神戸 北野 ホテル 朝食。 神戸メリケンパークオリエンタルホテルの朝食バイキングは種類豊富な絶品モーニング!【口コミ】

【神戸北野ホテル】世界一の朝食が新しくリニューアル【Hyogolaise】

神戸 北野 ホテル 朝食

Contents• 神戸北野ホテルのデザートビュッフェと世界一の朝食をいただくクリスマス 神戸北野ホテルとは、 「食事を慈しみ、くつろぎに身をゆだねる歓びを。 」をコンセプトにしていて、お客様には最高の食事とくつろぎを与えてくれます。 ホテルに到着した瞬間から、幸せな時間は始まっています。 ホテルの入り口には趣のあるドアがあり、開けるとベルの音がします。 まるでヨーロッパのホテルのような気分になります。 中に入ると、とてもラグジュアリーな雰囲気が漂っています。 赤い絨毯を金の彫刻された金具で止められた美しい螺旋階段や部屋までの廊下で館内を見渡すと、すべてに心が奪われてしまう美しさで、なんだかもう夢の中にいるような不思議な感覚に陥ります。 装飾のひとつひとつが美しいのです。 またクリスマスシーズンに行くと、吹き抜けのロビーには大きなクリスマスツリーや素敵なサンタなどが飾られているので、クリスマスシーズンを狙って行くのもいいかもしれません。 大きなソファはもちろんですが、かなり小さな小物にまで癒しを感じることができます。 もちろんホテルの部屋は、最高にエレガントでラグジュアリーな空間になっており、私の記憶の中で、最高ランクのホテルであると位置付けられました。 年に1度、自分へのご褒美として毎年泊まりたいなと思わせてくれました。 デザートビュッフェは1人ずつプレートにデコレーションされており、可愛いプレートにまた幸せを感じてしまいます。 こちらも季節によってちがうものが用意されているので、プレートによって季節を楽しむこともできちゃいます。 それ以外にも、シェフが照明を落とした中で、ブッシュドノエルをリキュールでフランベしてくれるショータイムなどもあり、そのあと、1人ずつ切り分けてくれます。 また、シュークリームやシュトーレンなどもどんどん追加で提供され、食べきれないくらいたくさんのデザートを堪能することができます。 テーブルのキャンドルの揺らめく灯りで心がどんどんほぐれて行くのがわかります。 デザート以外にも、特別美味しいクラムチャウダーや、パルミジャーノレジャーノのコクがたまらないリゾットや焼きたてPIZZAなど、ディナーとしていただくお料理もたくさんありました。 どのお料理も一つ一つが丁寧に用意され、シェフのこだわりと自信を感じるものでした。 おいしい食事はもちろんですが、ホテルのどこにいても、何をみても、幸せな気持ちになれるのが神戸北野ホテルの魅力なのです。 このようなホテルはほかにはないのではないでしょうか。 神戸北野ホテルでいただく『世界一の朝食』 神戸北野ホテルにはたくさんの魅力があるのですが、なんといっても最も有名なのは 『世界一の朝食』なのです。 どうして世界一の朝食なのか、ということですが、その根拠はしっかりあるのです。 こちらでいただける朝食は、総支配人・総料理長を務める山口浩さんが、彼の師匠であるベルナール・ロゾワー氏から公式に送られたヨーロッパの朝食なのです。 おそらくここでは、まだピンとこないですよね。 なぜこれが世界一の朝食といえるかというと、 オーベルジュならではの時間の過ごし方に理由があるのです。 ディナーを食べたあとはディナーの余韻に浸りますよね。 そして、ゆったりとした幸せな時間を過ごし、そのまま眠りにつくでしょう。 幸せなまま迎える朝に待つ食事。 このひとつひとつの歓びを重ねる一連の流れが、かつて味わったことのない食べる感動を生み出す、ということで、 『世界一の朝食』となるのです。 ですので、神戸北野ホテルで過ごす一連の流れがあってこその『世界一の朝食』になるということです。 この『世界一の朝食』がいただけるのは神戸北野ホテルだけです。 ロゾワー氏は、山口浩さんがホテルをオープンするにあたり、世界一の朝食を贈りました。 神戸北野ホテルでしか、味わうことのできない、世界一の朝食なのです。 すべて手作りされているフレッシュジュースやジャム、種類豊富なハムなどがたくさん並び、焼き立てのパンやフィナンシェなどをいただくことができます。 朝から彩が豊かで、幸せな時間を過ごすことができます。 ホテルの外には北野異人館街が 実は神戸北野ホテルの中だけが素敵なわけではないのです。 ホテルを出ても、幸せな時間は続いています。 ホテルをでて、異人館街へ向かうと、そこにはまた素晴らしい空間が待っているのです。 坂道を歩いていると、街灯も建物もまたすごく素敵なのです。 坂道そのものも美しいです。 建物をみていると、建物のすべてに感激します。 普段は気にならない窓枠なんかも目に焼き付けたくなるほど、建物のすべてが魅力の塊なのです。 ここに住んで、毎日ゆったりとした時間を過ごせたら・・・ なんて思わず考えてしまいます。 考えるだけで、幸せすぎますね。 ここにはお馴染みの 「スターバックス」の店舗があります。 近所にあるからここで買わなくても・・・と思う方もいらっしゃると思いますが、異人館街らしい瀟洒な作りのスターバックスは、かなりいい雰囲気がでていて、もはや私たちが知っているスターバックスではありません。 とっても素敵な雰囲気なので、さらにコーヒーがおいしく感じることができるでしょう。 歩いていると、すべてに目が奪われ、確実に魅力にハマってしまうと思います。 建物・道・街灯・・・こんなになにもかもが素敵な雰囲気の場所なんてなかなかないと思います。

