剣盾ザマゼンタ。 【ポケモン剣盾】ザシアンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン剣盾のザシアン・ザマゼンタの厳選!種族値、努力値とおすすめの性格は?|ポケモニット

剣盾ザマゼンタ

今回の日誌は、クリア後に行っていたことのもろもろのまとめ。 金策準備完了 前回までは、マックスレイドでひたすらアメを集めるところまで書きましたが、そのかいあってニャースのレベルは100に到達。 そこでニャースを引き連れトーナメントへ。 キョダイマックスニャースのキョダイコバンを3回打つことで、1試合で99999円が獲得できるようになった。 注意点は、相手がゴーストだとキョダイコバンが発動しないので、相手がゴーストでないときを狙う。 あと、相手が格闘技もってるとそれもけっこう辛いので、ニャースが出てくるタイミング調整が重要。 ダンデ戦で言えば、ガマゲロゲで出すのが最適かなと思う。 図鑑埋め作業 次に、図鑑埋め作業の一環で、ワイルドエリアの探索を行う。 図鑑の機能でオススメポケモンが表示されるので、迷うこともない。 で、その作業が一通り終わると、進化前のポケモンだけいなかったりするポケモンが結構いたので、メタモンとともに預け孵化マラソンで未取得ポケモンのタマゴを作り、走る。 ほのおのからだ持ちのセキタンザンのみを引き連れ、過去作で何度も行ってきた孵化マラソンの作業w 今作では卵あずけ屋が2箇所あるけど、どっちも直線が長いのでマラソンに最適。 未発見のものだけでなく、シールドのみに出てくるポケモンも増やしておく。 長男と次男はソードをしているので、どこかのタイミングで交換してもらうための下準備w 技マシンの収集 図鑑の次は技マシンの全取得。 まず店に売っている技マシンを金策で用意したお金を使用し買い漁る。 全部買ったあとに、道具一覧から番号順にソートし、抜けているものをリストアップする。 それがどこにあるのかをググり、確保に向かう。 一番面倒だったのがボルトチェンジで、わざわざしたくもないロトムラリーに参加し、2万点以上のスコアを出す必要があって、そのスコア出すためには長距離コースじゃないと出ない感じ。 けっこうめんどいので、こういうのは勘弁してほしい。 でもその努力の甲斐もあり、技マシンはコンプした。 技レコードは今後のマックスレイドでいずれコンプできるだろうと思う。 ザマゼンタの捕獲・厳選 育成環境はメタモン厳選以外はできたので、次はいよいよメタモン厳選かと思ってたけど、思ったよりも面倒そうなので最初にザマゼンタの厳選をすることにした。 今回はマスターボールを使う。 このタイミング以外で使う事もなさそうだと思ったので、楽をしようと思う。 ザマゼンタの話を進めるためにまどろみのもりに行くと、またホップがいたので、返り討ちに。 その後いかれた髪型の兄弟が登場。 展開が急やで…。 で、当然のようにバトルになる。 盾の髪型のほうとバトルに。 いざ始まると、相手はドータクンを出してきたw こいつわかってんな。 よし、こっちもドータクンで、ドータクンのミラーにしようw その後、ストーリーを進め、いよいよザマゼンタが登場。 今回はマスターボールを使うので、初手マスターボールで捕獲し、性格と個体値を見て気に入らなければリセットするという感じの古典的な厳選方法にした。 ザマゼンタをどんな感じで育成しようかなと思ったけど、結局バトルでは使わんので、物理特化型のオーソドックスなタイプで育成することにした。 なので、ASのVがあればオッケーで、残りどこかにVついてたらいいなくらいのゆるい厳選にした。 せいかくはいじっぱりかようきのどっちかで。 3回ほどやると、HASにVがついた個体を確保。 これでよさげやなと思い、性格を確認すると うっかりや…。 うーん、まじか。 って思ったけど、そう言えば今作では性格補正のパラメーターをミントで変更できるんやったということを思いだしたので、実際にミントを使って調整するようにしてみた。 うっかりやのザマゼンタとか、愛嬌があっていいかなと思うし。 ミントは50BPするので、バトルタワーでレンタルポケモンを使用してバトルをする。 50集めるのけっこうめんどいなーと思っていたところ、ランクが上がっていじっぱりミントがでたw こりゃラッキー。 さっそくザマゼンタにいじっぱりミントを使用し、性格のパラメーターを変更。 この変更した内容って確認できないんかな…。 性格の準備ができたので、次は努力値。 今作では、ドーピングアイテムのみで努力値を振り終えることができるので、タウリンとブロムヘキシンを25個ずつご購入。 過去作みたいに戦闘しなくていいのは楽だ。 努力値を振り終え、スタータス画面でXボタンを押すと努力値の配分が確認できる。 マスターボールにはいったうっかりやのザマゼンタの育成が完了。 あとは技構成を考えていたものにすれば、育成は完了。 ザマゼンタはマックスレイドにも使えるそうなので、ムゲンダイナ一択だったこれまでよりもより幅広い敵に対応できるようになったのはいい感じ。 次はいよいよメタモン厳選やけど、けっこうめんどいので腰が重いw.

