メルペイスマート払い 精算方法。 【メルペイ】初「メルカリでスマート払い」1品2,000円以上購入でP1,000還元キャンペーン

メルペイの『スマート払い』とは?「あと払い」との違いやスマート払い関連のキャンペーンを徹底解説!

メルペイスマート払い 精算方法

メルペイスマート払いとは? メルペイスマート払いは、メルカリ内での支払いをはじめ、実店舗でのiD、コード払いの代金を翌月以降に精算(後払い)できるサービスです。 クレジットカードに近いイメージで、メルペイ残高やポイントが0の状態であっても利用上限金額までならメルペイによる買い物ができます。 ただ、このスマート払いで決済するには、通常のメルペイとは別にいくつかの条件を満たさなければなりません。 また、利用上限額や手数料、支払い方法など独自のルールも存在するので、利用前に確認しておきたいところです。 18歳未満のユーザーは使えない メルペイスマート払いを利用するにあたって必須なのが、メルカリアプリでの「本人情報の登録」です。 ここで登録した生年月日から起算して、 18歳未満のユーザーはスマート払いは利用できません。 誤解しやすいのですが、単にメルペイスマート払い機能のみ利用できないのであって、メルペイ残高を利用した決済機能は18歳未満でも利用可能です。 実店舗利用にはメルペイスマート払い設定が必須 スマート払いをコンビニなどの実店舗で利用するには、事前に設定が必要となります(メルカリでの購入は設定不要)。 操作自体は3分ほどで完了する簡単なものです。 メルペイのメイン画面を下へスクロールし、[メルペイスマート払いの設定]をタップ。 チュートリアルを読み進め、[設定をはじめる]をタップしたら利用目的を確認し、[上記の利用目的で申し込む]をタップします。 続いて、支払い用銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」のいずれかをおこなうように求められます(どちらかが済んでいる場合は表示されない)。 これらを済ませることでユーザーの安全性が認められ、スマート払いが利用できるようになるのです。 スマート払いの精算時には、手数料が無料の「メルペイ残高」もしくは「自動引き落とし」を選ぶとお得でしょう(後述)。 メルペイスマート払いで商品の代金を支払う方法 メルペイスマート払いはコンビニや飲食店でのiD、コード決済に加え、メルカリ内での買い物にも使えます。 ここでは、実際にスマート払いで代金を支払う手順を解説します。 ここから、メルペイ残高払いとスマート払いの切り替えができるようになっています。 なお、スマート払いとメルペイ残高を併用しての決済はできません。 スマート払い画面に切り替わった状態で、いつも通りiD決済やメルペイコード払いをおこなうと、スマート払いが適用されます。 決済後は、利用可能枠が減っているのが確認できます。 iD決済やメルペイコード払いの方法については下記を参照してください。 appllio. com メルカリ内の買い物で利用する メルペイスマート払いは、もちろんメルカリ内での品物の購入でも利用できます。 商品の購入手続き画面で[支払い方法]をタップ。 支払い方法の一覧から[メルペイスマート払い]を選択し、再度購入手続き画面で[購入する]ボタンをタップすれば、スマート払いでの商品購入ができます。 メルペイスマート払いの精算方法 スマート払いで決済した分のお金は、翌月末日の支払期限までにいずれかの方法で精算する必要があります。 翌月末日までに精算できなかった場合、メルペイおよびメルカリの利用が制限される可能性があるので、必ず期限内に精算を済ませましょう。 スマート払いの精算をするには、メルペイのメイン画面にある[メルペイスマート払い精算]ボタンをタップします。 スマート払いの利用状況が表示されたら、[精算方法]の項目をタップ。 続く画面で、以下の3つから精算方法を選択します。 