フレッツ光 工事費。 フレッツテレビの工事料金はいくらかかる?初期費用と工事内容を細かく解説。

「フレッツ光」 初期費用(契約料・工事費)について|フレッツ光公式|NTT西日本

フレッツ光 工事費

Contents• ソフトバンク光の 工事費について ソフトバンク光を開通するには他の回線同様に回線工事費が発生します。 工事費が発生するのですが、ソフトバンク光に申し込む前のあなたのインターネット環境によって工事費が区分されています。 フレッツ光からの転用の場合の工事費 現在フレッツ光を利用中でこれからソフトバンク光に申し込む予定の場合のソフトバンク光の工事費についてお伝えします。 この場合は転用といってフレッツ光の機材そのままソフトバンク光でも利用が可能な為回線工事費が発生しません。 0円です。 乗り換え新規でソフトバンク光に申し込む工事費 現在フレッツ光以外の光回線を利用していてソフトバンク光に申し込む予定の場合の工事費は 24,000 円が発生します。 たとえば他のフレッツ光以外で利用していた光ケーブルが建物の外部まで来ていたとしてもそのまま利用する事が出来ないことがほとんどですから工事が必要になってきます。 ただし建物内の光配線はそのまま使える事もあります。 その場合は9,600円の工事費となりますが、基本的に立会工事が必要で24,000円が発生すると思っておいて間違いありません。 光ファイバー導入済のマンションに住んでいる場合は立会工事が不要なケースもあるようでその場合の工事費は2,000円となります。 室内の何処かの部屋の壁に光コンセントがある場合は光ファイバー導入済のマンションと考えても良いかと思いますが、フレッツ光の導入済マンション以外は立会工事も必要な場合があります。 工事費は分割での支払いも出来、24回、36回、48回、60回から選ぶことが出来ます。 自宅に初めて導入する光回線がソフトバンク光の場合 自宅にこれまでインターネット環境が全くなかった場合は工事費24,000円が発生します。 同様に分割払いにも対応しています。 ソフトバンク光の工事費は無料になる? ソフトバンク光の工事費は無料!なんて大きくやってますが調べてみるとすべての状況で無料になるわけではないことが分かりました。 フレッツ光からの転用の場合 フレッツ光からの転用の場合は工事費が0円ですから無料になります。 ソフトバンク光が負担するとかそういった事ではなく機材そのまま転用して利用ができますから工事がありません。 ソフトバンク光契約時の契約事務手数料3,000円のみで開始できますから非常に導入しやすいと言えます。 乗り換え新規の場合 ソフトバンク光以外の光回線からソフトバンクに乗り換える場合で、ソフトバンク光が初めての申し込みの場合は工事費が実質無料になるキャンペーンがあります。 キャンペーン名称は SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーンです。 乗り換えで新規の場合は最大で24,000円の工事費が発生しますが、キャンペーンにより24,000円を普通為替によりキャッシュバック、もしくは月々の利用料金から毎月1,000円を24ヵ月割引されるキャンペーンがあり、実質工事費が無料となります。 回線工事費が9,600円または2,000円の場合は普通為替にて10,000円のキャッシュバック、もしくは月々の利用料金から毎月1,000円を10ヵ月に渡って割引されます。 フレッツ光以外の他社回線を利用していてソフトバンク光に乗り換える場合も工事費は発生しますが、キャンペーンにより還元されますので実質無料となり、ソフトバンク光を導入しやすいと言えます。 SoftBank光乗り換え新規でキャッシュバック割引きキャンペーン詳細 キャンペーン期間 2017年9月15日(金)から 終了予定は未定となっていて、予告なくキャンペーンが終了する場合もあるようです。 申し込みからキャンペーン適用までのステップ 工事費が無料になるこちらのキャンペーンは以下で説明のソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーンと申請用紙が1通になっています。 