ココナッツオイル作り方。 ココナッツオイル石鹸の作り方|ココナッツオイルの効能

タイのココナッツオイルで石けん作り!ペットボトルで簡単に作る方法

ココナッツオイル作り方

・ココナッツオイルの効能や効果は? ・ココナッツオイルの使い方や食べ方は? ・ココナッツオイルはダイエット効果がある?やり方は? ・ココナッツオイルの副作用は? Sponsored Link ココナッツオイルの効能や効果は? 「オイルは油だもの、どれも一緒でしょう?」と思っている方、ココナッツオイルはそんじょそこらのオイルとは違うのです。 ココナッツオイルの使い方は幅広く、 スキンケア・ヘアケア・ダイエット・ヘルスケアと全身に使えちゃう優れものです。 肌に潤いを与え、脂肪を燃やし、体内のデトックスを促すと、体の内から外からキレイになれるオイルなのです。 肌はうるうる・便秘知らず・ウエストきゅっとと想像すると早速ココナッツオイルを使いたくなりますよね。 ココナッツオイルの魅力にハマり、愛用していてオイルプリングをしている方もいることでしょう。 ココナッツオイルを食べて塗ってと、使い方も手軽で簡単なので、普段の生活にも取り入れやすいのも魅力となって人気があります。 ですが、ちょっと気を付けたいこともあるので、使い方のポイントはチェックですよ。 選び方 ココナッツオイルは、 エキストラヴァージンココナッツオイルを使うようにします。 ココナッツオイルで選んでしまうと、揚げ物専用のココナッツオイルだったり不純物が多いことがあるので、トラブルを防ぐためにもエキストラヴァージンココナッツオイルにしましょうね。 ココナッツオイルの使い方や食べ方は? ココナッツオイルの使い方は、先ほど触れたように「食べる」「塗る」なのですが、「食べる」のも「塗る」のも、 いきなり行うのは避けるようにしましょう。 体は急激な変化を与えると、驚いて拒否反応を起こすことがあります。 ココナッツオイルを使用して副作用が出たという声もあるので、使うのが不安だという方もいるかと思います。 今まで給料が10万だったのに、急に来月から50万になったらどう感じますか? 驚いてしまうし「会社に何があったのだろうか」と不安にもなりますよね。 何かあった時のために取っておこうとか、何かの間違いじゃないかとか、嬉しさよりも不安が出てくるのではないでしょうか。 体も同じで、いきなり高栄養のものをもらうと、驚きと不安で拒否反応を起こしてしまうことがあるのです。 ココナッツオイルを生活に取りいれるときには、体が驚かないように少しずつ調子を見ていきましょう。 ポイントは一日の摂取量としては大さじ3を超えないことです。 体にいいからと摂りすぎるには逆効果になるので、気を付けてくださいね。 食べ方 パンに塗る・緑茶やコーヒーに入れる・炒め物料理に使うなど、風味を味わう感じでプラスすると取り入れやすいですよ。 料理に取り入れるのなら、カボチャの甘みがありココナッツオイルをあまり感じさせないところから始めるのもいいですよね。 ココナッツオイルは他のオイルと比べても 甘みと香りがあります。 料理に使ったり味が極端に変わるのは苦手という方は、一日の摂取量の目安いっぱい摂る必要はないので、少しプラスするくらいの気軽さでいいかと思います。 継続することでココナッツオイル効果が出てくるので、自分が取り入れやすい量と方法で大丈夫です。 スキンケア・ヘアケア スキンケアとして使うときには二の腕で パッチテストをすると安心して使えます。 ココナッツオイルをヘアケアに使うときには、手になじませてから使うようにすると、手の温度で溶けてつけすぎを防ぐことが出来ます。 乾燥していたり傷んでいる毛先につけて優しくなじませましょう。 オイルプリング ココナッツオイルを口に含んでモグモグするオイルプリングで使うのもおすすめです。 マウスウォッシュのように口の中でくちゅくちゅとします。 口腔内ケア・ほうれい線予防にもいいとのことなので、食べるより口に含む方法で取りいれると良いでしょう。 Sponsored Link ココナッツオイルはダイエット効果がある?やり方は? ココナッツオイルダイエットで気をつけたいのが 「日本人はココナッツオイルに慣れていない」ということです。 ココナッツオイルが美容と健康にいいというのは、海外のモデルさんやハーフタレントさんなど、ココナッツオイルに免疫のある方からの発信から始まりました。 日本人が発信した情報ではないのです。 海外旅行をすると胃腸の具合が悪くなりやすいという人とそうでない人がいますよね。 海外の水や食べ物など、口に入れるものは、日本人にとって向き不向きが結構あるものです。 同じ日本人でも、海外の料理が合う人と合わない人がいるように、 ココナッツオイルをきちんと代謝出来る体質かどうかがココナッツオイルダイエットの効果を左右します。 ココナッツオイルは他のオイルと比べて体に溜まりにくく、代謝を上げて脂肪を燃やし、太りにくくすると言われています。 しかし、あくまでもこれはココナッツオイルが自分の体に合ったときに得られる効果なのです。 ココナッツオイルダイエットのやり方 一日三食の食事のときに、一緒に摂る方法が取り入れやすく続きやすいようです。 しかし、いきなり三食に取りいれるのではなく、 一日一食の使用で様子を見ながら続けていきましょう。 体が驚いてしまわないよう、ゆっくりと体に「ココナッツオイルはいいものだ!」と教えるように進めていきます。 一か月で7㎏痩せたという報告もありますが、これはココナッツオイルのダイエット方法というよりも食事制限をしつつ、ココナッツオイルを食べるというハードルの高いものなのです。 初めてココナッツオイルを使う方は、 ゆっくりと進めていきましょう。 ダイエットの大敵「むくみ」の改善にマッサージオイルとして使うのもいいですね。 甘い香りは食欲を落ち着かせる効果があるので、アロマオイルマッサージとして使うのも心地いいのでおすすめです。 ただし、 肌に合うかどうかパッチテストをしてからするようにしてください。 食事のときにココナッツオイルをプラスする・アロマオイルマッサージとして使うと、体の内側からと外側からのダブル使いで、ダイエット効果を上げちゃいましょう。 これはいきなり一日の目安の量を摂取したときに比較的起こりやすい反応です。 他にも「めまい」「吐き気」「頭痛」という症状がでたという声もあります。 これも、いきなりココナッツオイルを取りいれることで起こりやすい反応です。 ココナッツオイルはデトックス効果に優れています。 いきなり取り入れると体がデトックスされすぎてしまい、かえって疲れて「ココナッツオイルを入れないでくれぇ!」と体が悲鳴をあげてしまいます。 繰り返しになりますが 「日本人はココナッツオイルに慣れていません」。 いきなりココナッツオイル生活ではなく、徐々にココナッツオイル生活にしていくことで、体をココナッツオイルに慣らしていきましょう。 ココナッツオイルの効能は、女性の美にとってプラスとなるものばかりです。 使い方・一日の目安量などのポイントを押さえて上手に取りいれることで、ココナッツオイルの効能をしっかりと受けられる体質へと変えていくことから始めてみませんか。

