多賀 盛岡。 盛岡の保護庭園|盛岡市公式ホームページ

有限会社 大清水多賀本店

多賀 盛岡

概要 [ ] (5年)創業。 敷地面積1300、大広間は178畳あり 、庭園は盛岡市の保護庭園となっていた。 建物は造りの木造2階建ての高度な技術を用いた近代和風建築であり 、立体的な天井など洋風建築技法も取り入れていた。 床面積は店舗と住宅部分を含めると4300平方メートルで、全て個人所有だった。 (19年)にで放送された「」のモデルとなった。 岩手県を代表する老舗料亭とされ 、市民にも長年愛された。 宴会やレストラン、仕出しのほか婚礼も人気があった。 所在した場所 [ ] 岩手県盛岡市清水町12-10 歴史 [ ] 創業当初は、でとれた川魚料理がメイン の腰掛け茶屋 であったが、その後のが名物料理となった。 (明治38年)頃に盛岡市清水町に移転。 (13年)に本館が建設された。 (6年)本館1階の大広間が180畳に増築された。 (平成14年)の年越しでは20人の社員と10人のアルバイトで1200食のを調理した。 おせち料理は室温5度に保った大広間にお重を数百個並べ、を身につけて作業をした。 (平成15年)に開催されたでは170人の・の門下生が集まった。 2005年(平成17年)頃よりうなぎは産だけを使用した。 (平成21年)の7月の連休3日間では2000食のうなぎが準備された。 (平成24年)にはうなぎの仕入れ価格の上昇に伴い、かば焼き弁当の値段を例年の3割増しに改定せざる得なかった。 うなぎは解体された後に一度焼いた後に水に漬け 、高温で蒸したのちに秘伝のタレに漬け、その後もう一度焼き上げられていた。 岩手県の育成にも貢献したとされる。 庭園 [ ] 庭園は(大正10年)に造成され、池泉築山回遊式庭園であった。 主庭は南北に長い池泉とで構成され 、5重の塔など6基のが配置されていた。 池の形状や庭石の選定も高く評価されていた。 当初は庭面積は2300あった。 保護庭園は(昭和47年)11月に指定され、それによりが免除されていた。 課税の問題 [ ] (平成13年)に先代の死去時に伴う資産譲渡税や支払のため庭園のうち1100平方メートルが大手住宅メーカーに売却され、9階建ての高層が建設された。 これにより庭面積は1200平方メートルに減った。 この売却により多賀別館も解体された。 この固定資産処分によっても相続に伴う税金を完済することが出来ず 、事業資金としての借入金とともに経営を圧迫した。 閉鎖 [ ] 創業から約140年が経過していたが、不況や接待の自粛 、相続税の負担 、後継者難 、施設の維持管理コスト 、他業者との競合による業績不振となった。 に敷地を全て売却することで負債を完済する契約が結ばれた。 敷地売却のために、保護庭園の申請も解除申請が盛岡市環境企画課に(平成25年)提出された。 従業員23人は同年7月末で全員解雇。 同年7月末で廃業した。 存続の動きと解体 [ ] 経営の委譲も検討されたが、維持管理コストが問題となって引き受け先が見つからなかった。 市民や調理師会からは存続を望む声が上がり 、歴史的資産の保存の在り方が問う意見も寄せられた。 閉鎖後も建物の歴史的価値を評価し、活用する望む声があり 、「大清水多賀本店保存推進協議会」が結成され保存運動も実施された。 盛岡市も保存活用を検討してもらうよう、大清水多賀と大和ハウス工業に申し入れたが 、話し合いの場は設けられず 、2013年9月2日より建物の解体が開始された。 庭園も更地とされ 、高層マンションが建設される。 庭木の一部や灯篭、石橋、柱の一部、什器数十点は盛岡市が譲り受けた。 庭木は公園などに移植され 、什器は町家に展示する予定とされた。 その後、名店の味を残していきたいという思いから、元料理長が地元飲食店経営者と盛岡市大通りに(割烹酒場TAGA)を開店している。 出典 [ ]• 27 、178畳、180畳とするものがある• 本館建設は1923年とする資料もある 河北新報2001. 年越し大詰め…料理屋やそば屋、大忙し */岩手 『』 2002年12月31日 地方版/岩手 19頁 写図有 全586字• [沿北南央]12月30日=岩手『』2010年12月30日 東京朝刊 21頁 写有 全415字• 華やかにお点前披露/盛岡で初釜式 『河北新報』 01月13日 写有 全317字• [いんたびゅー]盛岡調理師会副会長・小田島忠夫さん=盛岡市 /岩手 『毎日新聞』2003年11月16日 地方版/岩手 21頁 写図有 全1,402字• わがまち魅力再発見/大清水多賀本店(盛岡市)/美しい庭園は料亭の命 『河北新報』 2001年08月27日 写有 全1,083字• 盛岡経済新聞 2013年11月27日. 2019年4月10日閲覧。

