ジャミング 意味。 ジャム (音楽)

新・ソフトロボティクス入門:硬軟を変えるジャミング

ジャミング 意味

キャスト・ジャミングは、が対象物のに働きかけるのを妨害するの一種である。 無意味な波を大量に散布することで、がに働きかけるプロセスを阻害する。 干渉力の強さはそれほど問題にならない。 ただしを持たない非が行使する妨害のサイオン波は不安定になる模様。 による発動が一般的。 による再現も理論上可能だが、本人の意識がジャミング用のノイズを構成しても、無意識下では本能的に拒否してしまう為、発動は困難とされている。 このキャスト・ジャミングのノイズは、ノイズ構造を分解することで無効化できる。 特定魔法のジャミング 特定魔法のジャミングは、キャスト・ジャミングの理論を応用したもので 、の一種である。 が偶然発見した。 複数のを同時に使用したときに発生するの干渉波を利用し魔法の発動をある程度阻害する。 作中では「と同種の魔法」と「それを抑制する魔法」の2つを同時起動しその干渉波を増幅することで無効化した 使用者• 登場巻数 、、、、、、、、 コメント• 追憶編で深雪が死にかける前に敵が使用していました - 2013-11-23 20:22:44• 追加しました。 - 2013-11-24 07:55:26• 学校以外はあるの? - 2013-12-06 18:33:05• これってつまりF5アタックみたいなもんか? - 2014-02-15 17:46:02• これ、本能が邪魔するってことは意識上に魔法演算領域を持ってる達也は使えるかもしれない。 - 2014-02-15 23:13:38• 特定魔法のジャミング - 2014-02-16 09:06:39• それは特性さえあれば誰でも使える技術でしょ。 上のコメントで言いたいのは全系統に対してのジャミング。 - 2014-02-16 10:55:52• それは特性さえあれば誰でも使える技術でしょ。 上のコメントで言いたいのは全系統に対してのジャミング。 - 2014-02-16 10:55:52• 優等生の方では、達也が使用したキャストジャミングのせいで、無関係の生徒を含めて、サイオン波酔いの死屍累々になったことが明らかになっている - 2014-05-22 05:08:26• 2つを同時起動しその干渉波を増幅するのに使った魔法はCAD無しで起動させたのか? - 2014-07-26 02:53:52• そういえばそうだな。 まぁ無系統魔法だからCADなしでも使えるかもしれないが・・・ - 2014-07-26 07:54:18• 達也の使った「特定魔法のジャミング」とは区別せんでいいのか? - 2014-09-17 14:34:29• 達也の使った特定魔法のジャミングは、スポット・ジャミングECMやスイープ・ジャミングECM相当で、それをCAD術式化して自動化するとキャスト・ジャマーになる。 アンティナイトによるキャスト・ジャミングは、バラージ・ジャミングによる対象全電波帯域ECM相当。 当然電波に於いて波長毎で対象電波に対して出力負けする事と同様に、特定魔法毎に妨害が失敗する事がある。 - 2014-09-17 18:51:29• 行空けて区別されてるじゃん? - 2014-09-18 01:25:18• 相手の魔法を発動前に防ぐには、相手の魔法の起動式を読み取る必要があると原作には書いてある。 - 2014-10-21 19:56:03• 結局それって、達也にしかできないってことだよね。 - 2014-10-21 19:56:45• ダイレクトに防ぐためには、ね。 結局現代魔法に有効な対抗魔法は種類を問わずその効果を打ち消すものだけ。 術式解散以外はね - 2014-10-21 20:15:14• みんなバンバンアンティナイト無しでも魔法でキャスト・ジャミングできる設定の方がこのラノベの面白さは倍増するんじゃねぇかな - 2015-09-17 19:25:43• そもそも一巻で特定魔法のジャミングを使う必要があったのか謎なんだけど…それより術式解体のほうがバレた時の影響が少ないと思うんだけど… - 2017-02-15 06:39:02• 「お兄様は新技術を開発できる凄い人なんですよ」と読者に説明するためだろうな - 2017-02-16 00:13:02• 設定が明らかにされていくにつれ、伏線でも何でもないただのご都合だったことがバレていく - 2017-02-16 16:06:06• わざわざブランシュを釣るためにご都合的に設定した能力だよな 2019-03-18 01:13:30• 「目立ちたかった」に尽きる。 実際のところ、四葉家の後継者候補とその守護者として見ると、マイナスになることばかりしてた。 2019-03-18 03:53:49.

