喉 の 痛み 抗生 物質。 喉の痛みで抗生物質の薬が効かない場合の対処

喉が腫れて爛れていると診断されて驚き、抗生剤の点滴が効いてさらに驚いた話

喉 の 痛み 抗生 物質

喉の炎症に抗生物質を使う場合 細菌が喉の炎症を引き起こした場合は抗生物質による治療 喉の炎症の原因が細菌と考えられる場合、抗生物質により治療することが多いといえます。 抗生物質は喉の炎症を引き起こす細菌の除菌治療に有効な薬です。 この薬を用いることで、炎症の原因を取り除くことが出来ます。 そのため、喉の炎症の原因が細菌と考えられる場合、抗生物質を使用することが多いのです。 ウイルスが喉の炎症を引き起こした場合は消炎鎮痛剤などの治療 喉の炎症の原因がウイルスと考えられる場合、基本的に抗生物質は用いません。 抗生物質を用いない理由は、ウイルスに効果を発揮しないからです。 ウイルスが喉の炎症を引き起こしている場合、消炎鎮痛剤などで喉の炎症と痛みなどを抑え、体内の免疫作用により回復を待つことがほとんどです。 引用元- 抗生物質を使うデメリットとは 1.常在菌を減らしてしまう。 皮膚や腸内など、我々はあらゆる善玉の最近に守られながら生きているそうです。 特に、小さい子供たちは、腸内のいろいろな最近に触れながら抗体をつくり、健全な免疫機能を育てていかないといけないということです。 むやみに、抗生剤を服用することで、このような常在菌を減らしてしまい、かえって身体を弱くするということが懸念されます。 2.耐性菌を増やしてしまう。 抗生剤の効く菌と効かない菌がいるようです。 これらはそれなりに戦い合いながら均衡を保っているところがあるようですが、抗生剤の服用により、バランスが崩れ、耐性菌ばかりが増えていってしまうということにより、感染症が長引くケースがあるようです。 引用元- 抗生物質を使う喉の炎症の病気 急性咽頭炎、急性喉頭炎 かぜをひくと多くの場合、のど(咽頭、喉頭)にも炎症が起こります。 痛みや咳、痰がからんだりするため、消炎剤、痰が切れやすくなる薬、解熱鎮痛剤などを内服しますが、抗生物質を併用することもあります。 いわゆる「かぜ」はウィルスが感染して起こるもので、抗生物質はウィルスには無効です。 しかし、鼻やのどの粘膜に炎症が起きると、しばしばそこに細菌の二次感染が認められます。 このときには抗生物質が有効となります。 この他、薬液の吸入(ネブライザー)や直接のどに薬液を塗布したりして治療します。 急性扁桃炎 のどには扁桃がいくつかありますがとくにその中でも口蓋扁桃が細菌感染によって炎症を起こし、腫れた状態です。 原因となる細菌が溶連菌の場合は、ときに腎炎や心内膜炎を起こすことがあるので注意が必要です。 扁桃周囲膿瘍 急性扁桃炎に続いて起こるもので、口蓋扁桃の脇に膿がたまった状態です。 通常は片側に起こり、特に飲み込むときの強い痛みと高熱があり、ほとんど食事が摂れず、水も飲めなくなることもあります。 早く診断を受けて膿を出してしまう必要があります。 膿がたまって腫れている所に針を刺して膿を抜きます。 場合によっては少し切開することもあります。 いずれにしても耳鼻咽喉科で早く治療を受けることが大切です。 抗生物質が有効ですが、水分補給も重要なため点滴治療も必要となることがあります。 引用元- 喉の炎症にも使われる抗生物質 抗生剤とは簡単に言うと、 幅広くウイルスや細菌に対して効果のある薬 です。 この抗生剤はさらに、以下の2つに分けられます。 術後の感染症予防や重症度の高い感染症、ペニシリン系抗生物質では消化器症状 胃痛、薬剤性胃潰瘍、嘔吐など が強く出てしまう場合に用いられます。 ただし、耐性菌ができやすいというデメリットがあります。 引用元- セルフケアで喉の炎症を防ごう 普段からできることは、乾燥を防ぐことです。 喉を乾燥から守ることで感染したり悪化することを防ぎます。 朝起きた時に喉が痛いと感じる人は、寝ている時の乾燥によるもので、口呼吸が原因かもしれません。 その他にも、日頃からこまめにうがいをする、部屋を加湿する、マスクをする、たばこを吸う人はたばこをひかえる、疲労をためないことなどが大切になってきます。 マスクをしていると、加湿もされますし細菌の感染予防にもなります。 タバコは喉に大きな負担をかけることになるので、痛みが出たらやめておく方がよいでしょう。 痛みを和らげると言われている食べ物もたくさんあり、緑茶にはカテキンという殺菌効果の高いポリフェノールが含まれています。 ねぎ・生姜・玉子酒・れんこんのしぼり汁(れんこんにはビタミンCが多く含まれていている)なども良いと言われています。 喉の痛みがあり抗生物質の薬が効かないと感じる時には合わせてやってみると良いでしょう。 引用元- twitterの反応 抗生物質って炎症とか抑えてくれるやつだよね?てことは多少は喉の腫れてる?炎症してる?ところに効くってことかな? あーもうこの喉どうにかしてー だるくてらなにもできないー 横になってれば指先だけは使えます。 どんな時でもTwitterからは離れられない — まきこ HMlv0926 ずっと喉が狭い感じが続いて声が出にくかったり息苦しかったんで耳鼻科に行ったら、喉は異常ないけど鼻が炎症起こしてる。 それが悪さしてるかも。 治療してみようって抗生物質貰った。 そしてやっと医者へ。 喉やリンパ節が炎症か?? 抗生物質飲んで経過観察。 最近、体力なくなってきたな…。 先週木曜日から鼻づまりと喉の痛みがあり、そのまま放置していたら、症状がだんだん悪化し、昨日から声が出なくなった。 熱は無いのだが、今朝はついに起きることが出来ず、あえなくお休みとなりました。 病院では抗生物質と炎症を抑える薬に痰の薬が出ました。 有効成分はヨード製剤、抗生物質製剤、界面活性剤、アズレン製剤などがある。 心理ストレスで身体が炎症をおこしているとか。 微熱や喉の腫れや鼻炎も倦怠感もそうらしい。 養命酒は買わず、抗生物質処方いただいた。 五日間も熱と喉の炎症で苦しむとはおもわなかった。 完治する前に痛めるから、また酷くなるループ。 抗生物質と炎症抑える薬飲んで寝て、大分マシになって来たよ…。 喉が辛いと思ったら、早めに病院行った方が良いかも。 — mak1baoh mak1baoh -.

