スープ ジャー カレー。 スープジャーのお弁当レシピ20選|パスタ/リゾット/おかゆ/スープ

ハマる人続出!「スープジャー」の使い方と上手な洗い方のコツ

スープ ジャー カレー

調理に使うお湯は必ず沸とうした熱湯をお使いください。 スープジャーの容量に対して、内容物が少ないと調理が出来なくなる場合があります。 スープジャーはあらかじめ熱湯で予熱してください。 予熱の際はフタを外してください。 根菜や肉類など熱の通りにくい食材は、ピーラーなどで薄くカットしたものを千切りにしたり、別の鍋であらかじめ加熱したりすると熱が通りやすくなります。 具材だけを増やすと調理ができなくなる場合があります。 スープジャーを火にかけたり、ストーブやコンロなどの火気に近づけたりしないでください。 やけどや変形・変色の原因になります。 保温調理中に湯切りをする際、お湯の飛び散りに注意してください。 やけどの原因になります。

次の

スープジャーお弁当レシピ14選|スープも麺もおすすめのホットな料理

スープ ジャー カレー

スープジャーの保温機能を存分に活かしたレシピです。 押し麦にたっぷりと水分、豆乳を染み込ませることによって美味しさが格段にアップ!不足しがちな食物繊維もたっぷりと入っているので、栄養バランスも良いです。 味付けは市販品を使うことで、調理の手間が格段に楽になりますよね!押し麦が無い場合は白米に変更しても良さそうです。 【材料】 1人分 押し麦45g、生しいたけ 4等分に切る 2枚、長ねぎ 1. 「スープジャー」は0. 3Lサイズを使用します。 氷が入っているので、食べるころにはしっかりと冷えていて、夏バテでもサラッと食べてしまいそう!冷蔵庫に余っている野菜をチョイスして追加しても良さそうですね。 パスタなどと組み合わせても美味しそうです。 3Lサイズのスープジャーを使用します。 保温調理を利用した、料理です。 朝に準備しておけば、昼食時に調理完了!お米を炊く手間も省けて、忙しい朝にもぴったりですね。 鶏肉のうま味が米と大根にしっかりと染み込みます。 大根の葉っぱは小口切れにする。 鶏ひき肉がほぐれたら、あられ切りをした大根と酒を加えて、沸騰したらアクを取る。 残りの材料を全て加えて全体を混ぜる。 やっぱり夏といえばカレーですよね!準備さえできれば、キャンプなどのアウトドアでも作ることができます。 ごろっと野菜が入った満足感たっぷりなカレーです。 お好みで野菜を足すのも良さそうです。 スープを多めにし、米を一緒に入れてリゾット風にするのも良いかもしれませんね! 【材料】 1人分 かぼちゃ 2. 沸騰したら3分ほど煮込む。 とろみがつくまで煮込む。 食欲がなくなりがちなジメっとした夏場でもあっさり食べれますよね!そうめんはひと口サイズにまとめておかないと、くっついてしまうので注意が必要です。 くるっとまとめて、食べやすいようにしておきましょう。 スープジャーは380mlサイズを使用しています。 ざるにとって流水で洗う。 冷水で絞めてから、よく水気を切る。 宮崎の冷や汁風に仕上がります。 暑い夏には冷や汁で食欲も回復!薬味がたくさん入っているので、食べやすく、とてもヘルシーな一品です。 たっぷりと食べたい方はそのまま量を増やすだけで満足感あります。 忙しい朝でも簡単にお弁当が準備できるのは、嬉しいですよね。

次の

スープジャーに入れたカレーライスが腐らない方法とは?

