小青竜湯 ロキソニン 飲み合わせ。 クラリス・クラリシッド(クラリスロマイシン)の飲み合わせ、副作用について解説

小青竜湯の副作用に頭痛が?

小青竜湯 ロキソニン 飲み合わせ

葛根湯は、身近な漢方薬のひとつ。 副作用が比較的少なく、安全性が高いとされていますが、飲み合わせに注意が必要な薬もあります。 この記事では、葛根湯の成分や効果を踏まえた上で注意すべき飲み合わせを解説。 また、葛根湯の効果的な飲み方もご紹介します。 葛根湯の副作用や概要は、下記の薬辞典からご確認できます。 ミナカラおくすり辞典: 葛根湯の成分や効果について 葛根湯は全部で7つの生薬から構成され、それぞれ以下の役割を果たしています。 葛根 カッコン 発汗を促し、解熱させる。 筋緊張を緩める 麻黄 マオウ 発汗を促す。 気管を拡げ、咳を止める 桂皮 ケイヒ 体を温め、発汗を促す 芍薬 シャクヤク 筋肉の張りを抑制して、痛みを緩和させる。 発汗の調整 生姜 ショウキョウ 腹部を温め、発汗を促す。 咳や吐き気を抑える 大棗 タイソウ 消化を調整する 甘草 カンゾウ 消化を調整する 体を温める効能がある生薬を中心に配合しながらも、発汗による解熱をコントロールをする生薬も配合。 さらに消化の調整もするという、とてもバランスの良い漢方です。 以下の症状に効果を発揮するとされています。 ・風邪のひきはじめにみられる寒気や発熱、筋肉痛 ・頭痛、肩こり ・鼻風邪、鼻炎 ・上半身の神経痛 ・蕁麻疹 じんましん 葛根湯の注意すべき飲み合わせ 葛根湯に含まれるふたつの成分が、ほかの薬の飲み合わせで注意すべきとされています。 ・麻黄 ・甘草 麻黄には「エフェドリン」という成分が含まれています。 この成分を摂り過ぎると、交感神経をか条に刺激してしまい、不眠、発汗過多、頻脈、動悸、全身脱力感、精神興奮といった副作用を起こす可能性があります。 甘草には「グリチルリチン」という成分が含まれています。 この成分を摂り過ぎると、血液上昇やむくみといった症状を起こす「偽アルドステロン症」の原因になります。 風邪薬との飲み合わせ 風邪薬にはエフェドリンやグリチルリチンといった、葛根湯と同じ成分を含むものが多く販売されています。 同一成分の複数の薬から摂取すると、効き目が強くなり過ぎてしまい、体に悪影響を与える恐れがあります。 また風邪薬には解熱作用があるものが多く、葛根湯の解熱作用と同時に働いてしまうと体温が下がり過ぎて思わぬ症状が出る場合があります。 飲み合わせたい場合は、薬剤師や医師に確認しましょう。 頭痛薬(イブ、バファリン)との飲み合わせ 市販薬の頭痛薬(イブ、バファリン)に含まれる、「イブプロフェン」は炎症を鎮めることで、解熱作用をもたらします。 葛根湯にも解熱作用がありますが、こちらは体を温め発汗を促すことで余分な熱を体外に放出します。 つまり、同じ解熱でも働きが異なるのです。 働きの違うふたつの薬を飲み合わせると、どちらの効果も十分に得られない可能性があります。 どちらが適しているか、薬剤師や医師に相談した上で服用しましょう。 ミナカラおくすり辞典:、、、 カロナールとの飲み合わせ 解熱鎮痛薬の中でも効き目が穏やかで安全性が高いことから、子どもや妊婦にも使用されるカロナール。 主成分である「アセトアミノフェン」と葛根湯には、相互作用による副作用の危険性は少ないことから飲み合わせも問題ないとされています。 ちなみに市販の風邪薬「プレコールエース顆粒」には、葛根湯エキスとアセトアミノフェンの両方が含まれています。 ミナカラおくすり辞典:、、、 ロキソニンとの飲み合わせ カロナールよりも効き目が強い解熱鎮痛薬がロキソニンです。 ロキソニンと葛根湯は、薬の効果を消し合ったり、過剰な効き目を生み出すことがないため飲み合わせも問題ないとされています。 関連記事: ミナカラおくすり辞典:、 花粉症の薬(アレグラ) アレグラに含まれる「フェキソフェナジン塩酸塩」と葛根湯の成分は、お互いに効果を消し合ったり、過剰に効果を強めることはないので、基本的には飲み合わせも問題ないとされています。 関連記事: ミナカラおくすり辞典:、、 葛根湯を飲むタイミングと効果的な飲み方 葛根湯を飲むためには、飲むタイミングや飲み方に気を付けましょう。 葛根湯は食前に飲もう 葛根湯に含まれる自然由来の生薬は食材と似ているため、食後に内服すると、食べ物に吸収を阻害される可能性があります。 葛根湯の成分を効果的に吸収するためには食前に飲みましょう。 ただし、消化器系が弱い人は副作用のリスクを避けるために、食後に飲んでも構いません。 顆粒タイプの葛根湯をお湯に溶かして飲む.

