えらい 方言。 「体がえらい」の「えらい」は方言?地域別の意味と使い方をご紹介!

【方言】えらい?あばばい?カッター?東京で通じなくてビックリした方言集!!

えらい 方言

「えらい」というのが方言だとわからなければ、「偉い」という意味だと思って聞いてしまうので、会話が成り立たないこともあるかも知れませんね 「えらい」は中部地方を中心に使われる方言ですが、他の地方でも使っているようで広く分布しています。 ここでは「えらい」の意味や由来などを例文も用いてご紹介します。 えらいの意味 「えらい」という方言は、中部や中国地方などで 「疲れた」とか「大変だ」という意味があります。 この「えらい」を方言として使っている地域では、標準語の「偉い」とは前後の会話で使い分けています。 えらいを標準語に言い換えると 方言の「えらい」を標準語にすると 「疲れた」「体調が悪い」と言い換えられます。 これは身体的なことを表現する場合です。 もう1つの「大変だ」という意味の「えらい」は「とても」とか「すごく」「一大事」「非常事態」「とんでもないこと」などと平常ではない状態を意味する表現としても使われています。 えらいの漢字 方言の「えらい」は「偉い」という意味とは違いますので、 漢字ではなく仮名で「えらい」と書きます。 えらいの使われる地域。 発祥、由来 「えらい」は 愛知県、岐阜県、三重県、長野県、福井県、滋賀県、中国地方の一部で使われる方言ですが、由来は「大変」とか「一大事」とか「非常事態」など、普通ではない状態のことを「えらい」と表現していたのが発祥だという説があります。 「大変だ」という意味の「えらい」は全国か各地で広く使われています。 大変なことを切り抜けたことで疲れてしまったという意味で「えらいことだった」と言っていたのが身体的な疲労や体調不良のことを「えらい」というようになった由来だと考えられています。 名古屋弁でのえらいの使われ方 「えらい」を方言として使っている中部地方の中でも、名古屋弁での使われ方は少し独特です。 「えらい」が少し変化して使われているので、以下で詳しくご紹介します。 名古屋弁ではえらいが変化している! 愛知県では、全域で「えらい」を同じ意味で使っています。 ですが、同じ愛知県内でも、名古屋弁と言われる尾張弁、西三河弁、東三河弁など、細かく分けられます。 名古屋弁での「えらい」は、「大変」という意味と、「疲れた」の意味の両方で使うので、そのままでは意味がゴチャゴチャになってしまいます。 なので、名古屋弁では「大変」を「どえらい」または「どえりゃー」と言い換えます。 このように変化させることで、「とても大変だったから疲れた」ということを「どえりゃーえらい」となるわけです。 方言としての使用率はトップ! 名古屋での「えらい」の使用率は、年代問わず100%に近いほど普通に使われますが、意外にも 「えらい」の使用率は全国トップという説もあります。 全国で約40%で「疲れた」ことを「えらい」と言っているのです。 「えらい」は名古屋弁というイメージが強いですが、じつは広い地域で使われている方言なんですね。 えらいの例文 疲れたという意味で使われる「えらい」ですが、 使うシーンによっては、変化します。 具体的な使われ方を例文でご紹介します。

次の

方言「えらい」の意味はしんどい?関西弁での使い方を紹介!

