ゆで 卵 簡単。 ゆでるのはもう古い!簡単ゆで卵の作り方

レンジで簡単 温泉卵 作り方・レシピ

ゆで 卵 簡単

こんにちは~筋肉料理人です! さっそくですが、みなさんにはこんな経験ありませんか? ゆで卵を作ろうと卵を買ってきて、作ったものの殻や薄皮がきれいにむけなかったり、むいているうちに卵がボコボコになってしまったり……。 誰でも一度や二度はありますよね? じつは、殻をむきやすいゆで卵をつくるには、新しい卵より古い卵のほうが向いているのだそうです。 でも買ってきた卵で、今ゆで卵が食べたい……。 ということで、 買ってきたばかりの新しい卵でも簡単に殻がむけるゆで方、そして殻のむき方を紹介させていただきます! どれもやってみると楽しくもあり、お休みの日にでも一度試してみてください。 筋肉料理人の「ゆで卵の殻が簡単にむけるゆで方」 1. 鍋にたっぷりの湯を沸かしておきます。 湯には塩少々を入れておきます。 冷蔵庫から卵を取り出し、 卵の丸い方の端によく洗った画びょうで穴をあけます。 ここに気室という「空気溜まり」があるので、熱で膨張する空気を逃して、卵の殻が割れるのを防ぎます。 じつは、100円ショップに卵の穴あけ専用の器具が売っていますので、それを使うのもおすすめです。 沸騰した湯に冷たい卵を入れます。 やけどしないよう穴あきお玉があると便利です。 卵を冷たいまま入れることで急激な温度差が生じ、殻がむきやすくなります。 卵を入れたら 最初の2分は菜箸などで卵を転がし、切ったときにきれいに見えるよう、卵黄を中央に寄せてやります。 ゆで時間は卵黄の中心にオレンジ色が残るくらいの 半熟で10分です。 卵黄トロトロで7~8分、固ゆでで14~5分位が目安です。 ゆで上がったら湯を捨て、 冷水で一気に冷まします。 (ここも大事なところです。 急激な温度差を作って殻をむきやすくします)しばらく冷水につけて冷ましたらOKです。 こうやって作ったゆで卵は、気持ちが良いほど簡単につるりと殻がむけます! 筋肉料理人の「ゆで卵を簡単にむく方法 /手で押さえながら転がす」 次に殻のむき方を2種類。 まずは手で押さえながら転がす方法です。 1)まな板の上にゆで卵を置きます。 2)手の平でゆで卵を押さえるようにして転がし、全体にヒビを入れて、 殻をむきます。 たったこれだけです! じつに簡単ですが、力の入れ加減を間違えるとゆで卵自体が割れてしまいます。 この方法を試してみて、子どもの頃、ラーメン屋さんでこんな感じで卵をむいている人がいたのを思い出しました。 あのオジサンは何度がやって、力加減を体得したんだろうな……。 筋肉料理人の「ゆで卵を簡単にむく方法/コップに水と一緒に入れてふる」 1. 大きめのコップを用意します。 ここにゆで卵を入れ、水をゆで卵が半分浸るくらいに入れます。 コップにラップを被せ、 手でコップの口をふさいで激しくふります。 ゆで卵がコップの内側に激突することで殻にヒビが入り、殻の内側に水が浸透して殻がむけやすくなります。 水がクッションになって、殻は割れてもゆで卵は割れないんです。 ゆで卵だって、立派な酒の肴に! ゆで卵の殻がむきやすくなるゆで方、むき方、どちらもぜひお試しください。 気持ちが良いほどきれいにむけますよ! 切ったゆで卵はシンプルに塩で食べるのが一番ですが、 私はツナマヨも好き。 マヨネーズとツナはゆで卵に合いますね、もうこれだけで飲めます!.