次の

【公会堂多賀】盛岡・フレンチ・フランス料理

多賀 盛岡

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• 5つ星のホテル 盛岡市• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• 盛岡市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 盛岡市の人気レストラン• 人気の料理• 人気のレストラン カテゴリー• ホテル周辺• 観光スポット周辺•

次の

2020年 盛岡市のグルメ・レストラン・ランキング 10選 [トリップアドバイザー]

多賀 盛岡

ページ番号1022412 更新日 平成31年4月16日 盛岡の神楽 盛岡にはさまざまな種類の神楽が伝えられていますが,一番多いのは山の信仰にかかわってきた山伏神楽です。 大ヶ生山伏神楽保存会 岩手県の主な山のうち,岩手山と姫神山,早池峰山は合わせて「岩手三山」と呼ばれています。 かつてそれぞれのふもとでは,山伏たちによる神楽が行われていました。 明治維新により修験道が廃止された後は,山伏の子孫や里人によって継承されてきています。 盛岡市では八ツ口神楽,大ヶ生山伏神楽,玉山神楽,藪川神楽,日戸神楽,松内神楽が山伏神楽です。 同じ山伏神楽でも,花巻市の早池峰神楽などとは違った特色を持っています。 一方,大宮神楽は神職が行う神楽=社風(みやぶり)神楽を伝承しています。 しかし舞い方や演目を見ると山伏神楽との関わりが深い事がわかります。 城下に会った神明(しんめい)神楽を受け継いでいるのは見前神楽です。 山伏神楽を能ふうに改めた演目や装束があります。 また現在は活動していない多賀神楽は,時の藩主南部利敬が,神楽人を江戸に派遣して習得させた江戸里神楽を演じるものでした。 さらに巻堀神楽は,江戸里神楽を取り入れる以前の多賀神楽(地神楽)の面影を残していると言われています。 神楽豆知識 岩手山と姫神山 盛岡に住む私たちは,しばしば「今日は岩手山がよく見える」とか「姫神山がきれいだ」などという会話をします。 大昔から人々はふるさとの山をうやまい,神様として考えてきました。 これを山岳信仰と言います。 岩手山は「岩鷲山」とも呼ばれ,広い範囲で信仰を集めていました。 藩政期には,岩手山の3ヵ所の登山口を山伏や神職が支配し,姫神山のふもとには山伏の霊場があって,それぞれ神楽が行われてきました。 しかし明治2年(1869)に修験道が廃止になると,神楽は修験山伏や神職の手を離れて里人にゆだねられるようになります。 その後戦争や都市化などの影響を受けながら,今も神楽を始めとする民俗芸能が受け継がれているのは,「ここにしかないものを大切にしよう」とする人々の努力によるものです。 権現様(ごんげんさま) 〈権現様〉 盛岡の神楽のほとんどは山伏神楽で,獅子頭をご神体と考え,「権現様」と呼んで大切にしてきました。 「権現様」では,下舞の後,権現様を持って幕をかぶると,お散供(オサゴ=米のこと)やお神酒などの供物を受け,これを祝います。 参拝者の頭を噛む「身固め」(「頭かじり」などとも言う)によって,災いを遠ざけご加護を与えます。 山の神 〈山の神〉 どの神楽でも大切にしている舞に「山の神舞」があります。 山の神は山を司るだけでなく,春には里に降りて来て田の神となります。 農業のほか,林業,猟師,漁業にたずさわる人々からも篤い信仰のある神楽です。 「山の神舞」の一般的な順序は,まじないの法刀をもって四方を鎮め,お散供=米を撒いて豊作を祈り,太刀をとって悪魔を祓います。 面をはずしてから山の神の由来を語り,最後に幣束を持って舞い納めます。 神楽の指定文化財保持団体一覧 指定別 保持団体 所在地 指定年月日 岩手県指定無形民俗文化財(全1団体) 大宮神楽保存会 本宮 平成29年4月7日 盛岡市指定無形民俗文化財 (全9団体) 見前神楽保存会 西見前 昭和51年7月21日 羽場山伏神楽保存会 羽場 昭和51年7月21日 大ヶ生山伏神楽保存会 大ヶ生 昭和51年7月21日 八ツ口神楽保存会 上太田八ツ口 昭和59年4月1日 玉山神楽保存会 玉山字城内 平成2年6月1日 日戸神楽保存会 日戸字姥懐 平成2年6月1日 藪川神楽保存会 薮川字外山 平成20年7月4日 巻堀神楽伝承会 巻堀字巻堀 平成20年7月4日 松内神楽保存会 松内字松内 平成20年7月4日 出典:盛岡の民俗芸能「神楽」(作成:盛岡市無形民俗文化財保存連絡協議会).

次の