次の

小青竜湯

小青竜湯 ロキソニン 飲み合わせ

今年も花粉症の季節になりましたね。 いつもは、アレグラを飲んで花粉症の時期を乗り越えるんですけど 漢方の薬(それが、小青竜湯。 )が花粉症に効くよーと知って チャレンジしてみたいなと思っているところ。 ただ、飲んだことがない薬なので飲むべきか…と迷ったときに 副作用がどの程度でるか知っておくと良いのでは?と考えています。 そこで、気になる副作用をピックアップしてみました。 スポンサーリンク 小青竜湯の副作用を調べてみると 副作用に頭痛が? あんまりメジャーではないけれど、 頭痛はあります。 原因は小青竜湯の中に8種類の漢方が入っているうちの1つ、 甘草のよう。 まれな副作用で、 ミオパチーと呼ばれており筋肉が縮むと起きるのだそうです。 「縮む」という言葉はなんだか難しいですけど ようは、肩こりからくる頭痛をイメージすれば分かりやすいかも。 肩こりは、筋肉がこり固まって (これを、縮むという表現に置き換えたらどうでしょうか。 ) 血の巡りが悪くなるので頭痛が起きます。 で、ミオパチーには頭痛以外にも症状があって 両腕・両足の筋肉痛、力が抜ける感じ、こむらがえりが起こることもあります。 そこで、飲み始めてから 初期に起こる症状を調べてみると 手足のしびれ、つっぱり感、こわばりなどがあるので知っておくと良いかと。 基本的に、小青竜湯のみで飲む量・飲み方を守っていれば 副作用はほぼ出ないと考えて良いはずですが 他にも漢方を飲むなら注意しないといけません。 つまり、漢方の中に甘草が入っている場合です。 漢方の中に甘草がどれくらい入っていたら注意するべき? を参考にしてみると 1日に飲める甘草の量は、 7. 5gまで。 (注:病院にかからないと出してもらえない小青竜湯の場合です。 ) 1番組み合わせとして気をつけたいのが 芍薬甘草湯(わたしは足がつったときに飲んでます)。 (注:病院にかかって出してもらう場合の芍薬甘草湯です。 ) つまり、小青竜湯と芍薬甘草湯を一緒に飲むと甘草が9g…。 こういった飲み方をすると副作用が起きやすくなる確率がぐっと上がるので 気をつけないといけないなぁと思うんです。 まとめ というわけで、芍薬甘草湯を飲むわたしは小青竜湯をやめておこう…。 花粉症の薬はこれまで通り、アレグラを続けようと決めました。 スポンサーリンク.

