半沢直樹 出向理由。 【半沢直樹/最終回】半沢(堺雅人)が出向になった理由とは?

【半沢直樹/最終回】半沢(堺雅人)が出向になった理由とは?

半沢直樹 出向理由

Contents• 半沢が東京セントラル証券へ出向された本当の理由は? ドラマ「半沢直樹」のラストで、半沢は東京セントラル証券への出向を命じられます。 半沢は頭取から告げられます。 「半沢直樹次長、営業企画部長職として東京セントラル証券への出向を命じる」 ドラマでは、半沢を演じる堺雅人さんの目元がアップになり、そのままエンディングを迎えました。 半沢が東京セントラル証券への出向を命じられたのは、大和田常務への追求ぶりが問題視されたことが理由です。 半沢は大和田常務を取締役会で厳しく追求しました。 銀行を思って不正を暴いたのですが、半沢に対して役員からの批判が集まりました。 その結果、半沢は東京セントラル証券への出向が決まりました。 東京セントラル証券には、東京中央銀行の社員が数多く出向しているという特徴があります。 東京セントラル証券の社長岡光秀は、東京中央銀行の元専務です。 東京セントラル証券での半沢は?親会社に大きな買収案件を横取りされる 東京セントラル証券は東京中央銀行の証券子会社です。 業績は浅く、企業買収の実績はあまりありません。 大口の案件がなかったわけではありませんが、いずれも銀行から回されたものばかりです。 半沢直樹は、銀行の営業第二部次長から東京セントラル証券に出向されて営業企画部長になりました。 左遷といえる人事でした。 証券子会社の大きな買収案件を親会社である銀行に横取りされてしまい、半沢は発奮します。 半沢は、買収される側の「スパイラル」のアドバイザーに就任し、営業企画部調査役の森山と共に担当します。 森山は、企業の本質を見抜くセンスがずば抜けており、そのことは半沢も認めるほどでした。 半沢たちは、親会社の銀行と敵対する立場になるという奇策に打って出ます。 スポンサーリンク 東京セントラル証券のモデルは?銀行傘下の証券会社というと?! 東京セントラル証券にはモデルとなる証券会社があるのでしょうか? 東京セントラル証券の親会社である東京中央銀行のモデルは、三菱東京UFJ銀行だと言われています。 三菱東京UFJ銀行の子会社にモデルに当てはまる証券会社は見当たりません。 そのため、東京セントラル証券のモデルは存在しないのではないかと言われています。 しかし、銀行傘下の証券会社という条件で幅広く探すと、適当な証券会社が見つかります。 SMBCフレンド証券です。 SMBCフレンド証券は三井住友銀行の子会社です。 スペシャルドラマ「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ〜狙われた半沢直樹のパスワード〜」では、東京セントラル証券と新興IT企業「スパイラル」を中心に物語が展開します。 スパイラルは、東京セントラル証券の証券トレーディングシステムの大規模リニューアルのコンペに参加した企業です。 スパイラルの専務・加納一成は、4月から放送予定の続編の原作にも登場するキーマンです。 スポンサーリンク.