両方対象の場合はそれぞれ記入して専用WEBページにてアップロードもしくは郵送の必要があります。 概ねの場合で課金開始月を1ヵ月目として6か月目にはキャッシュバックや割引の適用が開始されます。 開通から5ヵ月の期間がありますので、その間は選択した支払い方法によって工事費を支払う必要があります。 ソフトバンク光が初めてのインターネット環境の場合 SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーンが目立ってしまい、どんな場合でも工事費が無料になると錯覚しがちですが、これまで自宅にインターネット環境がなく、初めての導入でソフトバンク光を考えている場合は工事費が無料にはなりません。 適用される公式キャンペーンもなくしっかりと支払う必要がでてきます。 じゃあ工事費が無料の光回線に一度加入してからソフトバンク光に乗り換えれば無料になるんじゃない?って話ですが、他の光回線も2年や3年など長期間利用する事で実質工事費が無料になるシステムがほとんどですから、その考えは通用しないのです。 以下で紹介するソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーンについても最大10万円まで還元されるのですが、工事費は含まれていないところが要チェックです。 ソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーン フレッツ光からの転用や、自宅に初めて導入するインターネット環境がソフトバンク光の場合はこちらのキャンペーンはあまり関係性がありませんのでスルーして頂いて良いかと思います。 フレッツ光以外の他社回線からソフトバンク光に乗り換える場合には工事費と同じく利用中の回線の違約金や回線撤去費用、モバイルWiFiなどの場合は機種代金残債など気になる部分があるかと思います。 ですがソフトバンク光に乗り換える場合はそのような料金もほぼほぼ解決できるキャンペーンを行っていますので安心です。 全くの新規には手厳しいですが、こと他社回線からの乗り換えにはものすごく手厚いのがソフトバンク光です。 他社回線の違約金、撤去費用、モバイルブロードバンド回線の端末代金残債を最大10万まで還元してくれるのです!機種代金残債に関しましては42,000円の上限が設定されていますが、ほぼほぼ事足りるのではないでしょうか。 キャンペーン期間 2016年4月15日から キャンペーンの内容や期間は予告なく変更になる可能性があります。 キャンペーン受け取りまでの流れ ソフトバンク光開通後の課金開始日を一カ月目として5ヵ月目の末日までに他社回線を解約、解約した時の違約金等が記載された明細書を専用のWEBページか郵送にて、ソフトバンク光に提出する必要があります。 解約時の明細書は発行依頼をする必要がある光回線などもありますので、早めに準備すると良いでしょう。 回線を切り替え後すぐに依頼をしても明細書の発行に2ヵ月程度かかる場合もあるようですから注意してください。 契約の流れ的に一旦は自身で解約違約金等を支払う必要があります。 適用条件 すべての条件を満たす必要があります。 2018年7月2日(月)以降に、新たに ソフトバンク光またはSoftBank Airに申し込みし、ソフトバンク光は申し込み日から180日以内、SoftBank Airは申し込み日から90日以内に課金開始をする必要があります。 申し込み後は速やかに工事を完了させ開通する必要があります。 ソフトバンク光やSoftBank Airを申し込み時点で他社ブロードバンド回線を利用している必要があります。 他社回線の契約を解除した日が申し込み日以前では適用されないということですから、ソフトバンク光に申し込み後、利用している回線の解約手続きをすると良いかと思います。 課金開始月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日までに、以下の条件をすべて満たす必要があります。 他社サービス解約時に発生する違約金・撤去費用・他社モバイルブロードバンド端末代金の残債の金額が確認できる証明書を、ソフトバンク指定の方法で提出する必要があります。 