次の

抗生物質と喉の腫れ

喉 の 痛み 抗生 物質

スポンサーリンク 喉の痛みに対して、薬や抗生物質が効かないとされる場合があります。 これは大事のように思えるのですが、往々にしてこうした事態は発生する可能性があるのです。 これはどうしてなのか、対処としてはどうしたらよいのかについて考えてみましょう。 【喉の痛みに薬が効かない】 たとえば、喉が痛いと思ったらどう対処するでしょうか?症状によっては風邪薬を飲むのかも知れません。 ですが、痛みがすぐに取れるとは限りません。 むしろ、痛みがすぐに取れる方が珍しいケースではないでしょうか。 そもそも薬は病気に対して効果があるのではなく、人間の持つ自然治癒力をカバーしてくれるものです。 ですから、効かないのではなくて効果が薄いという見方が出来るのです。 薬が喉の痛みに合っていない、そもそも選び間違いをしていることが考えられます。 正確な対処が求められるのです。 スポンサーリンク 【喉の痛みに抗生物質が効かない】 では、喉の痛みに抗生物質が効かない場合はどうでしょう。 抗生物質は、身体にいる細菌を除去してくれるものです。 ただ、対象の菌を殺したところですぐに喉の痛みに効果があるとは言いがたいのです。 また、抗生物質が効かない場合は、処方が間違えている可能性があること、あるいはやはり効果が薄いことなどが理由として考えられます。 【喉の痛みへの対処について】 喉の痛みに対しては、まずその痛みがどこから来ているのかをしっかりと理解することが大事です。 自分で風邪と思っていても、気管支炎かもしれないですし、そうなると治療方法もまったく変わってきますし、使う薬も違ってきます。 抗生物質を使っていたけど、実はまったく違う薬が必要だったということもありえるのです。 困ったと思ったら、まずは病院に行って対処してもらうことを心がけましょう。 ちなみに、喉の痛みが出るということは、体のどこかに異常があると考えても良いです。 そうならないように、普段から対処として健康や栄養には気を使うことを意識すると良いでしょう。 そうすることで、抗生物質が効かないことへの対処になりますし、しんどい思いをしなくても済むようになるはずです。 スポンサーリンク.