次の

【ポケモン剣盾】ザマゼンタ(れきせんのゆうしゃ)の進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

剣盾ザマゼンタ

クリア後に1つだけもらえるマスターボールは、 確実にポケモンを捕まえることができるボール。 ボールにこだわりがない場合は、マスターボールを使うと効率よく厳選ができる。 性格補正は自在に変えられるので、厳選の必要はない。 ミントは殿堂入り後に獲得可能。 エレベータで階段前まで戻ってきたらレポート) 9 数ターン後、ザシアンたちが助けに入り攻撃できるようになる 10 撃破時に捕獲 【重要】1戦目をカット可能 ムゲンダイナ戦は2連戦となるのでステータス確認までが遠いが、以下の方法で1戦目をカットして厳選することができる。 圧倒的に時間が短くなるので厳選する人は要チェック! 手順1:手持ちポケモン1体で1戦目を勝つ まずは準備として、1戦目のムゲンダイナに勝てるポケモン1体用意する。 そして、 手持ちをそのポケモン1体にした状態で1戦目に勝とう。 弱点を突ける、こおり、じめん、エスパー、ドラゴンあたりがおすすめ。 手順2:2戦目に負ける そのまま2戦目に移行したら、 マックスレイドバトルに負けよう。 ここで負けやすくするために手持ちを1匹にしている。 手順3:エレベータを降りた所でセーブ 2戦目に負けるとポケモンセンターに戻されるので再びエレベータに乗り、降りたところでレポートを書こう。 これで 1戦目はクリアしているが、2戦目から始まる、という状況が出来上がり、厳選の時間を大幅に短縮できる。 ひかえめかおくびょうがおすすめ ムゲンダイナはとくこうとすばやさが高い。 性格は、どちらかが上がりやすい「ひかえめ」か「おくびょう」にするのがおすすめだ。 捕まえて目当ての性格でなければやり直そう。 ミントで性格は変えられる 今作品から「ひかえめミント」などのミントというアイテムが登場した。 これをポケモンに使うと、名称に対応した ステータスの性格補正に変更できる。 後々ミントで性格を変えるというのであれば性格にこだわる必要がない。 なんのボールでも必ず捕まえられる ムゲンダイナは なんのボールでも必ず捕まえることができる。