5ヵ月目の末日が期限となっています。 また提出書類に不備がある場合はキャンペーン特典が適用されませんので、専用 WEBサイトに詳細は記載されていますが、わからない場合は問い合せると良いかもしれません。 証明書に記載の契約者が、本キャンペーンのお申し込み者本人または家族(同一の苗字に限る)であること。 現在利用中で解約する回線の名義とソフトバンク光に申し込む名義は同一苗字にする必要があります。 ソフトバンク光に申し込む前の光回線が利用中であること。 極端な例ですが、何年も前に解約した回線には適用出来ないよってことです。 支払い方法登録をソフトバンクまたはワイモバイル携帯合算/クレジットカード/口座振替のいずれかで完了していること。 ソフトバンク光が開通した場合速やかに支払い方法を決定してくださいよってことですね。 毎月のご利用料金を支払期日までに入金していること。 ソフトバンク光の利用料金の支払い方法の決定は遅くとも開通月内が無難ですね。 ソフトバンク光の工事費無料が 無料にならない場合もある 以上の事からソフトバンク光の工事費が実質無料になるのは フレッツ光からの転用の場合 フレッツ光以外の他社回線を利用中の場合 となります。 他社回線の場合は特に事前に解約しておくと特典対象外になってしまいますので気を付けてください。 そして工事費が無料にならないケース!それはインターネット回線が無い場所でのソフトバンク光の開通には必ず工事費が自己負担で発生します。 これは数ある光回線の中からソフトバンク光を選んだんでしょ?それなら工事費は支払ってねといった感じでしょうか。 一方他社回線を利用している場合は、他社回線を利用しているにも関わらず、ソフトバンク光にしてくれるんですね!それなら導入しやすいようにサービスしますよ!って感じかもしれません。 完全に新規の場合は工事費がかかってしまします。 その対策方法としては、他社回線を一度契約するのではなく、ソフトバンク光を代理店から申し込む事で完全に新規の場合でもキャッシュバックが貰えますからそちらのキャッシュバックを工事費として充当する事で補うことが出来、少しお小遣いが残る程度まで改善できますのでそういったルートも考えてみるのも良いかもしれません。 フレッツ光以外の他社回線からソフトバンク光に乗り換えの場合でも高額キャッシュバックが貰えますのでちょっとしたお小遣いが出来ます。 ソフトバンク光が安心して申し込める代理店比較は以下の記事で詳しく紹介していますので興味がありましたら、合わせて参考にして頂ければと思います。

次の

フレッツ光の工事の流れと工事費!工事に関するQ&A

フレッツ光 工事費

『光回線にしたいけど工事が必要なの?』『壁に穴とかあけるのかな』 と、わからないことが多いと何かと不安になってしまいますよね。 結論から申し上げますと、 光回線の開通工事は基本的に立ち合いが必要ですが、そんなに大掛かりな工事ではありません。 3ステップで終わります。 光ファイバーの線を電柱から建物へ引き込む• 建物内の設置場所まで配線• 宅内で機器の接続 ほとんどの場合、電話線の配管やエアコンダクトを使うので穴はあけません。 やむを得ず穴をあける場合は必ず確認がありますよ。 作業時間は30分~2時間くらいが目安。 よほどの問題が無い限り工事は1日で終わります。 この記事ではフレッツ光のインターネット開通工事について、内容や料金などを詳しくお伝えします。 フレッツ光の工事についての疑問や不安を解消してくださいね。 フレッツ光の工事内容 フレッツ光の開通工事は大掛かりなものではありません。 順番に確認していきましょう。 工事前に準備するもの 光回線に欠かせない接続機器の光回線終端装置(ONU)は工事の時に業者が持ってきます。 しかし、それ以外の機器についてはご自身で準備する必要があります。 例えば 無線ルーターや LANケーブルなどです。 NTTでレンタルできるものもありますので、必要であれば申し込み前に確認してください。 Wi-Fiを利用するなら無線ルーターが必要 自宅で Wi-Fi接続をする場合には無線LANルーターが必要です。 無線ルーターはNTTからレンタルする事も可能ですし、ご自身で購入してもOKです。 