ドコモ スピード モード 料金。 ドコモのスピードモードは原則不要!料金や契約の確認・解約する方法を解説

ドコモの契約条件のスピードモードってなんだよ、とおもったら

ドコモ スピード モード 料金

お客様 この記事では、• ドコモのスピードモードについて• スピードモードを解約したらペナルティがあるのか• 解約の方法 などドコモのスピードモードについてまとめて紹介します。 ドコモのスピードモードとは? ドコモでは現在、• また6月1日からは新料金プランを提供開始することとなっていますが、 いずれのプランも決められたデータ容量を超えると通信制限にかかってしまうのをご存知でしょうか? 通常通信制限にかかった場合は、• 翌月まで低速で我慢する• 追加でデータ容量を購入する のいずれかで解決をしますが、ドコモでは スピードモードという便利なオプションが用意されています。 このスピードモードは、通信制限にかかった場合に手続きをしなくとも自動でデータ容量を1GB1,000円で購入してくれるオプションです。 追加する容量は10GBまで1GB単位で好きな数値で設定、もしくは無制限に設定ができます。 「リミットモード」とは? ドコモのリミットモードとは、1ヶ月に決められているデータ容量を使いきってしまった後、通信制限がかかる代わりに追加料金を支払わずとも使い続けられるモードです。 通信制限が我慢できない場合には、この後紹介する「1GB追加オプション」を利用することで、1GBを1,000円で追加して利用することもできます。 「1GB追加オプション」との違い ドコモでは通信制限にかった時のために1GBを1,000円で追加できる「1GB追加オプション」を用意しています。 この1GB追加オプションと、スピードモードの違いは自分で手続きをしなければいけないかどうかです。 1GB追加オプション…自分で申し込みをして購入する• スピードモード…通信制限にかかった時点で自動で購入してくれる スピードモードは手続きをしなくても高速通信が可能なデータ量を購入してくれるメリットがありますが、必要ない場合でも勝手に購入されてしまいます。 何もわからずスピードモードを契約していた方の中には、 「何もしていないのに先月の料金が高いのはどうして!?」 と不思議に思う方も多いのではないでしょうか。 スピードモードを解約するとペナルティがある? お客様 ドコモのスピードモードが必要ない方は1日でも早く解約することがおすすめです。 スピードモードは解約しても解約金などのペナルティは発生しないので安心して手続きをしてください。 スピードモードの解約方法 ドコモのスピードモードを解約するには、• My docomo• ドコモインフォメーションセンター 電話• ドコモショップ で解約手続きが可能です。 なおシェアグループを組んでいる場合は、代表回線からでしか手続きができないので注意してください。 My docomoでの解約手続き方法 ここではMy docomoでの解約方法を簡単に紹介します。 My docomoでの解約手続きの流れは、• My docomoにログインする• メニューから「契約内容・手続き」を選択する• 「ご契約内容の確認・変更」を選択する• 契約内容から「スピードモード」の欄を探す• 右横にある解約ボタンを押す• 画面に従って解約手続きをする といった流れです。 4番目のスピードモードの欄が「未契約」になっている場合はスピードモードの契約自体をしていないので、特別な手続きをする必要はありません。 インターネットでの手続きが簡単でおすすめですが、不安な方や面倒な方は電話やショップで解約をしてもらうようにしましょう。 スピードモードを利用するよりプランの見直しがおすすめ スピードモードは1ヶ月に使えるデータ容量を使いきって通信速度の制限にかかった際に、自動で決められた容量までもしくは無制限にデータを追加購入してくれるオプションです。 しかし、 頻繁にデータ容量を追加しているようであれば、スピードモードを利用するよりもプランを見直したほうが料金が安くなる可能性があります。 パケットパック名 月間データ容量 月額料金 ウルトラデータパックL 20GB 6,000円 ウルトラデータパックLL 30GB 8,000円 例えばウルトラデータパックLを使っていてデータ容量を追加している場合、2GB 2,000円 を追加し22GBを利用できるようにするよりも、同じ2,000円を払って30GBを使えるようにしたほうがお得です。 もし30GBを契約して残ったデータ容量は1GB単位で翌月末まで繰り越せるので、翌月以降のデータ容量も安心して利用できます。 今データ容量が足りなくてスピードモードの契約を検討している方、スピードモードを既に利用している方は1度プランの見直しをしてみてはいかがでしょうか。 ドコモオンラインショップは非常にオトク! この記事を読んでいる方は近々、機種変更を予定されているかと思います。 そんなあなたにとてもオススメな機種変更方法があります。 それは便利でお安く機種変更ができるドコモのオンラインサービス、ドコモオンラインショップです。 2018年でちょうど10年を迎え、すでに多くの人にご利用いただいております。 