メルペイ残高・ポイントで支払う(手数料0円) メルペイ残高払いでは、手数料無料で精算が可能です。 キャンペーンで付与されたポイントを所有しているのであれば、スマート払いの精算にも利用できます。 残高とポイントの併用ができるほか、ポイントが精算金額分貯まっている人はポイントで全額支払うこともできます。 清算期間になったら、メルペイメイン画面の[メルペイスマート払い精算]ボタンをタップ。 支払い方法の選択ができるので、ここで[残高で精算]を選び、案内に従って精算してください。 銀行口座振替で支払う(手数料0円) 口座振替の設定をしておくと、翌月11日・16日・26日のいずれかの日に支払い額が自動的に引き落とされます。 設定するには、精算方法の選択画面で[自動引落し設定へ進む]をタップ。 「自動引落しの詳細設定」画面で「引落し先の銀行」「引落し日」を設定しましょう。 最後に「お手持ちの残高・ポイントを使用」にチェックを入れておくと、チャージ済のメルペイ残高やポイントが優先的に使用されます。 残高の不足分を登録の口座から自動的にチャージ(入金)して清算がおこなわれる仕組みです。 コンビニ/ATMで支払う(手数料300円) コンビニ払いでは、スマート払いで使った代金をコンビニの店頭レジにて現金で支払えます。 ATMの場合は、Pay-easyに対応した銀行ATMから現金を振込みます。 銀行口座を持っていない人は、この方法で支払うといいでしょう。 任意のコンビニもしくは銀行ATMを選んで、[お客様番号を発行する]をタップします。 「ポイントを使用」項目にポイント数を入力すれば、併用も可能です。 コンビニ支払いを指定した場合は「企業コードと注文番号」、銀行ATMを指定した場合は「収納機関番号、お客様番号、確認番号」が表示されます。 企業コードと注文番号をコンビニ店内にある端末機(ローソンではLoppi、ファミリーマートではFamiポート)に入力し、「申込券」を発券。 そのままレジに申込券を持ち込み、現金を支払えば完了です。 銀行ATMを利用するのであれば、Pay-easyに対応している金融機関のATM画面で収納機関番号、お客様番号、確認番号を入力し、画面の指示に従って代金を振込みます。 2020年7月から定額払い(分割払い)も可能に 2020年7月7日から、メルペイスマート払いで支払った金額を分割で支払いできる「定額払い」機能の提供が開始されました。 今後、メルカリユーザーを対象に段階的に適用されます。 「スマート払い」自体は18歳以上から使えますが、「定額払い」機能に限っては20歳未満のユーザーは利用できません。 さらに、本人確認に加えて別途「定額払い」の審査が必要です。 Image: 利用するには、「メルペイスマート払い」で商品を購入後、購入済商品の中から「定額払い」で清算する商品を選択(上限3点まで選択可能)。 その上で、スマート払いの清算方法を「定額払い」に指定すればOKです。 あとは、商品購入した月の翌月1日以降に指定した金額を精算する、という流れになります。 毎月の支払い額は一定になるため、手もとにまとまったお金がない場合には便利でしょう。 しかし、 商品の代金に加えて、支払い期間に応じた手数料も負担することを忘れてはいけません。 定額払いで精算する場合は、無理のない範囲で計画的に利用する必要があります。 メルペイスマート払い限度額の変更方法 利用上限金額については、過去のメルカリの利用実績などを元にメルペイ側でユーザーごとに決定されており、設定された利用上限金額をユーザー側で任意に引き上げることはできません。 しかし、決められた上限金額の範囲内であれば、任意の額に変更できます。 限度額を変更するには、メルペイの支払い方法を「スマート払い」に切り替えた上で、[上限額の変更]ボタンをタップしましょう。 上限金額の範囲内で任意の金額を選択すれば、すぐにスマート払いの残枠が変更されます。