工事が終わったあとすぐに無線でインターネットを楽しみたいなら事前に用意しておきましょう。 基本的には電話線の配管やエアコンのダクト穴など元々空いている穴を利用します。 しかしどうしても利用できる穴が無い場合は、 直径1センチほどの穴を開ける場合があります。 もちろん勝手に穴を開けることはありません。 事前に入線ルートの説明がありますので穴がNGであればその時点でキャンセル可能です。 引き込みができたら後はONUという機器を設置して完了です。 フレッツ光回線を導入している集合住宅の工事内容 マンションなどの集合住宅の場合、 既に建物内に光ファイバーが入っている建物と 入っていない建物があります。 これは建物のオーナーがNTTと契約しているかどうかなので、入居前に確認したほうが良いかもしれません。 既に建物内に光ファイバーの線が入っていれば、 電柱から引き込む作業が省略できるので工事はより簡単な作業になります。 MDFという配電盤からお部屋までの配線工事と光コンセントの設置のみです。 フレッツ光回線が導入されていない集合住宅の工事内容 光ファイバーが入っていない集合住宅については、戸建てと同じように電柱からの引き込み工事が必要になります。 この場合、まず 建物オーナーか管理会社への入線許可が必要になります。 許可は基本的に契約者自身が行います。 ビス止めや穴あけなどの可能性があることは事前に伝えておきましょう。 事後報告だとトラブルになりかねませんからね。 フレッツ光の工事費用 フレッツ光の工事料金は大きく2つのパターンとなります。 戸建て(ファミリータイプ)と 集合住宅(マンションタイプ)となります。 この他に、工事が必要ない建物やお部屋だった場合、 無派遣工事という立ち合いも必要なく、とってもお安いパターンもあるのですが滅多に無いと思って頂いたほうが良いかと思います。 戸建て(ファミリータイプ)の工事料金 ファミリータイプの場合、工事費は下記の一択です。 フレッツ光回線を導入している集合住宅(マンションタイプ)の工事料金 光回線が導入してある集合住宅の場合は マンションタイプとなります。 ご自身が住んでいるマンションやアパートが、マンションタイプに対応しているかかどうかはNTTへ問い合わせても良いですし、代理店に問い合わせても分かります。 まずは電話してみましょう! マンションタイプであれば、工事費は以下の3パターンのどれかになります。 申し込み前に「工事は必要無いです」と言われたのに、申し込み後に「やっぱり工事が必要でした」となった事例もあるようです。 人騒がせですよね。。 フレッツ光回線が導入されていない集合住宅(ファミリータイプ)の工事料金 光回線が入っていない建物については、 戸建てと同じ扱いになり、 工事費もファミリータイプと同じとなります。 今や、マンションタイプの入っていない集合住宅は減りましたがそれでも100%ではないので、まずはNTTか代理店に問い合わせて確認してください。 フレッツ光の工事に関するよくある質問 ここではフレッツ光の工事に関するよくある質問をまとめました。 建物のオーナーや管理会社へ許可が必要? 賃貸物件で光回線が導入されていない建物の場合、穴あけなどの工事を行う可能性があるので 入線許可が必要です。 オーナーか管理会社のどちらかで大丈夫です。 入居者がインターネットを使いたいと言うのを、ダメと言うオーナーさんはあまり聞いたことが無いので許可が取れる事が多いですが、中には建物に傷がつくのを嫌がってダメと言う方がいるかもしれません。 必ず事前に確認しましょう。 工事が出来ない建物ってあるの? 滅多に無いですが稀に 工事ができない建物があります。 例えば電気や電話の配線が電柱ではなく地下から配線されていて後から入線できない場合とか、オーナーが建物の外観を損ねたくないから入線NGと言う場合などのケースです。 この場合はもう固定回線ではなく、ホームルーターやモバイルWi-Fiなどしか手がなくなってしまいますね。 追加工事費がかかる場合もあるの? 通常の工事であれば規定の工事費しかかかりません。 しかし、たとえば ONUやルーターの設置場所を他の部屋に移したい場合などは、別途配線工事費が発生することがあります。 