次の

【ポケモン剣盾】マックスレイドでザシアンザマゼンタを推したい2つの理由。

剣盾ザマゼンタ

ザシアン(ソード)の厳選 ザシアンは くちたけんを持たせることでフォルムチェンジします。 基本的にこの姿で戦うことになると思われるので、考察もフォルムチェンジ時のものとなります。 ザシアンの種族値 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 92 170 115 80 115 148 攻撃と素早さが高く、特攻が低いのがわかると思います。 特殊技にめぼしい技もないため、よほどのことがない限り特攻を落とす性格を選ぶこととなります。 意地っ張りと陽気どっちがいい? ザシアンの素早さ148というのは絶妙な数字で、 Lv50でのバトルでは準速の素早さが200となり最速130族と同速になってしまいます。 なので、200より上の素早さがほしいかどうかという視点で考えるといいかもしれません。 攻撃の種族値が170もあるため、できることなら攻撃に補正をかけた意地っ張りを採用したいところです。 ザシアンの努力値振り 2つの例を紹介します。 配分は理想個体である6V前提のものとなっています。 80族のスカーフや142族のドラパルトも抜けるのでほとんど上を取られる心配はないでしょう。 攻撃は最大の防御なので、残りは攻撃に割り振り倒せる範囲を広げています。 端数の4はダウンロード対策で特防に振りました。 タイプも優秀ですし、HPに努力値を振ることでかなり堅くすることができます。 HP252を確定とし、余りは5箇所振りで効率よく振ります。 素早さは 最速ガブリアス抜き最速100族抜き抜き抜きまであげ、残りを攻撃に割り振ったら11nで美しくなりました。 堅くて火力もあり、最低限の素早さも備えているのでとても強いと思います。 ザマゼンタ(シールド)の厳選 ザマゼンタは くちたたてを持たせることでフォルムチェンジします。 ザマゼンタは普通に育てるとザシアンとの差別化が難しいため、フォルムチェンジなしで戦うことも考えられます。 ザマゼンタの種族値 それぞれの状態での種族値を見ていきます。 通常時 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 92 130 115 80 115 138 フォルムチェンジ時 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 92 130 145 80 145 128 どちらを使うにせよ、よほどのことがない限り特攻を落とす性格を選ぶこととなるでしょう。 性格は何がいい? ザマゼンタは耐久の高いポケモンであるため、防御や特防に補正をかけたくなります。 しかし、HPが低くサポート性能も高くないため、あまりおすすめはできません。 素直に 攻撃か素早さに補正をかけると良いでしょう。 ザマゼンタはHPに努力値を振り切るポケモンであること、フォルムチェンジ時は素早さに補正をかけても130族を抜けないことを考えると、素早さを大きく伸ばすことは考えにくいです。 そのため、陽気より意地っ張りのほうが応用がきくと思われます。 高速帯の壁貼り役としての運用を考えているなら陽気もありかもしれません。 ザマゼンタの努力値振り HPと防御と特防が全て同程度のポケモンとして、フォルムチェンジしたロトムが挙げられます。 ロトムを育てるとき、大半の人はHPに努力値を振りますよね? ザマゼンタも種族値の並び的にはロトムのようなものなので、HPを振った上で、火力と素早さを調整するといった形になるかと思われます。 一例として、通常時とフォルムチェンジ時のどちらでも使える万能な配分を紹介します。 配分は理想個体である6V前提のものとなっています。 フォルムチェンジ時に110族より上を抜きたい場合には、陽気のほうが努力値配分が良くなってくるので、そこも考慮しながら性格を選ぶと良いでしょう。 オシャボ厳選するなら性格はミントを使おう! これは好みの問題になってくるのですが、マスターボール以外のボールで捕まえるならミントを使ったほうがいいケースもあります。 せっかくガンテツボールで捕まえたのに、性格が合っていないというだけで諦めてしまうのはもったいないですからね。 イメージ的には、 ザシアンならルアーボール、クイックボール、ドリームボール ザマゼンタはレベルボール、ゴージャスボール、ドリームボール あたりが良いのではないでしょうか? 私は高貴なイメージからザマゼンタをゴージャスボールで捕まえました。 今作の伝説には シンクロが効かないという噂もありますが、一発で意地っ張りを引いてしまったため真偽を確かめることはできませんでした… まとめ ザシアンもザマゼンタも意地っ張りか陽気を選ぶのがおすすめです。 どちらにするかは、努力値振りまで考えて選ぶ必要がありますね。 ですが、今作ではミントで性格補正を変えられるので、あまり深く考えずに捕まえてしまっても良いでしょう。 やっぱり、ザシアンは強いですね。 ザマゼンタも強いポケモンではあるのですが、ザシアンと比べると見劣りしてしまいます。 ザシアンの特攻にもう少し無駄があればバランスとれたのかもしれません。 そういった意味では、ラティアスとラティオスはいい調整だったなぁと思います。 とはいえ、ザマゼンタはワイドガードや両壁が使えたり、ザシアンとは違った芸当ができるので可能性は感じますね。 どちらも強いポケモンなので、是非ゲットして活躍させてくださいね!•

次の