スープ ジャー カレー

誰がどんな用途で使うのかによって必要な容量は異なります。 300ml以下 …子どもや少しだけ汁物を楽しみたいときに• 310ml~400ml …女性やサイドメニューとして1品付け足したいときに。 具だくさんなスープなど• 410mll以上…男性やがっつり食べたいときに。 カレーやお粥、シチューなどのメインのおかずに 市販されているスープジャーは250mlから500mlくらいの容量のものが中心。 サイズをいくつか用意しておけば、メニューによって使い分けできて便利です。 また、内容量とスープジャー本体のサイズ・重さは比例しますので、 今持っている鞄やランチバッグに合ったサイズなのか、 持ち運ぶのに重すぎないかも考慮しましょう。 この製品のみ内蓋と外蓋が分かれた構造で、これも保温力の高さにひと役買っているのかもしれません。 残念だったのは8位「タイガー 真空断熱スープジャー MCL-B030-YS」、9位「象印 ステンレスフードジャー SW-GD26-AP」。 どちらも小容量のため不利だった可能性はあるものの、大手メーカー製品の苦戦は予想外でした。 また、シービージャパン midi フードジャーは、このテストの最中に蓋が開かなくなり測定不能。 以降のテストは行えませんでした。 <保温力の検証結果> 1位:70. 真空断熱フードポット DMFP300 4位:62. 2位の 和平フレイズ フォルテック・ランチ ハンディランチポット FLR-6861も0. 8位「タイガー 真空断熱スープジャー MCL-B030-YS」、9位「象印 ステンレスフードジャー SW-GD26-AP」は、保温力に続いて残念な結果になってしまいましたが、大容量のものが上位を締めた結果を考えると、小容量のものには厳しい条件だった可能性もあります。 <保冷力の検証結果> 1位:11. 真空断熱フードポット DMFP300 8位:14. 各パーツとも洗いやすい形状になっており、パッキン類もしっかりしていて扱いが容易です。 もうひとつのサーモス製品「真空断熱スープジャー JBQ-400」はパーツがひとつ増え、ひと手間加わりますが、やはり洗いやすく作られています。 サーモス2製品は実際に洗う人のことを考えた構造になっているのが印象的でした。 星2つの中で「mosh! フードポット DMFP300」「アスベル ランタス スープボトル HLB-SR500」「和平フレイズ フォルテック・ランチ ハンディランチポット FLR-6861」の3つは、組み立てはしやすいものの、 一般的な食器用スポンジでは洗えない狭くて深い溝があります。 この3製品は漬け置き洗いが必要です。 「象印 ステンレスフードジャー SW-GD26-AP」「タイガー 真空断熱スープジャー MCL-B030-YS」は、 パーツが細かく分解できて衛生的に使えます。 ただ、 洗浄・組み立てがかなり手間で、もう少しパーツを少なくする工夫ができたように思えました。 大容量のものは比例して重量もかさむ傾向にあります。 なかでも保温力・保冷力で首位のサーモス JBM-501は最も重く、高い保温・保冷性能とトレードオフになっていることが伺えました。 <重さの検証結果> 1位:236. 1g スケーター 保温・保冷デリカポット スヌーピー LJFC3 2位:237. 4g ドウシシャ mosh! 真空断熱フードポット DMFP300 3位:248. 2g 和平フレイズ フォルテック ハンディランチポット FLR-6861 4位:257. 5g タイガー 真空断熱スープジャー MCL-B030-YS 5位:260. 1g 象印 ステンレスフードジャー SW-GD26-AP 6位:292. 2g サーモス 真空断熱スープジャー JBQ-400 7位:323. 6g アスベル ランタス スープボトル HLB-SR500 8位:331. 7g パール金属 キープス スープジャー HB-272 9位:341. 5g サーモス 真空断熱スープジャー JBM-501 ミルク瓶をモチーフとしたような、コロンッとしたデザインがかわいらしいスープジャー。 パステルカラーを中心に6色用意されていているので、今使っているお弁当グッズとのコーディネートも楽しめます。 保温力はサーモスの2製品に続く3位と優秀で、ランチの時間には食べごろ温度のスープが楽しめます。 デザインの関係で開口部がすぼまっていて、中身をすくうときにスプーンがフチに引っかかりやすいのが気になります。 蓋は3分割とシンプルな構造。 食べもののカスなどがたまりにくい形状になっていますが、普通のスポンジだけでは洗いきれない部分も出てきます。 また、この製品もメーカーのウェブサイトから気軽に交換パーツを購入できます。

次の