普通は配管の出口付近にONUを設置します。 しかし配管の出口とは違う部屋に機器を設置したい場合は、配線工事費用が発生する場合があるということです。 工事が不要な無派遣工事ってどんな時? 前出の「フレッツ光の工事料金」のところでも出ましたが、立ち会い工事が必要ないお部屋もあります。 これを 「無派遣工事」といいます。 お部屋に光コンセントという差込口がすでにあった場合は、無派遣工事になる可能性がグッと上がります。 しかし、注意していただきたいのが、光コンセントがすでに設置されていたとしても100%工事が不要になるわけではないということです。 配電盤(MDF)での工事が必要な場合もあります。 あくまでも、光コンセントがあったら無派遣工事になる可能性が上がるというだけです。 詳しくは申し込み後に判明します。 更にキャッシュバックなどのキャンペーンも当社限定で実施中です! フレッツ光は法人や個人事業主様におすすめしたい光回線です。 法人でフレッツ光のキャッシュバックを受け取るには、 正規代理店のラプターから申し込みましょう! ラプターのキャッシュバックは「ご契約のプロバイダ」「オプション契約の数」の組み合わせよって キャッシュバック額が最小 30,000~最大 75,000円と大きく変わるのが特徴です。 ラプターのキャッシュバック額 まずご契約いただくプロバイダよって 基本となるキャッシュバック額が決まります。 オプションは一切不要!という方はこの金額がそのままキャッシュバックされます。 東日本 西日本 USEN NET 35,000円 40,000円 Yahoo! BB 35,000円 40,000円 楽天BB 30,000円 35,000円 さらにお申し込みのオプションによってキャッシュバック額が 10,000円ずつ増額されます。 東日本 西日本 ギガらくWi-Fiライト 10,000円 10,000円 ギガらくカメラ 10,000円 10,000円 ひかり電話エース 10,000円 特典対象外 24時間出張修理オプション + ITサポートセキュリティ ライトあんしんプラン 10,000円 特典対象外 プロバイダとオプションによって決まる最大と最小のキャッシュバック金額がこちら。 東日本 西日本 最大 75,000円 60,000円 最小 30,000円 30,000円 各オプションについて キャッシュバックの対象になっているオプションです。 オプション名をクリックすると詳細をご覧いただけます。 個人のお客様はキャンペーン対象外となります。 光回線と同時にご契約いただくプロバイダの会員ページへログインし、支払い手続きを完了されていることがキャンペーンの適用条件になります。 ラプターのキャッシュバック申請方法 代理店によっては複雑な手続きが必要だったり、申請時期が限定されていてそこで申請手続きを忘れてしまって貰い損ねてしまったり・・・と、なかなか厄介なキャッシュバック申請。 ラプターの場合、 特典申請方法はとっても簡単です。 回線申し込み時の電話で、オペレーターさんにキャッシュバックを振り込んで欲しい口座情報を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)。 申し込み時に同時に済んでしまうので貰い忘れが発生しません。 キャッシュバックの振込時期は開通月の翌々月末(最短2ヵ月)。 申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)でとても簡単なんです。 代理店によっては複雑な手続きが必要だったり、申請時期が限定されていてそこで申請を忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れなくなってしまうこともあります。 その点NNコミュニケーションズなら、申し込み時に特典の手続きも一緒に完了するので、特典を貰い忘れることがありません。 キャッシュバックは申し込みから最短2ヵ月で指定口座に振り込まれます。 ビッグローブ光を申し込みを考えているなら、まずはNNコミュニケーションズのサイトを確認してみましょう!.