えらい 方言

方言 みなさん方言は好きですか? 標準語しか話せない方もいれば、現在進行形で方言を話している方もいるでしょう。 私は 三重県伊勢志摩地方出身なのでゴリゴリの方言ですw 同じ三重県でも都会は標準語なのに、田舎は方言なんです。 不思議ですよね。 しかし そんな私のような田舎者のみなさんに朗報です。 方言、めちゃめちゃ人気者になれます!(笑) 喋ってるだけで人が寄ってくる 私は、大学入学とともに上京しました。 はじめての東京、標準語は喋れないし怖いなとか思いながら、学校に行ってたんですが、 三重弁と標準語は イントネーション自体全然違うので、 少し喋っただけで、 「え?出身どこー?方言めっちゃ可愛いね」っていってもらえて、 めちゃくちゃ知り合いができました! 私からしたら、この田舎臭い喋り方のどこが可愛いねんwとか思っていましたが、 都会の人からしたら、その田舎っぽさがいいんでしょうねw 最初はバカにされてるのかと思っていましたが、 本当に憧れだし、可愛いらしいです(笑) 都会では方言需要が高いんですね。 三重弁とは さっきから 三重弁が何回も出ていますが、どんな感じか気になりますよねw 私が勝手に三重弁と名乗ってるだけで、たぶん県内でもしゃべり方はだいぶ変わってきます(笑) 同じ県内でも 大阪寄りは 関西弁だし、名古屋寄りは 標準語です。 三重県って多くの県と接していて、 地域によって県民性もだいぶ変わってくる不思議な県なんです。 よく言えば順応的、悪く言えば没個性。 伊勢志摩地方は名古屋寄りなのですが、喋り方は関西のほうが近いですね。 関西弁をちょっとだけ砕いた感じです。 「~~やん」「今日〇〇がなぁ、~~やったんやで」みたいな感じです。 文章で伝えられても分かりづらいですよねw 関西寄りなので「なんでやねん」とかもナチュラルに使います。 通じなくてビックリした言葉集 いよいよ、通じなかった言葉集です。 地元の人はそれが普通で生きてるのに、ちょっと場所が遠くなっただけなのに伝わらなくなるのってすごいですよねw 5 机つって・・・机運んで 掃除の時間は、 「先生~!〇〇くんが机 つらんと掃除サボっとる~」 「机ちゃんと つって!」 という声が至る所で聞こえます。 東京の友達が私の家に来た時、「ちょっとそっち側つって~」って言ったら 「何語話してる?」って言われました これはめちゃくちゃ衝撃でしたね(笑) しかし、 『運んで=つって』ではありません。 つっては机のみに適応されます。 そこのパソコンつってって言っても伝わりませんw まとめ みなさんも旅行で 伊勢志摩鳥羽に来ることがあれば、 是非地元っぽい人に話しかけてみてください。 特にお年寄りなんかは、一言喋りかけたら一生話してくれますw 田舎のお年寄りは、初対面の人でもお構いなく話しまくります(笑) お年寄りは方言が強すぎて私ですら聞き取れないこともありますが、楽しいですよ!.