次の

麦門冬湯は咳に効く?効能・副作用・注意点について

小青竜湯 ロキソニン 飲み合わせ

唐突に思い立ったので、 で風邪を簡単に治す方法を書いてみました。 インフルエンザなどの強烈なものは別として、 普通の風邪は5種類くらいのでほぼ対処できます。 理由は簡単。 風邪の初期パターンが5種類くらいしか無いからです。 そういう私も、以前は39度以上の発熱など珍しくもないくらい病弱(?)でしたが、 常備薬としてを使うようになってから、ここ何年も風邪で病院のお世話になったことは全くありません。 普通のドラッグストアで買える効果的なを5種類、挙げていきます。 葛根湯(かっこんとう) これが一番 初期症状を見落としやすい 薬で、しかも 初期(1〜2日くらい)しか効果が無いため、世間では最も役立たずのの1つでしょう。 ところが、適切なタイミングで使えば絶大な効果を発揮します。 体を冷やしたことが原因で出てくる、次のような症状を自覚したら即、使ってください。 空腹時にいつでも飲めるのも、の利点の1つです。 これは寒さで免疫機能が低下しているところに風邪の細菌が感染しつつある状態で、 免疫機能を高めて細菌を殺すために体温を上げようとしている段階です。 寒気がするのは体を震わせて熱を発生させるためですし、発汗は体温を下げるための身体機能ですから働きません。 葛根湯を一言で言うと 体温を上げて発汗させる薬です。 もちろん、 体を冷やさず温かいものを食べるなどの配慮も必要です。 必要十分なだけの熱が得られると、寒気が無くなって汗が出るようになるので葛根湯の服用は止めてください。 あとは上がった熱が自然に下がるまで暖かくして養生していれば治ります。 私の経験では、見落としそうなほどの初期段階から対応するので、 ほぼ1日で完治することがほとんどです。 翌朝に上がった熱が下がっていれば終了です。 注意点として、 市販の総合薬を併用しないで下さい。 総合薬には熱を下げるための鎮痛解熱剤が必ず入っています。 風邪を早く治すために発熱させようとしているのに、鎮痛解熱剤で 熱を下げてしまったら完治まで長引きます。 解熱剤は、風邪が長引いても良いから熱を下げて仕事に出る必要があるとか、これ以上熱が上がると後遺症が出る40度近い発熱時の最終手段だと考えるべきです。 小青竜湯(しょうせいりゅうとう) だんだん書くのが面倒になってきたので、どんどん行きます。 寒さが進行していくと、 本格的に咳や鼻水が出てきます。 小青竜湯は透明な鼻水が出てきたら飲めば良いので分かりやすいです。 飲んで1時間もしないで鼻水が止まる即効性です。 葛根湯と同じ方向性の薬ですから、体を暖かくしてください。 「気のせいかな?」レベルの初期段階で飲めば即日で回復します。 注意事項として、 葛根湯と同様に鎮痛解熱剤は併用しないで下さい。 それと、 鼻水や痰の出ない乾いたカラ咳が出るときは 悪化するので使用禁止です。 また薬を飲まずに放置したり体を冷やし続けると、初期段階を過ぎ熱が出て 鼻水が黄色くなってきます。 汗が出たら葛根湯の服用を止めるのと同様、 鼻水が黄色くなったら小青竜湯の適用症状から外れる ので使用せず、 おとなしく布団で養生して下さい。 あと蛇足ですが、実は 花粉症などアレルギー性の鼻水にも効果があります。 花粉はマスクで防ぐのが基本ですが、ふとした瞬間に クシャミ・鼻水が止まらなくなり困ることがあると思います。 そんなとき、 カバンに1包の小青竜湯を入れておけば助けられることも多いです(経験談)。 銀翹散(ぎんぎょうさん) 寒さが進行していったときの別パターンとして、 扁桃腺が腫れて喉が痛くなることがあります。 このような 上気道の炎症に対して、銀翹散は即効性で効きます。 私の人生で銀翹散を2日以上飲み続けたのは1回だけで、 普通は1包飲めばいつのまにか完治してます。 