次の

時短! 節約! 手間いらず! 超簡単な「ゆで卵」のつくり方と失敗しない早ワザ殻むき

ゆで 卵 簡単

卵料理には、だし巻き卵、スクランブルエッグそしてゆで卵に煮卵などあります。 だし巻き卵やスクランブルエッグは、調理しながら見た目やできあがり具合を確認できるので作りやすいのですが、殻に囲まれたゆで卵、そのビジュアルはいつも私にちゃんとできあがっているのか、疑問と不安をもたらします。 「冷蔵庫から卵を出してすぐに鍋に入れたけど、ゆで卵は何分ゆでるの?」• 「ゆで卵がむきやすい作り方は?」• 「ゆで卵の半熟の簡単な作り方はあるの?」• 「ゆで卵の賞味期間はどれくらい?」 毎回、適当にゆで卵をゆでて済ませてしまっているので、一念発起! 今回は、 ゆで卵の簡単な作り方、何分ゆでるか、仕上がりの明暗を分けるゆで時間など盛りだくさんでお伝えします。 冷蔵庫から出してすぐの卵をそっとお鍋に入れる。 たっぷりのお水に塩(ひとつかみより少し多め)を入れて、 強火で卵をゆでる。 (塩が卵割れを最小限に防ぎます)• 湯気が出てきたら、箸で卵をまわしながら動かす(黄身が真ん中になります)• ゆで上がったらすぐに冷水に卵を入れ、5分ほど卵を浸けて冷やしてから殻をむく。 ご家庭のコンロによって、火・加熱の状態が違うので、何度か試して、何分ゆでるのがいいか、お好みのゆで時間を見つけて下さい!! 冷蔵庫から卵、すぐお水からゆでる/ゆで時間からのゆで上がり目安 お水から卵を入れてぐらぐらとゆでるだけなので、簡単お手軽です。 ゆで時間によるゆで卵のできあがり具合 ゆで卵のゆで方・手順・疑問について補足 重要! 使うコンロやIH、調理する状況によって ゆであがりが異なる 自分でゆで卵のゆで方を調べて実際にゆで卵を作ってみて、ゆで上がりに影響を与えるいくつかの点があります。 家庭によって調理する火元が違う。 ガスコンロにIHクッキングヒーター。 ガスコンロもメーカーによって火力が違う。 コンロの劣化も火力に影響がでます。 卵のサイズ、ゆでる卵の個数でもゆで上がりに変化あり。 同じ強火でも程度が若干異なるのです。 料理レシピで有名なクックパッドで、読者のみなさんがそれぞれ作った画像をアップしている「つくれぽ(作りましたフォトレポート)」を見ても、みなさんがレシピ通りに作っているはずが、ゆで卵のできあがり、黄身や白身の固まり具合が違います。 ゆで卵のゆで時間やゆで上がりには大差なし!! 常温の卵がゆで卵にいいと言われる訳• 冷蔵庫から出してすぐの冷たい卵を使うと、卵の冷たさとお湯の急激な温度差で殻が割れやすい。 冷たい卵をお鍋に入れると、お水の温度が急に下がるから。 水とお湯のどちらから卵をゆでる方がいいの? 水から卵をゆでた方が温度差があまりないので、 ひび割れは起きにくく、ゆでる時間が若干長くなります。 卵をゆでてる途中で、火加減の調節はしなくていいの? 火加減の調節をしなくても、いろいろな半熟卵を作れます。 たくさんの情報の中には、沸騰したら中火や弱火にするとか、沸騰したら火を止めて余熱で調理などいろいろあります。 火加減は、コンロにしろ IHにしろ、私たちが手で調節するものなので、 それぞれの認識や価値観によって火加減にバラつきがでてきます。 情報通りにゆでても、できあがりが思うようにならないことがあります。 ずばり、 卵の殻がむきやすくなるから。 ゆでたての卵は殻の中身がふくらんでいます。 そこで、アツアツの卵を殻ごと冷水に入れると、中身が縮こまって殻との間にすき間ができて卵の白身外側が固くなるので、ツルンとむきやすくなります。 果てしなく冷たいお水に、ゆであがったゆで卵をしっかり浸けると、ツルンと卵の殻がむけます。 冷水に3~5分くらい浸してむきましょう。 半熟卵は、流水にあてながら殻を向くとむきやすい。 半熟卵の場合、黄身がとろとろだと殻の中のゆで卵はかなりやわらかいです!! しっかり冷水で冷やしたゆで卵を流水にあてながら、ゆっくりと卵の殻をはがし始めると、ゆで卵と卵の殻の間に水分が入って、むきやすくなります。 買ってきて間がない卵は殻がむきにくいです。 また、卵をパックする事業者と販売店の取り決めで、卵をパックしてから2週間(14日)程度を賞味期限としている所が多いようです。 ゆでてる最中に白身が割れたところからはみ出てきた…。 ゆでてるときに、卵がお鍋や他の卵にぶつかってひびが入り、白身がこぼれ出してくることがあります。 白身が殻から流れ出て固まるのを防ぐには、2とおりの方法があります。 お酢がタンパク質を固めてくれるので効果的。 ゆで水1リットルにお酢大さじ1杯くらいの割合です。 ゆで卵の味にも影響はありません。 塩を入れると白身が固まりやすくなるので、卵が割れて漏れた白身が早く固まります。 (お酢を出すのが面倒なだけ) 普段は白身のはみ出しは気にせず堂々としていますが、おもてなし料理などで、卵のカナッペなんかを作るときは、見た目よく仕上げるためにゆで水に塩を入れます。 むきやすい超半熟卵を作ってみた! ラーメン屋さんの味玉、中は超半熟なのにツルンとむけて味もシッカリしみてる…自分でもやってみました。 たっぷりの沸騰したお湯に卵をそっと入れて 6分ゆでる• 冷水に 3分浸けて卵の殻をむく できあがりはこちら!! ツルンとむけました。 中の黄身もトローリです。 家飯でも、ラーメン屋さんみたいに味玉をのせたつけ麺を「いただきます!」 もうちょっと、ゆで卵に味がしみこんでたら最高。 おいしく食べられることを重視しています。 今回は 冷蔵庫から出してすぐの卵からのゆで方のみお伝えしています。 常温の卵は、割れにくいという利点があるようですが、常温の概念が気候や作り手によって異なるので、私は簡単手軽な冷蔵庫から出してすぐの卵を使います。