次の

メルペイスマート払いとは──支払い・精算方法から手数料、上限金額の変更方法まで

メルペイスマート払い 精算方法

メルペイスマート払いの3つの清算方法• 銀行口座 メルペイスマート払いを使った月の翌月1日に利用明細が通知されるので、3つのどれかの方法で支払います。 まず、「」ならスマホでサクッとメルペイ残高から支払えばok。 なんと メルペイ残高払いだけは手数料無料です! 「」に設定したときは、支払いの方法 (コンビニの種類)を決めて自分の好きなタイミング(1日〜末日のどこか)で清算します。 メルペイスマート払いの手数料についてまとめると、以下のようになっています。 うっかり使いすぎちゃったら・・・こわいっ! お買い物の時点ではお金が無くてもokなので、つい高額・大量のショッピングをしてしまいそうですよね。 でも大丈夫。 メルペイスマート払いは 自分で上限金額・利用上限を設定・変更できるんです。 低めに設定しておけば、うっかり使いすぎることもありませんよ。 設定できる上限のMAXは人それぞれのようです。 僕は最初は1,000円でしたがやがて15,000円になり、今は150,000円になりました。 メルペイスマート払いの申込・設定のやり方 では、実際にメルペイスマート払い (旧称:メルペイあと払い)を使い始めてみましょう。 以下の順番でやり方を具体的に紹介していきますね。 メルペイスマート払いに申し込む方法 まずメルペイスマート払い (旧称:メルペイあと払い)に申し込みましょう。 スマホでメルカリアプリを開き、以下のようにタップして進んでください。 メルカリ・メルペイの利用状況によって設定できる金額は変わるようです 金額を決めたら「この金額ではじめる」をタップしてください。 これでok! もう「メルペイスマート払い」は設定されましたよ。 設定・変更のやり方 さっそくメルペイスマート払い (旧称:メルペイあと払い)でお買い物してみましょう。 メルペイスマート払いがオンになっているときは、画面に「メルペイスマート払い残枠 (旧称:メルペイあと払い残枠)」が表示されています。 試しにファミリーマートで98円のミネラルウォーターを買ってみましょう。 すると・・・ おおっ。 水色のゲージが減りました! ちょっとゲーム感覚ですね(笑) こんな具合に残枠が減っていき、上限に達するまで利用可能です。 メルペイスマート払いから通常の支払いに戻すのも一瞬でできますよ。 画面右上の「メルペイ残高」と金額が書いてあるところをタップしてください。 通常の支払いモードのときにも、同じように画面右上の「メルペイスマート払い」をタップすればまたメルペイスマート払いに切り替えることもできますよ。 「通常の支払いモード(残高払い)」と「メルペイスマート払い」はいつでも何度でも切り替えokです! 支払い履歴も確認できるの? メルペイスマート払い (旧称:メルペイあと払い)でどこで・どれだけ使ったのか。 なんだか忘れてしまいそうですよね(汗) そんなときはメルペイ画面のちょい下の方にある「メルペイスマート払い」をタップしてください。 すぐに今月の利用状況が出てきます。 利用可能金額(上限)と利用金額(使った金額)が分かりますよ。 もっと詳しく知るには「履歴」をタップしてみてください。 先月までの内容もハッキリわかります。 利用履歴がわからないと不正利用に気づかなくて怖いですからね〜。 いつ・どこで・何に・どれだけ使ったのかが確認できると安心できますよね。 3つの清算の仕方(使った翌月に後払いする手順) では、お次は翌月のお支払いのやり方です。 翌月になると、メルカリアプリのホーム画面の右上の「やることリスト」に通知が来ますよ。 そこで「あ、支払いしなきゃ」と気づくことができます。 請求書が送られてくるみたいなものですね(笑) メルペイスマート払い (旧称:メルペイあと払い)は以下の3つの清算方法が可能です。 逆に言えば、年齢制限・本人確認さえクリアしていれば「え、メルペイスマート払い使えないけど!?」ということは無いはずですよ。 そしてもう1つ大事なポイントは手数料です。 まとめ さいごに、今回の「メルペイスマート払い (旧称:メルペイあと払い)」のポイントをまとめて並べておきますね。 街のお店でもメルカリ・ネットショッピングでもお買い物ok• 清算・支払いは翌月にじぶんの好きなタイミングで!• 利用上限金額はじぶんで設定• 年齢制限あり(17歳以下は完全にダメ・18歳と19歳は保護者の同意が必要)• 必ず知っておいてくださいね。 いったん「メルペイあと払い」に設定したとしても通常の支払いにいつでも一瞬で切り替えられるので、クレカみたいな「使いすぎ」にさえ気をつければ安全なサービスですよ。 (上限金額はぜひ低めにしましょうね).