次の

神戸北野ホテル

神戸 北野 ホテル 朝食

・飲むサラダ 5種類 ・パンとフィナンシェ ・トマト、パセリ、プレーンのバター ・生コンフィチュール ・ポトフ ・ジャンボンブランと生ハム ・ヨーグルト ・タピオカ・オ・レ ・プルーン ・半熟卵 ・季節のフルーツ ・カフェオレ or 紅茶 です。 飲むサラダの内容は季節の野菜やフルーツを数種類使っていて、この日は洋ナシ&パプリカ、人参&ビート、フリュイルージュ&トマト、青りんご&セロリ、オレンジジュースの5種類でした。 低速ミキサーで作られているからコールドプレスジュースですよね。 朝からコールドプレスジュースを5種類も飲めるなんて贅沢~。 そしてこの野菜ジュースだけでも1000円は軽く越えてそうです。 コールドプレスジュースは高いですからね~。 ちょっと温かいタピオカ・オ・レ。 タピオカを甘く炊いたタピオカ・オ・レは丹波の黒豆やドライフルーツにナッツが入っててタピオカのプチプチ食感とナッツの歯ごたえがバツグンですね!甘さも上品な甘さです。 1段目は天然酵母のクロワッサンやパン・オ・ショコラ、フィナンシェ。 写真のパンは2人分です。 バターはトマト、パセリ、プレーンの3種のバターと色んな味で楽しめるのが遊び心があっていいですね。 ジャンボンブランと生ハム。 生ハムは口の中でとろけます~。 ちょうど良い塩加減。 写真のハムも2人分です。 丹波地鶏の卵を使ったとろっとろ具合が完璧な半熟卵。 卵の殻を割るための専用のエッグカッターまであります。 さすが世界一の朝食はプレゼンテーションもすごいですね! 生コンフィチュール、栗の花の蜂蜜、アーモンドペースト、自家製グラノーラ。 神戸北野ホテルで大人気の生コンフィチュール。 季節のコンフィチュールは上品な甘さでサラッとした味わいです。 東京のシャングリラホテルでの朝食の料金でもびっくりしたのですが、神戸北野ホテルはさらに上を行く値段! でもそれだけに良い食材、こだわりの調理方法、安定のおいしさと絶品の朝食を楽しむことができます。 なのでドレスコードがないからといってダメージデニムとか短パンとタンクトップ、ビーサンといったあまりにもラフすぎる服装は周りと比べるとすこーし浮いてしまうかもしれません。 JR元町駅から北野ホテルまでは上り坂道を歩くこと約15分。 気候がいい時期だとのんびりと歩いていくのもおすすめですが、夏の暑い季節だと元町駅からバスで行かれるのがいいですね。 神戸北野ホテル 山本通3丁目バス停を降りたらすぐ目の前に神戸北野ホテルがあります。 タクシーだと元町駅から5分くらいなので、800~900円ほどでいけます。 まとめ 世界一の朝食で夢のような時間を過ごすことができる神戸北野ホテル。 朝食だけだとちょっと高く感じますが、安い季節に泊まると意外とリーズナブルな値段でも宿泊することが出来ておすすめです! 都会でプチ現実逃避をしたい時におすすめのホテルです。

次の

【神戸北野ホテル】世界一の朝食が新しくリニューアル【Hyogolaise】

神戸 北野 ホテル 朝食

神戸北野ホテル 次は部屋タイプごとの詳細をチェック! スタンダード・キングルーム パステルカラーを使用したユニークな内装の客室で、冷蔵庫、電話、電気ケトル、専用バスルーム(バスタブ、無料バスアメニティ付)が備わります。 デラックス・キングルーム パステルカラーを使用したユニークな内装の広々とした客室で、冷蔵庫、電話、電気ケトル、専用バスルーム(バスタブ、無料バスアメニティ付)が備わります。 スタンダード・ツインルーム パステルカラーを使用したユニークな内装の客室で、冷蔵庫、電話、電気ケトル、専用バスルーム(バスタブ、無料バスアメニティ付)が備わります。 デラックス・ツインルーム・禁煙 パステルカラーを使用したユニークな内装の広々とした客室で、冷蔵庫、電話、電気ケトル、専用バスルーム(バスタブ、無料バスアメニティ付)が備わります。 プレジデンシャルスイート・禁煙 パステルカラーを使用したユニークな内装の大変広々としたスイートで、冷蔵庫、電話、電気ケトル、専用バスルーム(バスタブ、無料バスアメニティ付)が備わ... ホテルの基本情報 ホテル名: 神戸北野ホテル 概要: 神戸北野ホテルはグルメレストラン2軒を併設し、美味しい食事、エレガントな英国式の内装のお部屋を提供しています。 JR三ノ宮駅まで徒歩15分です。 全室で無料Wi-Fiを利用できます。 フレンチレストラン「アッシュ」では厳選食材を使用した上品な料理を楽しめ、ダイニングカフェ「イグレッグ」ではヨーロッパ式の朝食、ランチ、ディナーコースを用意しています。 パステルカラーを使用したユニークな内装のお部屋には、冷蔵庫、電話、電気ポット、専用バスルーム(バスタブ、無料バスアメニティ付)が備わります。 神戸北野ホテルの24時間対応のフロントデスクでは、無料の荷物預かりサービスを提供しています。 追加料金にて、お部屋内またはサロンでのマッサージやランドリーサービスも利用できます。 歴史ある西洋館の1つ、風見鶏の館まで徒歩10分です。 住所: 中央区山本通3丁目3番20号(神戸市) ホテルクラス: 5つ星ホテル 部屋数: 30部屋 宿泊者の評価: 8. 6点(215件のレビュー) オフィシャル写真: 66枚(下のスライドショーで見れます).

次の