次の

ココナッツオイル石鹸の作り方|ココナッツオイルの効能

ココナッツオイル作り方

1 化粧水+乳液の代わりに (お肌しっとり) 2 ハンドクリームに (手の年齢が10歳若返りました。 ホントです!) 3 リップクリームの代わりに (唇ぷるんぷるん) 4 かかとのガサガサに (かかとすべすべ) 5 ヘアパックに 髪に適量をなじませた後、シャンプーをします。 その後コンディショナーは必要ありません。 (フケ&枝毛&くせ毛防止。 私の髪の毛は少し癖があるのですが、かなり直毛になり、しかもさらっさらのつるっつるになります。 でも塗りすぎると、シャワーを何日も浴びていないようなべトっとした髪になるので注意が必要) 要するに、全身に使えるのです。 ココナッツオイルを単品で使うよりも伸びがよく、保湿に優れています。 又、ココナッツオイルを使った保湿クリームのレシピは他にも色々あるのですが、シアバターやアロエジェル等を使ったりしてコスパが高くなりがち。 その点、グリセリンなら安価にもかかわらず効果抜群です。 作るのもめちゃくちゃ簡単なのでぜひお試しください! ココナッツオイルはコストコが(私はvitacostで買って悔しい思いをしましたが)、グリセリンはアマゾンが一番安いと思います。

次の

節約はアメリカでもできる!: ココナッツオイルで作る万能保湿クリーム

ココナッツオイル作り方

作り方 ココナッツオイルとミツロウを湯煎にかける 器にココナッツとミツロウを入れて湯煎にかけます。 夏場や暖かい場所では液体です。 お湯が容器に入らないように注意してくださいね。 クリーム状にするために少し冷ます 少ない量で作ったので5分弱冷蔵庫で冷ましてあげます。 そうすると下のように白くなります。 攪拌する 少し柔らかくなったくらいで攪拌します。 その時に精油も数滴入れます。 熱いうちに精油を入れてしまうと蒸気で香りが飛んでしまいます。 精油はお好みのものを選んでくださいね。 しかし消毒のしすぎも良くありません。

次の