男子高校生の日常。 男子高校生の日常 : 作品情報

男子高校生の日常 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

男子高校生の日常

男子高校生の日常 泰延 出版社 掲載 掲載期間 - 巻数 全7巻 放送期間 - 話数 全12話 『フレッシュ』()での切り掲載の後に、よりまで同社の『』にて毎週に配信された。 単行本は全7巻。 にはもされ、でも配信された(後述)。 にはが放映された。 県立()に通う3人による、笑いありのを描いた作品。 ちなみに、1巻の4話である「と」はを始めとした上でとなっている。 登場人物 真田北高等学校 : 演: 一応。 妙に冷めた性格で役が多い。 から直々にとても動からいと言われてしまっており、出番も順調に減りつつある。 それを自分で心配するも披露した。 が似合う。 : 演: のを覆す。 が良くも読める性格で、ルックスも悪くないためか、実質と言えるほどの活躍を見せる。 との絡みも多く、数々のを立ててはへし折っていくため、乱立兼とも言われる。 : 演: で。 が少々汚れ役寄り。 を始めとしたとの絡みが多く、との縁が薄い。 : 演:東迎昂史郎 ナな性格のイジられ。 役も兼ねている。 同じような役回りのの出番を間接的に奪ってしまっている。 生徒会 : の。 と勢いで突っ走る。 他の面々がなせいか、自分の存在意義に疑問を持つ一面も。 : 演:広 顔は怖いけど的。 見た通りの。 実質の中心人物。 : だけどの一員。 根は面で、よくにイジられる。 : 演:太賀 の一員。 眼つきは悪いが、できる男。 やン達とは壮絶なの因縁がある。 真田東高等学校 : 演:理 二大の一人。 あだ名の由来はほっぺ。 にに対抗心を燃やし、怒るとすぐ手が出るおな。 真田西高等学校 : 演:久 この作品を代表する二大の一人。 癖があり、のにを付き合わせるのが好き。 本名は今のところ不明だが、知り合いからは「」と呼ばれている。 の : 「ミノ」と呼ばれているが、本名は不明。 をよくいじっている。 : の。 その他 の : 演:高良 作中随一のの持ち。 自分のをにされている苦労人。 実のよりを信頼している。 の : 乱暴でをつくため、には嫌われている。 : がする屋の。 の相談に乗ってあげる面倒見の良い。 面に映った姿が。 出番は少ないがながある。 のでは何故か面姿と別。 : の。 背が高い。 にモテるらしい。 女子高生は異常 元々は単行本に掲載されていた描き下ろし。 はで掲載中。 「は何をしてもいい」をにもへったくれもないなを繰り広げる。 掲載期間の関係か、よりもにを入れており、短編ながらも勢いのあるなどから、「こっちが」などと言われてしまう事も。 では3話のED後より開始。 登場人物 ン : 演: 中央在学。 眼悪い。 が得意。 非常に行動的かつ的な性格で、実質3人組の格。 の因縁から何かとにつっかかるが、少々気があるような素振りも見せる。 生 : 演:透子 東在学中。 が得意。 見たはが性格は悪い。 ンにいろいろされているが、気にも留めていない打たれ強さを持つ。 : 演:純 在学。 一見そうだが昔はっ子で、「 」と呼ばれていた。 今では更正しているが、たまに昔の片鱗を見せる。 ンの : をン達によく教えているが、どこか間違っている。 ン以上に強気な性格。 名護 : ンのでに視されている。 なお、当の本人はンを知らない。 ののとの関係は不明。

次の

男子高校生の日常 (だんしこうこうせいのにちじょう)とは【ピクシブ百科事典】

男子高校生の日常

【ストーリー】 イマドキの男子高校生たちの実態を描き、テレビアニメ化もされて人気を博した脱力系ギャグ漫画を実写映画化。 タダクニ、ヒデノリ、ヨシタケの3人は、男子校に通うごく普通の高校生。 勉強も部活も特にやらず、いつもタダクニの部屋で集まってはくだらない話をしてダラダラとなんとなく日々を過ごしている。 そんなある時、文化祭を隣の女子校と共同でやるという事になる。 【スタッフ】• 監督:松居大悟• 脚本:小峯裕之、松居大悟• 撮影:塩谷大樹 【キャスト】• 菅田将暉• 野村周平• 吉沢亮• 岡本杏理• 山本美月 【情報】• 製作:日本• 上映時間:85分• 公開日:2013年10月12日.