次の

喉が赤い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

喉 の 痛み 抗生 物質

2014年5月15日 木 11時56分02秒 [] 喉が腫れて爛れていると診断されて驚き、抗生剤の点滴が効いてさらに驚いた話 ゴールデンウィークの終わり頃に熱が出まして、喉が痛くなってきました。 連休明けに内科で薬をもらおうと思っていたら、連休が明ける前に喉が激しく痛くなってきてしまいました。 悪化です。 orz 唾液を飲み込むだけでも刺すように痛くなるのには大変閉口しました。 んで、連休が明けてから内科へ行ってみたら、喉が腫れているだけでなく、 喉が爛 ただ れているとの診断で驚きました。 爛れているなんて、そんなの初めてです。 で、「唾液を飲み込むだけでも喉が痛い」という状態が続くと、(唾液は常に出続けているわけですから)やはり症状は悪化するわけで、そのうち「何も飲み込まない時でも常時喉が痛い」という状態になってきました。 これが酷くて、夜に寝ている最中にも、何度も痛くて目が覚めてしまうくらいです。 (常時痛いだけでなく、唾液を飲み込む瞬間にはさらに刺すように痛くなります。 ) 痛み止めの効果が3時間くらいはあるので、せめて痛み止めを多めにもらおうかと思って内科へ再度行ったところ、「きつい抗生物質の点滴」があるとのことだったので、それを受けました。 ……ら、これが驚きで、想像した以上に効いたようで、その日のうちに症状が楽になってきて、翌日頃には喉の痛みはなくなってきました。 多少の咳がまだありますが、平常に生活できるレベルにまで回復しました。 以下は、そのときTwitterに垂れ流していたツイートの記録です。 1~2日目:熱が出て喉が痛くなる• もう寝よう……。 唾液を飲み込むだけで痛い。 熱も少しある。 ぐぐぐぐ……、仕事せにゃならんというのに。 朝に計ったときから、ちょうど1度。 体温が1度違うだけで、ずいぶん変わるなあ。 3日目:何かを飲み込むとその瞬間だけ喉が激しく痛くなる• 明日の朝、内科で薬もらってくる予定。 今回は咳が出てないので、かなりマシ。 咳は一度出だすとしばらーく(1ヶ月くらい)止まらんので……。 まだ喉が痛い(何か飲み込んだときだけ)。 朝イチで駅前の内科へ行って、薬をもらってこよう。 これ以上、仕事の進捗状況に差し障ると困る。 (いや、もうとっくに困ってはいるんだけど。 眠れないのは、喉が痛いからか……? じっとしてれば痛みはないとはいえ、唾液を飲み込めばそれだけで一瞬は痛いからなあ……。 4日目:内科の診察で、喉が爛れていると診断• 喉が腫れてるだけでなく、爛 ただ れてると言われた。 処方薬は、• セフカペンピポキシル塩酸塩錠• ロキソプロフェン錠• トラネキサム酸錠(トランサミン錠)• エンピナースP錠• トローチ• アズノールうがい液• 4日目深夜:喉の激痛で眠っていられなくなる• 喉が焼けるように痛い。 ……日中までは何かを飲み込みさえしなければ痛くなかったので、確実に悪化しとるな……。 orz (まあ唾液は常に飲み込み続けないといけないわけで、唾液を飲むだけで痛いんだから、常時痛くなるのも当然かも知れないけど……。 喉に潤いが足りなかっただけかな。 定期的に水分補給した方がいいのか。 喉が爛 ただ れてるわけだから、爛れた部分を保護するような何かができればいいんだけど。 (何を飲んでも痛いのは痛いんだけど、唾液だけを飲むよりゼリーの方がマシな気がした)• 喉が爛れてるというのは、恐ろしいな……。 