炎症を抑えるため冷やす薬ですが、寒熱が混在することも珍しくないので、 温める薬である葛根湯や小青竜湯とも併用可能です。 かなり強力に効きますが、 早期に対処した方が良いのは確かです。 意外と気づかないですが、 「鼻詰まり」は鼻の内側が腫れて塞がれている状態ですから 初期症状の1つです。 麦門冬湯(ばくもんどうとう) 小青竜湯は乾いたカラ咳では使用禁止と書きましたが、 そ ういうときに使用するのが麦門冬湯です。 小青竜湯は乾かす薬なのに対して、 麦門冬湯は潤す薬です。 特に 冬場はエアコンで部屋が乾燥しがちで、気づけば湿度が30%以下になっていることもあります。 そういう環境で 肺が乾燥すると乾いた咳が出て、 放置すると気管支炎や肺炎に発展しますので、その前に麦門冬湯で対処します。 また、濡れタオルを干して 部屋の湿度を上げたり、 マスクを着用して吐息の湿気で乾燥対策するのも効果的です。 言うまでもありませんが、 箱に「咳に効く」と書いてあるからと小青竜湯を使うと 激しく悪化します。 小青竜湯とは真逆の働きをする薬だと覚えておきましょう。 藿香正気散(かっこうしょうきさん) 正直、この薬のお世話になった回数は少ないのですが、 吐き気を伴う夏風邪などに効果があるとされています。 吐き気に効いているのは、このを構成する生薬の1つである半夏(はんげ)ですので、 半夏が使われているはみんな同様の効果があります。 私の場合、最初に使ったのが藿香正気散でしたが、病院によっては別の薬を出してくれるところもあります。 私は体質的に、吐き気を伴う風邪にかかることがほとんどありませんが、 寝不足や徹夜で吐き気がするとか、 二日酔いで吐きそうだという場合にも効果があるので、意外と 社会人全般に需要がありそうです。 だんだん駆け足で書いてしまいましたが、 全て私自身の体で人体実験済ですので効果は信用してもらって良いと思います。 ふと気づいたら 文字だけの記事になってしまいました。 写真がないと画像?とかが登録されないみたいなので、 適当な本の写真を載せてみました。 うちには書棚の1段まるまるくらい漢方系の書籍があるのですが、これは 最も詳しいと感じている書籍の1つです。 ちなみに上下巻あわせて厚さが10cmくらいあります(笑)。 私事ですが、実は 私の母が非常に体が弱くて昔からのお世話になっています。 病院も頼りにならず、逆に人混みで余計な病気を移されてくる始末ですが、良い剤師に出会えたおかげで助かっていると常々言っています。 母は性格的に研究者肌なのか、 「薬代を払うだけじゃ勿体無い」と言って、いつどんな症状で何という薬を処方され、どういう効果が出たかを 全てノートに記録していたそうです(だけじゃなく病院の薬も全て)。 それで私も興味を持ち、やに関する書籍を買い集めて勉強するようになりましたが、その際、これは 良いと思った書籍を母にもプレゼントしたところ、隅々まで読んでびっしり書き込みをし、丁寧に扱っていても本が分解しそうになるくらい使い込んでます。 まさに、 飢えた野獣に肉を与えたような状態です。 体を張った人体実験に基づく豊富な経験に、理論だった知識が与えられた瞬間です。 本人の体が弱いだけに、ありとあらゆる薬を実際に使ってきた 実体験に基づく知識は下手な医者よりも豊富だったりします。 実家の近所に病院(整形外科)があり、田舎で病院も少ないので風邪でも何でもそこに行くのですが、 母が行って医師に頼むとなら何でも取り寄せてくれるので、保険適用の金額で買えるので助かってます。 高齢の医師なのですが、母の方がに詳しいと分かっているため、 薬の効果や注意事項などを母から熱心に聞き出してメモをとっています。 それでだんだん、あの病院の先生はに詳しいと評判になってきました(笑)。 今では病院に行くたびに 「今日は必要なないの?」と逆に聞かれるようです。 とりあえず、今日はここまでとします。 katsu-blog.

次の