない(たとえば〈・ベイ〉の度は20ノットにも満たない)ため、そのままでは間合いを取ること自体がであった。 そんな中、やに紛れて3隻のは各自の判断で艦隊の足止めを図った。 この記事では詳しく触れないが、〈ス〉や〈ホー〉の奮戦は有名で、自らを犠牲に格上の艦隊を足止めした。 また、較的近にいたタフィからもの戦が届き、これらも艦隊に執拗な襲をしかけていた。 43分。 タフィのスグは、護衛群を守って共にいた4隻の護衛にも、敵艦隊への攻撃を命した。 その4隻の先頭を切ってしたのが〈サミュ・B・ーツ〉だった。 コード艦長は、艦内放送でこう告げた。 We're a do run. The oome doul, but we do o d. 「々は突撃を敢行する。 結果はどうなるかわからない、だが義務を果たそう」 〈サミュ・B・ーツ〉はに紛れつつ、の〈〉(と思われる)に薄(側のが撃てないほど接近した)してを発射、さらに次々と現れる群にを連射しながら1時間食い下がり、〈〉(と思われる)にも損傷を与えた。 ちなみに、・C・ー級の定格出では速24ノットまでしか出せないが、〈サミュ・B・ーツ〉はこのでは缶のリミッターを解除して、実に29ノット近くの高速で航行していたという。 しかし、〈〉がから出た〈サミュ・B・ーツ〉にを斉射、直撃弾を受けた〈サミュ・B・ーツ〉は艦体にひびが入り浸、また後部も破壊され 、そしてを使い果たしていた。 分、コード艦長は総員退艦を命じ、艦は放棄された。 漂流する〈サミュ・B・ーツ〉に止めをさしたのは、 の〈〉と、配下の第駆〈〉〈〉〈〉で、各艦は艦番号の"3"が視できる程に接近して撃し、撃沈した。 結局、艦隊は圧倒的に強な戦差を持ちながらそれを生かせず、上記の3隻のに加えて護衛〈・ベイ〉を沈めることしか出来なかった。 その上、本来視しても良かったような相手に重な燃料を浪費したあげくに4隻を失い(3隻喪失、1隻大破)、結局この後「」を行って撤退することになる。 タフィは艦隊との闘を称えられて「殊勲部隊章」を受賞。 〈サミュ・B・ーツ〉自身も従軍章()を1つ受賞した。 人々は、をこう呼んだ。 「のように戦った護衛」 、除籍。 、殊勲艦である「サミュ・B・ーツ」の艦名は2代に受け継がれた。 〈サミュ・B・ーツ〉は級で就役、に退役した。 3代〈サミュ・B・ーツ〉は・ハザード・級でに就役、に退役した。 関連動画出来た! Complete! あ、いいねぇ!うれしいなぁ、静画。 Thanks!関連商品もお願い!私、使うから! サミュエル・B・ロバーツ 艦これ に関するの商品を紹介してください。 寂しいの?相手してあげるね!うああ!• 軍 US Navy 下線は"タフィ3"• [護衛]• [防 ] -:• [] ,• [護衛]• 第任務部隊第4群第3集団(:タフィ)• サミュエル・B・ロバーツ(艦これ)• 艦隊 上記艦のうち、「ヒュース」「」「ス」「サミュ・B・ーツ」• ・B・• 後部を担当していた兵曹は、用意されていた発の弾を全て発射し、最後の1発を腕に抱えて戦死していた。 彼もまた後にの艦名として名を残すことになる。 艦隊には、二戦(旗艦〈〉)と(旗艦〈〉)の2つのがいたが、ことこの戦いにおいては配下のが燃料不足に陥っており、本来の機動戦が出来なかった。 にこの時期は既に十分な訓練も出来ず、このでもが敵の攻撃を回避しようとして二戦の針路を塞いだりしている。

次の