唾液ってこんなに頻繁に出てるとは……。 5日目:痛み止めを飲むと喉の痛みが引くけど、効果の持続は3時間程度• 今朝、薬を飲んだところ、1時間後くらいから喉の痛みは減って、3時間後くらいまでは(痛みはあるものの)あまり意識せずに済んだ気が。 昼になって、また痛みが増してきたので、さっき昼の分の薬を飲んだ。 その間隔に飲める痛み止めがあったらよかったんだけど。 喉が痛い。 単に腫れてるだけじゃなくて「爛 ただ れてる」ってのはこんなに痛いのか。 薬は1日3回食後として処方されてるけど、全然足りん。 飲んでから1時間後くらいから2〜3時間くらいしか痛みが緩和されん……。 明日、もっかい内科に薬もらいに行った方が良さげだ……。 orz• その後30分で我慢ができなくなる(眠っていられなくなる)。 iPod touchのストップウォッチで計測して調べた。 3時間毎に薬が飲めれば理想的なんだろうかな……。 (1日8回)• あと、症状が緩かった頃からとても危惧していたんだけど、咳が出てきたような気がする……。 orz• 過去、喉が腫れたことは何度もあったけど、こんな「爛れてる」と言われたのは初めて。 6日目:内科で抗生剤の点滴を受ける• 痛み止めは1日3回以上は出せないと言われた。 うーん、でも痛いんだけど……。 で、その中に含まれる抗生剤の分量は、1gなんですね。 6日目昼:抗生物質の効果が出てくる?• これは、点滴の抗生剤が効いて炎症を抑えているということなんだろうか?(痛いのは痛いけど、例の刺すような痛みではない)• 34分経った今、ようやく痛みが和らいできた。 さて、今度は何時間もつかな……。 (計測中)• というわけで、眠い。 昼に薬を飲んでから4時間が経過したけど、まだ喉の痛みは耐えられるレベル。 このまま治ってくれればいいんだけど。 まだ痛くなくなったわけではないけど、眠れないほどでは全然なかった。 ただ、今度は、若干咳が出てきた……。 orz• 7日目:抗生剤の点滴のおかげか症状が和らぐ• 今は、唾液を飲み込んでも全く痛くない……! ただ、若干咳が出る症状は残ってるので、あとはそれだけだ!(咳止めも処方してもらってきた)• 処方薬は、• ロキソプロフェン錠• トラネキサム酸錠(トランサミン錠)• エンピナースP錠• アスペリン錠• トローチ• (悪化する前に) 痛みが引いた直後の夜は、なんだか痰の絡みが酷かったんですが、それはそのときだけでした。 その後は症状は回復に向かって、今日 5月15日 の時点では、もう喉の痛みは完全になく、微妙にたまーに咳が出ることはあるものの、薬が必要と言うほどではありません。 というわけで、のど飴をたまになめている程度です。 睡眠が不足して体調が弱っているときに、電車内とかで細菌だかウイルスだかをもらっちゃったんですかねえ……。 とりあえず、回復して良かった。 このページの製作者は、にしし(西村文宏)です。 このページの内容は真実であることが基本ですが、虚構や妄想が混じっていることも多々あります。 も用意しています。 必要であればご使用下さい。 Nishishi All rights reserved. このページは、スマートフォン・タブレット等のモバイル端末でもご覧頂けます。 URLは端末に関係なく共通です。 横幅920px以上での閲覧がお勧めです。 ただし、古いブラウザ 特にIE7以下など では横幅に関係なくレガシーデザインになります。

次の