次の

男子高校生の日常 | 無料映画倶楽部

男子高校生の日常

私はアニメ版「男子高校生の日常」のファンで、この実写版もアニメ版のような作品を期待して視聴しました。 しかしながら、実写版はアニメ版とは全く別作品と言っても差し支えないほどに違います。 どうしてもアニメ版のファンとしてはアニメと比較して観てしまいますので、期待はずれ感は否めません。 アニメを観ていなかったとしても、映画として楽しんで観れたかどうかは正直疑問が残る作品でした。 以下に、私と同じようにガッカリしないために留意すべきアニメ版との違いを挙げていきます。 まずはストーリー構成の違い。 アニメは一話につき4・5個のショートストーリーが流れるオムニバス形式なのに対し、実写版は「女子高との合同文化祭をする」というゴールの定められた一本道のストーリーになっています。 これは「2時間で完結させないといけない」という映画の制限があるので当然の改変だとは思いますが、せっかく一本道ストーリーを作ったのに原作ファンに寄せてなのか本筋とは関係のないアニメ版でもあったショートストーリーをところどころに差し込んでおり、物語のテンポを悪くしているように感じました。 次に脚本。 実写版は「これ役者がアドリブで言ってるのか」と思うような冗長な台詞が多いです。 「男子高校生らしい中身のない会話を演出している」と言われてしまえばそれまでですが、アニメ版で実力派声優たちが見せてくれたような舌戦を期待していた自分としては残念に感じました。 最後に「リアリティ」の違い。 この違いがアニメ版との一番の違いにして私個人的に最悪の違いです。 実写版にはアニメ版にあった、「BGM」「SE」「モノローグ」「ギャグ漫画的なオーバーリアクション」がありません。 それによってよりリアリティのある男子高校生日常風景が描かれています。 この違いが一番露骨に出るのはヒデノリと文学少女が出会うシーンです。 アニメではヒデノリ役の声優杉田智和の名演が光る爆笑シーンなのですが、実写版ではBGMもSEもモノローグもありませんので、ほぼ無音の中で「風がさわがしいな」などの台詞のみがポツリポツリと呟かれます。 ヒデノリは何故か目を泳がせながら台詞を言い、最終的には逃げるように去っていきます。 アニメ版を観たことがある人なら分かると思いますが、このシーンはヒデノリが文学少女と中二的な台詞の応酬を繰り広げながらも内面ではテンパっているという描写が面白いのです。 実写版では内心のテンパりを表すモノローグの代わりにヒデノリが挙動不審な動きをするので、ヒデノリが「挙動不審に中二病台詞を喋る頭おかしい人」にしか見えない本当に意味不明なシーンになります。 そういう演出を観て「リアリティにこだわってるのかな」と思いきや、男子高校生は女子を目の前にすると挙動不審に目が泳ぐ奴しか出て来ないし、女子高生は男子に嫌悪感を抱いて悪態をつく奴しか出て来ない。 ステレオタイプで偏見に満ちたキャラクターの描き方をしています。 男子高校生の日常という作品は男子なら誰しも共感できる「あるある」を笑いにする作品であるにも関わらず、全く共感できないキャラクターの描き方をしてしまっているのです。 要らんところでリアリティをもたせ、必要なところでリアリティを捨てる、アニメ版のファンとして、正直ここが一番ガッカリさせられました。 ただ、俳優陣の演技はとても良かったです。 主演の菅田将暉くんは言わずもがな、女子高生役として出て来た山本美月さんのギャルの演技は本当に良かったです。 また、東京03の角田さんが意外に違和感なくて演技も上手くて驚きました。

次の