次の

ジャミング 掘削パイプの詰まり

ジャミング 意味

電波妨害装置を用いて電子対抗手段「ECM」を行い、レーダー波や無線機等、電波探知行動及び装置に対する妨害行動「電子攻撃 EA 」を実施する機能のこと。 EAはノイズを発して電波障害を引き起こして敵の通信を遮断させ連係を低下させる、敵レーダーに妨害をかけこちらの位置やデータを受信させないアクティブ方式、熱反応でごまかす「フレア」やレーダーを紛らわせる「チャフ」等のデコイ、敵レーダー波を反射せず吸収し隠れる「ステルス」を用いるパッシブ方式に分かれる。 アクティブの場合、発動すれば当然味方もその影響を受けてさらに相手に堂々と敵が迫っていると宣言し警戒態勢をとらせてしまうが、その妨害しているのとは違う周波数のレーダー及び無線を使用していれは正常に動作でき、手間はかかるが有線や伝令を用いれば効果を受けない。 また現場レベルでは相手を目隠しさせるのと同等の効果を得る。 パッシブだと装備の補充や機体等の開発費や時間がかかる。 スパロボにおいて [ ] 全体の最終率・最終率を10%上昇する効果。 どちらかというとフル改造を施すことで特典が得られるのも大きい。 、、等との組み合わせがベスト。 通常の命中率ではなく、最終命中が上昇するのもポイント。 制が採用されていない作品では周囲の味方機に効果を及ぼすように変更されている。 初登場作品。 この頃は小隊内に複数機ジャミング機能持ちがいても効果は重複されず、10%止まり。 特殊技能との併用でより高い効果を得る。 小隊員機に1機につき効果あり。 同作品から効果が重複するようになったため所持ユニット3機で編成した場合「 最終命中・最終回避率 30%」が得られる。 本作からフル改造ボーナスでどの機体も本能力を付加することが可能となった。 小隊制でなくなった同作品では、周囲2マス以内の味方ユニット 自機含む に上述の効果を及ぼす。 周囲2マスというのは前作で小隊員が2機まで組めたためだろう。 周囲2マスの全味方ユニットという事で効果範囲は従来のものと比べて大幅に広がり、最大で13機がジャミングの効果を得る事が出来る。 勿論、効果が重複するため、自機を中心にジャミング機能持ちを複数で囲むと 最終命中率・最終回避率+190% 精神コマンド、特殊スキル、含む という驚異的な補正を得る事が可能になり、の効果を含めれば更に上昇する。 「極小次元震システム」で付加することが可能だが、フル改造ボーナスによる追加は廃止された。 その他、等の強力なエース機からもジャミング機能が削除されており、そう簡単に高い最終補正を得られないよう調整されているのが見受けられる。 、、 再び単機制となったVXT三部作だが、第2次Zと違い効果対象は自機と隣接ユニットのみなので、高い補正は受け辛くなっている。 「ジャミング」表記。 Lv制であるがLvアップによる効果の上昇幅は小さく、また最終補正ではないなど従来のジャミングより効果は抑えめになっているため、などとの併用が前提と言える。 主なユニット [ ] 主に偵察・撹乱など電子戦主体や隠密行動をとるユニットに実装されている。 『Z』および『第2次Z』ではフル改造ボーナスで全ての機体に追加可能。 原作では機体自体の高いステルス製装甲とハイパージャマーで敵 のカメラやレーダー から姿を隠していた。 まさに「 」。 『Z』で初登場の『』の。 をする必要があるが、後半加入でも問題ない。 敵ユニットでは数少ないジャミング持ちでの能力が結構高い事もあり、意外と攻撃が当たらない事も。 『Z』で所持。 ユニットである点も心強い。 、 まさに「 」といった感じ。 『第2次Z』にてに代わって実装。 武器攻撃力が底上げされた事もあり、より前線向きサポートユニットとしてのカラーが強まった。 、(第2次Z) パイロットのが所持している高いと専用スキルのお陰で周囲の味方機の戦闘能力が格段に上昇する。 『OE』では高い移動力を生かして敵の懐に入り込むことが求められる。 便利すぎて同GRのの出番を無くしかねない勢い。 がその前に敵機として複数機を相手にすることになるため、範囲が重なってペナルティ累積もしばしばあり煩わせられる。 『第3次Z』以降実装され、更にカスタムボーナスで効果が強化される。 『第2次Z』にて所持。 パイロットのシルバー兵の高い命中と合わさって鬱陶しい存在に。 『再世篇』では隊長のを中心に取り込んでおり、最終命中・回避率がとんでもないほど上昇する。 一般機・リーダー共に標準装備。 これにより鈍重そうな見た目に反して避けて当てる。 、 指揮官機のため所持。 も技能を持つ。 戦闘力は低いが、も持つため、サポート役に秀でている。 、 忍びの一族だからか、味方のの中で唯一搭載する。 『X』の47話以降で追加される。 、 製の機体には標準で搭載されている。 、(機) 『T』では各の中でこの2機だけが持つ。 、 カスタムボーナスにて所持。 敵機として複数出現するものはアーハン同士で隣接し合うと相乗効果で更に回避率が上昇してしまうので、出現したターン内に全て撃墜しておきたい。 、 カスタムボーナスにて搭載されている。 関連項目 [ ] 名前の似ただが、効果は異なり、こちらはミサイル系の攻撃を一定確率で無効化する。 今のところジャミング機能と同時に採用された作品はない。 第2次Zにおける効果はこれに近いが、EWACと違い効果が重複するので実質上位能力となっている。 レベルに応じて、自機以外の周囲の味方の最終命中率・最終回避率を強化するスキル。 単純な補正値では指揮官の方が上だが、「本人に効果が無い」「指揮官同士で効果が重複しない」等の問題点がある。

