ささくれ 方言。 爪や皮膚のささくれができる原因とケア方法

島根の方言(出雲弁)一覧!定番表現&女子のかわいい告白フレーズ集

ささくれ 方言

冬によくなってしまう? 水につけると沁みてしまうし、服の線維に引っかかると痛いですし、無理に引っ張って取ろうとすると涙が出てしまうほどの痛さです。 中にはささくれが出来ない方もいるようなので、簡単にご説明したいと思います。 ささくれとは、爪の根元を覆っている後爪郭の、表面の皮がむけた状態をささくれと言います。 冬になると発生しやすいささくれの、適切な処置方法と、なぜささくれが出来てしまうのか原因をお話したいと思います。 その理由は、ささくれは指先が乾燥することで出来てしまうのです。 ささくれは、皮膚の水分と油分の両方が足らなくなってしまうことで、皮膚が剥けていきます。 しかも冬は空気自体が乾燥しているため、ささくれが起こってしまうのです。 ですから、皮膚を守るためには良質なタンパク質が必要だという事。 その必要な栄養が体に吸収されなくなってしまい栄養不足でも、ささくれはなってしまいます。 その他に肌を健康に保つのはビタミンやミネラルが必要です。 その二つが不足するとお肌自体が健康でなくなり、これもまたささくれの原因となってしまいます。 ですから、お母さんの手を見ると、お肌の皮膚は手入れしないとゴワゴワしていたり、カサカサになっていますよね。 家族の中で誰よりも水場が多いので、そのせいで手肌の乾燥を招いてしまっているのです。 ジェルネイルをする前に、ジェルネイルを持続させるために甘皮を除去する行為や、マニュキュアやジェルネイルをとる際のリムーバーなども指先の皮膚を弱らせていってしまう原因です。 ネイルをせずに爪を休める事がない現代女子は、どんどん爪に負担をかけていってしまっているのです。 【ささくれにならないために気を付けたいこと】 ささくれをあまり気にしない人が多いですが、ささくれは列記とした皮膚疾患の一種です。 ですから、出来てもすぐに治るから大丈夫なんて安易に考えずに、出来ないように心掛けることが大切です。 ですが、サプリメントなどで意識的に摂ることで、ささくれや他の皮膚の健康にも繋がります。 その必要な栄養とは、皮膚や粘膜を健康的に保つことが出来るように、ビタミンA・B2。 そして、皮膚障害の予防に最適なのが、ビタミンB6。 お肌に欠かせないビタミンC。 そして傷を治癒する役目のビタミンEが必要になっていきます。 このビタミン類が不足すると、お肌にはささくれだけでなく様々なお肌問題が出てきてしまうので、最低限は食事で、補えない分はサプリメントを摂るように心掛けて下さい。 そしてジェルネイルをする際に、お店などでしてもらうと、ネイルを持続させるために過度な甘皮除去をされてしまいますので、そこも注意が必要ですね。 ですから、簡単に出来てしまうし、そしていつの間にかなくなっていて、また出来るという事を、何度も繰り返してしまうのです。 そして女子が最も気を付けないといけない、カンジタ菌という菌がささくれに感染してしまったら、カンジタ性爪周辺炎という、爪の病気になってしまう事もあるのです。 この様に、ささくれなんて・・・と安易に考えずに、出来てしまった時は、なぜ出来たのか?というように意識してもらいたいと思います。 外部サイト.

次の

ささくれ

ささくれ 方言

私にとって秋田弁は難解どころか外国語のように聞き取るのも難しく、 旦那にヘルプを求める場面が多々あります。 (旦那もわからない時があるらしいけど・・・) 今は秋田市内に住んでいるのでそうそう秋田弁に困ることは無いのですが、 ご年配の方だと方言が色濃いことが多く、 「?」となってしまうことがあります。 そんな時は旦那の返答から言われた事を逆予測して会話の内容を理解するという、 かなり遠回りな手順を踏んでいます。 会話のスピードにもついていかなくてはならないので、 単なる会話でもかなりの集中力を要する為、結構疲れますw そんな私の通訳係な旦那も日常では時々秋田弁が混ざっていて、 一緒に住み始めた当初に「何それ?」となったのが 「うるかす」という言葉。 水に浸けておくと言う意味らしいです。 その語感からなんとなく意味は想像できたけど、 まったく馴染みの無い言葉でした。 逆に旦那は標準語だと思っていたようです。 そして今日、不思議な秋田弁を発見しました。 「ぶさぶさする」という言い回しです。 旦那は指にささくれができるとよく「指がぶさぶさしてる」と言ってて、 それはただ「ささくれ」という単語を思い出せず、 替わりに適当な擬音で言ってるのかとずっと思っていたのですが・・・。 さっきとある秋田在住の方のブログを拝見していたら、 「ぶさぶさする」という言葉が使われていたのです! 『これは旦那だけの言い回しじゃなかったんだ!』 と思い、「ぶさぶさするって秋田弁なの?」と聞いてみたら、 逆に旦那は共通の言い回しだと思っていたらしく、 「えっ!?ぶさぶさするって言わない!?」とびっくりしていました。 言いません。 初めて聞きましたよ。 ぶさぶさするなんて。 「ぶさぶさする」の用途としては・・・ ・トイレットペーパーがミシン目で綺麗に切れなかった時 ・指にささくれができた時 ・履き古したジーパンの裾が擦り切れてきた時 ・パンがうまく切れずボロボロになってしまった時 etc・・・ 本来直線的だったり滑らかなものがボロボロになってしまった、みたいな。 そんな感じらしいです。 うーん。 トイレットペーパーが綺麗に切れなかったら「ビリビリになった」だし、 ささくれはささくれだし。 ジーパンの裾が擦り切れたら「擦り切れてきた」か「ボロボロになった」、 パンも「ボロボロになった」だなぁ。 私の思考回路には「ぶさぶさ」の出番が無い。 うーん。 不思議だ。 「ぼさぼさになった」ではなくて「ぶさぶさになった」なんだよなぁ。 これって秋田弁なのかな?東北全般で使われてる言葉なのかな? 秋田に来て1年たっても、まだまだ新しい発見はあるものです。 コメント >明烏さん 「投げる」! みんな使ってますねー! 私は旦那から教えてもらっていたので 戸惑うことは無かったんですが、 「ゴミ!?投げる!?!?」 って訳わかんなくなっちゃいますよね。 ぶさぶさってあんまり使わないですか? どこの言葉なんだろう・・・ 義父にも通じてるようですw• 秋田だけでなく東北でも多いようですが、他地域には馴染みが無いようです。 ブログ友達の「あきた4コマち」さんでも秋田弁を面白く解説していますよ。 これから雪を投げてきます。 3 archives• 23 recent comment•

次の

関東出身の友人に「さかむけ」と言ったら通じなかったのですが、これって方...

ささくれ 方言

原因 [ ] 人の指のささくれは、・・の不足が主な原因である。 した空気やの(リムーバー)などで指先の水分・油分が失われると、表皮が脆くなりささくれ立ってしまうことが多い。 また別の原因として、や歯周病なども考えられる。 対処 [ ] ささくれを意図して剥いていくとすることがあり、出血しなくともが露出する事もある。 の原因になりえるので、意図して剥くことは避けた方がよい。 に移行した場合には指を切開して膿を出す必要がある。 対処法としては、を爪の根元()に塗るなどの油分補給をする。 迷信 [ ] 「親不孝をするとささくれができる」という迷信がある [ ]。 このことからささくれのことを「親不孝」と呼ぶこともある [ ]。 脚注 [ ] [].

次の