次の

えらいの意味や使い方 Weblio辞書

えらい 方言

えらいという方言の言葉の使い方は関東と関西では全く違う意味になるようです。 関西弁でのえらいという方言の言葉の意味や使い方と関東でのえらいという言葉の意味や使い方の違いについて詳しく調べて紹介していきます。 言葉の意味が全く違うと、方言とはいえ意思疎通がうまくいかないこともあるかと思います。 えらいの意味や使い方について関西弁と関東、その他の地域などでの比較を見ていきましょう。 えらいの意味や使い方を知れば役に立ちそうです。 方言を多く知れば、それだけ関西弁や他の地方の言葉を理解できるようになり、話の幅も広がるのではないでしょうか。 では、関西弁の方言でのえらいという言葉の意味や使い方と関東でのえらいという言葉の使い方について紹介していきます。 北海道の方言を紹介していきます。 北海道にはその地域ごとで特殊な方言もあるため現地の人同士でしか伝わらないような方言も多くあります。 また、ほとんどの人がその方言を方言と認識していない場合が多くあるようです。 青森県に近い函館市近辺の地域では津軽弁が混ざったような方言なども良く耳にすることがあります。 北海道という広大な土地、島ということから、移民などで大昔にいた人たちの言葉なども混ざって今の各地での方言が形成されたようです。 また北海道の港町では、他の県から漁のために来たと思われる人たちの言葉、方言も広がり複雑な言語を方言とする地域も存在しているそうです。 番外編として北海道で使われている方言を詳しく紹介していきます。 「ちゃっこい」これは小さいという意味になります。 例文としては「この魚ちゃっこいね」この魚小さいね、という意味になります。 「ちょす」これはよく聞くことも多いのではないでしょうか。 触るという意味になります。 例文としては『これは汚いからあんまりちょすなよ』これは汚いからあまり触るなよ、という意味になります。 「なげる」これは投げるという意味ではなく、捨てるという意味になります。 例文としては、『このごみなげといて』 このごみ捨てておいて、という意味になります。 「なまら」これは全国的にも広がっている北海道の方言の1つではないでしょうか。 意味は、すごく、とても、非常に、といった意味になります。 例文としては『なまらうまい』 「まがす」これはこぼす、ぶちまけるといった意味になります。 例文としては『ペンキまがしてまった』ペンキこぼして ぶちまけて しまった、という意味になります。 「みだぐない」これはだらしない、醜い、汚いといった意味合いの方言です。 例文としては、『あいつはいつもみだぐない格好してるな』あいつはいつもだらしない 汚い 格好しているな、という意味になります。 「ゆるぐない」これは楽ではないという意味の方言になります。 例文としては、『この仕事ゆるぐない』 この仕事は楽じゃない、という意味になります。 「わや」これは全国的にも広く知られている方言なのではないでしょうか、意味としては、ごちゃごちゃ、ひどい目に遭ったといった場合に使われる方言です。 例文としては、『この仕事場わやだな』この仕事場めちゃくちゃだな、といった意味合いになります。 ここで紹介してきた方言は一部に過ぎませんが、北海道の広い地域では紹介した方言が全く通じない地域もあるようです。 一口に北海道と言っても、札幌などの道央もあれば函館などの道南や宗谷や網走などたくさんの地域があり、たくさんの人たちがいます。 そしてたくさんの方言もあるわけです。 そのため北海道内でも地域によって使われる方言が違ってくるのです。 たとえば、函館などの道南で使われる方言が札幌ではほとんど通じないということも多くあるようです。 また、札幌は極めて標準語に近いとも言われています。 これは札幌は北海道の中心であり、他県からの移住民も多くいるためと思われます。 関西弁でのえらいという言葉にはしんどいという意味がありました。 しんどいという言葉は日常でも良く使われる言葉ではないかと思われます。 えらい、しんどいという言葉の繋がりはどこから来ていたのでしょうか。 しんどいという言葉もしんどいは疲れたという意味でも取れます。 またえらいはすごい、とてもという意味にもなります。 えらいには様々な多様性があることが分かります。 しんどいという言葉は他の県などでもおなじようにしんどいと使われる事もあります。 また、違う言葉となってしんどいという意味の方言になったりもします。 このえらいという方言は何種類もあることも人々が興味を持つ理由の1つなのではないでしょうか。 えらいの方言にはすごい、とてもといった意味もあるようでした。 方言えらいのすごい、とてもも様々用途で使われる言葉の一つです。 すごい何々なども使われます。 しかし凄いとは少し意味が違ってくるのかもしれません。 すごい疲れた、という場合はどうなるのでしょうか。 えらいえらいでは意味が通じません。 そのようなところからも方言の微妙なバランスが読み取れます。 すごい、とてもといった意味でのえらい、他の地域でのすごい、とてもという意味の方言、各地で様々な方言ですごいなどの言葉が方言化しています。 これは地域の歴史なども関係しているようです。 その地域での歴史がある上ですごいなどの言葉がその地域でより伝わりやすいように進化しすごい、えらいなどと繋がっていったとされている説もありました。 すごいという言葉の可能性も見ることが出来ます。 すごいがえらいに繋がる歴史があったのかもしれません。 どえらいという方言を使っているのは名古屋や静岡が多くあるようです。 えらいではなくどえらいにはどのような思いがあるのでしょうか。 これはやはりその地域での歴史も深く関わっているのかもしれません。 どえらいの意味を深く見ていきましょう。 どえらいは程度が甚だしいなどの意味合いでどえらいといって使っているようです。 どえらいにはすごくなどの意味も含まれていますが、つまりすごく疲れたなどの場合にはどえらいで通じるのかというとそうではないことが多くあるようです。 どえらいにはとてつもなくといった意味も含まれていることが多くあるようです。 このように日本での方言には様々な多様性があることが確認できました。 言葉の難しさや、意味の理解のしやすさという面も方言には含まれているのかもしれません。 方言の意味や歴史などもあわせて調べていけばよりこの方言についての知識を得られるのかもしれません。 ただそこに方言がありその意味や本質を見ていなければ、方言としての言葉の意味や使い方も間違ったものになってしまうことが多くあるようです。 言葉の面白さや、奥深さなどもしっかりと経験していくことで方言の本当のいみや使い方も理解できるようになるのではないでしょうか。 今回のえらいの意味や使い方の他にも地域や県などによって様々な用途での使い方があると言われています。 その地域でのみ使われている方言だったり、世間に広く認識されこの世の中に流れている方言その両方が自然なバランスを取れているのが方言の面白さだったりするのではないでしょうか。

次の