次の

【メルペイ】初「メルカリでスマート払い」1品2,000円以上購入でP1,000還元キャンペーン

メルペイスマート払い 精算方法

ポイントは、メルペイ残高へのチャージには利用できません。 する必要もありません。 というのも、 ポイントを所有している状態で、通常どおりiDやメルペイコード支払いをすれば、ポイントが自動的に消費されるからです。 また、メルカリ内での買い物やスマート払いの精算にも、ポイントを直接利用できる仕組みになっています。 iD・コード支払い経由で実店舗利用する メルカリ(メルペイ)のポイントは、非接触型決済の「iD」もしくはQRコード決済の「メルペイコード払い」を通して全国の加盟店で利用できます。 ポイントで支払うには、まず 支払い方法が「メルペイ残高」になっていることを確認してください。 支払い方法が「スマート払い」の状態だとポイントが消費できません。 必ず「メルペイ残高」による支払いに切り替えておきましょう。 あとは、ポイントとメルペイ残高をあわせた金額が会計金額に達しているか確認し、任意の支払い方法(iD、コード、読み取り)で決済するだけOKです。 なお、ポイントはメルペイ残高よりも優先的に使われるので、使用するポイント数の指定はできないようになっています。 メルカリ内での支払いに利用する ポイントは、もちろんメルカリ内での買い物の支払いにも利用できます。 ポイントが金額分貯まっていればポイントだけでの購入も可能です。 足りない場合はメルペイ残高やクレジットカードなど、その他の支払い方法との併用もおこなえます。 ただし、実店舗での利用と同じく、利用するポイント数の指定ができないのが難点です。 購入したい品を選んだら、[購入手続きへ]をタップ。 支払い画面で「ポイントを使用する」にチェックを入れればポイントが使われます。 もちろん、メルペイ残高やスマート払いなどの他の支払い方法と併用することが可能です。 メルペイスマート払いの精算に使う メルペイの「スマート払い」(旧あと払い)は、実店舗やメルカリ内での購入代金を、使った分だけ翌月にまとめて支払える機能です。 獲得したポイントは、このスマート払いで支払った金額の精算に充てることもできます。 ポイントでスマート払いの精算をするには、画面右下の[メルペイスマート払い精算]ボタンを押します。 ここで今月の利用状況が表示されるので、[精算方法]をタップ。 精算方法の選択画面が表示されたら、「口座から自動で引き落とし」もしくは「残高で精算」を選択してください。 よく注意しましょう。 appllio. com Suicaへのチャージに利用する(iOS版のみ) 現状ではiOS版アプリのみの機能となりますが、ポイントからApple Payを通して「モバイルSuica」へチャージが可能です。 メルペイ加盟店に加え、交通電子系マネーが使える店舗での決済や、普段の電車・バスの支払いにもポイントが活用できるので、利用の幅がさらに広がるでしょう。 「モバイルSuica」アプリを開き、[入金チャージ]ボタンをタップします。 もしくは「Wallet」アプリから[Suica]タップして残高の隣にあるチャージボタンを押してください。 チャージしたい金額を入力し、[Apple Pay]ボタンをタップします。 モバイルSuicaアプリだとチャージは500円〜1000円単位ですが、Walletアプリ経由なら、チャージ金額は1円単位で指定可能です。 appllio. com 支払画面が表示されるので、カードの選択で「メルペイ電子マネー」を選びます。 あとはFace IDや Touch ID、パスコードなどで本人確認を済ませれば、Suicaへのチャージは完了です。 なお、「メルペイ電子マネー」が表示されない場合は、Apple PayにメルペイiD決済のICカードが追加されていない状態です。 下記記事を参考に、iDの初期設定を済ませてから改めてチャージを試してみましょう。 メルカリポイントの貯め方 メルペイにポイント還元システムはないので、残念ながら普段の買い物に使うだけではポイントを貯められません。 ポイントを獲得するには、キャンペーンに参加したり、メルカリに友達を招待したりと主体的に動かなければならないのです。 メルカリ・メルペイのキャンペーンに参加する メルカリ・メルペイでは定期的にポイント還元のキャンペーンが開催されます。 メルカリポイントを貯めるには、これらのキャンペーンをこまめにチェックして参加するのが一番効率がいいでしょう。 開催中のキャンペーンは、メルペイメイン画面を下にスクロールするとバナーで表示されるほか、大規模キャンペーンの場合は「お知らせ」タブにお知らせメッセージで届くこともあります。 