次の

時代遅れ!光回線はフレッツ光を使ってはいけない全理由

フレッツ光 工事費

『光回線にしたいけど工事が必要なの?』『壁に穴とかあけるのかな』 と、わからないことが多いと何かと不安になってしまいますよね。 結論から申し上げますと、 光回線の開通工事は基本的に立ち合いが必要ですが、そんなに大掛かりな工事ではありません。 3ステップで終わります。 光ファイバーの線を電柱から建物へ引き込む• 建物内の設置場所まで配線• 宅内で機器の接続 ほとんどの場合、電話線の配管やエアコンダクトを使うので穴はあけません。 やむを得ず穴をあける場合は必ず確認がありますよ。 作業時間は30分~2時間くらいが目安。 よほどの問題が無い限り工事は1日で終わります。 この記事ではフレッツ光のインターネット開通工事について、内容や料金などを詳しくお伝えします。 フレッツ光の工事についての疑問や不安を解消してくださいね。 フレッツ光の工事内容 フレッツ光の開通工事は大掛かりなものではありません。 順番に確認していきましょう。 工事前に準備するもの 光回線に欠かせない接続機器の光回線終端装置(ONU)は工事の時に業者が持ってきます。 しかし、それ以外の機器についてはご自身で準備する必要があります。 例えば 無線ルーターや LANケーブルなどです。 NTTでレンタルできるものもありますので、必要であれば申し込み前に確認してください。 Wi-Fiを利用するなら無線ルーターが必要 自宅で Wi-Fi接続をする場合には無線LANルーターが必要です。 無線ルーターはNTTからレンタルする事も可能ですし、ご自身で購入してもOKです。 工事が終わったあとすぐに無線でインターネットを楽しみたいなら事前に用意しておきましょう。 基本的には電話線の配管やエアコンのダクト穴など元々空いている穴を利用します。 しかしどうしても利用できる穴が無い場合は、 直径1センチほどの穴を開ける場合があります。 もちろん勝手に穴を開けることはありません。 事前に入線ルートの説明がありますので穴がNGであればその時点でキャンセル可能です。 引き込みができたら後はONUという機器を設置して完了です。 フレッツ光回線を導入している集合住宅の工事内容 マンションなどの集合住宅の場合、 既に建物内に光ファイバーが入っている建物と 入っていない建物があります。 これは建物のオーナーがNTTと契約しているかどうかなので、入居前に確認したほうが良いかもしれません。 既に建物内に光ファイバーの線が入っていれば、 電柱から引き込む作業が省略できるので工事はより簡単な作業になります。 MDFという配電盤からお部屋までの配線工事と光コンセントの設置のみです。 フレッツ光回線が導入されていない集合住宅の工事内容 光ファイバーが入っていない集合住宅については、戸建てと同じように電柱からの引き込み工事が必要になります。 この場合、まず 建物オーナーか管理会社への入線許可が必要になります。 許可は基本的に契約者自身が行います。 ビス止めや穴あけなどの可能性があることは事前に伝えておきましょう。 事後報告だとトラブルになりかねませんからね。 フレッツ光の工事費用 フレッツ光の工事料金は大きく2つのパターンとなります。 戸建て(ファミリータイプ)と 集合住宅(マンションタイプ)となります。 この他に、工事が必要ない建物やお部屋だった場合、 無派遣工事という立ち合いも必要なく、とってもお安いパターンもあるのですが滅多に無いと思って頂いたほうが良いかと思います。 戸建て(ファミリータイプ)の工事料金 ファミリータイプの場合、工事費は下記の一択です。 フレッツ光回線を導入している集合住宅(マンションタイプ)の工事料金 光回線が導入してある集合住宅の場合は マンションタイプとなります。 ご自身が住んでいるマンションやアパートが、マンションタイプに対応しているかかどうかはNTTへ問い合わせても良いですし、代理店に問い合わせても分かります。 まずは電話してみましょう! マンションタイプであれば、工事費は以下の3パターンのどれかになります。 申し込み前に「工事は必要無いです」と言われたのに、申し込み後に「やっぱり工事が必要でした」となった事例もあるようです。 人騒がせですよね。。 フレッツ光回線が導入されていない集合住宅(ファミリータイプ)の工事料金 光回線が入っていない建物については、 戸建てと同じ扱いになり、 工事費もファミリータイプと同じとなります。 今や、マンションタイプの入っていない集合住宅は減りましたがそれでも100%ではないので、まずはNTTか代理店に問い合わせて確認してください。 フレッツ光の工事に関するよくある質問 ここではフレッツ光の工事に関するよくある質問をまとめました。 建物のオーナーや管理会社へ許可が必要? 賃貸物件で光回線が導入されていない建物の場合、穴あけなどの工事を行う可能性があるので 入線許可が必要です。 オーナーか管理会社のどちらかで大丈夫です。 