次の

ゆで卵のからむきのコツ!5つの方法で殻が剥きやすいかどうか実験 [毎日のお助けレシピ] All About

ゆで 卵 簡単

家でおなかが空いたとき、なにかと重宝するのが卵。 そのままご飯にかけてTKGを楽しむもよし、納豆に混ぜ合わせたり、インスタントラーメンに落としたりするのも、また味わい深いものがある。 しかし、である。 通常スーパーやコンビニで売られている卵は、6個や10個でワンセット。 ひとり暮らしで、なおかつ家であまり調理をしないとなると、かなりの確率で残ってしまう。 他に簡単にできる食べ方はないものか……。 そんなとき、「ゆで卵」にして新たなバリエーションを楽しんではどうだろうか。 鍋に湯を沸かして、10数分ゆでて、冷やして殻をむいて……という面倒な作業はしない、「簡単にできるゆで卵の作り方」と、「失敗しない早ワザ殻むき法」をご紹介しよう。 参照: 時間も水も超節約! 失敗知らずで硬さも選べるゆで卵のつくりかた まずは「簡単にできるゆで卵の作り方」。 1:適当な大きさの鍋に常温に戻した卵を入れ、おたま1杯分の水を入れる。 2:ふたをして強火で3分加熱。 3分経ったら火を止め、そのままさらに3分放置。 完成! 所要時間、締めて6分。 インスタントラーメンを作っている間に、となりのコンロでトッピング用半熟卵ができてしまうというワケ。 時間も水も節約できるし、加熱時間と同じ時間放置するだけだからすごく覚えやすいですね。 ちなみに、固ゆでにしたいときは加熱時間を倍の6分にするのがベスト。 鍋がなくても大丈夫! スイッチ1つで固ゆで卵を作る方法 「いやいや、鍋を用意しなきゃいけないなら、手間は変わらないじゃん」という究極のメンドーさんには、ぜひこちらの方法で試していただきたい。 1:炊飯器にセットしたお米の真ん中に、水で洗った卵をのせる。 あとはいつも通りごはんを炊く。 完成! この方法は固ゆで専用だが、ごはんを炊くついでにゆで卵ができるので、鍋やコンロがない暮らしでも炊飯器さえあればゆで卵が味わえるという優れワザ。 米の量は関係ないので、2カップでも3カップでも大丈夫。 でも、超高級炊飯器やスーパー多機能炊飯器だったりする場合は、念のため取扱説明書の一読をおすすめします。 ゆでる前のひと手間で、楽チン殻むきのコツ ワンアクションで簡単にできてしまうゆで卵。 でも、本当の勝負って、実は殻をむく過程だったりもします。 殻が白身を道連れにしてボロッとはがれたら、食べる部分は減ってしまうし、見た目も食欲を半減させる。 パラパラとかけらがはがれるばかりだと、なかなかむけずについイライラ……。 一般的には、「鮮度の落ちた卵を使用し、ゆでた直後に流水やよく冷えた水で1分以上冷やす」と言われているけれど、それでもキレイにむけないときはよくある。 ならば、もっとかんたんに、より確実に、「失敗しない殻のむきかた」をマスターしようじゃないか! 1:卵のおしりの部分に、小さな穴をあけてからゆでる。 これだけ。 ただ、穴をあける際に中の膜まで破いてしまうと、ゆでている間に中身が出てきてしまうこともあるので注意が必要です。 つるんっとむける快感殻むき ゆでる前のひと手間で、とってもむきやすくなるゆで卵の殻。 でも、「あ、穴開けるの忘れた……」ということもよく起こります。 そんなときのためにも、この方法を覚えておくと便利。 1:ゆで上がった卵を硬く平らなところに一度打ち付け、手のひらで前後にゴロゴロ転がす。 あとはひび割れの一か所からむきはじめると、あら不思議。 つるんっと殻がむけちゃった! 粉々の殻が出ないというゴミ捨ての便利さも然ることながら、なんといっても大きな殻のままポロっとむけるときの快感がたまらない。 ただ、半熟卵は潰れてしまうことがあるので、力加減には十分気をつけましょう。 めんつゆに浸して味玉にしたり、マヨネーズとあえてパンにはさんだりと食べかたのバリエーションも豊富だし、給料日前に安くボリュームのあるものを食べたいときにだってよき相棒となるはず。 「なんだか無性にゆで卵が食べたい!」ときにだってすぐ欲求を満たせるこれらの方法、ぜひ一度お試しあれ!.

次の