次の

半沢直樹最終回出向理由なぜ?納得いかないすっきりしないその後の続きをネタバレ

半沢直樹 出向理由

2013年7月に大ヒットした池井戸潤原作の半沢直樹。 ドラマの結末は大体がハッピーエンドで終わる事が多いのですが、半沢直樹は最後に出向させられて終わりとなります。 え、なんで? そう思った方も多かったのではないでしょうか。 私もその一人です。 納得いかない、すっきりしない、そんな声も沢山ありましたね。 そこで出向理由が意味分からないという方の為になぜ出向で終わったのか調べてみました。 こういった終わり方の場合は大体続編があることを示唆していることが多いです。 その後の続きについてのネタバレになりますが続編のロスジェネの逆襲のあらすじに繋がっているのではないでしょうか。 半沢直樹は7年ぶりにようやく続編が決定したこともあり皆さん1作目を改めて見たくなったと思います。 そこで今回は半沢直樹最終回出向理由なぜ?納得いかないすっきりしないその後の続きをネタバレと題してお届けしていきます。 間違ったことしてないのに出向なんておかしくない?納得いかない!! 本来銀行の出向というといわゆる左遷のイメージが強くあります。 出世街道から外れてしまうというネガティブな印象を持ち合わせていますよね。 作中でも度々子会社に出向させればいいと言ったシーンや、他の上役や同僚が出向するシーンもありました。 そう考えると、何で最後に出向なのか気になりますよね。 将来を期待され教育の意味での出向 作品内で半沢は「 失敗したら片道切符の島流しだ」とよく発言していました。 そのことから左遷のイメージが強く残りましたが実は左遷ではなく栄転の可能性が大です。 なぜなら、中野渡頭取は半沢のことを高く評価していました。 決して失敗ではなく、今後の銀行の為期待できる半沢を栄転させたのでしょう。 事実出向の時点で役職が次長から部長へ昇格しています。 出向先の子会社が系列会社で1段格落ちすると考えると人事的には横滑りになるのです。 また、上司の内藤もかならず戻してやると将来を約束しています。 このことから将来を嘱望された人事と言えます。 納得いかないすっきりしないその後の続きをネタバレ 半沢直樹めちゃおもろかった。 最後の出向についてググる。 ポジティブな見解を信じます。 — Hiroko hiropo730 半沢直樹の最終回、納得いかない、すっきりしないといった声が非常に多く話題になりましたよね。 最終回の出向の理由については上に書いた通りとなります。 では、その後の半沢直樹はどうなるのでしょうか。 この下からは ネタバレ 含みますのでご注意くださいね。 ロスジェネの逆襲では証券会社で銀行と戦う! 半沢直樹は東京セントラルに出向となりましたね。 東京中央銀行の子会社でもある東京セントラル証券です。 実は東京セントラル証券はすでに危機的状況でした。 そこである仕事が舞い込んできたのですが、これがうまくいかなかったんですよね。 まぁある種の陰謀ですね・・・ 組織に属しているとなかなか裏の陰謀とかには関わることはないですがそこは半沢直樹。 前作より色々なしがらみややり取りがありますがかなり爽快に読めました!! 銀翼のイカロスは遂に政治家と戦うことに! 銀翼のイカロスは航空再生支援法をもとに銀行と政治家の戦いになりますね。 航空再生支援法と聞くとタスクフォースを思い出しますが・・・。 実際に某航空会社でもありましたが、この作品はそうではありません。 航空の再生を支援する立場と支援させない立場の戦いとなります。 政治家が絡んでくるということで難しい感じがしたのですが以外にもあっさりと読めましたね。 あまり小難しく考えずに読んでみるといいかもしれません。