以下の記事でも開催中のキャンペーンを紹介しています。 参加条件や特典などもわかりやすくまとめているので、是非参考にしてください。 appllio. com メルカリに友だちを招待する メルカリでは、ユーザーの招待キャンペーンを継続的に実施しています。 招待したユーザーが、メルカリの会員登録を完了させることで、招待した側とされた側双方に特典として500ポイントが付与されます。 招待される人がいない場合は、招待コード「YYZSYG」を入力してもポイントがもらえます。 招待する側は、メルペイのマイページタブから招待してポイントGETの画面に移動し「招待コード」を招待したい人に教えるだけでOKです。 「コードをSNSでシェアする」ボタンをタップすれば、わざわざコピペしなくてもLINEやTwitterなどのツールで招待コードを送信できるので便利です。 招待された人は、会員登録の際に招待コードを入力してください。 招待される人がいない場合は、招待コード「YYZSYG」を入力しても500ポイントがもらえます。 あとはメルカリへの会員登録を完了させると、その時点で招待した側とされた側にポイントが付与されます。 売上金でポイントを購入する 銀行口座の登録や本人確認をしていないアカウントの場合、売上金でポイントを購入すれば1ポイント=1円としてiD・コード払いに利用できます。 なお、銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」を済ませたアカウントは、売上金が自動的に「メルペイ残高」変換されるので、ポイント購入の必要はありません。 ポイント購入をするには、売上金がある状態で「ポイント購入」ボタンをタップ。 あとは、購入手続き画面で購入するポイント数を入力して[売上金でポイントを購入]ボタンをタップすれば完了です。 ただし、 売上金をポイントに変えてしまうと再び売上金に戻すことはできなくなります。 加えて、ポイントは出金(現金化)できないという特徴があるので注意が必要です()。 マイナポイント事業でメルペイを選択して利用する(2020年9月開始) 2020年9月1日から2021年3月31日までの期間中、総務省が推進する「マイナポイント事業」がおこなわれます。 これは、 「マイナンバーカード」を持っている人が、対象のキャッシュレス決済サービスを1つ選択(申し込み)して利用すると、上限5000円分のポイントがもらえるというもの。 さらに本人確認が完了済のアカウントなら、メルカリ内での買い物に限りさらに5%(最大1000円相当)が付与される特典も。 ポイントの付与が始まるのは2020年9月1日からですが、マイナポイントの予約・申し込みは7月1日から可能です。 気になる人は、マイナンバーカードの発行、およびマイナポイント申込みを9月1日前に済ませておくといいでしょう。 Q1:メルカリのポイントに有効期限はある? A:キャンペーンで獲得したポイントと売上金から購入したポイントでそれぞれ有効期限が異なります。 ポイントの有効期限• キャンペーンで得たポイント:最短60日から180日までキャンペーンごとに設定されている• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間 ポイントは自動的に有効期限が近い順に消費されるようになっていますが、キャンペーンで獲得したポイントは特に有効期限が短いので、できるだけ早めに消費しましょう。 有効期限を過ぎると、ポイントは失効して使えなくなってしまうので注意が必要です。 メルペイTOP画面の[ポイント]ボタンから、ポイントの獲得履歴と有効期限を確認できます。 Q2:キャンペーンで獲得したポイントはいつ付与される? A:キャンペーンにより異なります。 キャンペーンページの詳細情報に記載してあるのでチェックしてみましょう 詳細情報は細かく記載されているので、よく見なければならない キャンペーンごとに異なりますが、最短で翌日、長くて1ヶ月後くらいのイメージです。 ただし、記載されている日に確実に付与されるとも限りません。 ユーザーの利用状況やシステムの都合によって前後する可能性もあります。 Q3:ポイントは出金できる? A:メルカリポイントは、銀行口座への出金ができません。 メルペイ残高(メルカリの売上金含む)は、振込申請をすれば銀行口座への出金ができます。 一方、メルカリポイントは銀行口座への出金ができない仕様になっています。 売上金の状態なら出金はできますが、売上金でポイントを購入してしまうと二度と出金できなくなってしまうので注意してください。

次の