強欲促進株式 無料。 「経産省次官「デイトレーダーはバカで無責任」 講演で発言」ひさっちさんのブログ(2008/02/08)

強欲の銀行カードローン/藤田知也/〔著〕 本・コミック : オンライン書店e

強欲促進株式 無料

オバマ就任も終わり、アメリカはお祭り終焉の様相。 相場のほうは、日経大幅安からの始まりで、窓を開けてしまいました。 オバマも言っていた。 恐怖を恐れることが恐怖と・・・・ 経済問題に触れている場面では正直にひどい状態だと述べた。 はたしてどれほどひどいのだろう。 グリーンニューディール政策として、エネルギー、エコを訴えた。 今年のアメリカの年次要望書を見ただろうか? 風力発電などについて強くふれているのだ。 この政策で雇用促進と頑張りたいところだが、無茶苦茶やってきたブッシュ体制のつけがこれから明らかになる。 そう簡単には解決などできないにちがいない。 極限状態になればすべて人は同じような行動をとるのは明白だ。 恐慌のときの言葉を思い出そう。 強欲は消え、残ったのは恐怖ばかりだった・・・・・・ オプションのIVも異常な数値になってきた。 すでに仕込みを終えているが、迫撃弾の用意はいつでもできている。 何もしないでホゾを噛むのはいやだ。 悠然と構えて相場にのぞみましょう! いくぞ!YES WE CAN! かとちゃんぺ 悠然と 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

「経産省次官「デイトレーダーはバカで無責任」 講演で発言」ひさっちさんのブログ(2008/02/08)

強欲促進株式 無料

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト] 1953年、上海市生まれ。 85年に来日。 『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。 そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。 莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見 地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。 先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。 色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。 道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。 日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。 その記事がネットにアップされると、日本企業で働く多くの中国人社員や日本企業と取引のある中国企業の関係者から賛同のコメントが送られてきた。 また、友人の一人は、ある日本企業とその企業文化を批判する辛辣な記事を紹介してくれた。 一読した私は日本の読者に紹介する必要があると思い、このコラムのネタにすることにした。 と題するこの記事は、日本企業の敗北は技術や経営とはあまり関係なく、日本人にその問題の所在を探し求めるべきだと主張しているのだが、実際は、日本企業の問題点を指摘している。 日本人の骨に染み込んだ 9つの問題点 1. 第一の問題点は、技術に対しては、日本企業は病的な完璧主義者で、度の過ぎたイノベーションを求めすぎる。 性能をさらに1%向上させるために、惜しみなく30%のコストを注ぎこんだため、価格の面では国際的競争力を失ってしまうのだ。 2. ユーザーの立場に立って物事を考える意識や販売を促進しようとする意欲も薄い。 市場よりも技術を重視し、技術を武器にすれば市場を切り開くものだ、と妙な自信をもっている。 しかし、技術への過度な依存と自信が販売へ力を注がない問題をもたらしている。 小米、魅族、楽視など中国の電子製品メーカーの華やかな販売作戦の前に、日本企業は敗北の坂を転がり落ち続けている。 3. 終身雇用制が日本企業にとって耐えがたい負担となりつつある。 日本企業、特に大手企業がかつての中国の国有企業の病にかかっている。 上司の言いなりに行動する、自分では物事を考えず、積極的に行動もしない現象は普遍化している。 社員を解雇することも困難だが、社員が進んで転職するのもなかなか難しい。 やる気のある社員でもそうこうしているうちに、仕事への情熱を失ってしまうのだ。 4. 対中国戦略の失敗。 特に家電メーカーの中国戦略は最初から間違っている。 中国企業との合弁を嫌がったため、ハイアール、長虹、康佳、TCLなどの家電産業の勃興を許し、中国企業とともに成長していく機会を失ってしまった。

次の

従業員の横領・背任・着服・不正行為・使い込み及びその際に取るべき対応について

強欲促進株式 無料

経済産業省のトップともあろう方が、何をやっているのか。 情けない限りですね。 この方は共産主義者なのですか? 日経に続き朝日新聞がこの話題取り上げてきました。 後半部分で言い訳してますが、何が聴衆に面白く聞かせようと思っただか。 調子に乗って自分の本心丸出ししただけじゃないか。 株を扱っている人を競輪や競艇している人と同格扱いとは。 少なくとも投資家の大半はコレを聞いたら侮辱されたと思うはずですよ。 大体国民の税金で食わせてもらって国民へ奉仕すべき立場の公僕の人間の発言とは到底思えないばかりか、スティールを名指しで非難。 おそらくこのニュースも海外へ発信されているでしょうが、コレを聞いた海外の投資家たちが日本についてどう思うでしょうね。 相変わらず閉鎖的で傲慢な市場だと、日本株への投資を更に抑制し資金を引き上げてくる恐れがありますね。 なにせトップが言っているわけですから。 政府も知らん顔せずこの件に関ししっかりしたメッセージを市場に出さないと、株式市場は内外の投資家から見放された過疎市場になってしまう恐れもありますよ。 経産次官「デイトレーダーはバカで無責任」 講演で発言 2008年02月08日03時05分 経済産業省の北畑隆生事務次官が講演会で、インターネットなどで株売買を短期間に繰り返す個人投資家のデイトレーダーについて「最も堕落した株主」「バカで浮気で無責任」などと発言していたことが分かった。 北畑氏は7日の記者会見で発言内容を認め、「申し訳ない」と陳謝した。 講演会は1月25日、都内のホテルで開かれ、経産省所管の財団法人・経済産業調査会が主催。 企業関係者ら約130人が無料で参加し、北畑氏が買収防衛策などをテーマに約2時間話した。 北畑氏はデイトレーダーについて「経営にまったく関心がない。 本当は競輪場か競馬場に行っていた人が、パソコンを使って証券市場に来た。 最も堕落した株主の典型だ。 バカで浮気で無責任というやつですから、会社の重要な議決権を与える必要はない」と発言。 デイトレーダーに適した株式として、配当を優遇する代わりに議決権のない「無議決権株式」を挙げ、上場解禁を唱えた。 米系投資ファンドのスティール・パートナーズを名指ししたうえで、「株主、経営者を脅す」と発言。 「バカで強欲で浮気で無責任で脅す人というわけですから、七つの大罪のかなりの部分がある人たちがいる」などと話した。 北畑氏は朝日新聞の取材に対し「激しく言い過ぎたかもしれない。 講演会で眠い目をした人に難しい話をしているのだから、少しはおもしろく言わないと聞いてくれない。 適切ではなかったが、そこだけ取り上げられるのは本意ではない」と語った。 タグ: 経産省次官「デイトレーダーはバカで無責任」 講演で発言 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の