次の

キャスト・ジャミング

ジャミング 意味

また、電波を大量に出すジャミングを行えば、当然そのジャミング用の電波がどこからか出ていることは敵に知られてしまいます。 隠密行動には向きません。 敵に見つかってから使うものだと考えた方が良いでしょう。 さらに、ジャミング装置はレーダーを完全に無効化できるような便利道具ではありません。 ジャミング対策にも様々な方法があり、あっさり回避される可能性もあるのです。 とは言え、 比較的 広範囲に渡って影響をおよぼすので使い勝手の良い対策法です。 軽量で電波をよく反射するアルミが用いられますが、アルミの形状やサイズをレーダーの波長に合わせることで アルミにレーダーを乱反射させることが可能です。 小さな火薬の入れ物にアルミ片を入れて爆発・拡散させるだけで対レーダー対策になるため、あらゆる兵器に活用されています。 戦闘機や車両はもちろんのこと、船舶でも煙幕にアルミ片を混ぜ込んだ対レーダー・赤外線欺瞞技術が存在します。 ジャミングなどとは違って効果範囲も狭く、効果時間も短いですし、これによってレーダーを欺瞞できる可能性は限られています。 しかし、レーダーに対抗する最後の砦として長い歴史のある兵器です。 兵器の全てを非金属にする 木製兵器やプラスチック兵器はレーダーに探知される可能性が低くなります。 電波以外に、磁場による探知も防げるので一石二鳥と言えるでしょう。 ただし強度の問題がある上、エンジンなどの機関部を金属以外で作るのは困難です。 結局、 機関部がレーダーを反射してしまってレーダーに発見される事になります。 そのため、木製の飛行機ならレーダーに反応しないというわけではありません。 しかし、滑空兵器や小型兵器に応用することは可能です。 例えば、実際に使われているものとして 紙製やビニル製の気球兵器があります。 観測機器だったり爆弾だったりするため、一部に金属が使われ、なんだかんだでレーダーにかかるのですが、普通の兵器よりはステルス性が高いです。 電波を別方向に反射させる レーダーは金属に反射しますが、 反射した電波がレーダーの発信元に届かなければ意味がありません。 そもそも、レーダーというのは発射した電波が返ってきた方角と返ってくるまでの時間で距離と場所を測定しています。 つまり、照射した電波が反射して帰ってきて初めて「敵を発見」したことになるのです。 そして、電波というのは電磁波であり、光や波と似たような性質を持ちます。 ボールを壁に向かって斜めに投げてもボールが返ってこないように、対象に対して斜めに当たった電波は綺麗に返りません。 ステルス戦闘機の角ばった独特な形状は、自身に当たった電波を相手の方向に返さないようにしています。 しかし、一本の線のようにまっすぐ進むレーザーならともかく、 電波というのは多かれ少なかれ拡散して広がります。 どんな当たり方をしていたとしても、多少なりとも発信元に電波は返っているのです。 実際、単に返ってきた電波が弱すぎて認識できないだけで、ある程度相手に近づければ返ってきた電波を捉えられますし、そもそも飛ばしている電波が強力であれば変な方向に飛んでいったはずの電波の一部を捉えることは可能です。 