入居者がインターネットを使いたいと言うのを、ダメと言うオーナーさんはあまり聞いたことが無いので許可が取れる事が多いですが、中には建物に傷がつくのを嫌がってダメと言う方がいるかもしれません。 必ず事前に確認しましょう。 工事が出来ない建物ってあるの? 滅多に無いですが稀に 工事ができない建物があります。 例えば電気や電話の配線が電柱ではなく地下から配線されていて後から入線できない場合とか、オーナーが建物の外観を損ねたくないから入線NGと言う場合などのケースです。 この場合はもう固定回線ではなく、ホームルーターやモバイルWi-Fiなどしか手がなくなってしまいますね。 追加工事費がかかる場合もあるの? 通常の工事であれば規定の工事費しかかかりません。 しかし、たとえば ONUやルーターの設置場所を他の部屋に移したい場合などは、別途配線工事費が発生することがあります。 普通は配管の出口付近にONUを設置します。 しかし配管の出口とは違う部屋に機器を設置したい場合は、配線工事費用が発生する場合があるということです。 工事が不要な無派遣工事ってどんな時? 前出の「フレッツ光の工事料金」のところでも出ましたが、立ち会い工事が必要ないお部屋もあります。 これを 「無派遣工事」といいます。 お部屋に光コンセントという差込口がすでにあった場合は、無派遣工事になる可能性がグッと上がります。 しかし、注意していただきたいのが、光コンセントがすでに設置されていたとしても100%工事が不要になるわけではないということです。 配電盤(MDF)での工事が必要な場合もあります。 あくまでも、光コンセントがあったら無派遣工事になる可能性が上がるというだけです。 詳しくは申し込み後に判明します。 更にキャッシュバックなどのキャンペーンも当社限定で実施中です! フレッツ光は法人や個人事業主様におすすめしたい光回線です。 法人でフレッツ光のキャッシュバックを受け取るには、 正規代理店のラプターから申し込みましょう! ラプターのキャッシュバックは「ご契約のプロバイダ」「オプション契約の数」の組み合わせよって キャッシュバック額が最小 30,000~最大 75,000円と大きく変わるのが特徴です。 ラプターのキャッシュバック額 まずご契約いただくプロバイダよって 基本となるキャッシュバック額が決まります。 オプションは一切不要!という方はこの金額がそのままキャッシュバックされます。 東日本 西日本 USEN NET 35,000円 40,000円 Yahoo! BB 35,000円 40,000円 楽天BB 30,000円 35,000円 さらにお申し込みのオプションによってキャッシュバック額が 10,000円ずつ増額されます。 東日本 西日本 ギガらくWi-Fiライト 10,000円 10,000円 ギガらくカメラ 10,000円 10,000円 ひかり電話エース 10,000円 特典対象外 24時間出張修理オプション + ITサポートセキュリティ ライトあんしんプラン 10,000円 特典対象外 プロバイダとオプションによって決まる最大と最小のキャッシュバック金額がこちら。 東日本 西日本 最大 75,000円 60,000円 最小 30,000円 30,000円 各オプションについて キャッシュバックの対象になっているオプションです。 オプション名をクリックすると詳細をご覧いただけます。 個人のお客様はキャンペーン対象外となります。 光回線と同時にご契約いただくプロバイダの会員ページへログインし、支払い手続きを完了されていることがキャンペーンの適用条件になります。 ラプターのキャッシュバック申請方法 代理店によっては複雑な手続きが必要だったり、申請時期が限定されていてそこで申請手続きを忘れてしまって貰い損ねてしまったり・・・と、なかなか厄介なキャッシュバック申請。 ラプターの場合、 特典申請方法はとっても簡単です。 回線申し込み時の電話で、オペレーターさんにキャッシュバックを振り込んで欲しい口座情報を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)。 申し込み時に同時に済んでしまうので貰い忘れが発生しません。 キャッシュバックの振込時期は開通月の翌々月末(最短2ヵ月)。 申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)でとても簡単なんです。 代理店によっては複雑な手続きが必要だったり、申請時期が限定されていてそこで申請を忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れなくなってしまうこともあります。 その点NNコミュニケーションズなら、申し込み時に特典の手続きも一緒に完了するので、特典を貰い忘れることがありません。 キャッシュバックは申し込みから最短2ヵ月で指定口座に振り込まれます。 ビッグローブ光を申し込みを考えているなら、まずはNNコミュニケーションズのサイトを確認してみましょう!.

次の