ドコモオンラインショップを使うとスマホをドコモショップや家電量販店より 安く購入する事ができるという経済的なメリットと ネットに繋がっていれば24時間日本全国どこからでも利用できるという時間的なメリットもあります。 まとめると以下の通りです。 経済的メリット ・頭金3,000~10,000円が不要 ・新規・機種変更にかかる事務手数料無料 ・送料無料 ・dカード特約店なのでポイント2倍 時間的メリット ・24時間日本全国どこからでも利用可能 ・来店不要、待ち時間なし手続き15分で終了 ・選べる受取場所 では、1つづつ詳しくご紹介していきましょう! 頭金3,000~10,000円が不要 ドコモショップや家電量販店でスマホを買うと3,000~10,000円の頭金ってかかりますよね? こんなのです。 こんな高いのもあります。 え、頭金って店舗によって違うの?と思った方は中々鋭いです。 普通、頭金というと高額商品を購入する際の一部の代金というイメージがありますが スマホの場合は、機種代金ではなく「店舗の販売手数料」なんです。 ですので、店舗によって3,000円~10,000円まで差があります。 この頭金がドコモオンラインショップだとなんと無料、つまり0円です。 これでまずは3,000円~10,000円程、お得になります。 実際に手続きを途中まで進めてみると思っている以上に簡単でわかりやすいです。 無駄な頭金を店頭で支払いたくないという人や 少しでもお得に機種変更したい人の多くが 便利でお得なオンラインショップの手続きに移行している傾向があります。 送料無料 オンラインショップで多くの人が不安に思うのは送料じゃないでしょうか? オンラインショップは確かに安いんだけど、送料がかかって結局高くなるんじゃないの?と心配している人もいるでしょう。 その点もご安心下さい。 ドコモオンラインショップは2,500円以上の買い物で送料無料です。 この2,500円は各種割引後の実質の負担額ではなく端末の価格なので2,500円以下のスマホはありません。 ですので、実際は機種変更は送料無料といって間違えないんです。 オンラインショップだから送料が高いんじゃない?なんて心配はありませんのでご安心下さい! dカード特約店なのでポイント2倍 ドコモといえばdポイント! 今やdポイントはドコモの支払いだけではなく ローソンやマクドナルドなどでも利用できる非常に使いやすいポイントです。 ドコモユーザーならそんなdポイントを効率よく利用しているかと思います。 *もしまだdポイントを使ってなかったらおすすめです。 ドコモオンラインショップはdポイント特約店なので通常の店舗で購入するよりも 2倍多く貯まるのです。 スマホって機種によっては10万円を超える高額商品です。 通常の店舗だと1%、つまり1,000円分しかつきませんが ドコモオンラインショップだと2%、2,000円分貰えちゃうんです。 これもなかなか見逃せないポイントではないでしょうか? 24時間日本全国どこからでも利用可能 オンラインショップのメリットとしてどこからでも利用できる事です。 場所によっては、ドコモショップへ行くだけでも車で30分以上かかるなんてところもあるでしょう。 しかしもうドコモのスマホをお使いの方なら、そのスマホを使ってどこからでも機種変更ができちゃうんです。 また昼間はお仕事で忙しくなかなかドコモショップや家電量販店へ行けない方にも 24時間利用できるのでおすすめです。 来店不要、待ち時間なし手続き15分で終了 ドコモショップって待ち時間長いと思いませんか? 土日の混んでる時期だと受付に呼ばれるまでに2時間、手続きに1時間、設定や説明に1時間なんて事もあり 半日がつぶれちゃいますね、、、、。 ドコモオンラインショップだと待ち時間はありません。 操作も簡単でわずか15分あれば受付完了となります。 選べる受取場所 ドコモオンラインショップで購入した商品の受取方法は「自宅」「ドコモショップ」からお選び頂けます。 ドコモショップへ行く暇がない方は「自宅」へ スマホの設定や操作が不安な人は「ドコモショップ」へ あなたの状況に合わせて受取場所を変更する事ができるんです。 オンラインショップで商品が受け取りづらい煩わしさもないですね。 新機種も発売日に入手可能 オンラインショップだから、最新機種は買えない、 もしくは届くのが遅いと思ってませんか? オンラインショップでも機種変更しても発売日に最新機種が届きます。 大人気で品薄になりやすいiPhoneなども大量に入荷されるので発売日当日に手にできるかもしれません。 またドコモが直営しているので在庫量が豊富なのも特徴でしょう。 Source by ドコモオンラインショップのメリットが分かって頂けたでしょうか? また不安点として色々相談したいという人もいるでしょう。 ご安心下さい。 ドコモオンラインショップにはオペーレートチャット機能というのがあり、 ドコモの事はなんでも相談できます。 ドコモオンラインショップへ行くとこんなアイコンがありますのでクリックしてみて下さい。 ドコモオンラインショップなら 時間をかなり節約できて 5,000円~12,000円ほどお安く買う事ができ 大人気新作iPhoneなども発売日に入手可能。 ドコモで機種変更するならドコモオンラインショップを使わないと勿体ないです。