形だけ整えてもステルス機にはなりません。 電波を吸収して反射させない ステルス技術を考える上で重要なのが電波を吸収する素材です。 これは電波吸収体と呼ばれますが、電波が当たった時に電波を反射させずに吸収してしまい、 反射する電波を最小限に食い止めます。 とは言え、全ての電波を完璧に吸収することは出来ません。 言ってみれば、これは黒い布のようなものです。 白い布は可視光を綺麗に反射して白く見えますが、黒い布は可視光を吸収して反射する光が少ないので黒く見えています。 別に黒い光を反射しているわけではありません。 レーダーの電波にも言えることで、黒い服を着ていれば夜に出歩いても見つかりにくいように、電波をあまり反射しない素材で兵器を作ってしまえばレーダーに見つかりにくくなるということです。 ただ、レーダー波と一言で言っても様々な波長・周波数のレーダー波がありますし、 全てのレーダー波を吸収してしまえるような電波吸収体はありません。 よく使われているレーダー波に合わせた電波吸収体を使うのが精一杯です。 まとめ レーダーから隠れる方法は色々ありますが、結論から言えば潜るのが一番でしょう。 水や土に潜れる戦闘機があれば最強ですね。 まあ、現実的ではないので置いておきますが、ステルス戦闘機や爆撃機のステルス技術は「 電波の反射・吸収」に集約しています。 これに関しては次回扱う予定ですが、対レーダーのステルス技術とは一筋縄に行くものではありません。 その兵器の特性・目的に合わせて適宜考えていかなければいけないもので、 一つの方法だけで達成できるものではないのです。 そもそも実際の作戦では、様々な種類の兵器を組み合わせて作戦を行います。 ステルス技術は進歩していますが、対レーダーのステルス技術が当たり前になってレーダーが形骸化すれば、レーダー以外の方法で敵を探知する事になるでしょう。 そうなればレーダー以外の探知方法に合わせたステルス技術の開発が必要になり、また新たなステルス技術が登場するのです。 こうして考えてみると、ステルス技術も非常に奥深いでしょう。 、レーダーの仕組みについて簡単に解説しました。 概要だけではありますが、レーダーがどういう原理で動いているのか分かったはずです。 ですが、実はレーダー波を目標に向かって飛ばすというのはなかなか難しい話で、一つのレーダーで距離・方位・角度 高度 の3次元情報がはっきりと分かるようになったのはつい最近のことです。 電波を飛ばす機械と言うとアンテナを連想することでしょう。 レーダー波を飛ばすにも当然アンテナが使われていますが、このアンテナの進歩がレーダーの進歩に繋がります。 イージス艦などに搭載されるようになって注目されたのが「フェイズドアレイアンテナ」で、それまでは「パラボラアンテナ」が使われていました。 パラボラアンテナは今でもよく使われているアンテナですが、この「パラボラアンテナ」と新しい「フェイズドアレイアンテナ」は何が違うのでしょう?.

次の