次の

半沢の証券会社出向の理由はなんで?最終回のネタバレ

半沢直樹 出向理由

忙しいトリ 前作のあらすじについて触れる前に、続編が今後どういう風に話が進んでいくのか、まずはお話ししたいと思います。 続編のあらすじ 出典元: 前作のドラマは、半沢直樹シリーズと言われる一作目『オレたちバブル入行組』、二作目『オレたち花のバブル組』が元になっていた事から、続編のドラマの方では三作目『ロスジェネの逆襲』、四作目『銀翼のイカロス』が元になると思われます。 三作目『ロスジェネの逆襲』のあらすじは以下の通りです。 2004年、半沢直樹が子会社の東京セントラル証券に出向になって約2カ月。 同社を訪れた電脳雑伎集団(電脳)の平山社長夫妻が、東京スパイラル(スパイラル)を買収し、その上でアドバイザーになってもらいたいと申し入れて来る。 スパイラル側が容易に買収を受け入れるとは考えられず、敵対的買収になるであろうことが予見されたが、東京セントラル証券は業歴が浅く、大型買収のノウハウも持ち合わせていないため、半沢は乗り気ではなかったが、部下の諸田はこの案件で見込まれる巨額の手数料が入る大きなチャンスを逃すまいと、腹心の部下たちで編成したアドバイザーチームにスキームを練らせる。 引用元: ・出世のために浅野支店長はどうしても融資100億円を達成したかった ・さらに株で失敗しお金にも困っていたので東田と結託 ・融資課長の半沢に半ば強引に融資を通させる ・ 浅野支店長が本部で全責任は半沢にあると触れ回る ・半沢は5億円回収に奔走するも、国税調査、裁量臨店、雑務押し付けで邪魔される ・ 未樹の協力で東田の隠し口座をみつけ12億円差し押さえる ・東田と浅野支店長が繋がる証拠を突き付けて倍返し ・口外しない代わりに東京本店営業第二部に栄転させるよう要求する 半沢は浅野支店長と東田の繋がりを証明する通帳を見せ、土下座をさせて見事に倍返しを果たしました。 そして浅野支店長の力によって栄転 出世 した半沢直樹は、次に東京中央銀行東京本店営業第二部に配属されます。 前作『半沢直樹』6~10話のあらすじ ドラマの6話目は東京中央銀行東京本店営業第二部次長に着任してから1年経ったところから始まります。 大阪支店から東京中央銀行営業第二部次長に栄転した半沢直樹は、法人部管轄の老舗ホテル「伊勢島ホテル」の再建を押し付けられることになる。 同族経営の伊勢島ホテルは、羽根夏彦専務らが経営再建のため、正義感の強い経理部長の戸越茂則を追い出して実権を握り、社長の湯浅威をも追放しようとする動きを起こしている。 しかも、二百億円の融資後、莫大な損失が出たことを東京中央銀行側が把握できないのに、ライバル銀行が把握していたなどの不可解な事実が見つかった。 そんな中、銀行に金融庁検査の通知が届く。 主任検査官・黒崎駿一により、ホテルの経営再建計画が進まず融資の回収がおぼつかないと判断されると、融資の判断責任が問われ、倒産防止のため数千億円の引当金が命じられる。 銀行の信用問題と業績悪化とを憂慮した頭取の中野渡が、半沢に申し分のない再建策作成を命じる。 引用元: ・ 伊勢島ホテルの羽根専務が資産運用失敗で120億円の損失を出す ・それに気づかず半沢の同期だった時枝は200億円の融資を実行 ・白水銀行の油山は、資産運用失敗を内部リークによって知り融資ストップ ・大和田は、頭取を陥れるため120億円の損失を隠して伊勢島を利用する ・ 伊勢島の再建案を大和田が出すことで、内部の支持を集め頭取を退陣に追い込む計画をたてていた ・半沢が娘の結婚話をダシに岸川に圧をかけ、岸川が大和田を裏切り、田宮社長が大和田の妻に迂回融資をしていた事実が明るみに出る ・岸川の証言により、大和田と伊勢島の関係も明かし倍返しを果たす ・ 半沢は頭取に東京セントラル証券へと出向を命じられる 前作の疑問を全部ネタバレ【番外編】 出典元: 前作『半沢直樹』で、多くの人が感じた疑問への回答をおまけとしてまとめておきたいと思います。 忙しいトリ 半沢直樹が出向させられた理由 出典元: 半沢直樹の出向人事について。 特に今回の半沢氏への辞令は、グループ内証券会社と思われる先への営業企画部長発令です。 同じ金融機関への出向は、銀行業法上本体では取り扱えない金融業務を身につける場でもあり、将来の役員候補に対する教育的出向であると理解できるものでもあります。 しかも、関連会社の職位はひとつ下の職位が本体の対応職位であり、営業企画部長という部長職は本体でば副部長がそれにあたります。 すなわち本店次長職の半沢氏にとっては昇格人事であり、不満を感じるべき異動ではないのです。 引用元: なんだ、良かったぁ~。 中野渡頭取が実は悪い人なのかと思った💦 大和田が出向させられなかった理由 出典元: まず、大和田常務の降格という処遇について。 ドラマの中で本人も「懲戒解雇になっても文句が言えない立場」と口にしていましたが、結果は外部出向でもなく平取締役への降格止まり。 半沢の同期が、合併行の融和を重んじて相手行トップを完全掌握することを狙いとした頭取の温情人事であると言っていましたが、私はその見方は全くのはずれとは言わないもののあくまで付随的な理由であると思います。 最大の理由は、中野渡頭取自身の保身でしょう。 それが役員の家族企業への迂回融資であったなどと分かったなら(話題になればたいてい関係者からリークされます)世間的には大事件であり、対金融庁上もタダではすまされない問題に発展することは想像に難くありません。 さらには銀行の信用問題にも発展するでしょう。 そうなればすなわち、頭取の責任問題は回避できません。 単なる降格人事であるならば、「与信管理上の責任をとらせた」等々理由はいくらでもつけられるのです。 なので常務が頭取を引きずり下ろし自分がその椅子に座りたい訳です。 なので先ほどの引当金を計上しなくてはならなくなります。 1500億ほどの引当金ということは、少なくとも1500億以上の融資を行っていることになります。 簡単に言うと、1500億貸して1500億踏み倒されたら丸々損失デスよね?破綻するかもしれないという事は融資したお金が返ってこない可能性が高いって事です。 引用元:.

次の