次の

ドコモのギガホ/ギガライトをわかりやすく完全解説

ドコモ スピード モード 料金

知らない内に月1,000円以上余計な支払いをしているかもしれません。 何となくで使っていたり、1,000円ぐらいなら気のせいかな? と思っているとスピードモードが原因だったなんてことも。 追加される前と、追加時にメールで通知されますが メールを見る機会が少ない方は見逃してしまうこともあるでしょう。 自動追加分が1,000円であればそこでストップしますが 5,000円分まで自動追加だった場合は恐ろしいですね。 急に高くなれば明細を見るかもしれませんが iTunesやPlayストアで課金してると気づかない方もいるでしょう。 1GBで1,000円は高すぎる たまたま使いすぎてしまって緊急時に追加するならいいですが プランで考えると1GBに1,000円は払えません。 現在はデータ量の単価も下がって来ているので• 20GB:6000• 利用できるのに対して 1GBを1,000円で追加する意味がありません。 1〜2年前の• 2GB:3500• だとしても全員がデータ量を追加したいわけではないので データ量をその都度自分で追加するのはめんどくさい お金は気にしないから自動で追加してくれたら楽 と考える方向けのオプションです。 ベーシックパック• ベーシックシェアパック この従量制のプランに対して、スピードモードの意味はありません。 この2つは使用した分に対して自動的に料金が変わります。 ベーシックパックなら5GB以上• ベーシックシェアパックなら15GB以上 これより多く使うなら定額プランの方が安いです。 1分で出来る!確認と廃止の仕方 my docomoサイトから 契約内容の確認・変更をタップ ご契約内容の確認・変更をタップ ネットワーク暗証番号またはdアカウントを入力して ログイン済みであれば省略されます 契約内容確認2ページ目にあるマークした部分が 「申込」と表示されてればokです。 まとめ データ量に関してはシビアに考える方も増えてきましたし 自動で料金を上げるメリットは基本的にありません。 何年か前に機種変更と同時にオプションとして契約しているかもしれません。 もし知らない間に契約していたら損してしまうので 不安な方はmy docomoから確認しましょう!.

次の

「カケホーダイ&パケあえる」関連オプションサービス

ドコモ スピード モード 料金

ドコモの「スピードモード」をオンライン手続きで契約する方法をご紹介します。 もちろん、ドコモショップでも手続き可能で、151に電話でも契約できます。 オンラインで手続するのが不安な人は、そちらで契約するのをおすすめします。 そもそも「スピードモード」ってなに?と思っている方も多いと思いますので、「スピードモード」と「1GB追加オプション」の違いについても簡単にまとめてみました。 この記事ではスピードモードの契約方法と1GB追加オプションとの違いを書いています。 関連記事: 「スピードモード」と「1GB追加オプション」の違いは? 契約しているパケットパックのデータ量上限を超えると、データ通信速度は128Kbpsの「リミットモード」の状態になり速度規制されます。 「リミットモード」は、料金が掛かりませんが通信速度は超遅くなります。 リミットモードになっても「スピードモード」と「1GB追加オプション」で通常速度にすることができます。 どちらも「1,000円/1GB」です。 データ量を超える通信は「1,000円/1GB」の料金がかかります。 スピードモードは1GB単位で1GB~10GBもしくは無制限で設定が可能です。 スピードモードを利用するには事前に申込・設定する必要があります。 都度追加する手間がかかりますが、手動で追加するタイプなので安心して利用できます。 アクセスしたら「契約内容確認などオンライン手続き」までスクロールします。 リンク: 「ドコモオンライン手続き」をタップします。 ログインしていない場合はログインしてください。 次に「プラン変更」までスクロール。 シェアパックの場合は左、ひとりで利用している場合は右を選択。 下にスクロールしていくと「スピードモード」の項目があるので、スピードモードのデータ容量を選択します。 選択したら手続きが始まるので、下へスクロールします。 「スピードモード(〇〇GB)注意事項」を押し、注意事項を確認します。 注意事項を確認したら「閉じる」を押します。 「スピードモード(〇〇GB)の注意事項に同意する」にチェックを入れます。 適用開始日を「本日(申込完了後)から適用」または「来月から適用」から選択。 次に申込書交付方法の選択し、「次へ」を押します。 注意事項が表示されるので確認します。 確認したら「次へ」を押します。 手続き内容確認画面にいくので、下にスクロールします。 変更前と変更後の確認ができます。 ドコモオンライン手続き利用規約を確認したら「同意する」にチェックを入れます。 「手続きを完了する」を押します。 これで手続きの完了です! 利用可能データ量を超えると自動でチャージ! こんな感じで、利用可能データ量を超えると自動でチャージされ、メールでお知らせしてくれます。

次の